プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


冒頭で私信で大変恐縮なのですけど、

五航戦の愛鷹 様

ついに・・・ブログタイトルも変更になってしまいましたね・・・

とにかくペナントレース中はお疲れ様でした! そして、是非ファーストステージでは
お互いにいい試合が出来れば最高ですよね!
だけど・・・ご存知の通り、マリーンズの現在の戦力は怪我人続出の満身創痍で、多分ですけど
今のマリーンズはオリックスよりもはるかに弱いと思いますのて、
ファーストは楽勝で通過ですよ!
そして・・・「昨日の屈辱」を是非是非臥薪嘗胆して頂き、来るべきセカンドステージと日本シリーズに
ぶつけて欲しいものですね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の記事でも書いたのですけど、私が属する建築業界は俗にいう「クレーム産業」の一つでもあるのかな・・と
感じるのですけど、
何でそうなってしまうのかと言うと、改めて簡単に述べると、
ホームセンター・家電量販店等の店頭に並んであるように「完成された商品」を販売している訳ではなくて、
全く「白紙」のもの・・これから施工をして何もない「無」の状態から「有」を作り上げていくものでもあるので、
顧客の勝手なイメージと実際の施工との間に「食い違い」が起きがちである事と
後は現場での「言った言わないの世界」の多発だと思います。

こうした建築業界の場合、「施工」に関わっている人が複数以上存在し、
下請け・孫請け・足場職人・解体屋・設備屋・当社の工事監督など色々な人が関わっていて
顧客に対する「連絡窓口」をしっかりと一元化していないと、往々にして、
「あの人はこう言ったのに、あの人は現場でこう言っている・・・」とか
「あの人の話とこの人の話は食い違っている」とか
「あの人に依頼したのに、それが全然現場で反映されていない・・・」みたいな
「伝言ゲーム」になりがちで
それが施主に対する「不信感」に直結してしまうケースが本当に多いと思います。

要は「現場での対応力」の問題じゃないのかな・・・?

うちらの仕事の場合、一旦受注契約が成立すると、各下請け業者とか系列の職人とか関連するメーカー等への部材発注等が
為されていきます。
だから関係者としては「現場でのその後の仕様変更」というのはあんまり・・というか極力やって欲しくない事なのです。

だけど、実際の現場においては、

「受注時の現場調査が甘くて、発注書に書かれているように施工してしまうと現場での部材の収まりが悪くなってしまい、
結果的に受注時との仕様を一部変更せざるを得ない」とか
施主から「先日はああ言ったけど、やっぱりよくよく考えてみるとこっちの方がいいからこういうように仕様を変更して」とか
はたまた・・・当社の現場監督・営業担当の頭を飛び越して、勝手に施主と職人が現場で打ち合わせして仕様変更を
してしまったとか、結構現場での変更は起きたりもしますし、
そうですね・・・これはある意味建築の世界では「よくある話・・」という事になりがちです。
それはそれで別に全然構わないと思うのですけど、
往々にして「あの人にこういう仕様変更を言ったのだけどおたくの会社に全然伝わっていないじゃん」とか
こうした仕様変更というのは、後日当然ながら、仕様変更合意書とか覚書とか受注契約金額変更合意書等が
交わされるのですけが、
上記の通り、建築現場に関係している人が複数以上いるものでして、そうした仕様変更がヘンな「伝言ゲーム」化していき、
施主としては「これは金額変更に影響しない変更」と勝手に思い込んでいたのに
後から営業担当から「金額変更合意書」みたいな書類を持っていくと
「そんな話は聞いていない・・」みたいな展開にもなってしまう事もあったりしますし、
職人・監督は「自分は施主にこう聞いた」と言っているのに施主は「いやいや、自分はそんなことは言っていない」とか、
そうした「現場で起きている事」を営業担当が全く把握していないとか、
現場を無視して施主が営業担当に勝手なリクエストをしてしまい、営業担当は「検討します・・」と保留状態にしておいたのを
ころっと忘れてしまうとか・・
まーー、とにかく「現場」は日々色々と起きているものですし、まさに「現場での対応力」、換言すると
現場で施主・職人・現場監督・営業が各自が自分の立場で好き放題に言っている事をコントロール・統率する力が
求められているのだと思います。

ま・・それを統率するべき役割の営業・監督チームに齟齬が色々と発生しているから、
後で結果的に・・「私」が困ったことになってしまうのですけどね・・(苦笑・・)

とにかく「言った言わない」とか「あの人に私は間違いなくこういった!」みたいな「伝言ゲーム」は、
まさにクレームの宝庫だと思います。
「伝言ゲーム」ってほとんどの場合、なぜか正確に伝わる事が少ないのですよねぇ・・・・(泣・・)
本当にあれはまさに「困ったもんだす・・」の世界ですね・・
というかさぁ・・・
今現在のコミュニケーションツールって、LINEを使用することが多いのですけど、
現場で起きた事は即刻、LINEでもいいし社内共有情報履歴になにか「目に見える証拠」として残しておけばいいのに・・と
後で毎回毎回ぼやく羽目になっています・・・


かえで2



かえで3


かえで4


かえで



これはとてつもなく古い漫画という事になるのかもしれないですけど(笑)
高橋留美子の「うる星やつら」の比較的初期の頃の話に、あたるとラムたちの修学旅行の話で登場してきた
くの一・かえでの回でポンコツ忍者どもが
まるでどっかの会社のようなポンコツ伝言ゲームをしていたのが
なんか唐突にはっ・・・と脳裏によみがえってきました。

あの話を一言で述べると・・

「あたるたちは、奈良・京都へ修学旅行に行く。あたるは、くノ一のかえでが落とした巻物を拾う。
かえで はそれを取り戻そうと、あたるを追いかける。
かえでのポンコツ忍法・養とんの術で巻物は取り戻したものの、巻物は豚の足跡だらけでとても読めたもんじゃない・・
その後、かえでは、くノ一をやめて、転職することを決意するのですけど、
くの一というか忍者組織を抜け出した者には制裁を課すという掟があり、
かえで、その後忍者たち追手たちの執拗な捜索を受けることになってしまう・・」
という感じなのですけど、ま、これはもちろんギャグ漫画ですので、シリアスさは微塵もなく、
とにかくかえでを含めて元同僚のむかでたち・師匠のやつで、はたはたその他大勢のポンコツ忍者たちは、
ま・・全員がほぼポンコツさんという感じでしたので、
いつも通りのドタバタ喜劇を延々と展開していました・・

そうした中での一場面として、やつでの「かえでを探せ!」という厳命が下ったものの、
その命令をポンコツ忍者どもが「伝言ゲーム」みたいな形で耳元でひそひそと話を繋げていく事になったのですけど、
結果として・・

赤組 : かえでが逃げた → かえるがみえた

白組 : かえでが逃げた → かえでが煮えた

みたいな感じで伝言ゲーム化されていき、列の後半の忍者ほど「意味がわからん・・」と頭を抱える事に
なってしまいます・・(苦笑・・)

そして、そして・・「手がかりを探せ!」というやつでの命令が、やはりそのポンコツ伝言ゲームの過程で
「てかがみをさがせ」・「てがかりおさわがせ?」みたいなまたまたポンコツ伝言ゲーム化されていき、
やつでから「お前らはアホかっ!」・・となってしまいます・・・(苦笑・・)

ま・・あのポンコツ忍者どもは、かえで捜索の最中にお寺の清水寺の和尚から
「その娘、たった今、ここから飛び降りたよ!!」といわれて、
本当に清水の舞台から飛び降りていたのは、なんか笑ってしまう話でした・・
あれはまさに「清水の舞台から飛び降りる」を実践していましたね・・・(苦笑・・)

それと・・・かえでが転職先を見つけるのに見ていた雑誌は、リクルート社の週刊就職情報でしたけど、 
現在では、B-ing と名前が変わっているのは、時代を感じさせますね・・・(笑)
リクルート社の江副浩正会長は、当時はも――大変な勢いでしたけど、1988年にリクルート事件という大疑獄事件が発生し、
リクルート社はその後、ダイエーに身売りするものの、そのダイエーも今では既に没落・・というのも
まさに「もののあはれ・・」・「祇園精舎の鐘の音・・」・「因果応報」の世界ですよね・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

度々の気遣いに

こんにちは。
度重なるお気遣い、すみませんでした。

リーグ優勝を逃したけど、CS頑張ればイイじゃんっつう論調に、ひと言。
「甘い、甘いぞ!カトちゃん。(あすか先輩)」
「CSだよ、ポストシーズンだよ。短期決戦なんだよ。」
「レギュラーシーズンの勢いがなくなるんだよ。」
「特にポストシーズンのロッテはメジャーより強いんだから。」

そして、リクルート→ダイエーネタはボクの青春時代そのもの。
もう一度ホークスを買い取って再興を願っていました。
今やイオンの傘下で、その夢も潰えましたけど。
南海ファン、ダイエーファンと言っていましたが、ソフトバンクファンと言ったことは一度もありません。
どっかで南海とダイエーの血を感じているからかな?

ダイエーホークス

五航戦の愛鷹  様


「甘い、甘いぞ!カトちゃん。(あすか先輩)」

うーーむ、なんかとっても懐かしかったです! (笑)

確かに・・CSのマリーンズは「大物食い」の常連でホークスにとっては脅威と言えるのかもしれないですけど、
お互いにベストは尽くして欲しいと思います!

五航戦の愛鷹 様にとっては、杉浦監督時代とか田淵監督時代時代のダイエーの苦しい思い出があるから、
今年の戦いぶりは「こんなの試練でも何でもない!」という感じなのかもしれないですね。

今回は逆に

こんばんは。
今回のような展開は逆に初めての経験ですから、免疫がないんです。
春の珍事みたいに序盤だけ首位からの転落なら、なんともないんですが。
独走首位から急落の優勝逃した今回のケースは、もうショックでした。
だからこそ、高坂さんの悔し涙がボクの本音なんです。

杉浦監督はボクの師匠ですから、勝っても負けても学ぶ点が多かったです。
逆に田淵監督は早くクビにしてホークス再建案を考えていましたね。
情緒不安定の10代の頃に、ホークスを如何に強くするか?ばっかし考える毎日。
ドラフト戦略やトレードも勉強そっちのけで、まとめましたよ。

あああ、角中や鈴木の攻略法は知ってるけど、データ無視の配球かな?

これも一つの試練・・

五航戦の愛鷹 様


確かに・・・

交流戦直後は、「8月に優勝決定?」みたいなすら雰囲気から一転してのこの展開は
まさに「悪夢」でしたね。
だけどそれも一つの試練なのかもしれません。
かつての南海の黄金時代みたいな「有無を言わせない強さ」のためにも
今年のこの屈辱は、一つのステップと言えると思います。

なんにせよ、ファーストステージはいい試合ができれば素敵ですよね!


これまた名作

こんばんは(^^)
コメント失礼致します(^^)

うる星やつら、また懐かしいですね(^^)

私自身はこの作品の連載中はまだ生まれていなかったので、関西テレビの再放送枠で知りましたね(笑)

抜け忍かえでの話、また懐かしいですね(^^)
伝言ゲームで内容が伝わるはずもないのにそれを敢えて実践する忍者達の間抜けさも当時はツボにハマりましたね(笑)

この作品は主題歌も名作が多いので、私自身も個人的に好きな漫画ですね(^^)

こういうドタバタした展開の漫画は少ないので、後世に残したい漫画ですね(^^)

ラムのラブソング

esakui69 様


そっか・・・esakui69 様の世代ですと、うる星やつらは再放送枠なのですね!
ちなみに、私は、サンデーでの連載漫画を立ち読みしていた世代です・・・(苦笑・・)
うーむ、こういう所でも「実は昭和世代」という事がバレバレですね・・(汗・・!)

うる星やつらは、私が高校~大学でもポップスコンサートや学園祭とか野外イベントでは
定番の一つの曲でもありまして、
「ラムのラブソング」とか「パジャマじゃまだ!」なんかは演奏した記憶がありますね!

ちなみに私が好きなキャラは、ラムでもあたるでもなくて、実は、錯乱坊(チェリー)とさくらさんとコタツ猫でした!

全体的にあのしょーもねードタバタ感が私も大好きです!

アニメで登場するメガネ・カクガリ・パーマ・チビというのは、実は原作にそうしたキャラはいないというのが
大変不思議な感じもしていたものでした。

今聴いても色褪せない主題歌達

確かにドタバタコメディーの代表作ですからね(^^)

そういう意味では日常を切り取った世界観ですけど、毎日のようにあんな事があったらある意味大変ですからね(笑)

youtubeでアニメ化10周年のイベントを見ましたが、ああやっていつまでも楽しめるのはいいですね(^^)

主題歌達も今聴いても色褪せないし、名曲揃いですね(^^)
個人的には4代目のchance on loveが一番好きですね(^^)
アニソンらしくなくほぼ英語詞の曲もあったので、洋楽テイストなのもまたお洒落でいいですね(^^)

今の子供達に聴かせたらどんな反応するのかある意味楽しみですね(^^)

うる星やつらのキャラクター、コタツ猫が可愛くて好きでしたね(^^)
動物を癒しに使うのも、ある意味斬新でしたね(^^)

映画版も後にDVDを借りて見ましたが、どの作品もアニメ映画のクオリティを超えていますね(^^)
第1作目の劇場音楽を若き日の天野正道氏が担当していたのも当時は驚きでしたね(^^)

この地点で天野正道氏の目指していた音楽が解るのも何か不思議でしたね(^^)

ビューティフルドリーマー

esakui69 様


そうなんですよ! 映画の1の「オンリーユー」の音楽を担当されていたのは、あの天野正道氏なのですよね!
映画自体ドタバタ喜劇ですので音楽も結構やりたい放題だったのがとても印象的です。
「ジャイアントロボ」とは違う感覚の音楽だと思いますけど、ああいう天野氏も素敵だと思います。

映画の2の「ビューティフルドリーマー」は映画作品の中では最高傑作の誉れ高い作品だと私は思うのですけど、
原作者の高橋留美子さんからは
「こんなのはうる星やつらではない!」と相当ダメだしを食らったみたいで、それが原因で今でも押井守監督と高橋留美子は
犬猿の仲というのは意外な話です・・

コタツ猫も可愛かったですし、しのぶに恋する子ぎつねもとっても可愛かったですね! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3177-8d0731e6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |