プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方Projectにおける幻想郷内の登場人物の中には、何人かの「人間」はいたりもします。

霊夢・魔理沙・早苗さん・十六夜咲夜・阿求ちゃん・小鈴がその主な登場キャラだと思うのですけど、
これってよーーく見てみると・・・
早苗さんは、外界出身でしかも一応は・・・「現人神」という事ですし、
阿求ちゃんは、先祖代々転生を繰り返してきた存在で、現在の阿求は初代から通算9回目の生まれ変わりという事で
そうですね・・・少なくとも「只の人間」とは言えないかもしれないし、むしろ妖怪に近いとすら言えるのかも
しれないですよね・・・(笑)
霊夢は・・・私の脳内妄想の中では、ゆかりんが外界から赤ん坊の霊夢をさらってきたという感じですし・・・(笑)
十六夜咲夜は・・・とてもじゃないけど「人間」じゃないというのか・・あれは人間としての能力をとっくに超越しているような
雰囲気すらあると思いますし、一部では、「その正体は実は月の民・・?」みたいに囁かれてもいますよね・・・
紅魔館の優秀なメイド長の十六夜咲夜に関しては・・・・
そうですね・・・これはどう見たって普通の人間には思えないですよね・・・(笑)
咲夜の能力の一つとして「時間を操る程度の能力」があり、これが「咲夜はとてもじゃないけど普通の人間ではない」
という根拠の一つにもなっているのかな・・とも思えます。
これに関しては、既に先日の9/20の記事で書いてはいるのですけど、
「東方茨歌仙」第35話にて、咲夜のその能力とは、本人が語るには「他人の動きと時間を止める事ではなくて、
自らが常識では考えられないどの高速な度動作で瞬時に物事をテキパキと処理することができる事であり、
それが第三者には時間を止めちゃうように見えてしまう」との事です。
ま、どちらにしたって咲夜の普通の人間をとっくに超越したその力は、やっぱりどうみても只の人間では
ないですよね・・(笑)
それはその⑤の記事でも語った通り、咲夜自身は、月の民に何らかの関わりがあると見た方がいいのかも
しれないですよね。

あれれ・・・、そうなると東方メインキャラの中では、純粋に「幻想郷」で生まれて育った「普通の人間」と言うと、もしかして・・・??
魔理沙と小鈴ぐらいしかいないのかもしれないですよね・・・(笑)
そうそう・・・小鈴が誰かに襲撃されたりパニックになったりすると、結構な確率で「ママ、ママ!」と叫んでしまうのは
なんか面白いです!
幻想郷というといかにも「中世の頃の日本」みたいな雰囲気もあったりするのですけど、その中での「ママ」は
なんか奇妙な違和感はあるのだけど、小鈴が言うとヘタレみたいで何か笑ってしまいます・・・

こうやって見てみると十六夜咲夜の「存在」にはやはり相当謎が多いのかな・・とも思ったりもします。
咲夜自身は相当の能力を持っているし、
案外、永琳様自身だって「うちの永遠亭にも、うどんげじゃなくてあんな咲夜みたいなのが一人いると
全然違うのよねぇ・・・、あの子がいるだけで、古くからいるあの困った妖怪(ゆかりん)に対する抑止力効果が
ありそうだし・・・
というか、なんであの子・・・あんな吸血鬼の所でメイドなんかしちゃっているのだろう・・??」と思われているのかも
しれないですよね。
だけどそうした事は、当然ながらレミリア様だって持たれているはずなのです!
レミリア様にとっては咲夜は、絶対的に必要不可欠な存在であり、単なるメイドという枠を超えて、
そうですね・・・アバウトなレミリア様に変って実質的に紅魔館の全てを取り仕切る「紅魔館全体の優秀な執事」
というのがレミリア様が咲夜に与えた権限と言えるのかもしれないですよね。
そして・・・咲夜は紅魔館全体の「人事権」(?)も握っていて、
例えば・・・妖精メイドの採否の決定は全て咲夜が握っていて、事実・・・「紅魔館への妖精メイドの募集要項」の
連絡先名は当然の如く咲夜になっていたのはなんか面白いものがあります。
そうですね・・・パチュリー以外の知識人の採用とか「永夜抄」にてちらっとその名前が出てきた慧音を
本当にフランちゃんの家庭教師として採用するかどうかの実質的な権限者は、レミリア様ではなくて
咲夜自身という可能性もあるのかもしれないですね。

十六夜咲夜とレミリア様の関係って勿論「主従関係ですし」、咲夜自身のレミリア様に対する「忠義」は
まさに完璧と言っても過言ではないですしも、咲夜自身の「お嬢様、大好き!」みたいなオーラはとにかくどの作品にも
漲っていると思います。
ま・・・そうした中でも、レミリア様と咲夜の関連性には、主従の枠を超えたボケとツッコミみたいな関係性も
垣間見えていますし、咲夜がレミリア様に対して忠誠を誓っていることに疑いようはないものの
レミリア様を弄っていると思われる部分もたまに見られるのが面白い所だと思います。
レミリア様って基本的には見た目も考え方も「おこちゃま」なのですけど、それに輪を掛けて描写されているのが
春河もえ先生の「東方鈴奈庵」だと思います。
あの中で、もえ先生が描かれたレミリア様と十六咲夜を見た時は・・・正直驚きました!
だって・・レミリア様はまさに「幼女」みたいな雰囲気で描かれていて、逆に咲夜は長身スレンダーな美女として描かれていて、
そうですね・・・あれだけ見てしまうと「あの二人は親子なのか・・・!?」と思わず誤解をしてしまいそうですね・・(笑)

その⑥においてレミリア様の「カリスマ」について語らさせて頂きましたが、
それとは全く逆意味での「レミリア様のカリスマブレイク」(カリスマ性の崩壊)というのも実はあったりもします・・(笑)
ま・・それについては、「東方儚月抄」にて綿月依姫によって完膚なきまでに叩きのめされたあのシーンが
まさにそうなのでしょうけど(ま・・あの漫画版においては、霊夢・レミリア様・魔理沙・咲夜全員が依姫とのバトルで
敗北を喫していましたけどね・・・)
実はレミリア様のカリスマブレイクは、随所で見られたりもします・・・(笑)

だけど・・・

そうした「カリスマブレイク」はどのキャラにもほぼ例外なく起きている事であり、
あのゆかりんにしたって・・・儚月抄においては、勿論二重囮作戦の一環なんですけど、
豊姫に敗北を喫し、後手に縛られるという「屈辱」も・・一つのカリスマブレイクなのかもしれませんよね・・・
ま、あれはあくまでも美しき策士としてのゆかりんのまさに「臥薪嘗胆」と言えるのかも
しれないですけどね。

レミリア様のカリスマ性だって同じなんだと思います。
主に「カリスマがある」とされる作品は、紅魔郷・萃夢想・永夜抄なのですけど、これらの言動はいずれも「異変の最中」です。
逆に「カリスマが無い」とされる作品は、紅魔郷ED・緋想天・非想天則はいずれも、暇潰しのお遊びとも言えるのです。
つまりオンとオフの差が激しいだけで、「カリスマ」そのものがなくなっている訳ではないと言えると思います。
実際・・・・そうですね、例えば神奈子にしたって、魔理沙に対しては威厳とカリスマ性たっぷりに「・・・するがいい!」みたいな
口調で話す事も多いのですけど、霊夢に対してはかなりくだけた感じで話しており、それも
一つのカリスマ性のオン・オフという感じですからね。

レミリア様のカリスマブレイクでよく言われる事がも緋想天の文ルートにある「ぎゃおー! たーべちゃうぞー!」という
発言なのかもしれないのですけど、あれはあややとレミリア様の一つの「漫才的掛け合い」と言えるのかも
しれませんよね。
あの時、あややは「今日は乗って来た方ですよね」とか何とか言っていますから、そうしたお茶目な掛け合いは
結構頻繁に繰り広げられていると言えるのかもしれないですよね(笑・・)

ちなみにですけど、その時のレミリア様とあややのやり取りを再現してみると・・・

文 「さあ、ついに紅魔館に潜入致しました!
   ここにはどんな魔物が潜んでいるのでしょうか」
レミリア 「ぎゃおー!」
文 「で、でましたー!怪物です!特派員の運命はいかに!」
レミリア 「たーべちゃうぞー!」
文 「恐ろしい肉食の怪物の様です。
   これが伝説のモケーレムベンベの姿なのでしょうか!」
レミリア 「も、もけ?ごめん、それの演技が出来ないや」
文 「でも今日は乗ってきた方ですね」
レミリア 「退屈でねぇ。天気が優れなくて……」
文 「え?天気、ですか?」
レミリア 「突然雨が降ってきたりするから出歩きたくないの。
       私は雨、苦手でねぇ」
文 「……突然天気が変わる……ですか?」
レミリア 「ああそうよ。ちょっと前から何かおかしくなった」
文 「むむむむむ?」
レミリア 「さあ、退屈だからモケーレごっこでもするよ!
       さあ、逃げなきゃ食べちゃうぞー!」
文 「ああ、何と言う事でしょう!
   特派員は戦いを余儀なくされてしまったのです!
   以下次号!」

そうですね・・・これはレミリア様の御茶目さを遺憾なく発揮した場面とも言え、決してカリスマ性の崩壊という
印象はないと思いますね。

さてさて、今回はレミリア様の妹のフランちゃんの事も書く予定でしたけど、
フランちゃんの事に触れるととてもとても終わりそうにも無いので、それについてはその⑧に譲りたいと
思います。


→ レミリア様 その⑧に続く・・・



22889258_convert_20111108122422.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の「十六夜咲夜」を描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この素敵なイラストは2011年11月にアミグリさんが描かれたものです。

当時のアミグリさんの記事を一部だけ引用させて頂くと・・・

「今までは結構かっこいい咲夜さんを描くことが多かったのですが、
今回はかわいい感じで描いたので新鮮で楽しかったです!
そして、白ニーソのこだわりもあります。
咲夜さんは黒ストも似合うのですが、わたしは白ニーソが好きです!
清楚な感じがたまらないです(´ω`)」

とされていますけど、これもとってもよく分かりますね!

十六夜咲夜を描かれる東方絵師様は一杯いらっしゃるのですけど、咲夜が足に履いているのは
黒ニーソか白ニーソかというのは見解が分かれているようでして、
どちらの咲夜も素敵だと思うのですけど、こうやってアミグリさんが描かる「清楚な白ニーソの咲夜」を
見てしまうと・・
「うーーむ・・やっぱり咲夜は大人っぽい雰囲気も捨てがたいけど、こうした清楚で少女っぽい雰囲気の
咲夜の魅力も捨てがたい・・
やっぱり、スイートプリキュアの奏じゃないけど、白ニーソはいいよな・・」と
なんか一人ニヤニヤしちゃいそうな雰囲気がありますよね!

背景のピンクトーンもそうした清楚な咲夜に合ってると思います。

最後に・・・

アミグリさんは、今年の3月20日に広島で開催される東方螺茶会 第二の宴より、ゲスト寄稿に誘われられていて、
この時には咲夜を描かれています。

この十六夜咲夜がまさに「時間を操る程度の能力」と本人が得意とする「ナイフ投げ」を見事に
融合化されている一枚であり、
とっても素晴らしいと思います。

この時のゲスト寄稿の咲夜をご覧になりたい方は、是非こちらから!! →ゲストイラスト 十六夜咲夜

アミグリさん! いつも本当にありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

咲夜さん…!!

確かに、咲夜さんは、普通の人間とは思えないですよね…。
そして、「東方鈴奈庵」のレミリアと咲夜さん、本当に素敵ですよね!!レミリアがとっても幼くてかわいいし、咲夜さんは少し大人っぽくて美人ですよね!

それと、あややとレミリアの会話を読んで、とっても萌えてしまいました!!

咲夜さんのイラストの掲載もありがとうございます!!
ゲスト寄稿した咲夜さんの記事も紹介していただき、嬉しい限りです!

こんばんは。お忙しい中、連日丁寧なコメント、誠にありがとうございました☆
本日の1人出勤は…呼び出しもなく、本当に何事もなく、自分の仕事だけで一日
過ごせました!これは…ぬくぬく先生様のお祈りの効果もあってだと思います♪
東方に出てくる神社を回って、ありがとうの気持ちを込めてお賽銭をしたくなり
ました!ぬくぬく先生様も多くの方がお休みの中、お仕事お疲れ様でした!

小悪魔系のきららは既に挑戦済という事で…今回は路線を変えましたが
くらげドレスきららをとっても可愛い、300%以上引き出されている
感性・個性を見事に発揮、お嬢様、清楚なレディーみたいな雰囲気…等々
お誉めくださり、ありがとうございます☆それにしても…ぬくぬく先生様に
「先生」と呼んで頂けるのは…なんだか新鮮ですね(笑)

きららは小悪魔みたいだったり、何を考えているか分からない、エネルギッシュ
で自分をしっかりと持っている…そんな魅力があるキャラであり、大きく
成長したキャラでしたよね!そういえば、どこかの管理人が当時ツンデレっ
ぽくきららの真似をして「ぬくぬく先生様のためじゃないんだからね!」…
とか言っていたような…(笑)世間知らずのトワを支えるルームメイトでもあり、
トワきらでは…やはりシーツの上からのこちょこちょエピソードが印象的です♪

そしてフリルもお誉め頂け嬉しいです☆私は正直、人物を描くよりもフリルを
描く方が楽しい…という時期もあった位(笑)フリル描くのが好きで楽しいですし
特別難しいとも思わないです。フリルを描くのを敬遠されている絵師様には
…ワンドロなら、それっぽく描いたらなんとかなるなる~!と気軽に挑戦して
頂けたら良いなと思います(笑)雛のフリル地獄懐かしいです…もしまた挑戦
する機会があれば、前よりもしっかり綺麗に描けたら良いなぁと思います!
カードはどれも可愛いですが、やはり華やかなドレスが目を引きますよね。

10月、11月は…2ヶ月連続でぬくぬく先生様お気に入りの桃キュアの誕生日
ですね!10月12日は…オレスキー将軍様のお誕生日でもありますね(笑)
そしてあのピンクの先輩キュアのお誕生日は、pixivでお世話になっている
プリキュア絵師様もお祝いする予定だとお話していましたので、ぬくぬく
先生様お一人じゃないですよ!当日お熱く愛を語る事、楽しみにしています☆

ちなみに本日のプリキュアは…やはりかっこいい悪役に目がいきました(笑)
はーちゃんはやっぱり、天真爛漫!という四字熟語がぴったりかも…?
そして今、こちらは雨…ぬくぬく先生様が挙げていらっしゃったフレプリの
ピーチVSイースの雨の中の激しい戦いは今も心に残っています!!

東方絡みでは…私の質問を素敵な問い、嬉しい悲鳴、と言ってくださり、ありがと
です!twitterでは…参加できる時にまたワンドロ作品が増えていたりするので
ご回答頂くまでにそちらで見かけた作品でこれぞ!という作品があれば
そちらでも!ちなみに先日は…ちょっと秋らしい感じで小鈴を描きました。
例のご質問のご回答は…まだ迷って頂いても大丈夫です(笑)10月2日と8日は
ご指名頂けた東方キャラで更新けって~い!ですが…その間にも更新できる
ようなら東方更新予定なので、第3希望まで大丈夫かと思います。アリスは
そろそろ語りたいっ!と思っていたので、ほぼ当確との事で嬉しいです♪

ぬくぬく先生様は…10月9日にしたいのですけど…とおっしゃってましたが
10月9日は紅楼夢当日…私はブログ更新は難しそうですし、紅楼夢前夜祭
のタイミングでぬくぬく先生様に紹介頂けそうでとっても嬉しいです!
…無意識のご選択、さすがです!この「受け継がれるべきもの」での
あっきゅん語りはもちろん、10月9日からスタートする文語りも楽しみです☆
ちなみに紅楼夢の戦利品は…10月10日の更新で使う予定です!

改めて私が描いた布都をキリッ!とした雰囲気が素敵、素晴らしいと
言って頂けたり「古代の形式美」を感じて頂け嬉しいです♪
布都は平安、神子は飛鳥時代を彷彿させる、個性的で面白いデザインですよね。
東方のキャラは…衣装の中にも日本の歴史や、以前コメント頂いた秋姉妹の
ような民族衣装のような感じ、海外の文化も取り入れていて、個性的で
素晴らしいなぁと改めて感じました!

ぬくぬく先生様はもちろん!東方にはカリスマ性溢れるキャラが本当に
たくさんですよね!この言葉は永琳や紫様にもぴったりですね。またこの
記事で紹介されているようにカリスマブレイクしちゃう事もある(笑)
おぜう様の「たーべちゃうぞー!」はオチャメで可愛いです!絵はダブル
ピースでオチャメな咲夜、可愛らしいですね!咲夜は大人な黒ニーソは
もちろん、清楚な白ニーソもぴったりです♪それから…このブログで
今後フランをメインに取り上げて頂ける日も楽しみにしています☆

隠し部屋の小町にも早速コメントありがとうございます☆やはり小町、やる気を
出すフリ、かもですね(笑)小町はツーサイドアップが似合ってとっても可愛い
ですよね。この髪型といえば…やなり、プリキュアのあの方も…?(笑)
あの絵は若干、以前ぬくぬく先生様とのトーキングから描いた小町コスのぞみ
の影響も受けたかもです。

そして私とうどんげの共通点を見つけてくださり、ありがとうございます☆
うどんげは…永琳からのお小言や無茶ぶり、てゐにはチクられてそうで…
本当に苦労人なイメージですね(苦笑)異国の地で叱咤激励を受けながら
孤軍奮闘しているうどんげの苦労に比べたら、私の仕事の悩み等は些細な
ものかもしれません…でも、時に悩みながらも、ぬくぬく先生様を始め、
応援してくださる皆様の期待に応えられるよう、引き続き頑張りたいです!
また…今年ももう残り3ヶ月と少しになりましたが、今年の残り、メインは文と
うどんげだそうですね…!時にうどんげに同情しながら(笑)楽しませて頂きます♪

東方は高クオリティーフィギュアもたくさん発売されてますよね。やはり値段
の事もあり、実物を手にするのは難しいですが…そんな私の救世主様(笑)が
ぬくぬく先生様!素敵なご紹介記事や濃密東方トークを楽しむ事で、私の心も
満たされそうです♪フランは細かい作りの再現が大変そうですが実現したら
すごそうですね。コトブキヤシリーズフィギュア紹介もワクワクもんだぁ!(笑)

文花帖は…文が幻想郷での出来事を楽しく記事にしてくれてますね!
読書の秋のお供に、秋のうちに読破できたら良いなぁと思います。
…もちろん、可愛いもこけーね&紫霊夢等の漫画は先に読みました(笑)

後、常連様のご復活、私も嬉しいです♪本格的な復活に向けて、引き続き
お体を大事に過ごして頂きたいですね。関東の方も涼しくなっているそう
ですね。引き続きお互い体調にも気を付けながら過ごしましょうね!
では読んでくださり、ありがとうございました☆

鈴奈庵

アミグリ 様


そうですよねぇ・・・果たして咲夜さんは「普通の人間」なのでしょうか・・・?? (笑)
何となくですけど、やはり「月」と関係がありそうな雰囲気もありますよね。

「東方鈴奈庵」で登場するキャラは、みなどの人もとっても可愛いですよね!

あのレミリア様の「妖しく魅力的な少女」は素晴らしすぎます! 最初にあれを見た時は、マジで
感動しまくりでした!
鈴奈庵の霊夢が、まさに「美少女」だと思います。
早苗さんのはっちゃけではなくて、しっとりとした落ち着いた雰囲気もとても素敵だと思います。
フランちゃんは、確か後姿だけ登場していましたけど、是非もえ先生が描くフランちゃんというのは、
どんな感じで描かれるのか大変興味がありますね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3156-1a6372ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |