プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


全日本吹奏楽コンクールは、1970年を境にしてその評価方法と言うのか表彰方法は大きく変わる事になりました。

1969年以前は「順位制度」と言いまして、全出場チームの中から、得点順に、1位・2位・3位と順位をつけ
1位を「優勝」という扱いとしていました。
順位制の頃は、1位=優勝というと関西支部の学校の独断場という雰囲気もあったようにも思えます。
高校の部は、福岡電波高専(福岡工業大学付属、現・福岡工大付属城東)が頑張っていた時期もありましたけど、
基本的には天理高校の独断場という感じでしたし
(一度、泉庄衛門先生による天王寺商業の優勝みたいな回もありましたね!)
中学の部は、兵庫県の今津中学校が、昭和34~37年、39~40年、43~44年に1位=優勝をもぎ取るみたいな
偉業も達成し、それを追っていたのが、豊島第十と出雲第一という感じでしたね。

だけど1970年以降はこの順位制度を廃止し、出場チーム全てを金賞・銀賞・銅賞に振り分けるという
「グループ表彰」に変っていきました。
最近のコンクールは、比較的「相対評価」が厳格に行われているような印象もあり、
毎年、金・銀・銅の比率はある程度バランスよく一定に保たれていて、金賞受賞チームも前半・後半合わせて
大体8~9程度に絞り込まれているような印象があります。
全体として、金の数・銀の数・銅の数が事前に決まっていた方が、わかり易いみたいな感じになると思います。
むしろ現行体制の方が「審査方法の一貫性」が保たれているようにも感じられ、私にとっては
こうした評価の方が好ましいし、「年度や審査員による評価のぶれ」を防止できているようにも感じられるような気もします。
だって・・・
絶対評価のような年も中にはあって、
1980~81年のように銅賞が一つも無くて、全出場チームの半分程度が金賞という年もあったかと思えば、
中には1976年のように金賞受賞チームがわずか3チームという年もありましたし、
1975~76年のように出場チームの半数程度が銅賞という大変シビアな年もありましたから、
私個人としては「相対評価」のほうがスッキリしているような感じがあります。

だけど・・・・

県大会レヴェルになると、県によって「コンクール規定」に微妙な違いもあるせいもあり、
県によっては、優秀賞・優良賞・県知事賞・きらめき賞・努力賞みたいな名称で表彰している事もあったり、
一応、金銀銅の評価はするけど、1位=優勝という賞を設けたりなど
色々と違いがあったりするのは面白いものがありました。
(今現在の規定はさすがに細かくは分かりませんので、上記のような名称がまだあるかどうかは分かりませんけどね・・)
例えばですけど、
私が現役奏者だった頃の東北大会の福島県大会では、「大編成部門」において1位~3位を
県代表として選出するものの、1~2位をA部門として推薦し、3位をB部門(35人編成)の代表として選出する
みたいな選出方法を取っていたと記憶しています。
確か・・・1990年代において阿部裕治先生率いる原町第二中学校が、突如、A部門ではなくてB部門に出場し
「ローマの祭り」を演奏していたのは、多分当時のそうした事情があったせいなのかもしれないですよね。

うちのブログで何度か語っている通り、私自身は1990年~95年の6年間、仕事の異動のため山梨県に
居住していたのですけど、その6年間は毎年のように(当時は)すさまじくレヴェルの低い吹奏楽コンクールを
聴きに行ったものですけど、その山梨県大会においては、上記のような「ローカルルール」があり
何か面白いものがありました。
その一つが中学校の「C編成部門」と言って、出場人数に一切の制約が無い代わりに関東大会への選出枠もなく
県大会で終了と言う部門だと思いますし、
また、B部門・A部門においては、金銀銅の他に銅賞よりもレヴェルが低い「奨励賞」という賞が設けられていた事も
その一つです。
この二つの部門は関東大会への出場という「代表枠」を掛けたものであり、
結果として、当時の山梨県大会の評価としては、代表・金賞・ダメ金・銀賞・銅賞・奨励賞と5段階評価と
言えたのかもしれないですね。
私の記憶の中では「奨励賞」というのは、本当にひどい演奏が多かったです・・・
というか・・音程が悪いとかピッチが狂っているとかそれ以前の話という感じで、
音楽以前に「音」として成立していなかったという印象が強いです!
この「奨励賞」というのは・・そうですね・・・いわば「参加賞」みたいなものでしたね・・・(苦笑・・)
でもこれわかりますね・・・・・
当時の山梨のレベルって驚異的に低かったものですから、銅賞以下の賞も必要だったと言えると思います。
そうですね・・・「奨励賞」という名前よりは
その演奏レベルの圧倒的低さから「ポンコツ賞」みたいな方が似合うような気もしますね・・(苦笑・・)

ちなみにですけど・・・ほとんどの県では、県大会の前に「地区予選」というものがあり、この地区予選で
県大会で演奏する出場するチームを絞り込んでいるのですけど、
山梨県のように人口自体が少ない県では、この地区予選すら存在しなくて、いきなり「県大会」で関東代表を選出する
みたいな事をやっています。
地区予選がなくていきなり県大会スタートという県は、他には・・関東では栃木県もそうでしたし、
意外な所では・・・
「響け! ユーフォニアム」の舞台となっている京都府もそうです!



53688a2a_convert_20160915182700.jpg



だけど・・・・

吹奏楽コンクールにおいて「奨励賞」みたいな賞を表彰式で貰ってもなんかこっ恥ずかしいものが
ありそうですね・・・(笑)
なんかあれはいかにも「参加するのに意義がある」みたいな感じですからね・・・

関係ないですけど、「スイートプリキュア」第33話にて、響が「ピアノコンクール」で、奏が「スイーツコンクール」で
受賞していたのは、銀賞でした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ローカルな賞。

秋田県大会で高等学校の部と高等学校小編成の部の最優秀団体には、秋田南高校で全国大会5年連続金賞授賞をされ秋田県・日本の高等学校の吹奏楽部の発展・レベル向上に尽力された「故・高橋紘一先生」の功績を称えた「高橋紘一賞」という賞があります。高橋先生がご逝去された2006年大会からこの表彰が始ま
ちなみにコンクールの賞ではありませんが、山王中学校吹奏楽部の指導者だった「故・木内博先生」の全国大会での功績を称えて、ご逝去された翌年に秋田県唯一の民間音楽賞である「木内音楽賞」が創設されて、吹奏楽だけでなく合唱・ビアノ・アンサンブル・オーケストラなどでも優れた功績や地道な音楽活動をしてきた個人・団体が授賞しています。
毎年9~10月に授賞者が発表されます。
秋田県で音楽をやっている人からすれば、木内先生・高橋先生はやっぱり偉大な方のようです。

ローカル賞

こんにちは♪

1980年代の静岡県は、次の大会に進めるかどうかの賞しかありません
でした。地区なら県、県なら東海に進めるかどうかで最優秀賞と優秀賞
に区別されていたのみでした。

実際は地区の場合審査員5人で課題曲自由曲別で100点満点の計1000点満点、
県の場合は審査員7人で上下カットありで同じく1000点満点での採点でした
ので、厳密に順位は決まっていて、出場全校の採点一覧も各校に配布されて
いましたから、採点上の公平感はありました。
1990年代から(多分1989年から)は金銀銅制が導入されました。採点方法が
どう変わったか、それまでと同じなのかは不明です(^_^;

ちなみにおひざ元である静岡県西部地区大会だけかもしれませんが、
ヤマハ賞という賞も設けられた年もあり、基本は採点上1位の学校に、
僅差の場合は自由曲の採点が1位の団体に与えられていたようです。

地域性

お久しぶりのコメントします(^^)
確かに各都道府県によってある賞は違いますからね(^^)
私自身も中学、高校時代は滋賀県で過ごしましたが、県大会予選、本戦で金賞、銀賞、銅賞の各1団体にきらめき賞ってのがありましたね(^^)
(残念ながら1度も獲得した事は無いですが(笑))
私事ですが、兵庫県を離れ沖縄に引っ越しましたね(>_<)💦
これからも記事を楽しみにしてますね(^^)

これは素敵な賞だと思います!

一秋田県民 様


これはとっても素敵なお話をお伺いしとても嬉しくなりました!

既に故人とは言え、こうやって高橋先生とか木内先生の事を忘れずに後世に受け継がれている
秋田県の吹奏楽関係者の皆様に心から敬意を表させて頂きたいと思います。
コンクールの高橋紘一賞とか民間音楽賞である木内音楽賞とはなんという素敵な企画!

高橋先生や木内先生のあの偉大な功績はとにかく忘れることなく後世に語り継がれていって頂きたいと
思います。
改めてですけど、高橋先生のペトルーシュカとか交響三章とか火の鳥は
すごすぎます!
今現在の感覚で聴いてもゾクゾクしますね!

そういえば・・・

ゆーすけ 様


こうしたその地域でしかわからない素敵な情報をいつも頂き本当にありがとうございます!

それにしても静岡県では90年代以前はグループ表彰ではなかったというのは意外でしたね!

あ・・そう言えば、昔の東海大会の小編成部門の賞はやはり優秀と優良の二つの賞しかなかったように
記憶しています。

ご指摘のようにそうした明確で客観的な審査システムが構築されていると、奏者としてもある程度の安心感が
担保されていて、同時に公平感にもつながり
とても良いシステムのように感じられます。
どうしても審査は水物とか不透明感というものは出てしまいますからね・・

地域性

esakui69 様


確かにご指摘の通り、そうした地域性による「ちょっとした違い」とか「規定や運用の違い」はあったりもしますよね。

銀や銅にも「きらめき賞」を与えるというのも考えてみると随分興味深い試みだと思いますし、出場者にとっても
モチベーションは上がると思えます。

esakui69 様は兵庫を離れられて沖縄へ移られたのですね!

どうか新しい環境でのご活躍を心からお祈りさせて頂きます。

こんな拙いブログでもいつも見て頂きありがとうございます。どうぞこれからも宜しく
お願いいたします。



お久しぶりです

こちらの県では
金(含むコンクール大賞・特賞・代表)・銀・胴
そして奨励賞(いわゆるタイムオーバーによる失格)だったと思います。

まれに、銀賞でも県代表となる場合もありますが・・・

そういえば・・・

某大学の卒業生 様


少し古い話ですけど、2000年の九州大会の中学の部代表2チームは、なんと銀賞からの代表です。

これはもしかしたらBJの誤植なのかもしれないですけど、確か1970年代前半の沖縄の大学が、エルザを自由曲にし
九州大会・銅賞ながらも全国への切符を手にしていたみたいな記事があったような気がしたのですけど、
さすがに、そんな事はある訳ないですよね・・・

実は、自分の時代に、
県大会で銀代表
地方大会で金代表
全国大会で銅というミラクル珍記録を経験してます
(つまり1年で、金銀銅全て制覇)

九州大会

ついでに調べてみましたが
おそらく74年のことのようです

当時の記録によると
タイムオーバー1校
銅賞2校
内1校が全国大会に進んだようです(銅賞代表)

それはすごい!

某大学の卒業生 様


それはすごい! ある意味素敵な珍記録ですね!

だけど私個人が驚くのは、あの素晴らしき演奏が山口県大会で銀賞という事ですね!

うーーむ、なんか審査員の耳と感性を疑ってしまいそうですね・・(笑)

Re: 九州大会

某大学の卒業生 様


わざわざ調べて頂きありがとうございます!

自由曲はエルザではなくてバッハのようでした! 大変失礼しました・・

支部で銅・代表で全国で銀というのも大変珍しい展開だと思いますし、極めてレアな例ですね!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3161-84984ed2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |