プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


よく言われる話なのですけど、レミリア様の妹のフランドール=スカーレットなのですけど、
本当に登場頻度が少なくて勿体ないですよねぇーー!
レミリア様があんだけゲーム・公式漫画等で十六夜咲夜とセットになる形でご登場されているというのに、
フランちゃんの登場は、ゲームとしてはかなり初期の位置づけとなる「東方紅魔郷」と書籍+ゲームの形としての「東方文花帖」
だけというのもなんだかとっても寂しい気がします。
東方においては、ゲームの他に公式漫画というものが幾つかあり、ゲームでご無沙汰しているあのキャラたちも
それを補完する意味において公式漫画で活躍している事例もありますし、
中には華扇のように、初登場が「東方茨歌仙」という公式漫画だけどゲームとしてその後登場していた事例もありますし、
光の三妖精のようにゲームにおいては「妖精大戦争」の一作のみの登場にも拘らず、公式漫画「東方三月精」で
あんだけの大活躍をしている事例だってあります。
そうですね・・フランちゃんは、こんだけゲーム・公式漫画・書籍で登場シーンが極めて少ないというのに、
東方人気投票では毎年のようにベスト10にランクインしているというのは、
まさに「フランちゃん人気、恐るべし!」という感じですね!
(あんだけ登場頻度の高いお姉さまのレミリア様が人気ランキングにおいては、登場頻度が極端に少ない妹に
連戦連敗続きというのもなんか少し気の毒な感じもありますよね・・・笑・・)
フランちゃんは、ゲームでの登場が難しいというのならば、
せめてなんかの公式漫画で一度ぐらいは華々しく登場させてあげて欲しいものですね!
(三月精の比良坂先生が描かれたフランちゃんというのは、是非見てみたいものですね!
そして・・・出来れば、光の三妖精と共に遊びに興ずるフランちゃんというのも一度ぐらいは見てみたいものです!)

あれ、なんでZUN神主様は、こうまでしてフランちゃんを徹底的に隠してしまうのかな・・?
なんか今のままだと「究極の箱入り娘」という感じになってしまいそうな予感も・・?
それとも・・・ZUN神主様の意向としては、
「もしも今後、東方の人気に翳りが見えてきてグッズ販売等に落ち込みが見られるようならば、その時のテコ入れの
切り札としてフランドール=スカーレットを登場させよう!」みたいなものがもしかしたら
あるのかもしれないですよね。

その②でも既に触れた事ではあるのですが、「紅魔館」自体も実は西洋の外界から建物ごとそっくり丸ごと
幻想郷に移住をしてきたという設定なんですけど、
ではなんでレミリア様たちは、吸血鬼=ドラキュラというと「ヨーロッパのとある古城」というイメージが定着してあるのにも
関わらず、「幻想郷」というある意味、日本の妖怪がうじゃうじゃといてある意味大変「おどろおどろしい所」に
移住を果たしたのかその「メリット」って一体何なのかな・・?とふと考える事もあったりします。
勿論、そのペストアンサーというのは「Yahoo! 知恵袋」のベストアンサー式に言うと、
「吸血鬼等の妖怪の勢力が、外界の科学技術の進歩という事で、そうした妖怪等の迷信が入り込む余地が
少なくなり、このままでは自分たちの存在意義が無くなり、消滅してしまう危険性があり、
外界から妖怪勢力を結集した幻想郷にある意味避難せざるを得なかった・・」という事になるのでしょうけど、
私の脳内妄想としては・・
「それもそうなんだけど、もしかしたらフランちゃんの精神状態という問題もあったのかな・・?」とも
思ったりもしています。
外界というのは、技術が飛躍的に進化し情報が溢れかえっている世界でもあるのですけど、
そういう環境下が、元々の精神状態が危ういフランちゃんにとっては決していい話である訳では無くて、
日々荒んでいくフランちゃんの精神状態を危惧したお姉さまのレミリア様が
思い切って建物ごとの幻想郷への移住を決断したという事になるのかもしれないですよね。
実際・・・東方の初期の頃の「東方紅魔郷」におけるフランちゃんの設定は、
発狂気味とか気がふれているという感じだったのですけど、
「東方文花帖」あたりになると、「情緒不安定」という描写にいつの間にか変容されていて、
何となくですけど・・
「あれれ・・・フランちゃんも幻想郷という新しい環境に移住をしてきたおかけで、精神面も安定化し、
徐々に落ち着いた感じになっているのかな・・」とも感じたものでした。
フランちゃんはよく「気が狂っている」とか「まともな会話が出来ない」とか言われたりもするのですけど、
否! それは明らかに違いますね!
それは、東方文花帖におけるフランちゃんと射命丸文のインタビューを見れば、一目瞭然だと思います!
ま、あややに対してのあの「ぎゅーーっとして・・」紅魔館に向けて落ちてきた隕石を破壊しちゃった・・と言うのは
フランちゃんのとてつもない能力を示唆していると言えますよね! 

確かに、「東方紅魔郷」におけるキャラ紹介においては、フランちゃんは、
「吸血鬼にして魔法少女で、495年程、悪魔の妹をしています。
少々気がふれていて、通常は表に出してももらえません。 出ようともしません。
普段はあまり怒ったりしないのですが、常におかしいので他人には良く分かりません」と書かれていましたけど、
文花帖では、前述の通り「情緒不安定」へと変更されていて、やはり私としては、
「幻想郷への移転は結果的に成功と言え、その副産物としてフランちゃんの精神状態もいい方向へと改善」と
解釈したいです。

フランちゃんというと、公式におけるセリフは、紅魔郷と文花帖の二つしかないのですけど、
その数少ない出番の中でのフランちゃんの有名な名言と言うと
魔理沙に対して発した「あなたが、コンティニューできないのさ!」 と
あややとのインタビュー中に発した「きゅっとしてドカーンね 」 ですよね!
その「きゅっとしてドカーンね 」 というのは、
あややが作成した文々。新聞(第百二十季 弥生の四刷)の文面上では「きゅっとつつけばドカーン」と書かれていますけど、
あややによる追取材の際には、

あやや: 「 本当に隕石を爆発させたんですよね? 」
フラン: 「 きゅっとしてドカーンね 」

というあまりにも有名なセリフが登場しています!

ま・・あれも考えてみると凄い話ですよね・・・(笑)

「運命を操る程度の能力」をお持ちのレミリア様のお話としては、幻想郷全体というのか、紅魔館に向かって
巨大隕石が落下してきて、「紅魔館、まさかの崩壊の危機?」みたいな時に
「全てを破壊してしまう程度の能力」をお持ちのフランちゃんが、前述の「きゅっとしてドカーン!」の如きも
なんとその巨大隕石を一瞬のうちに空中爆破させてしまうのです!

東方Projectの世界では、よく「では結局幻想郷内の最強キャラは誰なのか・・? 霊夢・・? ゆかりん・・? 永琳・・?
はたまた、お空・・? 意外と・・あのヘンなTシャツヤローの地獄の女神様・・? そういえば綿月依姫もいたよね・・」
みたいな強さ議論が起きたりもするのですけど、
このフランちゃんの「きゅっとしてドカーン」ネタを見てしまうと、
「フランちゃん、可愛いのに恐るべし・・」とやはり感じてしまいますよね!

レミリア様の御言葉によると、
「あの隕石ははじめから紅魔館の真上に落下する事が予定されていて、妹がそれを破壊する事も
あらかじめ決められていた」との事らしいです・・・
ま、これに関しては、フランちゃんによると・・・・
「隕石落下と破壊が予定されていた・・・? そんなのある訳ないじゃん・・・
あいつはなんでもかんでも最初から判っていた振りをするの。運命が分かるとか何とか言って・・」
とあややとのインタビューで言っています、
そうですね・・・それ以前に、フランちゃんがレミリア様を「あいつ」呼ばわりしている事の方に
なんか興味がそそられますね・・・(笑)
フランちゃんがレミリア様の事を「あいつ」呼ばわりしていたその瞬間に、フランちゃんの背後にいたのは・・
そう・・レミリア様自身だったのですけど、
その際のレミリア様の「こらこら、お姉さまをあいつ呼ばわりするんじゃないの・・」と諭されていたのは
面白かったですし、フランちゃんの「あら、お姉さま、いつからいらしたのですか・・?」とあいつからお姉さまという
呼び方に瞬時に切り替えられていたのは素敵でした!
ま、確かにああいうフランちゃんを見てしまうと「フランちゃん=気がふれている」というのは
「ありえないな・・」と思ってしまいますね・・(笑)
「東方紅魔郷」における霊夢VSフランちゃんのバトル時において、霊夢が間違えてレミリア様の事を
「レプリカ」と呼んだ際は、はっきりと「レミリア! レミリアお姉さまよっ!」と訂正を求めた際の様子からして
フランちゃんとしては、やっぱりお姉さまのレミリア様の事は、なんだかんだ言って慕っているし大好きなんだなぁ・・と
感じさせるものでした!

そうですね・・やはり私としては、是非是非今後の東方シリーズにおいて、レミリア様-フランちゃんの
スカーレット姉妹の大活躍を一一度くらいは見てみたいものがあります!!




sinka-huran!!_convert_20140425122426_convert_20161001003717.png





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!
今回は2枚ご紹介をさせて頂きたいと思います。

まず一つ目はフランちゃんの進化録!

これはアミグリさんが2009年~2014年の6年間の間で描かれたフランちゃんの軌跡です。

アミグリさん自身のFC2での活動歴はかなり長く、2008年頃から作品を発表され続けているのですが、
とにかくこれだけ長期間にわたって「イラスト投稿」を継続され続けている不断の努力の姿勢には
本当に頭が下がる思いですし、何よりも、
作品が毎年毎年進化を続け、今日現在に至るまでもずっと絶え間ない進化を重ねられている点は
本当に素晴らしいと思いますし、
これこそがまさにアミグリさんの「矜持」といっても過言ではないと思います。

それは、この「フランちゃん進化録」を見れば一目瞭然だと思います!

これこそがまさに「日進月歩」と言っても過言ではないと思いますし、過去の作品も素晴らしいけど、
それと同じくらい今現在の作品も素晴らしいという事なのだと思います。
まさにアミグリさんの「不断の努力の成果」を示唆されている進化録なのだと思います。

どのフランちゃんも素敵なのですけど、「この中から一つだけ選んで!」と言われれば、
そうですね・・・迷うけど、2013年のイラストを選ぶのかも・・・
ちなみにこの2013年のフランちゃんは、このブログでも既に転載済ではあるのですけど、
この素敵なフランちゃんをご覧になりたい方は是非こちらをご覧下さい! → フランちゃん(*´▽`*)



hurando-natu!!_convert_20130630172636.png




そしてこちらはアミグリさんが2013年7月に描かれたフランちゃんです!

このフランちゃんもとっても可愛いですね!

ドーナッツを食べているフランちゃんがとってもキュート!
(「キュ――ッとしてドッカーン」じゃないですよ・・・・笑・・)
口をドーナッツで隠しているところなんか、めちゃくちゃ可愛いです!
そしてフランちゃんの羽の鋭さと色彩感が素敵だと思います!

そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用は、あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、
無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!

そしてこれからもとっても素敵なフランちゃんを描き続けて頂きたいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

フランちゃん、かわいいですね❤(^^)❤

ありがとうございます!

Baby pink amy 様


お怪我が完治しない中、こうやってお気遣い頂きありがとうございます!

アミグリさんのフランちゃんイラストもお褒め頂き嬉しいです!!

どうか、amy様も無理されずにお体ご自愛ください! どうぞお大事にしてください!!

フランちゃん!!

フランちゃん、あれだけ人気なのに、公式ではほとんど登場しないのは、もったいないですよねぇ…
公式でのフランちゃんの登場に期待してしまいますね!

そして、フランちゃん進化録&ドーナツフランちゃんのイラストを載せていただき、ありがとうございますっ!

実は、製作途中の、フランちゃんのイラストがあるのですが、クオリティ高い作品にしなければ…というプレッシャーが少々あって、筆が止まっております…(汗)
フランちゃんは、とっても大好きなキャラなので、その分いいイラストにしないとなぁと思っています。
そのイラストがいつ完成するかは、まだまだ未定ですが、ちゃんと完成できたらいいなと思っています!

これからのフランちゃんの活躍に期待!

アミグリ 様


そうなんですよ! まさにその通りだと思います! 「温存」もいいのですけど、そろそろフランちゃんという
エースも公式に華々しく登場させて欲しいですね!
それが無理ならばせめて公式漫画にセリフ付として出してあげて欲しいと切に希望しております!

アミグリさんが描かれるフランちゃんは、どの時代もアミグリさんの「フランちゃん愛」が一杯詰まっていると
思いますし、本当に惚れ惚れするくらい魅力的な作品が揃っていると思います。
現在制作中のフランちゃんも、どうか焦らず気長にじっくりと仕上げて欲しいと思いますし、
是非是非楽しみながら描いて欲しいなぁ・・と思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3169-563ffa4b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |