プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うちのブログにおいては「比那名居天子」(ひななゐ てんし)の名前が登場する事はほとんど無かったのかもしれないですね。

否! ゆかりん記事の際に何度か
「幻想郷のルールを無視して勝手な行動ばかりとる天子をゆかりんが珍しくマジで怒りの表情をみせて
天子をフルボコにした・・」みたいな記事を書いた時に
何度か登場していました。

そうですね・・天子ちゃんは、見た目はとにかくとっても可愛いです!

あの可愛らしさは、そうですね・・・人形遣いなんだけど本人がお人形さんそのものみたいな雰囲気のアリスすらを
凌駕しちゃいそうな「可愛らしさ」だと思います!
よく天子は「天子ちゃん、マジ天使!」と言われる事が多いのですけど、それに関しては
「まさにその通り!!」としか言いようがないです!

だけど・・・比那名居天子はもしかしてですけど・・・幻想郷に登場するキャラの中では一番性格が悪いのかも・・・と
感じさせちゃう御方でもあると思います。
そうですね・・性格が悪いというか・・本人には「悪気があんまりない」だけに余計に性質が悪いのかも・・・と
言えるのかもしれないですね。

比那名居天子は「天人」または「天女」みたいな位置づけです。

東方Projectにおける「天人」とは、妖怪の山のさらに上空に位置する天界と呼ばれる雲の上に住む
まさに・・・浮世離れをされた高貴な御方達です。
本来は、悟りを開いたり、高い業績によって神霊化した人々がなるものであり、
「神」と呼称しても差し支えは無いとすら思えます。

だけど・・比那名居天子は、生まれながらの天人ではなく、増してや修行を積んで天人になった訳でもありません!

本来、比那名居一族は幻想郷の地震を担っていた神官である「名居」の一族に仕える一族に過ぎませんでした。
「名居」の一族がそれまでの功績を認められて「名居守」という神霊に祀られた際に、
言ってみれば「ついでに・・」という感じで、
部下であった比那名居一族も一応は・・・従来の功績を認められて天界に住む事を許され、天人となったのです。
その時に比那名居天子も人間から天人になったに過ぎないのです。

つまり・・・

「親の七光り」でたまたま運良く「天人」になったのに過ぎ無いという事なのです。つまり、比那名居天子自身に
功績とか功徳があって「天人昇格」を果たしたわけでも何でもなく、偶然が重なった結果とも言えると思います。
天人としての格を備える修行をした訳ではない事は、天界では周知の事実でして、
比那名居の一族は周りの天人からは「不良天人」などと呼ばれているようですし。
中でも天子はよく言えば自由奔放、悪く言えば身勝手な性格のため周辺の天人も手を焼いているとの事です。

ま・・・日本の「お約束アニメ」でも、こうした親の七光りお嬢様がとにかく性格が悪い・・みたいな話は
よくある話でもありますからね・・(笑)

比那名居天子はそうですね・・・簡単に例えると、「棚からぼた餅」みたいなものですね・・・(笑)
楽して天人になってしまった存在であるため、周囲から天人としての資格を具えていないとされて
「不良天人」、「天人くずれ」などと呼ばれているのですけど、ま・・、これは「仕方が無い評価」と言われても
妥当性がありますね。


性格は・・まさにお嬢様育ちで、自分勝手でもの凄く我が儘です!
うーーむ・・天子は意外と紅魔館のレミリア様と気が合うのかも・・??
自分の能力に絶対の自信を持っていて、自分以外の全ての存在を見下している為、
少しでも思い通りにならない事があると激昂したりする等、短路的で大人気ない性格で
まさに・・・幻想郷の「困ったちゃん」と言えるのかもしれません。

地上に降りた際には、難しい言葉で偉そうに忠言したりするのですけど、
その忠言は、まさに・・・「お前が言うな!」と言いたくなるものばかりというのか゜・・・まさに天子らしい話ですね・・(苦笑・・)
天子が早苗さんに対して放った一言・・・「能を誇れば巧を喪うだろう。お前は神である前に人間である事を自覚せよ!!」
というのは・・・
そうですね・・・まさに「お前が言うな――!!」の世界でしたね・・・・(苦笑・・)
そう言えばあややに対しても、
「ゴシップは智にあらず。興味だけでは新聞は社会にとって負の働きを為すわ!」とか何とか言っていましたよね・・

天子にとっては天界の生活は退屈極まりないものだったようでして、
その退屈しのぎとして行ったのが・・・・そう!  「東方緋想天」の異変だったのです!
地上の異変の解決屋(霊夢)の事を知り、自分も異変を起こせば霊夢が乗り込んできて、
退屈をしのげるのではないかと考え、天界の宝「緋想の剣」を持ち出して異変を起こしたというのが
その異変の真意です、
そして・・・「自分を満足させなければ大地震を起こす!」とまたまた勝手な事を言い、霊夢を脅し、戦闘を強要したという
訳なのです・・・
そして・・・
博麗神社を地震で倒壊させるなどの暴挙を繰り返した挙句の果てに、
異変を通して密かに博麗神社に比那名居一族との縁を結びつけようとしたため、ゆかりんの怒りを買ってしまい、
最終的には、ゆかりんから完膚なきまでに叩きのめされボコボコにされています・・
ま・・あれはまさに「自業自得」でしたね・・・(苦笑・・)
だけど、あの時のゆかりんの怒りの表情は・・まさに「鬼」でしたね!!




螟ゥ蟄神convert_20160913151421



螟ゥ蟄・_convert_20160913152157



さてさて・・・東方の設定上では散々な天子ですけど、
これがフィギュアになると・・・話は違ってくるようですね! (笑・・)

だって・・まさに「天子ちゃん、マジ天使!」という言葉がこの天子ほど似合う人もいないと思います。

天子はそうですね・・・何もしなければ・・・何もしゃべらなければまさに「完璧な美少女」なんですけどね・・(笑)

上記の画像は、グリフォンがかつて制作・販売した天子のフィギュアです。

スケールは1/8 サイズ約17㎝ 価格は発売当時の税込で7980円でした。

このグリフォン版の天子のフィギュアの完成度は・・まさに精緻・完璧に尽きると思います!!

立ち姿が天子の性格を現しているように堂々としていて、表情は不敵な笑みを浮けべて天子のイメージを
よく表現していると思います!
帽子も帽子の桃もしっかりと再現されていて、やはり完成度は高いなぁ・・と思いますね。



螟ゥ蟄舌■繧・s_convert_20160913151325



そしてこちらは・・・2012年8月にホビージャパンから発売された天子です。

スケールは1/8 サイズ約26㎝ 当時の定価は6980円でした。

グリフォン版と比較すると、いくぶん「少女っぽい雰囲気」が後退し、大人びているような印象があります。

うーーん、少し違うかな・・? ホビージャパンの天子は「美人系」と言えるのだと思います。

可愛い系が良いならグリフォン、美人好みならこのホビージャパン版の方がいいのかも・・??

ま・・・言える事は・・・天子はフィギュアになると「輝くタイプ」じゃないのかな・・?とも思ったりもしますね・・!




tennsichann_convert_20121012164529.png



うーーむ、フィギュアとしての天子の完成度はどれも凄いなぁ・・と思っていたのですけど、

否! そんな事は無かったですね!

フィギュアは三次元感覚、イラストは二次元感覚みたいなものがありますので、
両者を単純に比較することは勿論出来ないのですけど、
上記のアミグリさんが描かれた天子の素晴らしすぎるイラストを見てしまうと・・・
「フィギュアもいいけどもやっぱり絵もいいよなぁ・・」としみじみ実感させられてしまいます!

上記のとにかく文句の付けようがない精緻で完璧で、とにかくめちゃくちゃ可愛いとしかいいようがなくて
そして・・・とにかく繊細な仕上がりの天子を描かれた御方は・・そう! 言うまでもなく
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この天子は2012年10月にアミグリさんが描かれたものです。

あれ・・・この日付ですけど、天子を描かれていた頃に、先日私がとにかく一目惚れしてしまったような「物部布都」を
描かれていたのですね!
アミグリさんの描かれるイラストって、ごく直近の作品にも「サマーセットゆかりん」とかチルノとか
東方ではないのですけど艦これの水着鹿島とか十六夜咲夜とかこいしちゃん・さとり様などのように
素晴らしい名作が揃っているのですけど、
こうした過去作品にも本当に素敵な名作がまさにてんこ盛りなんですよね!
「時間の経過による好不調の波」がほとんど感じられず、常に安定されているというのは、まさに驚異的な
事だと思いますし、「誇り」に思われていい事なのだと思います!

それにしてもこの天子は可愛い! 否!! 可愛すぎますね!!

陳腐な言葉なんですけど、まさに「天子ちゃん、マジ天使!!」なのだと思います!

こんな可愛い天子を見てしまうと・・・
「別に少々性格悪くたっていいじゃん!」とすら思ってしまいますよね!!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

フィギュアもいいけど、やっぱりアミグリさんが描かれるイラストには敵わないなぁ・・というのが
まさに私の正直な気持ちです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

天子フィギュア、見事な完成度です。この勝気な表情がそれっぽくて、とても良いですね。
思うに、純粋なものほど残酷なのかと。
子供がそうであるように、ですよね。
天子も実際、純粋なんですよね~。
なんとなく、この雨空の下、そんなことを
考える午後の私です…。


雨やまないかな~( ;∀;)

天子ちゃん!!

八咫烏 様


そうですよねぇ・・・八咫烏 様のように「野外撮影」が命の方にとってはこの長雨は、まさに
鬱陶しい以外の何物でもないですね・・

この天子ちゃんフィギュアですけど、本当に可愛いですよね!

ご指摘の通り、子供のように純粋だから、ああいう「神社倒壊」みたいな事も出来ちゃうのかもしれないですよね。
まさに「子供は天使でもあるし悪魔でもある」という事を立証したキャラと言えるのかも
しれないですね!

個性的な登場人物が多く出て来るんですね。
帽子に乗ってるのは桃でしょうか。
スカートの周りは神主さんが使うオオヌサというものの、
紙に似ていますね。
性格が少し悪くても会ったら御利益ありそうですね!(笑)

バーミヤン・・?

kirakiya.rumari 様


天子ちゃん、とっても可愛いですね!

ご指摘の通り、帽子の飾りはまさに「桃」です。
ちなみにですけど、あの桃は東方ファンの間では「バーミヤン」と言われています・・(笑)
あの桃の実は仙果と呼ばれ、神仙に霊力や不老長寿を与える実とされておりますので、
まさに天子のエネルギー源ですよね!

とっても可愛い見た目ですけど、ま・・ご本人は優に100歳を超えていますので・・(笑)
地上の人間時代は「地子」(ちこ)という名前でしたけど、天人に昇格した際にまたまた自分で勝手に「天子」と
改名もしています。

そうですね・・性格は極悪なんだけどおこちゃまそのものの「わがままお嬢様」ですので、
ご利益は・・多分ですけどゼロに等しいような気もしますね・・(笑)

天子ちゃん!

フィギュアの天子ちゃん、さすがの高クオリティですね!!ホビージャパンとグリフォンだと、グリフォンの天子ちゃんの方が好みですね!

そして、天子ちゃんのイラストを掲載していただき、ありがとうございます。
天子ちゃんを見ていると、桃が食べたくなったりしますね…(笑)
というか、天子ちゃんの帽子についている桃は、食べられるのか、気になりますね…(笑)

バーミヤン

アミグリ 様


そうなんですよ! 私もどちらかと言うとグリフォン版の「可愛い少女の天子ちゃん」の方が
お好みですね!
天子ちゃんの帽子の桃は、よく「バーミヤンみたい」とか言われますけど、確かにその通りなのかも
しれないですね。
天界の食べ物は、確か設定の上では、滋養強壮に溢れたうの桃の果実しかないとの事ですので、
天子ちゃんはこの事についても不満を感じ、ああした異変を起こしたとも言えるのかもしれないですね。

ま・・・・神社を倒壊させられた霊夢にとっては迷惑以外の何者でもないのでしょうけど・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3157-014c9112
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |