プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うーーむ、困ったな・・プリキュア記事なのに書くことがあんまりないっす・・・(泣・・)

どうしてそのように感じているのかと言うと、せっかく、リコちゃんパパという美味しいキャラが登場し、
リコちゃんが「久しぶりに会ったというのに、ちっとも私の事を構ってくれない・・」みたいにすねちゃったりとかの心理描写とか
それに対する父親から娘に対するフォロー等の「父娘愛」の描き方が
ちょっと弱いな・・と感ずる事大でして
(それはあくまで私の個人的感想です・・)
タイトル通り、なんか私にとっては肩すかしというかビミョ~な回になってしまいました・・

それにしてもなんか勿体無いですね・・・

私としては、もう少しすねてむくれるリコちゃんを描いて欲しかったし、それに対する父親としてのフォローも
もう少し丁寧にじっくりと描いて欲しかったなぁ・・と感じたものでした。




d58916c8.png


c9ad1fd9.png



それにしてもリコちゃんパパは中々渋くてダンディーでとっても素敵な御方ですね!!

魔法つかいは、校長先生のその素敵な外見とか生徒思いの優しさとかあの「なんじゃと!」みたいな
多少古めかしい言葉遣いとか
今回のリコちゃんパパとか中々素敵な男性キャラばかりですね!
どーも、最近のプリキュアの男性キャラは、ジョー岡田といい、どっかの青い神様のようにうさんくさ・・・いやいや
その話題を口にしただけで、私はハピネスのめぐみを大泣きさせたあのシーンを思い出してしまいますので、
この辺で止めておきましょう・・・(苦笑・・)

歴代プリキュアの父親って、みらいのパパさんのようになんかとっても親バカ&チャーミングな人もいましたし、
ラブやつぼみパパみたいにいかにも「日本の真面目なサラリーマン」みたいな雰囲気の人もいましたし、
初代のなぎさのオヤジみたいなミョーにノリが軽くてオヤジギャグばかりかっ飛ばしているような人もいましたし、
六花パパとかめぐみの父親みたいになんかちょっと「チョイ悪オヤジ」みたいな雰囲気の人もいましたけど、
リコちゃんパパは、どちらかというと、めぐみの父親みたいな「チョイ悪オヤジ」みたいな雰囲気でしたね!
そうですね・・・セバスチャンを彷彿とさせるあの片眼鏡はなかなか粋でした!

歴代プリキュアの中で、両親または片方の親が長期間不在で、普段はそうした親とのコミュニケーションに
飢えているようなプリキュアも時折いましたけど、
私としてはそうしたシチュエーションの中で一番印象に残っているのは、
やはり、スイートにおける響とまりあさんの母娘関係なのかも・・・
歴代プリキュアにおいて、こうした母と娘の関係に焦点を当てた回は「母の日」回をメインに幾つかあるのですけど、
今回のリコちゃんパパのような父と娘の関係性というのは、
案外描きづらい・・という感じなのかな・・?
ま・・・お年頃の男の子が母親を「うるせーな!」と感じるとの同様に
お年頃の女の子なんかも父親の存在は「うざくてださい存在・・・鬱陶しい!」みたいな感じにもなってしまうのかな・・・?

それでは歴代において母と娘がどのように描かれていたのか、印象に残るシーンを少しばかり
振り返ってみると・・・

〇初代【MH】

なぎさと母親の喧嘩が勃発するものの、元気いっぱいのなぎさが昔は意外な事に
体が弱く、一生懸命なぎさを看病し心配してくれたエピソードをなぎさが父親を通して知る事となり、
風邪をひいた母親をなぎさが看病するというストーリー。
ラストのなぎさの父親の下らないオヤジギャグは、まさに「この娘にしてこの父親あり!」みたいな感じでしたね・・(苦笑・・)

〇スプラッシュスター

咲がミニミニウザイナーの策略でストライクが全然入らなくなった時のエピソードとして描かれています。
なぜ咲がソフトボールを始めたのかが丁寧に描かれ、
母親からの「精一杯、そして楽しくプレーする」という言葉が咲に温かく伝わっていったシーンがとても印象的です!
それはそうと、いかにも「良妻賢母」になりそうな舞の母親が家事が全然苦手というのも
少し意外な感じもしたものでした・・・(笑・・)

〇プリキュア5

のぞみ母娘について「この親にしてこの子あり」を証明した回もありましたね・・・
のぞみママの若かりし頃は、のぞみ以上のドジっ子だったのでしょうし、そうしたのぞみママを支えていたリンちゃんママが
またまた素敵でした
りんちゃんが家事が得意なのは、母親譲りなのでしょうね。
そう言えばプリキュア5では、かれんさん・こまちの母親は一度も登場しませんでしたね。

〇ハートキャッチ

歴代プリキュアの中で「母の日」回というと、真っ先に思い浮かぶのが、ハートキャッチだと思います!!
「なみなみ」のストーリーは、特に後半の亡くなったなみなみの母親となみなみの会話のシーンは
歴代プリキュアの中でも屈指の泣ける名シーンだと思います!
(えりかもキュアマリンの姿のまま号泣していましたしね・・)


だけど、スイートの第17話「ママはいつでも子供の味方」は、これらの名シーンをはるかに凌駕する
名シーンだと思います!!
響って、表面上は明るく元気一杯で手のかからない子というイメージがありますが、
実際は、歴代プリキュアの中でも屈指の寂しがり屋で同時に繊細なハートの持主でもあります。
その原因として、奏とのすれ違いと誤解の日々 父親の真意がうまく伝わらないコミュニケーション不足
母親不在の家庭などがあげられると思いますが、
物語中盤のこの回になってくると、奏や父親との誤解やすれ違いも大分解消され
残りは母親が普段いなくて寂しい、家の中で相談に乗ってくれる人がいないという事だったのだと
思います。
そんな状況の中で、外国での演奏旅行から一旦日本に帰国し響との短いながらも親子の絆を確認した
というのがこの第17話でした。
特にラストの響と北条まりあさんの会話が本当に印象的です。

「日常には、子供が学校から帰る音、ただいまー・おかえりという声、豆腐屋さんのラッパの音など
色々な音が響きあっている。
普通に暮らしているだけのどこにでもある音、でもとっても平和な音。それはみんなが生きている音。その音が響き合うのを聴いているととっても優しい気持ちになれる。そのが響の名前の由来」

「どんなに離れていても心はずっと傍にある」

「泣きたいときは泣けばいい、自分の胸は響だけの特等席」

「疲れたら、休んでもいい、無理をしないで弱音を吐いてもいい。」

こういうセリフは、本当に心に沁みますね・・・
(響自身もここで珍しく大泣きしてしまいます・・・)


なぜ響という名前を付けたのかその由来の話の後、
「あなたは精一杯頑張っている。だけど頑張るのに疲れたら弱音を吐いてもいい。
頑張らなくてもいい時だってある。
そんな時は、私の胸の中という特等席だってある」という母親からのメッセージは
本当に的を得ていると思いますし、こうした言葉によってどれだけ子供は救われるのかを
見事に表していると思います。

これは思いっきり余談になってしまいますが、私自身の話という事になるのですけど、
22歳で金融機関の営業職として入行し、8年程は休む暇もなく仕事に突っ走っていった時期が
ありました。
だけど29歳の頃、仕事の業績が芳しくなく、日々のすさまじいノルマと上司からの
今で言う「パワハラ」に心身共にボロボロの状態となり、
上京して12年目についに自分自身の限界を感じ、
仙台の実家に戻ろう、一度そこで体をリフレッシュさせて仙台で新たに仕事を見つけて
一からやり直そうという決意の下、当時在職していた山梨県甲府から実家に「一日だけ突然の帰郷」を
したことがあります。
私自身は、今もそうなのかもしれませんが
「他人に弱音を吐く」とか「他人に相談する」という事は、まずしない人間です。
だけどそんな自分が一度決めた「上京と自活」をかなぐり捨ててまで、一度は仙台の実家に
相談に行ったというのは、いかに当時の自分が追い詰められ限界スレスレだったかという事なのです。

だけど、あんまり真剣に聞いてくれないな・・・
この人達は世間体ばかり気にしているな・・というのが正直な私の感想というか、直感でした・・・
もしもあの時、響の母親のまりあさんではないけど
「頑張り過ぎて疲れたのなら、もう頑張らなくていい」とか「今までよくここまで耐えてきた」とか
一言言われれば、どれだけ救われたか分らない・・・
それまでの生涯においてほぼ「弱音を吐いた事が全く無い」人間が遠路はるばる弱音吐き&相談に来たことの意味を
分かってくれないんだな・・という気持ちで一杯でしたね・・あの時は・・・
結論として、
「もう戻るべき道はない」・「自分の事は自分で解決しないといけない・・」という事が分かった短い旅でも
ありました・・
ま・・・結果論として、その後の半年間の「仕事の干され」(20代の若さで出向先への片道切符?みたいな危機・・・??)を経て
奇蹟的な業務カムバック、
そして山梨を離れて東京都内での店舗での新規やり直しと目覚ましい業績、
そしてその金融機関の破綻、そして・・・建築業界への転籍・・・・
ま・・・色々あるもんですね・・
その「人生色々・・」というのはまさに迷言ではあるのですけど、ある意味まさに「その通り・・!」なのかもしれないですね・・(笑)



fdedbd2a.png



あれれ・・なんだか話が随分とヘンな方向になってしまいました・・・(苦笑・・)

今は、スイートの話でも無くて、ましてや私自身の話でも無くて、「魔法つかいプリキュア」のお話でしたね・・・

上記の話じゃないけど、
「親というものはいつでも子供の事を心配している・・」という事なんでしょうね・・・
問題は、それがきちんと言葉でもいいし、行動でもいいし、
きちんと親から子に伝わっているのかどうか・・・という事なのかもしれません。

今回のリコちゃんパパは「自分の魔法ごときではこんな強敵に通用する訳は無い」と思っていたのかも
しれないですし、
少なくとも自分よりもずっとずっと強いプリキュア達が戦っているにも関わらず
親として・・・「何かリコのためにやってあげたい!」みたいな気持がああやって無謀にもドンヨクバールの攻撃を
自分の魔法だけで凌ぎ、その結果ボロボロに叩きのめされてしまった・・という事なのでしょうけど、
そうした「娘のために・・」という気持ちこそが尊いものだと思います!



88c2ac91.png



それにしても、ベニーギョさんの露出度が素晴らしいです!!

なんかあの雰囲気は・・・なんとなくですけど、「東方Pruject」の八坂神奈子みたいに注連縄を背後に飾っているみたいな
感じてもありましたし、
あの露出度の高さは、まさに・・・
「これからが楽しみ!」という感じですね!

このベニーギョさんだけは、他の幹部みたいに途中退場とか浄化はして欲しくないですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

数々のオマージュが…

今回のリコと父・リアン、MHでのなぎさと母・理絵の喧嘩だけではなく、はるかと久しぶりに会った妹・ももかの不機嫌回を思い出しました。あのプリンセス14話もひとつの父親回で、ももかは何らかの不機嫌で挙句はるかを激怒させるシーンが展開されていました。そのうえみらい達がプリキュアであることをリアンに話す校長もどうかと思います。
新たな幹部ペニーギョは、「行くし」「わかんないし」など、リコと同じように「し」を付けている(リコを例にすれば「落ちてないし」など)ように感じました。ペニーギョを見て思い出した過去の幹部には、ポイズニーやレギーネなどがあります。
プリキュアシリーズでの父親キャラといえば、アコやはるかの父親のように娘を溺愛する例もあったり(はるかの父親にいたってはノーブル学園が全寮制であるために大泣きしていた)、やよいの父親が故人だったり、ひめやトワの父親が幽閉されていたりなどがありました。

Re: 数々のオマージュが…

鎌倉快速 様


確かにご指摘の通り、歴代プリキュアにおける父-娘のエピソードは、母-娘のエピソードと比較する
幾分弱いのかもしれないですけど、色々と楽しいエピソードもあったものですね!
はるかの親父は、よく言われる話ですけど
「うまい、うますぎる」と埼玉県民しかわからないネタをさく裂させていましたので、
間違いなく埼玉出身の御方なんでしょうね・・・(笑)

ペニーギョは、私としてはレギーネを彷彿とさせるものがありますね。
果たしてペニーギョは、髪がレギーネみたいにぽわーんと伸びたり縮んだりするのでしょうか・・?
レギーネの人間体としては「バカ小さい声」がとっても印象的でした!

埼玉ネタ炸裂のプリンセスプリキュア

確かにはるかの父いぶきからは「うまい、うますぎる」といった台詞が出ていました。この十万石まんじゅうのCMのフレーズ「うまい、うますぎる」は、ウィキペディアによると版画家の棟方志功氏が手掛けたフレーズで、テレ玉やテレビ東京などでCMが流れ、このフレーズが埼玉県民の間で定着しているとか。発売元の十万石ふくさやは埼玉県行田市に本店があり、深谷市、八潮市やさいたま市などにも店舗があるといいます(川越市にはなかったりする…)。ましてやはるかの実家が川越市をモデルにしている以上、埼玉ネタが多く出ていたように感じました。なおいぶきを演じた松本保典さんは千葉県松戸市の出身です。

新幹部さんの登場~
う~ん、すぐに退場にならないと、良いですね。
まだまだ、封印されている幹部さん、いるみたいですから、要注意ですね。

リコちゃん、成長した、て感じで、拗ねるのを、控えさせてた、と思いました。
肩透かし、て感じで。
う~ん、ぽんこつリコちゃん、見たかったかも・・

かしこ

うまい、うますぎる!

鎌倉快速 様


埼玉ネタに反応して頂き、埼玉県民としてはとっても嬉しいです! (笑・・)

十万石まんじゅうのCMはテレビ埼玉のみ放映なので、はるかの親父のあの「うまい、うますぎる!」の元ネタが
実は十万石まんじゅうである事をわかっているのは、
多分・・埼玉県民だけなんでしょうね・・・(笑)

はるかの実家の川越の描写は中々正確であったと思います!

ポンコツリコちゃん・・

みかんゼリー 様


あ・・・そうですね!
確かにご指摘の通り、あんまり拗ねているリコちゃんを強調させなかったのは
「成長しているリコちゃん」を私たちに提示したかったという意図もあったのかもしれないですね!
さすがご賢察ですね!

新しい敵幹部は、実はとっても期待しています!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3171-a0c51cd4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |