プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


改めての話になりますけど、私の仕事というのは、埼玉県内および一部仙台近郊の社内全顧客の
「アフター部門の責任者」という感じです。
良く言えば、顧客のアフターサポート、悪く言えば、トラブルや揉め事発生時のクレーム窓口という事になります。
私の業界は「建築業界」ですが、この業界は、昔から言われる通り「クレームの宝庫」という感じでもありまして、
俗に「クレーム産業」とすら呼ばれることがあります。
だけど、これは仕方が無い一面もあったりもします。
要は、「建物、またはその大規模修繕」という最終形態というか目に見える完成品を売っているのではなくて
「目に見えないもの」を最初に契約として交わすため、最終的に、どうしても顧客側から
「あれ、最初の話と違う・・」
「自分がイメージしたものとは少し違う・・」といった話が多少は出るのは
ある程度仕方が無い面も多々あります。

ま、建築関係のクレームなんて大半は、

1.言った言わないの世界

 「当初の見積もりに入っていないこの部分について、現場で営業担当又は工事担当のあの人に
 ここは少しサービスしてと言ったら、いいですよと言われた。だけど営業担当はそんな事言っていない」
 といった感じの類の事例がホント多いですよね。
 又は、顧客としては、この部分は見積もりの中に当然含まれる項目と思っていたら
 実際は含まれる項目ではなくて、
 工事が完了し、引き渡し時に「あれ、この部分はどうしたの・・、えー、これって見積もりに含まれていないの??
えーー、そんなの全然聞いていない」

2.工期のズレ

 どうしても建築の世界は、当初に「工程表」を組み、顧客に提出するものの
 2~3日間とか最悪の場合一週間程度遅れる場合が多々あります。
 この場合は、雨天等天候不順とか職人の手配が付かなかったとか
 建物内部をバラしてみると、予想以上に白蟻の害がひどく、柱が腐っており、
 その処理に想定外の時間が掛かった等が原因です。
 工期のズレならいいとして、上記の建物保内部をバラして初めて建物の実態が分かり
 当初の見積もりとは別の追加費用が発生してしまったみたいな事例も決して無い話では
 ありません。

その他にも・・

3.営業担当が軽はずみで約束した事項が順守されていない
4.連絡の不徹底(特に工期)
5.近隣からの騒音・工事車両の駐車位置などのクレーム
6.仕上がりにおける顧客のイメージと完成現場のギャップ

などがあると思います。

これらの事は、契約時にきちんと丁寧に説明をしておけば、
そして工事が始まって以降は、何か突発的な事件が発生した場合は、顧客にこまめに連絡を入れ
その都度報告→相談をしておけばほとんどが防げることばかりなのです。

だけど実態としてそうした事が完璧に出来ていないからクレームというものが発生し、
営業担当で収まらない場合とか、工事完了後にそうしたクレーム事案が発生した場合は
クレーム対応責任者の「私」の出番となるのです。

私の場合、月末とか年末とかそういうのは全く関係が無く、ヒマな時(クレーム事案が特にない場合)は
ものすごくヒマになったりもするのですけど、
建築業界が俗にいう「にっぱち」の2月と8月のヒマな時期でもクレーム案件が多発していれば、
私は忙しい・・という事になってしまいます。
それと・・私の場合、毎年11~12月にかけて「カレンダー配布」というのを名目にして全顧客を廻り、
「何か隠された問題等は無いのか・・」という事にもチェックを入れたりもしますので、この二ヶ月が
一年を通して一番忙しい時期という事になるのだと思います。

社内的には「クローザー」、つまり「火消し役」みたいな言われ方もされますけど、
実際はそんなほとんど大したことは出来ないですよ・・
とにかく相手の言い分をひたすら聞き、その上で謝罪すべき点は謝罪し、
出来る事と出来ない事を明確にはっきりと伝え、
出来ない事はきっぱりと「出来ません!!」と伝えることくらいしか出来ません・・・
よくクレーム対応マニュアル本を読むと、「悪徳クレーマー退治方法」みたいな事も書かれてはいるのですけど、
いやいや自分にはあんな芸当は逆立ちしても出来ないですね・・・
だって誰だって他人から「お小言」を頂戴するのは嫌ですし、私だって基本的にはそんなの絶対嫌ですよ!! (苦笑・・)

ま、大抵の場合は何とか収まりますけど、
世の中には結構大変な人もいます・・・
要は、何か現場で一つ事件があるとそれを材料にひたすら
「誠意を見せろ・・・」とすごむ人なんかもいたりもします。
先日も、「浴室改修工事」が無事に完了したものの、
浴室目地コーキングが少し剥げている事を言いがかりにして50%以上の値引きを要求する人もいたりもして、
こういう無茶な要求をする方で、特に人畜無害な気弱な人は
最初はひたすら謝罪対応を繰り返し、埒が明かないと判断した時点で
ガラリと態度を一変させ、口調を思い切り変え、
「あ、そうなんだ、じゃ出るとこ出てみますか?」とすごむと結構一気に解決するケースも
あったりします。
勿論、人を見て、状況を見て、その人の態度を視線の先を見て、どの辺に妥協点を見出すか、
色々と難しい状況判断は迫られたりもしますけどね・・・

ま、だけどうまくいく時もありますし、結果的にこじらせる場合もあります。

その辺に中々「正解」というものが無いのが、この仕事というか「クレーム対応」の火消としての難しさはありますね。

ま・・だけどこんなクレーム多発のうちの会社でも・・・

なんと・・!!

創業以来初めての事なんですけど、先日・・9月23日~25日にテレビ埼玉にてCMが放送されました!!

テレビ埼玉のローカルCMというと「うまい、うますぎる!」のあの「十万石まんじゅう」だけではなくて、
うちの会社もやっている事は、ま、確かにローカルネタなのですけど、とりあえずは「嬉しい・・!!」という
感じですね!!

さてさて・・・私の仕事は、クレーム対応がメインという事ではなくてあくまでも「アフター対応」がメインなので、
特に大きなトラブル案件を抱えていない場合は、
工事顧客のアフターサポート巡回を主にしておりますけど、
中には、顔を出すだけでとにかく話が長くなってしまう御方もいらっしゃいます。
そうですね・・・世間話とかその顧客自身の単なる自慢話等ですと、いくらでも話は耳に入ります。
その本人自身の自慢話だから、いくらでも切り替えしとか質問は出来るし、話の展開から場合によっては
「仕事上の情報」に繋がる事も多々あったりしますけど、
一番困ってしまうのは、「子供の自慢話」を延々と聞かされることですね・・
ま・・その子供と言うのが10歳ぐらいなら別にかまわないのですけど、既に「50歳近くの自慢の息子」の過去の自慢話を
延々と聞かされると言うのか・・・
小学校時代に学芸会の主役をしたとか埼玉県内では名門の××高校に入れたとか
△△大会で入賞したとか○○という大企業に入社し、かつては海外赴任もしたとか
小学校の時に徒競走で一番を取ったとか、高校でやっていた野球部時代に県内のベスト4に残ったとか
とにかく子供のころから今に至るまでの「自慢話」を延々と聞かされるときほどの「苦痛」はないですね・・・
子供の過去の自慢話だから、中々現在の「情報」へと結びつかないし、とにかく話が長くなってしまう傾向に
ありますので、あれはまさに「拷問」に等しいですね・・・
私の場合、営業担当ではないので、そうした「無駄話」に付き合うのも一つの仕事という認識ではいるのですけど、
やはり限度があります。
そうですね・・そういう子供の自慢話は・・正直20~最長30分が限界ですね・・・(苦笑・・)

だけど・・・・

そういうあまりにも無駄に長いお話を打ち切るためのアイテムも実はあったりもします!!

何かと言うと・・・携帯がそうなのですけど、とあるアプリを使用し、ポケットの形態のとある箇所にそっと触れると、
携帯の着信音が鳴り響くようにセットしておきます。
そして着信音が鳴ったら、私の自作自演の「小芝居」が始まります・・

「はい・・、あ・・××様、お世話になります。 えっ・・・今、そうした事でお困りなのですね。
分かりました。
ただちにそちら様に駆けつけますので少々お待ちください」と
誰も通話相手がいない携帯と会話をし、
その自慢話ばかりする顧客から「あ・・長話悪かったね・・・早くそちらに出動してください」とほとんどの場合
言われますので、
そうした言葉が出たら、心の中でガッツポーズをしたりもしています・・(苦笑・・)

ま・・それ以前にそうした延々と続く子供の自慢話は、疲れるというのか・・眠くなってしまいますけどね・・







そういう子供の自慢話みたいな延々と続いた長時間の無駄話が終わると、ぐたーーーっと
疲労困憊しちゃうこともありますよね・・

そういう場合は「今すぐ昼寝したーーい!」と思ってしまう事もありますよね・・(笑)

関係ないですけど、「ハピネスチャージプリキュア」の合宿回にて、合宿先から電車で戻る際の
めぐみの寝顔がとにかく可愛いです!
そういうめぐみを見ている誠司が素敵です!

うーーむ、私も誠司になりたいです!! (笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3163-2b514e03
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |