プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年の「異常気象」はなんか明らかにおかしかったですよね・・・

勿論、こうした台風・局地的大雨・瞬間的に想定以上降り続けるどしゃぷりの大雨などは今までにも
何度もあったとは思うのですけど、
こんなにもそれが全国各地で多発している現象は明らかに常軌を逸しているようにも思えますし、
今はこうやって「異常気象」とか呼ばれていますけど、
数年以内にはむしろ、こうした局地的大雨とか太平洋高気圧の位置の変化による台風の関東~北海道への上陸とか
東南アジアみたいな亜熱帯的な気候とか
栽培北限地の更に北方化みたいな現象はむしろ当たり前の現象・・つまり「通常気象」になってしまう可能性
だってありますよね。

先日の話なのですけど、
うちの会社と普段社員がよく行くセブンイレブンは目と鼻の先で徒歩30秒程度の位置にあります。
いつもの調子で、セブンの100円コンビニコーヒーを買いに、セブンまで行ったのですけど、
当然ながら会社を出る際は、確かに曇りがちでしたけど雨は一滴も振っていませんでしたのに、
セブンでコーヒーを購入し出た際には・・なんと・・・!
まさにバケツをひっくり返したような突然の土砂降り状態!!
5分ほど待っていたのですけど止みそうにもないから、ダッシュで社に戻ったものの、まさに服はびしょ濡れ状態に
なってしまいました・・
他にも、私は自宅の最寄駅から会社まではわずか4駅なのですけど、
最寄駅の際はほぼ快晴に近かったのに、会社の最寄駅に到着の際は、まさかの土砂降り状態になっていましたし、
はたまた・・・・仕事で外を廻っている祭も、
例えば、同市同区同町内にいながらも、ほんのわずかな番地違いで、すさまじい大雨と小雨の落差がすさまじいなど
なんか本当に「局地的な・・本当にほんのちょっとしたエリア内限定の大雨」というのが
かなり目立っていたような印象があります。
そういう場合、上空を眺めてみると、大雨エリア内って、本当にごく限られたエリア内にだけ
すさまじい積乱雲みたいなものがモクモク・・と発生しているのですよね・・・
そうそう、浦和近辺では従来まではあんまり見られなかった現象の中で、今年は特に目立っていたかも・・というのが
道路の冠水ですね。
ま、それも仕方ないのかな・・・
事前の市の予測ほはるかに超越した降水量になってしまうと、マンホールからかなりの大量の雨水・下水が
道路になだれ込んでいましたからね・・・
ああいう時に車で道路を走行する時って、ブレーキはあんまり効かなくなるし、場合によっては
一時的にエンジンが停止してしまうし、結構「怖い・・」と感じる瞬間すらありましたね。

こんなほんのちょっとしたエリア限定の局地的大雨みたいな現象は、もちろん、昔からあったのでしょうけど、
何が「異常」たらしめているのかというと、
この「局地的」という現象が、全国各地で発生している事なんかじゃないのかな・・と思いますね。

私は東北生まれ・東北と関東育ちの典型的な東日本暮らしなのですけど、
そういう東日本の感覚で言うと、
「台風の通り道とか台風の被害」というと、西日本・・どちらかというと九州方面みたいなイメージも
あったのですけど、
今年は明らかに太平洋高気圧の位置関係が北側にずれている事もあり、その関係上、
台風が九州方面に向かわずに、関東~東北~北海道方面に上陸するパターンが多かったのは
従来の感覚からすると「異常」なんでしょうけど、
上記の通り、数年以内にはそうした異常が「当たり前」みたいな事になる可能性だってありますよね。

その原因が果たしてなんなのか・・・今年の異常は果たして今年限りなのか・・

その辺りはよく分からないのですけど、只一つ言える事は、東方Projectの早苗さんの名言ではないですけど、
「今までの常識は、もはや通用しない・・・今までの常識に囚われてはいけないのですね」という感じに
なっていく可能性が高いという事なんじゃないでしょうか・・・??



髮ィ縺・・縺吶€€_convert_20160910170931



さてさて、ここから先はちょっとした余談です。
上記の「異常気象」→「雨」という絡みで、プリキュアの事をほんの少しだけ触れさせて頂きたいと思います。

公式プリキュアHPの「プリキュアガーデン」にて、以前・・「雨を見ると思いだすプリキュアのエピソードや出来事は?」
という質問に対する投票で、見事一位を飾ったのはフレッシュプリキュア23話における
ラブとイースとの決着エピソードです。
これは・・も――――、誰もが「その通り!」と納得の一位だと思います!

ラブのこの泣きながらイースをぶん殴る!という表情があまりにも素晴らしすぎました!!
ラブVSイースのこの血統の前に、ラブは、カオルちゃんから「罪を憎んで人を憎まず」みたいな提示を
受けていたのですけど、
この時のラブ=キュアピーチは、
「悪い事をしている友達を正しい道に戻すために、私はあなたをぶん殴る!」という論理の下、イーストの死闘に
臨んでいましたけど、ラブのそうした「まっすぐな美しい気持ち」が見ている人の胸に響いているからこその
この一位なのだと思います。
雨が降りしきる中での、ラブ=ピーチVSせつな=イースの決闘は本当に素晴らしいものがありました!
何も知らずにいきなりこの場面を見たら「え・・プリキュアって武闘系アニメなの・・?」と
思ってしまうのかもしれないですよね・・(笑)、ノリがまさに少年漫画でしたからね・・
ラブが漢女とかラブ兄貴と呼ばれるのは本当に「よーーくわかる!」みたいな事を立証した素敵な一場面だったと思います。

歴代プリキュアでの「雨のエピソード」と言えば、このラブとイースの死闘、そしてパッションとしての覚醒・・・
この回以上の雨の名シーンは多分ないのかも・・・??
ちなみにですけど、私にとっての歴代プリキュア名シーン四天王は
①フレッシュの第23話 ②初代無印の第8話 ③プリキュア5の第23~24話 ④ドキドキのまこぴーの「こころをこめて」
あたりなのかな・・?
これにもう一つ付け加えると、ハピネスの「めぐみのわんわんわんこの回」ですね!
他に「雨」と言うと、
初代無印で、キリヤがほのかに自分の正体を告白したシーンとか
スマイルのやよいと父親のエピソードの回が印象的でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3151-f5232542
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |