プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


コトブキヤ×東方Projectのフィギュアについては、最近の記事の中で、霊夢・魔理沙を取り上げさせて頂き、
なんか・・「我ながらまたか・・」という感じもするのですけど、
2010年に 月刊コンプエース5周年記念として、誌上通販限定されたコトブキヤ制作の十六夜咲夜の完成度が
またまた素晴らしく高いと思いますし、
霊夢と魔理沙を取り上げておいて、この素敵な咲夜をスルーする訳には絶対にいかないと思いまして、
今回はこの咲夜さんのコトブキヤフィギュアを取り上げさせて頂きたいと思います。

このフィギュアの概要を下記に記載いたしますと・・

製作:角川書店 × コトブキヤ
仕様:PVC塗装済完成品
サイズ:全高約22mm
原型:清原秀昌
原画:とむそおや
メーカー:コトブキヤ

コトブキヤさんのフィギュアって霊夢・魔理沙の完成度がとてつもなく高くてまさに驚きものでしたけど、
この十六夜咲夜も、月刊コンプエース5周年記念として誌上通販限定されたという言わば「記念作」みたいなものですので、
やはり完成度はまさに「完璧!」に近いものがあると思います。
まさに「紅魔館の完璧なメイド長」に相応しい完璧な仕上がりだと思います!



咲夜2



咲夜ですけど、ご本人が紅魔館にてレミリア様と妹のフランちゃんに仕える完全無欠のメイド長なのですけど、
この「メイド服」が実にマッチしていますよね!!
やっぱ・・咲夜というと・・このメイド服以外の服装はありえない!!という感じすらありますよね。
ご本人の特技はナイフ投げで特殊能力は時間を操るという事なのですけど、
その特技のおかげて、こうやって常にスカートの下というか・・ガーターの所にナイフをしのばせているところが
まさに素敵すぎるお色気だと思います!

今年・・2016年のの東方の人気投票においても、この十六夜咲夜は、4位に入り、
ご主人様のレミリア様の7位と妹のフランちゃんの5位すらも上回るほどの
大人気ですからね!!
ま・・メイドさんの方がご主人よりも人気が高いというのも、咲夜としては「不本意・・・」という感じなのかもしれないですね(笑・・)
だけどそれを言ってしまうと、妖夢だってご主人のゆゆ様を圧倒的に引き離してのベスト10入賞ですから、
それは仕方が無いのかもしれないですね。

よく言われる話なのですけど、「どうして十六夜咲夜は紅魔館のメイド長なんてやっているの・・??」という事に
関しては、まさしく・・・咲夜がレミリア様と出会った事自体が咲夜にとっては
「自身の運命を操られてしまった・・」という感じなのかもしれないですよね。
十六夜咲夜は「人間」という事になっていますけど、どうなんでしょ・・?
あの元々の優秀さとかナイフ投げとかはたまた・・・時間を操る程度の能力自体、とてもとても普通の人間のレヴェル
じゃないですよね・・・(笑)
阿求ちゃんの説では、「元吸血鬼ハンターで、レミリア様に戦いを挑んだものの敗れ、レミリア様から
十六夜咲夜という新しい名前を授けられ、紅魔館のメイドとしての道を選んだ」となっていますけど、
実際はどうなんでしょうか・・?
そうですね・・その答えは「特に求めない・・」という事でもいいと思います。
やはり咲夜さんは少しミステリアスな雰囲気があった方がより素敵なのかもしれないですよね。

さてさて・・この記念碑的な咲夜のフィギュアなのですけど、
そうですね・・・
一言で感想を述べると、とにかく素晴らしいです!

素立ちの多い東方フィギュアの中でしっかりとポーズが付けられているのは珍しいと言えるのかもしれないですし、
とにかく・・このスラッとした脚が素敵すぎます!! そして・・このふんわりとしたスカートも
とっても素敵です!




咲夜



さてさて、上記のイラストは、箱の後ろ側にデザインされたこのフィギュアの原画というのか、元ネタのイラストです。

原画のとむそおや氏のサイトで描かれた咲夜さんとはかなりの違いがあるとの事らしいですけど、
フィギュア化に当って事前にZUN神主様から
「エロいのはダメ!」とか「「アダルトチックになりすぎないようにね!」などと相当釘を刺されていたとの事らしいですね・・(笑)

ま・・それでも十分にアダルトチックな咲夜さんなのかな・・とも感じたりもします。

一応うちのブログは基本的には「エロネタ無し」といった健全路線(?)を建前にしていますので、
この咲夜のエロっぽい黒の下着は・・自主規制をさせて頂いておりますけど(苦笑・・)
あれは、東方フィギュアの中でも「屈指のエロさ」を誇っているとも思えます。

全体的には、この咲夜フィギュアはエロさではなくて「健全な美しさ」の方のイメージが強いと思います!



咲夜3



前姿も「とにかくお美しい!! さすが咲夜さん!!」としか言いようがないのですけど、
後ろ姿もどことなく「凛としている・・」みたいな風情が実に素晴らしいと思います!

右足にはガーターナイフケースが装着されているのですけど、ふわっとしたスカートのおかけで
チラチラ見えているのがまたとっても素敵ですよね!


蜥イ螟・_convert_20160921151905


蜥イ螟・_convert_20160921151938


蜥イ螟・_convert_20160921152016


蜥イ螟・1_convert_20160921152045



舞い上がるスカートや腰のリボンが、とにかく素敵な躍動感を感じさせてくれています!

咲夜のメイド服はかなりシンプルなデザインで、ベースカラーが明るめのスカイブルーで、一見すると、
メイドさんというよりはどちらかというと喫茶系のウェイトレスさんみたいなイメージに近いと
言えるのかもしれないですね。
でも逆に言うと、どうしても何となく「メイド=エロい」みたいなイメージもあったりなんかするので、
ウェイトレスさんっぽい雰囲気の方が咲夜らしい「完璧な美」を追求できるのかもしれないですね。
エプロンも腰から下だけのタイプですけど、後ろのリボンが大きめに取ってある点は
そうですね・・その点はメイドさんっぽい雰囲気も伝わってきますね。

咲夜といえば投げナイフの人ですけど、両手に三本づつを握り右手を振りかぶったこの「躍動感」というのか
静と動と言えば明らかに「動」をイメージさせるこの動きが素晴らしいですよね!
このフィギュアは、いかにも「今からナイフをぶん投げるよ!」みたいな雰囲気がビシビシと伝わってくる感じが
しますよね!
スカートの流れ方が、ちょうど上から下に飛び降りてきた直後を思わせているのも
動的な演出に一役買っているようにも感じられますね。
スカートがふわっと舞っているのは、咲夜のセクシーさをアピールするとの同時に、
右太もものナイフホルダーをチラ見せさせる意図もあるのだと思います。

それにしても咲夜って東方でもかなりの上位に食い込みそうな正統派の美人キャラですよね!!

やっぱり・・・秋葉原のメイド喫茶じゃないけど、なんか男の子っていうのはどうしてこうした「メイド服」に
思わずきゅん・・・!!となってしまうのでしょうかね・・・(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

これまたすごい!^^咲夜ですね。まさに投げる瞬間に時間を止めたかのようですね^^この無表情なところが大変に良いです^^

咲夜さん!

八咫烏 様


そうですね! この咲夜さんは、まさに「静の躍動感」なのだと思います。
音楽も「音楽が一時的に静まり止まっている時こそが実は躍動している瞬間」と言われることもありますけど、
まさにそうした「静のダイナミックス」がこの咲夜だと思います。

本当に素敵な作品だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3174-821b73fc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |