プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


なんか最近うちのブログでは、私の仕事絡みの「クレーム処理」についての他愛もない愚痴話が多いですね・・・

ま、こういう愚痴話は、読み方も「ちょっとね・・」と思われてしまうような話ばかりですし、
決して楽しい話でもないので、当面はちょっと控えさせて頂こうかと思います・・・(笑)

それにしても相変わらずポンコツな工事絡みのポンコツな話は多いですよね・・(苦笑・・)

私自身も、金融・住宅関連の営業はかなりやっていましたので、確かに営業担当の言い分とか気持ちは
手に取るようにわかります。
だけど、住宅・建築関係のトラブル関係というものは、
「言った言わないの世界」にさせないというのか、
現場で打合せをした内容をその都度書面で残し、相手の確認をきちんとその場で求めるような事を習慣化させさえすれば
ほとんどの場合未然に防止できる事ばかりだと思います。
それが出来ないのが、以前書いたと思いますが、現場には複数の人が関わっている事と
業界の伝統的な「大雑把さ」があるのだと思われます。
要は、現場でのやり取りの明確な記録を残す事と、
もしも、現場でなにか追加・変更が生じた場合は、施主に対して「今回の追加変更で、〇〇円の追加金額が
発生いたしますがそれで本当に宜しいのでしょうね」という念押し・確認さえするだけで、
大体のクレームは事前に防げるはずだと、私・・・信じている! (By フレッシュプリキュア・祈里=ブッキー)

先日もですけど、とある施主と営業担当の間でトラぶってしまいまして、またまた救援要請が入りました。

以前も書いたと思うのですけど、
この種のクレーム・トラブルというのは、「これからもしかしたらトラブルのかもしれない・・」みたいな途中経過的な
ものでしたら、なんとか「現場を収める」方法も一つぐらいはあるのかもしれないですけど、
「もうこじれてしまってにっちもさっちもいきません・・もう八方塞です・・助けて下さい・・」みたいなSOS状態に
なってしまうと、正直、「円満解決しよう」みたいな雰囲気には既にほど遠い感じになっていることが多くて、
こうなってしまうと、「それではこれからどうするか・・」みたいな「後始末」みたいな処理で終わってしまう事が
多いのが何とも歯がゆい思いで一杯になってしまいます。

先日も、取り急ぎ「システムキッチンの新規取付」という受注があったにも関わらず、
いざ設置という時に、まさかの「いやいや、こんなの私のイメージとは異なる、即刻、納入取りやめて!」
みたいな案件が発生していましたけど、
やはり現場での「言った言わないの世界」になってしまう範疇の事案でしたね。
そうですね・・こういうのって既製品という「基本契約」をベースとして、ほとんどの方は、その既製品をそのまんま納品
という事ですんなりと終わる事が多いです。
中には、こだわりがあるお客様とか細かいお客様とか既に色々なカタログをご覧になっていたり、
既にメーカーのショールームに足を運ばれているお客様ですと、
既製品だけでは満足いかず、例えば・・・
「△△というメーカーの××という型番の部材が気に入っているのだけど、IHの口数を二つではなくて
三つに出来ないのかなぁ・・」とか
「シンクの深さをあと10cm下げられない・・?」とか
「ステンレスではなくて人大(※人工大理石タイプのこと・・)の仕様に変更できない・・?」とか
「浄水器をアルカリイオン整水器に変更して・・」などのようないわゆる「オプション」が発生する事も多々あります。

こういう「オプション」というのは当然、既製品に対する特注品という事で、納入に時間が掛かりますし、
追加費用も発生します。

だけど・・・

営業担当が、そうした基本仕様に対するオプションというものには絶対的に「追加費用」が発生するという事を
明確にしないで
「メーカーに確認いたします」とか
「ご要望事項に対応できるか検討いたします」とか
「追加金額が発生するかもしれませんが、基本契約の中で微調整できないか社内調整いたします」
なんていう「曖昧な事」を言ってしまい、
施主に「もしかしたら・・・私の要望事項を追加金額無しでやってくれるのか」みたいな「ヘンな期待」を
持たせている事が全てのトラブル原因になっているのだと思います。
そうした事を曖昧のまま結果的に「放置」をしてしまい、実際の施工・搬入の際に
「それは出来ません・・」とか「実は追加金額がこんだけ掛かってしまう」みたいな話をいきなり仕出してしまうと・・・・
そりゃ・・・トラブルが発生するのは当たり前の話なんですよね・・・

そうした場合の対処はどうするのか・・・

出来る事と出来ない事を明確にはっきりと伝え、そこに曖昧さは一切残さないようにし、
そしてその「出来る事」をオプションとして追加発注した場合、「こんだけ金額が掛かりますけど、
それでよろしいのでしょうか・・」という確認を一つ一つとるしかないのだと思います。

ま・・そこには「感情的なしこり」が残ってしまう場合も多々ありますので、決してスムーズにはいかないのですけど、
現場を最終的に収めるには、それを積み上げていくしかないのだと思われます。

現場をうまく収めるために最終的に、自分自身が「悪役」として役割分担を演じる事もあったりします。
現場がトラぶった→私自身が、「顧客にとって不愉快な事実をビシッ!と伝える」→再度、営業担当がちょっとした妥協案を提示
という事で乗り切る場合もあったりもするのですけど、
先日そうした経緯でどうにかこうにか治めた現場の施主に対して、
営業担当が「あのアフター担当の彼が色々ときつくて不快な事を言ってすいません、てへっ・・」みたいな
軽いノリで施主にペラペラ口走っているのを背後で聞き、
(まさに「お前が言うな――!」の世界ですし、その原因をそもそも作り出したのは「おまえだろっ!」という感じですね・・)
思わず「カッチ――ン!」ときてしまい、
後日、その担当とは一週間以上、朝「おはようございます」と挨拶されても、全てシカト・・・みたいな
大人げない事をしちゃいましたけど、
そうですね・・・・
私も、まだまだ「おこちゃま・・」という感じですよね・・・(苦笑・・)

あ・・・私も「東方Project」のレミリア様と案外気が合うのかもしれないですね・・・(笑・・)







「大人げない・・」というと、まだハピネスチャージの仲間に加わる前のフォーチュンも
そんな雰囲気がありましたよね・・

「余計なことしないでっ!」

「私はあなたの仲間になるつもりはない」

そういうちょっと頭の固いところがいおな=キュアフォーチュンの魅力でしたけど、
私は「おこちゃま」みたいな大人げない感じでもありますので、
融通は少し効かないけど少なくとも「おこちゃま」ではないおなとはまさに・・雲泥の差なのかもしれないですね・・

うーーむ、私もまだまだですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3181-4d4cd0a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |