FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


随分昔にフジテレビでタモリの「トリビアの泉」という番組があり、結構これは
好きでした。
その一つのトリビアで、確か
「子供の頃の記憶は、大人になってからの記憶よりも7倍以上鮮明に残っている」
というものがあったと思います。
でも、これは何となくよく分りますね。
例えば8歳時点で印象に残った出来事は、年数に換算すると、
幼児期の記憶は5歳以降から残るものと仮定すると1/3程度の印象度なのに対して、
25歳時点で印象に残った事の記憶のインパクト度は1/20
45歳時点では1/40という計算になるかと思います。
確かに少々乱暴な理屈でもあり、大人になってからも生涯忘れられない強烈な記憶と言うものは
ありますので一概には言えないのですが、
年を重ねるほど、一つ一つの出来事の印象度は薄くなるものだと思います。
最初の段階で体験した事件の印象度は強いのだけど、疑似性の強い次の体験の印象度は
弱くなるというものなのだと思います。

1988年は、自分が初めて社会に出た年ですし、だからこそこの年の印象度は何か他の年に
比べると印象度が強いのかなーとも思います。
確かにそれはあるのかもしれません・・
自分の「記憶」という観点からだけ述べると、
1980年~1984年 1988年 最初に会社が破綻した2001年の記憶とその当時の社会情勢や事件
何かは妙に印象度が強いのです。
結婚して日々の生活に疲れ果てている2003年以降の印象度が今一つ薄いのは、
「ドキドキ」がないせいなのかな・・・??

そんな訳で
「これが気楽な学生時代最後のコンクール、これからはコンクールなんてもう聴けないかも・・」と
少々悲愴感があった1987年のコンクール
社会人一年目でその一週間前に自衛隊体験入隊研修で心身ともに疲労困憊していた1988年の
コンクール
この2年間は妙な印象度が強いのかもしれませよね。

〇那覇高校

 この年の九州大会では、中村学園・福岡工大付属がスカ金で代表落ちという
 事もあったので、このチームをけり落として代表に選ばれた学校はどんなのだろうと
 期待はあったのですが、見事に裏切られてしまいました・・・・
 嘉穂・那覇・首里全て銅賞というか、九州勢が全て銅賞という今では考えられない結果に
 終わってしまったのが1988年の一つの特徴です。
 九州大会の審査員は、意図的に「高校生らしい自然体な演奏」を好んだのかな・・・?
だけどこの3つの学校の演奏は、正直芳しくないです・・・・

 那覇の演奏を聴いて感じたことがあります。
 それは「音楽の躍動感」です。
 感銘度が高いチームというのは、アレグロとアンダンテの対比が上手いとか
 たっぷりと歌っているとか色々あると思いますが、特に音楽が生き生きとしているか否かの
 差は非常に大きいと思います。
 那覇の場合、特に中間部で、音楽が完全にだれてしまい、
 全体的に「しまりが悪い」演奏になったのは惜しまれます。
 もっともアレンジが極めて良くないという問題もあったと思いますが・・・
 自由曲の四季の導入のティンパニーのリズム感が良かった事と後半勢いが出てきたことが
 救いだったかな・・・

〇首里

 87年の中村学園も「音量のオーバーヒート」の許容範囲という問題がありましたが、
 このチームの場合、完全に許容範囲を超えた、「ひたすらやかましいローマの祭り」という
 感想以外ないという感じです。
 南国の情熱と言えば聞こえはいいのですが、明らかにコントロールの不徹底・・・
 というか、いくらなんでも「ドラ」は叩きすぎ・・・
 迫力というか疲れる演奏でした・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/316-300e63c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |