プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


簡単に流れを言いますと、私の高校は、一応は・・・名前だけは「進学校」みたいな感じでもありましたので、
最上級生の3年生は、5月の大イベント・定期演奏会が終了すると、ここが一旦は「区切り」となります。
この時点で、8~9月の「吹奏楽コンクール」に参加するために8~9月までは吹奏楽部員として練習を続けるか
5月の定期演奏会をもって引退し受験に専念するか、結論を出す必要に迫られます。
だけど、そうはいっても私が在籍した高校は、田舎の県立男子高校ですし、別に吹奏楽の名門校でも
何でもありませんので、吹奏楽コンールに出場し続けるためには当然ながら「一定の人数」は必要になりますし、
最低でも32~35名以上は揃っていなくては吹奏楽コンクールでは勝負にすらなりません。
でも実態は、毎年4月に入部してくる新入部員もせいぜい多くて12~15人程度しか期待できませんし、
全員が吹奏楽経験者と限りませんし、どうしてもある程度の技術と経験を有する3年生にすがらざるを得ないのが
実態です。
だから、結局はほとんどの場合、3年生は、5月の定期演奏会以降もそのまんま部員として練習に参加し、
受験勉強と吹奏楽部としての活動という二足のわらじを履き続けることになります。
そんな訳で、受験に専念する1~3名以外の3年生は、5月以降も引き続き、相変わらず例年通りの
コンクールに向けての練習の日々になってしまいます。
だけど、3年生は「受験」という事情もありますので、暗黙のルールとして

1.朝練・放課後の練習どちらかの練習に、週に4回程度参加するだけでいい

2.土日の練習は、必ずどちらかには参加する

3.コンクールの10日前あたりからは、絶対的に毎日練習に参加する

4.夏合宿は必ず全日参加する

そういう掟みたいなものはあったと思います。

それと・・・これは既に以前から散々書いている事なのですけど、男子校の特殊事情として、
とにかく「サックスを除く木管楽器」の人数が少ないため、フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット等の
木管奏者は、ほぼ例外なく、コンクールに参加せざるを得ない状況でしたね。
特に特にクラリネットは、本当にマジで慢性的な奏者不足のため、三年生が抜けてしまう事のダメージは
あまりにも大きいという事情がありましたし、
一応は・・・2年生の時は「ポンコツ部長」までさせて頂いた私とても、確かに受験というのはあるのだけど
結果的に3年生の時も、相変わらず朝練と放課後の練習・夏合宿・日曜の練習と
「吹奏楽コンクール漬けの日々」だったと思います。

自分で言うのもなんですけど、こうした「吹奏楽部漬けの日々」は、私の「生涯の誇り」でもありますし、
それは本当に貴重な私の「心の財産の一つ」だとも思えます。
あの当時の心境としては、
「確かにこんな田舎は嫌だし、なんとか大学入試をバスして都内の学校に進学し、さっさと自活&一人暮らしを
スタートさせたい」という気持ちは大変強かったのですけど、同時に
「吹奏楽部に在籍している限りは、心の中では確かに半分無理とわかってはいるのだけど、
なんとか県代表の座を掴みとり、あの花輪・秋田南・仁賀保等が出場している全日本吹奏楽コンクール・東北大会に
出場したい!」みたいな気持ちも強くあったと思います。
もしかして・・・あの頃が、私の生涯の中で一番ある意味「純粋」だったのかも・・・・??
そして・・・過去記事で散々書いているのですけど、中学時代のあの「音楽大嫌い、吹奏楽はもっと嫌い!」みたいな感じから
わずか3年足らずで随分と変化したものだと思いますね・・・(笑)

この年、私達の高校は課題曲にC/カドリーユを選曲してしまいました。
私としては、課題曲は「絶対にAのインヴェンション第一番がいい!!」とかなり強く主張したのですけど
結局通らずCになってしまいました・・・(泣・・)
というかこの課題曲C/カドリーユは演奏する方としてはとてもなく「嫌な曲」だったと思います。
あ・・・誤解が無いように言っておきますが、この「カドリーユ」という課題曲は、吹奏楽コンクールの課題曲の中でも
「名課題曲」の一つだと私は確信しておりますし、その音楽的完成度の高さは目を見張るものがあります!
否! この年・・・1983年の吹奏楽コンクールの課題曲は、稀に見る「名課題曲」の当たり年とも言え、
前年の1982年の「課題曲B/序奏とアレグロ以外は全てスカ・・」と酷評を受けていたのとは大変な違いがありました。
確かに、カドリーユ以外のAの「吹奏楽のためのインヴェンション第一番」とBの「白鳳狂詩曲」は
まさに名曲の名に恥じない素晴らしい課題曲だと思います!
だけど・・・課題曲C/カドリーユは、何が奏者にとって嫌だったのかと言うと、
意図的に音が大変薄く書かれているしとにかく全体的に「軽量感・清涼感・透明感・爽やかさ」を
表現しないと全く曲にならないし、正直、慢性的なクラリネット奏者不足に泣かされる男子高校としては
非常に荷が重い曲でしたし、あの軽さを演出するのが大変やっかいな課題曲でした。
曲自体は、技術的には大変易しく書かれていて、難しい個所は一つもないだけに、やはりあの「軽さの表現」には
最後のの最後まで手を焼かされたものです・・・
だってこの課題曲、クラリネットの音が穢かったりクラリネットセクションのサウンドに濁りがあると
すぐにばれてしまうほど音が薄く書かれているので、まさにクラリネット奏者泣かせの曲だったと思います。
「透明感」を演出するには相当泣かされましたし、時折出る6/8拍子をこなすのに相当苦労したという記憶しかないです・・・

だからこそ課題曲はA/吹奏楽のためのインヴェンション第一番を演奏したかったな・・・・

この課題曲Aは、序奏-A-B-Aのシンプルな構造を取っていて
出だしの健康的なファンファーレに続いて展開されるフーガ的な部分が実にノリが良いし
メロディーラインも聴くだけでもわくわくさせられるし
中間部のBのしっとりとした歌も魅力的ですし、
ラストもいかにも吹奏楽らしい豪快な感じですっきりと終わります。
中間部のアルトサックスのしっとりとしたソロが極めて印象的です。

吹奏楽のためのインヴェンション第一番は、
出だしのインパクトが結構大事で、この部分を外すとそれを取り戻すのは至難の業すら感じます。
感覚としては、この課題曲は出だしで大体方向性が決まるという感じもあり、
出だしに「キラリと光る何か」を表現出来たチームは中間部もラストもスムーズに展開できていたような
感じもありました。

Bの白鳳狂詩曲も大変な難曲ながら素晴らしい曲だと思います。
ピッコロのソロからそれにクラリネットが加わり、やがて全体での主題提示という曲想が素敵でしたし、
ラスト近くの全奏者によるコラールと音のうねりは聴く者に間違いなく「何か」は伝えていると思います。

そうした中、課題曲Dの「キュビッドのマーチ」は・・・大変申し訳ない言い方になってしまい
作曲者の川崎優先生には気の毒なのですけど、
まさに吹奏楽コンクール史上屈指の「不人気課題曲&コンクールで全く演奏されない不遇な曲」みたく
なっていましたね・・・
というか・・・あの「キューピッドのマーチ」は、まさに「駄作」としか言いようがない酷過ぎる課題曲だと思います・・・(苦笑・・)
とてもとても・・過去の課題曲「ふるさとの情景」とか吹奏楽オリジナル曲の「わらべうた」を作曲された先生とは
思えない程の酷い曲だったと思います。
もったいないですね・・この年、もしも課題曲Dも素敵な曲だったら、1986年とか1990年みたいな
「全ての課題曲が名曲揃い!」みたいに位置付になっていたと思うのですけど、
あのキューピットのマーチが台無しにしてしまったとも言えるのかな・・とも感じます。
というか、この課題曲D/キューピットのマーチは、気の毒な事に・・・ま、ある意味やむを得ないのですけど
吹奏楽コンクールでは全く演奏されなかったですね。
例外なくコンクールの画題曲ではマーチを選ぶカラーの阪急百貨店とか福岡の嘉穂高校ですら、
課題曲はマーチ以外から選んでいましたので、余計に目立っていましたね・・・
(阪急と嘉穂は1989年は、あの歴史的不人気課題曲「清くあれ、「爽やかなれを選んでいましたけど
あれだって一応はマーチですから、よほど83年のキュビッドのマーチは論外・・と見做されたという事なのでしょうね)
だけど・・一つ救いがあったのは、あんな歴史的不人気課題曲も全国大会でなんと・・
長岡吹と青森県信用組合の2チームが課題曲として選んでいましたので、
1978年のマクベスの課題曲B/カントみたいに、全国大会での演奏がゼロ・・という事態を回避できただけでも
ありがたい事なのかもしれないですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3183-0f3ac543
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |