プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日、10月9日は「天狗の日」です!
そして同時に「阿求ちゃんの日」でもあります!

10月9日は10(てん)と9(ぐ)で天狗と読めることから、そうした語呂合わせとして東方キャラの日の一つと
なっております。
(一例として、3月7日は早苗さんの日とか、5月14日はこいしちゃんの日とか色々ありますよね!)

東方Projectにおける「天狗」とは、まさに・・・
射命丸文
犬走椛
姫海棠はたて といった「東方天狗三人娘」なのですけど、やはり射命丸文(あやや)の東方作品への登場頻度が
群を抜いて高いという事もありますし、
何よりもZUN神主様の「大のお気に入りキャラ」の一人という事もありますけど、
あややは、東方でもかなり目立っているキャラだと思います。

とにかく東方は魅力的で可愛いキャラがてんこ盛りで、比較的好き嫌いか激しい私自身が
珍しくも(?)苦手なキャラが一人もいなくて、登場するキャラほぼ全員が大好きという世界でもあるのですけど、
これは最近の記事でも書いた通り、
「東方に登場するキャラの中で特に好きなキャラを5人だけ挙げて」と質問されたと仮定したら、
そうですね・・・その答えはとてつもなく迷うと思うのですけど、今でしたら、
さとり様・こいしちゃん・ゆかりん(八雲紫)・早苗さん、そして・・・・この射命丸文(あやや)を推したいと
思います!
だって・・・あやや、も――、めちゃくちゃ可愛いし、生真面目でもあるし胡散臭くもあるし、
何よりもあの時にインチキガセネタ満載の「文々。新聞」がとにかく面白すぎます!

うちのブログの「東方語り」は、最近では、早苗さん・ゆゆ様・レミリア様・物部布都などを語らさせて頂きましたが、
10月9日が「天狗の日」という事でもありますし、
私がとにかく大好きでたまらない射命丸文(あやや)の事を正式にこのブログでの「東方語り」では実はまだ一度も
語らさせて頂いたことがないものでしたので、
「この機会に是非この素敵なあややの事も、多分早苗さん並の長期語りになってしまうけど、
色々と語らさせて頂きたい!」と思い、
本日、10月9日をもって「あやや語り」をスタートさせて頂きたいと思います。
(というか・・・うちのブログでは、既に何度も何度もあややの名前は頻繁に登場していますけどね・・笑・・)



あや



あややはとにかくとにかく、めちゃくちゃ可愛いですね!

「も―――、あやや愛しているよぉーーー!!」の世界ですね!
(ちなみにですけど、もしも「幻想郷」から一日限定で一人だけ外界に呼び寄せて外界でデートしてもいいというキャラを
一人選べと言われれば、そうですね・・・さとり様!と言いたい所ですけど、さとり様と一緒に街中をデートして、
他の女の子に目移りしたとすると・・・さとり様からそうしたスケベ心を瞬時に読み取られて鉄拳制裁を食らいそうなので(?)
ここでは、あややを是非是非チョイスさせて頂きたいと思います!)

ま・・あややの詳細は、本日のトップ記事の「射命丸文 その①」以降でじっくりと語らさせて頂きたいと思います。

まずあややの前に「天狗」に関してごく簡単に補足をさせて頂きますと・・・

幻想郷における「天狗」は、準最強クラスの種族で、並の妖怪ではとてもとても敵わない程の力を持つとの事です。

後ほど登場しますけど、阿求ちゃんの「東方求聞史紀」の「天狗」の設定とは、

〇天狗は強い力を持つが、その力を見せびらかすことはない

〇 身体能力も妖術能力も、幻想郷のどの妖怪にも引けを取らない強さを誇る

〇スピードも匹敵する妖怪は吸血鬼くらいという高速

〇とてつもない酒豪でも挨拶程度に一斗のお酒を空にしてしまう

〇天狗社会が全体として高度な文明を有し、種族による役割分担が明確に定められている。そして人間をはるかに凌ぐ
 高度な知性を有している

〇仲間意識が大変高く、仲間がやられると他の仲間がすぐに駆けつけ、やっつけた相手と敵対する。そして、
 妖怪の山に侵入者が現れると、すぐに排除に当たる

〇天狗の長である天魔は、神に近い力を持つ、天狗の中には神として信仰されているものもいる

となっており、ゆかりんクラスの妖怪でないと太刀打ちすら出来ないという感じなのだと思います。

天狗たちは「妖怪の山」にて、「一つのピラミッド型の組織」のような形で上下関係が比較的厳しい中で
規則正しく生活をしているというのは、自由奔放な幻想郷においては比較的珍しい位置づけと
言えるのだと思います。
天狗も昔は、天狗の山にて鬼たちの支配下にあったのですけど、
鬼たちがなぜか・・「地上は退屈だしつまらないから地下世界に移住する・・」と言い出し、結果的に
妖怪の山は、その後は「天狗」たちが実効支配をするようになります。
妖怪の山から鬼が去ってからも、ここの最上位は鬼神であり、
天狗はあくまで「鬼の代行」という事で妖怪の山を預かっているという事になっているので、
ま・・形式的に鬼がいなくなってからも鬼には頭が上がらないという感じなのだと思います。

前述の通り、天狗は各々の帰属組織と各自の役割分担が明確に定められていて、
例えば・・・天狗全体の大ボスとも言え、頭領的な役割を有するのが天魔であり、この天魔こそが、
妖怪の山に越してきた新しい神々(神奈子・諏訪子・早苗さん)と交渉を行い、妖怪の山の神々として認知する事を
決定しております。
そして、人間で言う所の「管理職」に相当する大天狗、
すばしっこい報道部隊の鴉天狗(あややとかはたてはここに所属しています)とか、
事務系の仕事を担っている鼻高天狗とか、妖怪の山の自衛隊とも言える白狼天狗(椛はここに所属しています)とか、
印刷の仕事を担う山伏天狗とか
とにかく高度な社会を築いていると思われます。



はたて


こちらはあややとはたてです!



はたて2


こちらははたてです!


椛


こちらは犬走椛です!

早苗さんもよく女子高生っぽいとか言われますけど、そうですね・・・印象としては、はたての方がより「今時の女子高生」
みたいな感じが強いですね。
「~だわー」「~ねー」「~なのよねー」などとギャルっぽいやや間延びした口調が大変印象的ですし、
時には、「キモーい!」なんていう発言もしていますけど、うーーむ、はたては本当に天狗なのかな・・・?
なんかあの「キモ――い!」はまさに外界の女子高生そのまんまという感じすらありますよね・・・(笑)
上司である大天狗に対してもお祭りなどで無礼講となると頭をド突きに行ったりするなどの無鉄砲さも
はたての魅力ですよね!!
そうそう・・・手に持っているのは、どうみても今時の携帯というかガラケーですよね・・・
設定の上では、そのガラケーみたいなもので写真撮影を行っています。

対照的にちょっと渋い雰囲気なのが、犬走椛です。
椛は天狗と言っても、あやや・はたての鴉天狗とは異なる白狼天狗という天狗の中では下っ端に位置しています。
だけどこの御方は・・・・設定の上ではなぜか・・あややと不仲なそうです・・・
なんでかな・・・?
暴走がちな文に対して生真面目な苦労人タイプの椛は「性格の不一致」という感じなのかな・・・?
そうですね・・
私の解釈としては「昔は不仲だったけど、今はね・・」みたいな説を採用したいと思います

椛というと特徴的なのがなんといってもあの「灰色髪の短髪と犬耳っぽい髪型」ですね。
あれ、耳なのか髪型なのか、いまだに定説がないような感じもするのですけど、逆に東方のキャラとしては
こうした銀髪ショートというのも比較的珍しいので貴重だと思います。

そうですね・・このはたてと椛も今後の「あやや語り」の際に折を見て語らさせて頂きたいと思います。



繝√Ν縺ゅd_convert_20160923183354



新聞記者のあややに対して、無謀にも・・(?)
「ガセネタでもいいから私の事をもっと新聞に掲載しろ!」というチルノがとっても可愛いです!

とにかく・・あやや語りは長くなりそうですので、年内一杯は、射命丸文の事を
一生懸命、そして熱く・・・語らさせて頂ければ幸いです!!




阿求


あっきゅん



さてさて・・、10月9日は「天狗の日」なのですけど、同時に「阿求ちゃんの日」でもあります!

10月9日は16進法ではA月9日と表し、 すなわちA(あ)9(きゅう)の日であるため、10月9日を稗田阿求の日として
語呂合せが為されたという事でもあります。

阿求ちゃんの正体なのですけど、「幻想郷縁起」という幻想郷内の歴史書の初代編集者である阿一の
第9代目としての生まれ変わりです。
テーマを「幻想郷」一つに絞り、それに関する歴史・考察などを初代から9代目の阿求ちゃんに至るまで一貫して
携わるといういわば究極の「輪廻転生」を繰り返しています。
早い話が、初代阿一=阿求ちゃんと換言しても差し支えは無いとすら思います。
もっとも「生まれ変わり」と言っても前世はおろか初代の記憶は、阿求ちゃんにはそれほど強くは残っていない・・
「うっすらと残っている程度」なのだと思われます。
「完全な形での記憶の継承」ではないのですよ・・・
初代から8代目の間には、男としての経験もありますし女性としての経験もあるというのがなんか面白いと思います。
先ほど阿一=阿求と記しましたけど、やっぱりそうした意味においては、
9代目の阿求ちゃんは、やっぱり阿求ちゃんそのものであり、今現在を生きる阿求ちゃんなのだと思いますし、
今現在の阿求ちゃんというのは他に替え難いものがあるのだと思います。
そしてそれこそが、毒舌も可愛らしさもはかなさも有している今現在の阿求ちゃんなのだと思います。

阿求ちゃんは、幻想郷の妖怪についてまとめた書物「幻想郷縁起」を編纂するため、
千年以上前から転生を繰り返しているのですけど、
幻想郷内の妖怪に対する人間としての傾向と対策に関する書物を出すことで、
人間が普段から注意すべき事とか決して立ち入ってはいけない危険エリアの告知とか
万が一その妖怪に遭遇した場合にどのように対処すればよいのかとか
ま・・・妖怪に対する「マニュアル本」みたいなものと言えるのかもしれないですね。

だけど・・・

そうした妖怪に対する「マニュアル本」というのは、幻想郷内にゆかりんを中心として「大結界」が張られて以降、
妖怪と人間の融合がこれだけ進んてくると、決して必要な本とは言えなくなってきたとも言えるのかなと思います。
別に妖怪たちは、結界を張る前は、自分達の存在を誇示するために人間を襲い食らってきたのですけど、
結界によって外界と幻想郷が完全分離し、幻想郷の世界においては、
自分たちの存在意義を誇示するために人間たちを無意味に襲う必要も全く無いのです。
同時に、人間たちも過度に妖怪を恐れる必要がなくなってきたのです。
今の幻想郷においては妖怪たちは普通に人里に買い物等に来ていますし、それに対する人間たちの反応も
ごく日常風景の一つに既になっています。
9代目でもある阿求ちゃんは、幻想郷に大結界が張られて以降初めて生まれ変わった存在です。
多分・・・阿求ちゃん自身も色々と迷っていて実は阿求ちゃん自身も試行錯誤を繰り返しているのかも
しれないですよね。

「別に私があえて妖怪のマニュアル本を書いて人間に注意を喚起しなくても、
今現在の幻想郷は、人と妖怪は既に溶け合った関係で共存共栄し、お互いの存在意義を認め合い、
パワーバランスを図っている」
「別に私がこんなマニュアル本書かなくたっていいじゃん・・」
「え・・・それじゃ、私が9代目として生まれ変わって意味って一体何なの・・・?」
「それじゃ、これから私はどうしたらいいの・・・??」
みたいな迷いと疑問が芽生えてきていると言えるのかもしれないですよね。

今後の阿求ちゃんの役割というのは、この「幻想郷縁起」に関しては、妖怪に対する傾向と対策という実用書ではなくて
過去に幻想郷にはこんな話かありました・・・みたいな「読み物」・「物語」としての作者としての側面が
求められていくのかもしれないですし、
どちらかというと「どうすれば読者を楽しませることが出来るのか・・」みたいな事が
求められていくのかもしれないですよね。

だから・・・

今現在の阿求ちゃんは実は・・・迷っている段階・・・

もしかしたら・・・寿命が大変短い阿求ちゃんにとっては現在の第9代目阿求として「寿命」がある限りは
こうした「問い」はもしかしたら・・・
第10代目以降に持ち越し・・という事になるのかもしれないですよね。

初代阿一から8代目までの考え方としては、

「妖怪は定期的に人間の手によって退治されるべきもの」

「人は妖怪を恐れるもの」

というのが大前提だったと思います。そしてそうした考え方は、9代目の阿求ちゃんに受け継がれています。

しかしこうやってゆかりんの大英断の「大結界」以降の幻想郷は、前述の通り、あくまでパワーバランスを保ちながら
妖怪と人間の共存共栄が当たり前の世界になっていて、
以前のように人は妖怪をそれほどは恐れなくなってきたという感じの世界になっています。
そうですね・・・
現在の阿求ちゃんにとってはそうした今現在の幻想郷の雰囲気は、まさに
初代から8代目まで脈々と受け継がれてきた稗田家としての「DNA」を否定されてしまいかねないものが
あったりもします。
阿求ちゃんとしては・・
「先祖代々受け継がれてきたものとか守ってきたものを私の代になって完全否定なんかされるなんて冗談じゃない!!
それを認め完全に受け入れたとしたら、私・・・阿求・・・そして先祖代々受け継がれてきたこの遺伝子の存在価値は
一体どうなってしまうの!?」
みたいな意識もあるのかもしれません。
冒頭で、阿求ちゃん=毒舌、特に聖白蓮に対する毒舌はちょっと度を越しているというのは、
もしかしたらこの辺りに原因がありそうで、
白蓮さんの「神も仏も人も妖怪も皆同じ!!」という「絶対平等主義」というのは、
稗田家のDNAを脈々と受け継いできた阿求ちゃんにとってはまさに相反する考え方であり、
「とてもこれは容認も看過も出来ない・・、誰も言わないというのなら、この私が・・・!!」みたいな感じで
ああした毒舌を吐きまくったと言えるのかもしれませんよね。
つまり阿求ちゃんの「毒舌」というのは、今現在の阿求ちゃんがそうしているのではなくて、
先祖代々受け継がれてきた阿求ちゃんのDNAがそうさせているいると換言してもいいのかな・・・と思っています。

阿求ちゃんは、以前は「東方求聞シリーズ」がお馴染みの場所でしたけど、
最近は「東方鈴奈庵」での印象の方が強いですね。
阿求ちゃんは、なんとなくですけど、小鈴と一緒にセットで描かれた方がより生き生きとするような感じもあったりもしますね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

紅楼夢からただいまです!こんばんは。本日は素敵なコメントありがとうござい
ました☆この「受け継がれるべきもの」の記事が拙くて雑だなんて…そんなの
絶対ありえな~い!ですよ!!過剰だとは思いませんし、まだまだ足りない位です!
そしてぬくぬく先生様とお話頂け、温かい言葉を頂ける事は誇りだと思って
います。お忙しい中、いつも温かいコメント本当にありがとうございます!
今後の素敵なコメントも楽しみですが、ご無理はなさらないで下さいね。

黒猫おぜう様も見てくださってありがとうございます!ワンドロですが姉妹作・
猫耳スカーレット姉妹、実現できて嬉しいです♪あの作品は…ぬくぬく先生様
との猫耳が似合う東方キャラトークがきっかけでした(笑)ハロウィンという事も
あり、今月中に早速卒業予定ですが、やはりきっかけをくださったのはぬくぬく
先生様なので、あちらに先に置かせて頂きました。少し寂しい気持ちを抱いて頂き
つつ、色々な人たちに見て頂きたい気持ちの方が強いと言って頂け嬉しいです☆

それからコンプティーク掲載のお祝いも嬉しいです!掲載してくださる
ちばしん様にはいつも感謝の気持ちでいっぱいです♪最近掲載が多いのは
以前より投稿自体が増えているからかも…?やはり商業誌で貴重なスペースを
頂き掲載頂け、評価して頂ける事をいつも誇りに感じます。
大切なブロともさんであるぬくぬく先生様は、限定記事も見れる設定なので
良ければ、紅楼夢記事を見てくださった後、お暇な時にその下に位置する
きんモザの2人のプリキュアコスプレの記事もみて頂けると幸いです!

紅楼夢参加の労いのお言葉、ありがとうございます☆大盛り上がりでしたし
素敵な戦利品の数々は…これから書く記事でたっぷり楽しんで頂けると幸い
です!正直…「買い過ぎじゃないか…?」と思われそうな位、すさまじい数で
(笑)ぬくぬく先生様のご贔屓キャラのグッズも多数登場します!
全体的には…先日名前を挙げてくださった中では特にフランがすごい事に
なっていたり、藍様は最後から2番目の画像で…?他のキャラもお楽しみに!


小鈴&あっきゅん記事に早速ご感想ありがとうございます☆着物の雰囲気は
本当に素晴らしい、和のいでたちがこんなにも鮮やかであでやかに、かつ
とてつもなく華麗、素敵でとっても可愛く美しい、小鈴は文様の着物が
とてつもなく丁寧、いい仕事をされている!、上手く演出、あっきゅんは
きょとん…?したお顔がとってもチャーミングで素敵、髪のお花の飾りも
可愛い…等々、たくさん褒めて頂け感激です!そして改めてアリスや萃香を
褒めてくださったり、私の事を「東方絵師」と呼んで頂け、とても嬉しいです!

さて今後、鈴奈庵で小鈴を助けてくれるのは…意外にもあの方なのかも…?
楽しみですね!そしてぬくぬく先生様が挙げた毒舌あっきゅんが「賢者様」と
認めるあの方は…本日のブログで使う画像の最後から2番目に藍様と一緒に…?


こちらのあっきゅん記事も楽しく読ませて頂きました♪画像は…なんだか
グラマーなあっきゅん(笑)新鮮です…!あっきゅんの日の語呂合わせの由来、
心境…等々興味深く読ませて頂きました。鈴奈庵で小鈴と一緒にいる時は
毒舌の時もありますが…やはり友達の前、生き生きとした姿も魅力的ですね!

また例大祭オフィシャルの文フィギュアは天狗のお面がリアルで刀が凛々しく
かっこよく、服の模様や紐、黒い羽も美しい美人さんですね!白いフリルと
黒のミニスカート、健康的なふとももが眩しく、厚底下駄を履きこなす姿が
すごいなぁと感じました(笑)またぬくぬく先生様がデートしたいキャラに
文を挙げていましたね!新鮮な外界に目をキラキラさせて、たくさん写真を
撮って楽しく過ごせそうです。私だったら…神5の中ではお燐かな…?(笑)

明日からは…土曜当番合わせて5連勤ですが、昨日のイベントの楽しさ、
ぬくぬく先生様から頂く温かいお言葉…日々の幸せを糧に頑張りますね。
では読んでくださり、ありがとうございました☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3178-89f6735a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |