プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の第31話が意外とシリアス回だったのに対して、今回の第32話は、またまたいつもの「魔法つかい」に
戻っていて、何か見ている方も安心です・・・(笑)
前回はみらい、今回ははーちゃん、そして次回は・・・リコパパ登場という事で
リコがメインという事で、中々登場キャラの見せ所もきちんと考えられていますよね!
今回が32話という事ですけど、2月の放映開始からなんかあっという間にここまで来たなぁ・・という感じです。
前作がどちらかというと「自分の夢を実現化するにはどうすればよいのか・・」みたいな比較的重たいテーマを
メインに掲げていた中、今作のプリキュアは、これまで何度も述べた通り、そうした「重たさ」・「シリアスさ」を
かなり回避する傾向にあり、
「魔法を使って私はどうしたのか・・」みたいな事よりもむしろ「魔法」そのものを純粋に皆で楽しめばそれでいいじゃん・・
みたいな雰囲気にまとめているような気もしますね。
ま・・それですと単なる「娯楽作品」にもなりかねない危険性もありますので、
前回や前々回のリコちゃんではないですけど、
「私は魔法学校卒業後は何をしたいのか・・・」というテーマもきちんと提示しているのは、やはりプリキュアの伝統らしいですし、
素晴らしい事だなぁ・・と思ったりもします。

「プリキュア」という存在は、決して「万能な救世主」ではありませんし、ましてや「ドラえもん」みたいな存在では
無いのです。
「プリキュアと言えども、決して全知全能ではなくて
プリキュアが困っている全ての人達を救済できる訳ではない」という事なのだと思います。
プリキュアシリーズは、決して勧善懲悪なものではないし、
安易な「魔法少女企画」と異なり、魔法で持って簡単に問題が解決できるという物語では
ありません。
そうした事を斬新に斬り込んでいったのが、そう! 2年前のハピネスの映画「人形の国のバレリーナ」だったと
思うのですけど、あの中でも、めぐみ=キュアラブリーは「自分ができる事と出来ない事」の区別が明確には
分かっておらず、ついつい「あなたの問題は解決できちゃうかもよ」と安直な約束をしてしまった事が
その後大いにめぐみを苦悩させることになるのです。

さてさて・・・それでは今作の「魔法つかいプリキュア」はその点をどのように描いているのかと言うと、
これは前回も書いていますけど、
魔法使いの後期EDの歌詞が全てを物語っているとすら感じます。
「自由は素敵だけど、ルールはあります、お約束。宿題も勉強も自分のチカラで!」というのがまさにそうなのだと
思います。
勿論・・「魔法」はとっても素敵な事であるのは言うまでも無い事です。
だけど、魔法界ではともかくとして、みらいが暮らすナシマホウ界にとって「魔法」とは絶対的なものではなくて
そうですね・・・一種の「スパイス」みたいなものなのかもしれないですよね。
自分の夢とか自分がやるべき事はきちんと自分自身のチカラでやり遂げた上で、
あくまでお遊び的な感覚で、主体的にではなくて、補足的な意味で目立たぬようにこっそりと「魔法」を
楽しんでいきましょう・・・というのが基本的なスタンスなのだと思います。

今回の話にしても・・・

決してはーちゃんの「魔法」がサッカー部を救ったとかサッカー部の団結に多大な貢献をしたとか
決してそういう訳ではないのです。
ま・・、それ以前の話として、はーちゃんが人前で誰はばかることなく魔法を使用するのではなくて
一応は・・人の目に触れないな所でこっそりと魔法を使っていたのは、はーちゃんの一つの進歩と言えるのかも
しれないですね。
「部員が一つにまとまるように・・」→部員を球状にしてしまった・・・
「サッカーボールが足にぴったりとくっつくように・・」→なんと・・! はーちゃん自身がボールの上に乗っかって走り抜けた・・
そうした現象を見て分かる通り、決して「魔法」自体が「解決」になってはいないのです。
だけど・・・
はーちゃんと壮太が仲良くサッカーをする事で、壮太自身が
「試合に勝つとかそういう事ばかりにこだわらずに、まずはみんなで楽しくサッカーをしなくちゃいけないんだ!」
みたいな事に気づかされたのは、まさに・・・「魔法」は「解決策」ではなくて、解決に向かわさせるための一つのスパイス
である事を巧みに提示していて、その辺りは
「今回も脚本が巧いよなぁ・・」と感じさせてくれるものでした!

壮太 「よく分かんなかったけど、凄ぇ!」

はーちゃん 「サッカーは色~んなことができるからワクワクだよね!」
「明日の試合も楽しみ!」
「さっきの壮太くんみたいなワクワクのプレーがいっぱい見られるんでしょ?
皆もきっと、ワクワクのプレーをしてくれるよね!」

壮太 「そうか…オレは皆をワクワクにすればいいのか!」

そうですね・・・この辺りは、まさに魔法そのものではなくて、はーちゃんの言葉とかはーちゃんの
無意識&他愛も無い言動から、何か部長としての責任感のプレッシャーでカチコチになっていた壮太を
救ったと言えると思います。

まさに、これこそが・・・いわゆる魔術としての魔法ではなくて
人と人のふれあいの中での「人を思わずその気にさせてしまう素敵な魔法」と言えるのかもしれないですよね。

そして何よりも・・・ラストのはーちゃんのセリフ・・
「部活で一緒に練習したの!
そうしたら私がワクワクになって、壮太もワクワクになって、み~んなワクワクになったの!」が全てを物語っていると
思います。
確かに・・一見「こいつ、一体何を訳のわからんこと言っているんだ・・」みたいに聞こえちゃうのかもしれないですけど、
こういう「ワクワクした気持ち」こそが「人を動かす原動力」と言えると思いますし、
まさにそれこそが「魔法」と言えるのかもしれないですね。
その意味において、みらいの「わくわくもんだぁー」という口癖は、今作に相応しい素敵な口癖と言えるのかも
しれないですよね!!







はーちゃんの制服はめちゃくちゃ可愛い!!

とにかくよくお似合い!という雰囲気だったと思います!

恒例の黒板エピソードは無かったですけど、はーちゃんは確かに天然さんなのだけど、
意外と・・・スポーツも勉強もよく出来そうで、歴代の「転校生プリキュア」としてはまともな方だったと思いますし、
まともな挨拶もきちんと出来ていたのは、少し意外なのかも・・・?

ま、もっとも・・・ くまのぬいぐるみのモフルンの事を
「ただの友達じゃありません。私のお母さんで、お姉ちゃんなんです」とか何とか言っていたのは、
先生ももしかして・・・
「あちゃー、もしかして痛い子が転校してきたのかも・・」と思ったのかもしれませんし、みらいのクラスメイトも
「朝比奈家の留学生というのは、どうしてヘンな子ばかり来るの・・?」と思っていたのかも・・??





0441a93c_convert_20160912162230.png



はーちゃんのバッティングフォームは格好いいですね!

まさにイチロー! みたいなポーズでした!

あ、いや・・・八チロー!という事なのかな・・・(笑)

スライディングポーズも格好良かったです!



3345a4c6_convert_20160912162308.png



はーちゃんは意外とスポーツも万能!!

転校生プリキュアでスポーツが苦手というと・・・そりゃ言うまでも無くつぼみ大先輩がいましたけど、
はーちゃんは、そういう意味では「出来る転校生プリキュア」と言えるのかも
しれないですね!

サッカーだって野球だって実戦は初めてなんでしょうけど、それを感じさせない運動センスはなかなか
素晴らしいものがあると思います!



6db0053a_convert_20160912162434.png



プリキュアが敵の怪物の発したサッカーのゴールの網ネットに掛ってしまいジタバタする光景は・・・
そう!
ハピネスのゴン隊長の回でもありましたね!

あの時はフォーチュンが助けていましたけど、今作では、マジカルが巨大鋏を用意しているのが
なんとも楽しい所でした!



e3367700_convert_20160912162606.png



今回よりシャーキンスが初参戦!

結果的に敗れてしまいましたけど、その退場時の「今回は偵察だ・・」は、そうですね・・
毎回毎回どの敵幹部は最初はそう言っているのですけど、結果的に偵察してもその後毎回毎回
負け続けることになっていきますからね・・・(苦笑・・)

ドンヨクバールがゴールの本能を捨てきれず、シュートを防止していたのを見てフェリーチェが冷静に
「先ほど、攻撃をやめて得意気にシュートを防ぎました。ゴールを決められたくないのでしょう・・
そこに隙があります。
ミラクルとマジカルは、ゴールの隅を狙って攻撃してください」分析し
先輩キュアに的確な指示を出していたのはさすがでした!

はーちゃんは変身前は天然さんでも、プリキュアになると冷静な司令官、そして無双な戦いぶりを
してしまうのは「さすが!」としか言いようがないですね!

さてさて・・・次回からは新しい女性敵幹部も登場しますけど、それもまた楽しみですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

サッカーとことは

ことはが津成木第一中学校に編入する今話です。モフルンを「ただの友達ではない」というところはストレートな自己紹介をしたトワを連想させるところがあり、トワや名前を大きく書いたエレンのようにストレートなことをしないか考えていました。
壮太のサッカーをことはが応援するところはなぎさが藤Pへの応援旗を作って応援する回などを思い出したところがあります。「魔法つかいはいる」「妖精を探しに行こう」と言いみらいとリコに詰め寄る勝木かな、まさに故・荒勢とか稀勢の里のがぶり寄り以上の迫力でしょうか…。
新幹部のシャーキンスは天狗モチーフのようで、天狗の鼻を切断したような姿です。演じた速水奨さんは映画SSとDX3でサーロインを演じていました。

Re: サッカーとことは

鎌倉快速 様


いつもコメント頂きありがとうございます!

ことはちゃんは意外と(?)まともでひめやエレンみたいな妙ちくりんな転校挨拶をしなかったのは
意外だけど「さすが!」と思いました。
あ・・確かに・・!
ご指摘の通り、初代【MH】では、なぎさは、とてつもなく大きな旗で応援していましたね!
サッカーと言うと・・スマイル第4話でのなおちゃんの足の速さはとても印象的です!

シャーキンスは確かに・・天狗みたいな雰囲気でしたね。
あ・・あれ声優さんはSSの映画のサーロインだったのですね! 教えて頂きありがとうございます!

ふたご先生のマンガでもはーちゃん部活話があって
(あちこちから引っ張りだこでした)
結局自分で「ラブラ部」という部活を立ち上げるというラストでした(笑)
(勿論入部者殺到というオチ)

プリキュアはサッカーやテニスの話が
男の子との話が多いですよね。
もう野球は本当に人気無いんだなと思います(苦笑)

野球・・

リエ太さん 様


ふたご先生の「ラブラ部」というネーミングは素晴らしいですね! (笑・・)

そんな部があれば私も「吹奏楽部」ではなくてそっちに入りたいです・・(笑)

野球ですか・・そう言えば、ssのソフトとフレッシュの大輔以降はあんまり出てこないですね・・
だけど・・
私としては、「ラブリーホームラン」が見られたからそれだけで全然OKです!!

プリキュアは、頑張ているから、良いと思うのです。
魔法で、簡単に解決するのは、今一だと思うし。

小さい子には、わくわくする気持ち、大事にして欲しいです。
大人になると、わくわくしてても、嫌なこと、すぐやって来るし・・・
せめて、子供の間は、見守って上げたいです、そんな気持ちを。

かしこ

わくわくもんだぁー

みかんゼリー 様


ご指摘通りだと思いますね!

魔法は一つのスパイスであり、やはり本人の「頑張り」にまさるものがありませんし、
それがときめきとか「わくわくした気持ち」に繋がるのだと
思いますね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3155-3849c106
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |