プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その③の続きです・・

その③において主に布都の「東方神霊廟」におけるポンコツ振り&時差ボケについて語らさせて頂いたのですけど、
その後の布都は、豊聡耳神子の指導の下、仙術などは目下習得中であり、
本人曰く、修行して自身が強くなっているのが素直に楽しいとの事なそうです・・・
布都は、新しいものや環境の変化が苦手なようでして、それを示唆するのが神子と布都の衣装の違いと言えるのかも
しれないですよね。
神子は1400年前の衣装を見事に現代風にアレンジしたり、余計な雑音を耳に入れないためのアイテムとして
「ヘッドホン」を着用したりと、新しい価値観への対応力は素晴らしいものがあると思います。
それに対して布都は、ポニーテールとか新しい感覚は持ち合わせはいるものの、衣装全体の雰囲気は、
「烏帽子」とか「白装束」と言い、総じて・・飛鳥時代というよりは平安時代の神官に近いような雰囲気が色濃く、
現代的でもあり、時代遅れでもあり、その「中途半端さ」がなんかいかにも布都らしいものがありますね・・(笑)

幻想郷の環境に今一つ順応しきれていない面がある・・というのはその③でも語った通りなのですけど、
これに関しては・・その③の通り、「今はまだ時差ボケの範囲内」という事でながーーい目で温かい目で
この可愛いポンコツ布都を見てあげたい気持ちで一杯です!
そうそう・・布都が1400年前の人間だった頃は、「妖怪と言うものは人を襲うものであり怖い存在」という考えが支配的であり、
現在の幻想郷における「人間と妖怪の適度なパワーバランス」という事を神子と違ってあんまりよく分かっていないような
感じもあり、当時の古い妖怪観を現代まで引きずっていると言えると思えます。
布都としては、妖怪に怯える一方で、
「妖怪とは倒すべき敵だ」といまだに考えているみたいでして、阿求ちゃんの評価としては
「その事が妖怪と布都の間で諍いが絶えない理由となっているので、基本的にはトラブル回避という意味であんまり
布都には近づかない方が無難・・」とまで書かれている始末です・・・(笑)
そうですね・・・「幻想郷内の妖怪が怖い」という布都については、是非是非霊夢の博麗神社に一度遊びに行き、
そこに行けば嫌でもサニーミルク等光の三妖精が近づいてきますし、
光の三妖精たちと一緒に遊んでいれば、その内いろんな妖怪さんたちがまたまた近づいてきますので、
そこから「妖精・妖怪」に慣れていった方が幻想郷に慣れる近道と言えるのかもしれないですね・・(笑)

ま・・・! 布都は布都なりに努力しているようですので、繰り返しになりますけど
「長い目で・・そして温かい眼差しで布都を見てあげましょう!」と私は声を大にして申し上げたい気持ちでいっぱいです。

しかし・・「東方神霊廟」から一定の時間が経過したはずの次の作品・・・「東方心綺楼」では更に・・・
色々とやらかしてくれていました!! (笑・・)
ま、心綺楼における布都は、相手のペースに巻き込まれてしまったみたいな感じが濃厚で、
神霊廟みたいな自ら招いたポンコツさ・ヘタレとは異なるものもありましたので、
この辺りは、布都も少しは進歩したという感じなのかもしれないですね。
(だけど、こいしちゃん戦における布都のあの負けっぷりが個人的にはツボにはいっているのですけどね・・笑・・)
東方心綺楼における布都の主な役割とは、神子のサポートに廻るという事なのですけど、
サポートとは敗者のアフターケアという事でもありました。
しかし・・ここは早苗さん風に言うと常識に囚われてはいけない幻想郷でのバトルゆえ、
布都が話かける相手そのものがが如何せんまずいというのか、海千山千みたいな御方とか
こいしちゃんみたいに「意識」その者が無いみたいな方ばかりなので、
事情を説明したり尋ねようとしても会話が成り立たない事が多かったというのも、なんか布都にとっては
なんか気の毒な感じではありました。


その一例として・・・

布都 「ここで太子様は決闘をしたと聞いたぞ。
     しかし誰と闘ったのだ?
     ちょいと宜しいか? 先ほどの決闘についてじゃが」
こいし 「私に話してるの?」
布都 「当たり前だ。他に誰が居る」
こいし 「そうよねぇ、当たり前よねぇ」
布都 「先ほどの決闘についてじゃが、太子様と誰が闘ったのだ?」
こいし 「そんなことより私達も闘おうよー」
布都 「しまった、話しかける奴を間違えた」

こいし 「もしもーし! 私と対戦しませんかー」
布都 「む、どこから声がしてる?」
こいし 「見えてないのかな。これでも喰らえい!」

こいし 「わーい、楽しーい」
布都 「暖簾に腕押しされど……
    負けているのは何故こちらとは」
こいし 「こりゃやみつきになっちゃうね」


布都 「ちょっといいか? この辺で太子様を見なかったか?」
こころ 「でも……希望の面はいつ手に入る?
     それまで私はどうすれば……」
布都 「おーい、聞いてるかー。
    また話しかける奴を間違えたか」
こころ 「貴方……さっきの神様と同じ匂いがする!」
布都 「神様だー? まあ太子様ならそう間違えても仕方が無い」
こころ 「お前、何をぐずぐずしている。
     さっさと希望の面をよこしやがれ!」
布都 「あーあ。話しかける人を間違えると大変だー」
こころ 「まだ暴走し足りない!貴様も全ての感情を爆発させるが良い!
     くらえ! 我が奥義、暗黒能楽(モンキーポゼッション)!」


そうですね・・・確かに布都は神子の指示通り、神子の対戦相手のサポートに廻っているのですけど、
その相手が確かに悪すぎましたね・・・(笑・・)
こいしちゃん・こころといった東方心綺楼の中ではある意味「最強キャラ」になんかいいようにあしらわれてしまった
布都がある意味気の毒ではあるのですけど、その「負けっぷり」が実に心地よい!という感じでも
あるのですよね!
ま・・霊夢からも「あんたと何度対戦しても負ける気がしない」なんて言われてもいるのですけど、
「確かにね・・・」としか言いようがないのが布都らしい話だと思います。

あ、そうそう・・・布都は、東方神霊廟においては随分と古めかしい言葉を連発していましたけど、
東方心綺楼においては、多少は言葉遣いが現代調に近づいてきていて、この点も多少ではありますけど
布都なりの「進化」は感じさせてくれていたと思います。

そして対戦相手との会話においても、東方神霊廟ではかなりの「勘違い」を多発させていましたけど、
東方心綺楼においては、霊夢に対して、
「別に神社は嫌いではない。共存していこうぞ!」とか何とか言っていたのは、少しは幻想郷に慣れてきた一つの証と
言えるのかもしれないですね。
またまた、注目されてないことを嘆くこいしちゃんに対しては、
「そんなことはないぞ?皆、無意識の内に応援してたじゃないか」とフォローしたり、
一応は・・・神子のフォローらしき事はちゃんとしていましたからね・・・(笑)
だけど、布都は相変わらず「それでも布都は布都」みたいな感じも残っていて、例えば・・・
神子が、「この異変の原因は秦こころが希望の面を紛失したため」と見抜き、
新しい希望の面を作ろうとした際に、布都に対して、
「(精神的なエネルギーとしての)皆の希望を集めてこい」と命令したものの、
またまた 東方神霊廟と同様に「勘違い振り」を炸裂させてしまい。
エネルギーでは無く、「金銀財宝」を集めてくるというのは、やっぱり布都らしい話であり、上司でもある神子の苦労は
まだまだ続きそうですね・・・・(笑)

東方心綺楼においては、布都は時折粋な事を言って楽しませてもくれていたのが印象的です。

例えば・・・

入道の僧侶か……
入道とはそもそも出家を意味していて……ええいややこしい!(対一輪戦)

昔の尼はちゃんと剃髪していたぞ? (対聖白蓮戦)

あ、それは頭の皿だったな。割るところだったよ。失敬失敬。 (対にとり戦)

最後に・・・

物部布都は、歴史上では、聖徳太子や蘇我馬子・蝦夷によって滅ぼされた「物部守屋」の妹という事になっていますが、
守屋・・・・→守矢・・という事で「もしかして守矢神社とか早苗さんに関係があるのかな・・」と思われた方も
いたかとは思うのですけど、実はまさにその通りなのだと思います。

物部氏が祭祀していた石上神宮は、布都御魂剣を祭る神社なのですけど、
布都御魂剣の持ち主建御雷によって建御名方は信濃に追い払われたという背景もあったりしていまして、
すなわち八坂神奈子と洩矢諏訪子の元ネタ同士の対立の原因となったのが物部氏ということに
なっているのは大変興味深いものはあります。
早苗さんが「東方霊廟」において、

布都:くっ! おぬしは何者だ?
早苗:ですから、神様をしております傍ら……。
布都:まあいい。我が復活した理由が判ったよ。
    凶悪な敵の存在が近衛兵たる我を目覚めさせた。そういうことだろう?
早苗:凶悪な敵、って失礼ね。というかさー、この神霊達は何なの? それを調べてるのよ。
布都:神霊だと……?
    む、おぬしの周りを漂っているのは……低俗霊か!?
    これはもしや……太子様が復活なされているのだな! こうしてはおられまい。失礼するぞ。
早苗:あのー。中に入っても良いんですかー?入っちゃえ入っちゃえ。

みたいな感じで早苗さんは、布都に対して結構挑発しているようにも見えたりするのは、
実はこうした背景が遠因になっているのかもしれないですね。

→その⑤に続く・・・・



mikokoisi-02_convert_20140514105415.png



さてさて・・・

上記のとっても素敵で可愛いこいしちゃんのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2014年5月14日の「こいしちゃんの日」に描かれた
「巫女こいしちゃん」です!

アミグリさんは、過去において、とにかくとっても素敵なこいしちゃんのイラストを一杯いっぱい描かれているのですけど、
どのイラストも本当に可愛いかわいいこいしちゃんに溢れています!

この年の「こいしちゃんの日」のイラストは、まるで霊夢を彷彿とさせるような髪の大きなリボンが
とっても見栄えがしますし、本家本元の霊夢の紅白リボンすらも超越してしまいそうな勢いのこの大きな黄色リボンが
とっても印象的です!
普段被っているバスガイドさんみたいな帽子が無くて、代わりに黄色いリボンをしているのがとっても新鮮ですね!
こいしちゃんと言うとあの帽子も一つのトレードマークになっているゆえに帽子がないこいしちゃん自体が
ある意味貴重とも言えますし、ましてや霊夢みたいな「巫女さん」コスプレをこいしちゃんにさせているのは
とっても斬新な発想だと思います!
そして更に面白いのは、霊夢みたいな「紅白の巫女さん衣装」ではなくて、
上がこいしちゃんカラーとも言える黄色を纏わせ、下のスカートが早苗さんみたいな「緑の巫女」のカラーになっている点が
実に素敵な着眼点だと思います。
まさにこの「巫女さんこいしちゃん」は、霊夢と早苗さんの融合をイメージさせたものといえるのかも
しれないですね!
それでいて、霊夢と早苗さんの共通フォームでもある「脇無しノースリーブ」をこいしちゃんにもさせているのが
素晴らしいですね!
やっぱり東方における巫女さんとは「脇無し」ですから!! (笑・・・)

そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用・転載は、
あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!

最後に・・・アミグリさんは実はもう一枚「巫女さんこいしちゃん」を描かれています!

この2013年2月に描かれた「巫女さんこいしちゃん」をご覧になりたい方はこちらから!! → 巫女さん・こいしちゃん

どちらの「巫女さんこいしちゃん」も可愛くて素敵ですよね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ご心配おかけしております!!(><;)
やっと、ぱそこんの前にすわっております!
励ましのお言葉、ありがとうございました!!!

こいしちゃん、かわいいですね!

イラストの掲載、感謝です!

布都の天然でヘタレなところ、とってもかわいいですよね!!心綺楼の布都のイラストも、少し幼い雰囲気でかわいいですよね。

そして、巫女こいしちゃんのイラストを掲載していただき、ありがとうございます!!
巫女服は霊夢をベースにしつつ、カラーリングはこいしちゃん、というのがポイントです!

確かに、東方の巫女さんは、ノースリーブなのが魅力的で素敵ですよね!

どうかお大事に!!

Baby pink amy 様


お怪我の具合その後いかがですか? なんとかご無事な様子を垣間見ることが出来て
安堵はしておりますが、
無理されずにどうか引き続きお怪我の治療と養生に務めて頂ければと切に願っております。

どうかくれぐれもお大事に・・

お元気になられた暁には、是非あの素敵な記事での復を楽しみにしています!

アミグリさんの描かれたこいしちゃんを可愛いと言って頂き、とても嬉しいです!

東方の素敵な巫女さん

アミグリ 様


物部布都というと、心綺楼でのあのちびっこい雰囲気がとっても可愛かったと思いますし、
なんか個人的にはこいしちゃんへの負けっぷりがとっても大好きです!

それにしても、よくあのこいしちゃんに「巫女服」を着せるという素敵な発想を思いつきましたね!
あれは見事なアィディアだと思います。
こいしちゃんの巫女姿はとっても可愛いです!

東方の巫女さんというと、霊夢の赤・早苗さんの緑というイメージが大変強いのですけど、
ああいうこいしちゃんカラーもありなのかもしれないですね!
茨歌仙で一度華扇が、霊夢に代って博麗神社の巫女さんを務めていましたけど、
華扇の巫女さん姿もとってもよくお似合いで、あれはとっても可愛かったと思います。

こんばんは。いつもとっても素敵なコメント、誠にありがとうございます☆
日曜出勤は改めてお互いお疲れ様でした!…やはり日曜は2回という事もあり
以前実際に体験した分、もし呼び出された場合も想定できていたので、怖さは
やわらいでいたかと思います。素敵な進化、と褒めて頂け感激です♪
色んな雑音や困難があっても、日々色々とご指導を頂いて、立派に成長して
いつか永琳のように、あらゆる存在から頼りにしてもらえるようになりたい…
と、うどんげと共通点を持つ神戸の薬剤師は思っています。

また華扇は巫女さん代理を務めた事もあるのですね…!華扇はチャイナイメージ
ですが、いつの日か巫女さん華扇も見たいです☆そして華扇のような
ビシッと躾ができる、素敵な仙人のお姉様にも憧れます♪

改めてきららをとっても可愛かった、とお誉めくださりありがとです!
フリル地獄と呼ばれる(苦笑)スイートのデザインも大好きですし
これからもフリルを楽しく描いていきたいです。
10月12日は…秋の涼しさを吹き飛ばし、夏の暑さが戻ってきたような
宇宙に溢れるビッグな愛!に溢れた記事を楽しみにしています!

先日のまほプリは…クール眼鏡さんに持っていかれました(笑)個人的には
シャーキンスがもう少し人間要素強かったら…!と思ってしまいますね。
彼は好みのデザイン、タイプなので人間寄りだと確実に惚れてました(笑)
個人的にですが…イケメンさんはめだ箱の蛾々丸君、ペギーニョは飛沫ちゃんと
少し似てる気がするので…あの2人がコスプレするとぴったりだと思います(笑)
そんな敵幹部に持ってかれてましたが(笑)本編は中学生らしい、とっても素敵な
淡い初恋物語でしたね。ご感想記事ではなんと!初恋のお相手の事まで語られる
とは…!まさかのあっきゅん似!?これはこれはご感想共々楽しみが増えました♪
そして来週は…ポンコツ生徒会長が誕生してしまうのかもですね(笑)

今日はこれから…久しぶりにpixivに作品投稿をしてこようと思いますが…
コメントで触れてくださった、自らが決めた「道」を進み、なんと先生になった
生徒会長の王子様姿やあの作品の妖精さんのコスプレ絵等まとめようと思います。
ワンドロばかりで…5枚中3枚があの作品のコスプレなのは…やはり、いつも
お世話になっている管理人様との素敵なトーキングからの産物だからですね…(笑)


10月から新しいアニメがたくさん放送されますね。ユーフォニアムは…
申し訳ないですが、実は気持ち的に…向上心の薄い気持ちのまま3年間を
過ごしてしまった身としては、なんだか後ろめたさを感じ、複雑な気持ち
でお話を聞いています。ぬくぬく先生様は学生時代の頃も今も、本当に吹奏楽を
愛されていて、その熱い情熱はいつも素晴らしく眩しいなぁと思いながら、
記事を拝見させて頂いております。アニメでは原作に忠実な物もあれば、
オリジナルの物もあり、どちらのファンにも楽しめる内容になると良いですね!


改めて小町も褒めてくださりありがとうございます!少しやる気の小町が
卒業するのは…他のキャラを語り尽くしてネタ切れになるか(それは当分ないと
思います(笑))、いつも楽しく東方相互リンクしてくださる素敵な管理人様が
今後の紅楼夢カウントダウンの時のように、直々にご指名頂く時かもですね(笑)
小町と華扇の交流は茨歌仙でも描かれてましたね。神子は…やはり難しそうですが
勘違いが多いうっかりさんな布都は…(苦笑) 太子様が助けてくれそうですけどね!

この記事では布都はこいしやこころちゃんやら…やり取りを見ている者には楽しい
ですが、色々災難でしたね(苦笑)また守矢神社との関係も取り上げて
いらっしゃったのも興味深いです。早苗との会話では…早苗の「というかさー」
「入っちゃえ入っちゃえ」が現代っ子ぽい話し方で印象的です!イラストは巫女
こいし、新鮮で可愛いですね。私も東方絵でこういったネタを挑戦してみる…と
いうのも面白いかもです。

また以前描いた文、フリル付黒ミニスカ素敵と言って頂け嬉しいです☆
文は羽ありとなしがいるのですよね。…なしなのは、たたんでいるとか…?(笑)
黒い翼もまた、文のチャームポイントの1つ!だと思います。

紅楼夢も近付き、パンフレットも販売…表紙には文が大きく描かれており
まさに「天狗の日」の開催に相応しい1冊だと思います!
パンフは色々な店舗で販売開始、アニメイトでは東方フェアが始まってますし…
もしかしたら、週末は…東方絡みで散財してるかもです(笑)
週末はもう10月…ぬえ&早苗の記念撮影のご妄想記事楽しみにしていますね!
同時にこちらでは、相互リンク&東方紅楼夢のカウントダウンがスタートです。

本日は少し暑めでした~。まだまだ完全な秋には遠いかも、ですね。
ぬくぬく先生様もご体調にお気を付けてお過ごし下さい!
では読んでくださり、ありがとうございました☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3158-b8944ce5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |