プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「東方茨歌仙」なのですけど、第一巻辺りの絵の雰囲気は、正直・・・なんか「ちゃちゃっ・・」と描いたような
感じも無くは無いと思うのですけど、
最近の茨歌仙は、主人公の華扇も当然そうですけど、霊夢・魔理沙・早苗さん・十六夜咲夜等のキャラも
「初期の頃とはなんか絵のタッチが随分と変化したなぁ・・」とか
「初期の頃に比べて随分と丁寧な絵のタッチになり、どのキャラもかなり美少女化されてきたなぁ・・」みたいな
印象が大変強いようにも感じられます。
そのいい例が早苗さんですね!
早苗さんの初期の頃のあの「わたし! わたし!」みたいなノリと最近の美少女化された早苗さんは、
正直・・・随分と絵のタッチが変わったよなぁ・・とも思うのですけど、
それはいい方向としての変化じゃないのかな・・と私なんかは感じています。
(ま・・第一巻あたりのあの「はっちゃけ早苗さん」も私は大好き!ですけどね!!)



闖ッ謇・・豁御サ兩convert_20160909141254



さてさて、今回の「東方茨歌仙」ですけど、とにかく面白かったです!

勿論、私の大好きなゆかりん=八雲紫様が登場していた事もとっても嬉しかったですし、
幻想郷内での「パワーバランスの維持」に余念が無く、妖怪側の立ち位置としてのゆかりんが目論んでいる事が
うっすらと示唆されていた事も大変興味深かったですし、
なによりも・・・
座敷童の話の回の際に、華扇はゆかりんから「あれぇ・・あなた、こっち側(※妖怪側)なんでしょ・・」と言われていたもの、
結果的に華扇のそれに対する回答というのが長期間保留状態になっていましたけど、
それに対する華扇がゆかりんに対して
「この際だからはっきり言っておく! 私はあなた側ではない!!」と決然と言い放っていたのはとにかく
印象的でした!
あの啖呵を切ったような華扇は、まさに凛としていましたし決然としていましたし、とにかくめちゃくちゃ格好良かったです!
「も―――! 華扇おねえさま!! 素敵!! 大好き――!!」としか言いようがないオーラに溢れていたと思います。

さてさて・・・今回の第35話ですけど、概要は・・

人里で神隠し発生! でも次の日には何もなかったように戻ってくる怪異が発生、
その原因は実は・・・宇佐見菫子であった・・・菫子は、実は意外と力を秘めていて、菫子が幻想郷に来ると
結果的に「等価交換」みたいな形で、幻想郷内の人が瞬間的に姿を消していく・・
ゆかりんとしては、神隠しにあうダミー人形を作る事で収拾策を図る・・・

ま、そんな感じです。

異変解決を生業にしている霊夢としては、この神隠しと言うか人隠しという怪異は看過出来ない出来事であり、
幻想郷内で関係がありそうなラスボスたちを尋問していきます。
この中で・・・・聖白蓮さんと豊聡耳神子・永琳様などが登場してきましたけど、
いや―――、皆様それぞれお美しいですね!
茨歌仙の中では、セリフ付としては白蓮さんは初登場だったと思いますが、とっても「お美しい・・」としか
言いようがない雰囲気でした! 神子も永琳様もとっても可愛く描かれていました!
あれ・・多分ですけど、第一巻辺りに登場していたら、なんかちゃちゃっと・・・みたいな感じでサ――ッと描かれていたのかも
しれないですけど、とにかく最近の作風はじっくりと描きこまれているという印象が強いですね。
そうそう・・、十六夜咲夜も登場していましたけど、
(霊夢としては、咲夜の「時間を操る程度の能力」を悪用すれば、人隠しなんて簡単じゃん・・と考えていたようです・・)
咲夜の話ですと、咲夜の「時間を操る程度の能力」というのは、
実は・・・
人の動きを止める事ではなくて、咲夜自身がとてつもない高速動作で物事を処理していくという事であり、
それが第三者的に「時間を止めちゃっている」ように見えているという新しい解釈を採用していたのは
意外でもあり、大変興味深い話だったと思います。

さてさて、この第35話ですけど、霊夢の聴込みとは別に、華扇は「どうしても気になる事がある」と
華扇としてのこの「人隠し」の調査を行っています。
華扇としては何か「心当たり」があったのでしょう・・・
結界の歪みを感知し人隠しの現場を突き止め、その空間の歪みに手を突っ込み、誰かの手を摑まえます。
そこに現れ出たのは・・・そう! 言うまでも無くゆかりん、スキマ妖怪の八雲紫様だったのです!
ま・・・ゆかりんは神隠しの主犯でもありますので、この展開は正直・・・「予想通りだね・・」という
感じになるかなぁ・・とも思いました。

ゆかりんは今回の異変を「人隠し」と証していましたけど、ま、そりゃそうですよね・・・
だって、神隠しはゆかりんが起こしていたものですから・・・(笑)
今回の人隠しの原因は宇佐見菫子というのがゆかりんの口から語られていきます。
人隠しは菫子が幻想郷に入った代償として、その分「何か」が幻想郷から消えているとの事でした・・・
つまり、ある意味等価交換により結界を超えたショックを和らげているとの事なのです。
外界の薫子が幻想郷に入った→その代償として幻想郷内の「何か」が一旦消滅します
(その幻想郷の何かが一時的に外界に入っていくという事でバランスを図っているものと思われます)
最初は人の夢との交換、その後空気、石、小動物と来て最後には人との等価交換と相成ったとゆかりんは華扇に
説明をしていきます。

ゆかりんは、宇佐見菫子の幻想郷への侵入については、実はそれを手引した者がいることを歓迎してるようにも
感じられました。ま・・・ゆかりんとしては、その手引きをした者が華扇なのかも・・という事は予測済です。
一方、華扇としては、「まさか菫子にそんな力があったとは少し予想外・・」みたいな誤算があったようです。
ま・・ゆかりんとしては・・・
幻想郷内の妖怪共の「食料の確保」という観点から、「外界での食料としての人間確保」という意味において、
こうした外界との接点と言うのは必要不可欠な事であり、
そういう意味から、恐らくですけど、ゆかりんは、華扇に対して
「あれぇ・・あなた、こっち側でしょ・・」と何やら「私達サイドに加われ!」みたいな恫喝をしているようにも思えたりもします。
ま・・ゆかりんにとっても、霊夢が出動するような「人隠し」はあまりにも目立つから、それは困る・・・みたいな思惑も
あるのかもしれません。
しかし・・・華扇は、そりは紫の思い違いであり、「私は、あなた側の人間ではない!」と決然と言い放っていたのは、
とにかくこの話の素敵な白眉だったと思います!
ゆかりんに対してああまで啖呵を切る華扇がとにかく素敵すぎて、とにかく素晴らしかったです!!
「菫子は自身の意志と能力により幻想郷に来ており、人隠しは菫子の能力の副産物で事故の様な物だ! そして・・
 私の理念は天道と共にある!」と
ゆかりんに対して高らかに言い放つ華扇がとにかく「お見事!!」としか言いようがないという感じでした!!
あの華扇は、とにかく読んでいて惚れ惚れするものがありました!!
私自身は、東方の中ではゆかりんは、さとり様・早苗さん・こいしちゃん・あややなど
と並んで「大好きキャラ」の大切な一角なのですけど、
そんなゆかりんすらも看破してしまう華扇が今回は・・・役者が一枚上手だったのかもしれないですね・・・

それでは、ゆかりんはなんで華扇を「こっち側の人間・・」としてあわよくば華扇を仲間に引っ張り込みたいと
思っているのでしょうか・・・?
華扇は、現況、まだ今一つ正体がよく分からないキャラでもありますし、
ゆかりんとしては「霊夢に対してこれだけ日頃から目を掛けてあげて、霊夢が何やらあんまりよくない方向に
走りそうになった際にすかさずそれに対する是正措置を勧告・指導してあげているのは、いつも華扇なんだから・・」と
ゆかりんとして華扇を高く評価しているような感じも間違いなくあると思います。
そして多分ですけど、華扇は「鬼の四天王」の一角を担っていると思いますし、
またまた幻想郷内に結界を張る事を提唱した「賢人」の名前を知っている人物の一人が華扇でもありますので、
ゆかりんとしては、華扇を、出来れば「藍」みたいな役割を担ってほしい・・と考えているのかも
しれないですよね。
藍は、幻想郷内の人里や妖怪の監視、はたまた・・永琳様一派の永遠亭に対する日頃からのスパイ活動とか
結界の管理関係の仕事を担ってもらい、
華扇に対しては、菫子の今後の対応を含めて、外界におけるゆかりんとしての仕事をフォローして欲しいみたいな事を
考えているのかもしれません。
というか・・・それ以前に、ゆかりんと藍は、いまだに幻想郷内のどこに居を構えているのかは不明です。
阿求ちゃんの著作で示唆されているように、もしかしてゆかりんと藍自体の棲家は、外界なのかもしれないですよね・・
よくゆかりんは昼寝ばかりしているとか冬は冬眠をしているみたいな話もあるのですけど、
私の脳内妄想としては、「いやいや・・ゆかりんはそんな寝てばかりいる妖怪じゃないよ・・」という感じですね。
つまり、ゆかりんは、「幻想郷内で寝てばかりいる」みたいなイメージを幻想郷内で持たせるその裏で
実は、寝ているフリをしておいて、案外と・・・・外界で色々な画策・策略・悪さ(?)をしているように
思えてならないのですよね・・・
三月精の中でも、外界の電話・電波塔を知っている描写がありましたし、「外界の神社は既に忘れ去られていて、
観光地で無い限りは人すらも訪れない場所になっている・・」みたいな事も言っている通り、
ゆかりんは外界の事もかなりの部分の実態と本質を把握されていると思います。
そしてその上で、幻想郷で求められている事の一つ・・例えば、妖怪たちの食料の確保をどうするか等について
外界内で「その存在が失われたとしても捜索の対象にならないような人間たち」をターゲットに絞り、
そうした人間たちを幻想郷に引きずり込み、妖怪たちの食料として提供をしているのかなぁ・・とも感じたりもしています。
そうしたゆかりんの幻想郷内の顔とは別に、
ゆかりんの外界におけるダーティーな部分のフォロー・お手伝いを華扇に求めたのだけど、
「私は妖怪ではない! 私は人間側なのだから、あなたの立ち位置は理解するけど、外界の人間どもを
いくら存在自体が不必要だからと言って妖怪の食料として供する事には賛成しかねる!」というのが
華扇のあの「答え」なのかもしれないですよね。

ゆかりんは華扇に対してそれでも構わないと口にしていますけど、なにやら寂しそうな表情を浮かべていたのが
印象的です。
しかし「人隠し」は目立ちすぎますし、ゆかりんにとっても華扇にとってもメリットはありません、
そこでゆかりんは、対処法として、行方不明になった人と同じ夢の状態を保つダミー人形を用意する事にし、
ここで今回の異変の解決は図られる事となります。

しかし・・・・!!

そこに現れたのは霊夢です!

なんでその場所が分かったかと言うと、永遠亭の永琳様からアドバイスを受けてきたのでしょう・・
永遠亭製の重力波観測装置を手にしていて、質量が保存されなかった際に起こる異常な重力波を追って来た結果
結界のスキマを操るゆかりんの居場所が特定できたという事なのかもしれないですよね。

華扇にとっては、この事態は大変やばい状況です。

だって、そりょそうでしょ・・・誰がどうみても今回の「人隠し」の異変の主犯と思われるゆかりんと自分が陰で
何やらコソコソ密談しているのを霊夢に見られたとしら・・・
霊夢は当然ながら華扇を疑うでしょうし、これまで図られてきた「霊夢との信頼関係」が一気に崩壊してしまう事だって
十分にあり得ます。
事実・・・・霊夢はいつもの通り「犯人さえ見つかれば動機なんていいや!」なんていう霊夢節を口にしていましたしね!

当然のように華扇は、霊夢が視界に入る前にその場を立ち去ります。

霊夢は、またまた例によって例の如く血気盛んですし、「妖怪退治が私の本分!」と考えていますから、
ゆかりんを発見してしまった以上は「ゆかりん退治」に動かないといけません。

そして・・・霊夢VSゆかりんの対決はあっけなく霊夢の勝利に終わります・・・

バトル後、ゆかんは表面上反省し、今後は人里の人間に手を出さないと霊夢に誓っています。
(漫画版での表面上負けたゆかりんが泣きべそをかいているのがとっても可愛いです!)

というか、これは明らかにゆかりんが霊夢に対して「勝ち」をわざと譲ってあげたと解釈するのが
妥当なのかもしれません。
手を抜いてわざと負けてあげたと言っても差し支えは無いと思います。
なぜかというと・・・言うまでも無くゆかりんが霊夢にあっけなく負けることは100%ありえませんし、
あのゆかりんが表面上と言えども「反省」なんかする訳はないのです。
今回に関しては・・・
華扇をゆかりんとしてかばってあげて、霊夢が「華扇はもしかして裏で紫とつるんでいるのではないのか?」という
ヘンな誤解を持たないように最大限の配慮をゆかりんなりに示したとも言えると思いますし、
直前まではその場にいた華扇が霊夢から怪しまれる事がないように、今回だけはわざと手加減して負けてあげたと
言えるのかもしれません。
なんにせよ・・・「自分は霊夢からどう思われようと構わない・・だけど華扇が自分が原因で霊夢から
疑われる事態だけは回避したい」みたいなゆかりんとしての優しさと言うのか気配りというのか
ゆかりんとしての「自己犠牲」みたいなものが伝わってくるエピソードでもあったと思います。

最後に・・・さらに一つだけ付け加えると、上記の通り、今回は霊夢は永琳様から事前にアドバイスを授かり、
更に更に・・・
幻想郷内には元々ないはずの重力波観測装置も永琳様から借り受けています。

果たしてこれが意味する事とは・・・?

これは私の脳内妄想ですけど、ゆかりんとゆゆ様の「第二次月面戦争」により、永琳様は
何やらいやーーな「不気味な圧迫感」を植え付けられています。
確かにそれは不快なんでしょうけど、それを黙って看過しないのがやはり永琳様じゃないのかな・・・とも
思ったりもします。
つまり・・・今回の一件で霊夢にそうした装置をレンタルする事で、
恐らくは霊夢が向かうであろうゆかりんの元に辿り着いた際に、ゆかりんは、
「あれれ・・なんで霊夢は私の居場所が分かったんだろ・・、ん・・? 霊夢が手にしている物ってなに・・?
ああいう機械を持てるのは幻想郷内では、あの古くて困った宇宙人のみ・・・
ふふっ・・・あの宇宙人もなかなかやるってことね・・
転んでもただじゃ起きないってことか・・」と思っていたのかもしれません。

そう! 永琳様だって、ゆかりんからの不気味なプレッシャーを黙って耐えるという御方じゃないという事ですし、
「私はあなたなんかに屈しない!」という永琳様としてのメッセージを霊夢に託し、
ゆかりんも・・・もしかしたらそれを見て「何か」は感じたのかもしれないですよね・・・




summer-yukarin-2016-sunset_convert_20160826160500.png




さてさて・・・ここから先は、うちのブログが本当にいつも大変お世話になっているアミグリさんの過去の作品の
紹介コーナーです!

上記の「水着ゆかりん」は、とにかく当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人のアミグリさんが
今年の8月に描かれたものです。
このイラストは、元々は、7月12日の私の誕生日+通算3000記事到達+東方記事100記事到達という
「トリプルイベント」の日にアミグリさんが、こんな私のために描いて頂けたもので、
まさに「私の生涯の宝物」という素敵なこのゆかりんのイラストに、背景・表情に変化を入れられたのが
8月のイラストであった訳です。

アミグリさんというと、霊夢・魔理沙・妖夢・フランちゃん・こいしちゃん・チルノ等のイラストがとにかく印象的ですし、
素晴らしい名作が揃っているのですけど、
ゆかりん=八雲紫様のイラストも素敵な作品が過去にもたくさんあります。

だけどそうした中においても、7月12日のゆかりんと8月の背景と表情に変化を付けられた「サンセットゆかりん」は
光り輝いていると思います。
まさにこの二つのゆかりんイラストは、私の「未来永劫のとっても大切な財産」であるとすら
思っています!!
8月の「サンセットゆかりん」はにこっ・・微笑まれているのがとっても可愛くて素敵です!
あれはまさに「素敵な女神様の微笑み」だと思います。

7月のゆかりんと背景と表情が少し変わるだけで全体の雰囲気もガラリと変わる事を見事に立証をしている
素敵な一枚と言えるとも思います。
その7月のゆかりんとの違いを見たいと思われる方は是非こちらをご覧ください! → 7月12日のお祝い絵・水着ゆかりん

そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用・転載は、
あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・
それになによりもあの二枚の素敵なゆかりんは「私の生涯の誇り、そして財産」でもありますので!!

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ゆかりんって、ちょっと悪い妖怪なんですか?
裏で何か策略を巡らし、
秘密裏に大きな事をしようとしてる
イメージが感じられます。
トチる事など無さそうですね。
けれど見た目は可愛いですね^_^


イラストの掲載をありがとうございますっ!!


「サンセットゆかりん」のイラストを掲載してくださり、ありがとうございますっ!!
「水着ゆかりん」の記事も紹介していただき、とっても嬉しいです!

こんばんは。本日はお忙しい中、布都&サニー記事にとっても素敵なコメント
ありがとでした!本日私はいつも通り出勤でしたが…今日になって、土曜に仕事で
あるミスを犯した事がわかり…自分の責任もあって、患者様に怒られてしまって
しょんぼり…&明日その患者様が来られるので落ち着かない気持ちもありますが、
やはりぬくぬく先生様の温かいお言葉から、リアル社会を生き抜くにあたって
の生きるチカラや癒しのチカラを頂いています!私はむしろ…堕天使ですよ!(汗)
(堕天使といえばラブライブサンシャインのヨハネを連想しちゃいます)
天子ちゃんフィギュアのご紹介記事も今からワクワクもんだぁ!!

私の拙いご紹介、素敵と言って頂けて、私もとっても嬉しいです☆こちらこそ
いつも本当にありがとうございます!!まだまだぬくぬく先生様を紹介する時の
決まり言葉は安定していませんが、やはりこの密度と熱意と継続力はこの
「受け継がれるべきもの」ならではで唯一無二であり、ぬくぬく先生様は
おぜう様にも劣らないカリスマ性溢れるブロガー様だと思っています!
書き貯めという影ながらの努力の積み重ねも、この「受け継がれるべきもの」の
集大成かと!気分が乗らない日は無理をせず、やはり楽しんで書いて頂きたいです!

この最新記事では…もちろん主役は…しっかりとした自分の考えを持つ、凛と
した華扇ですが…やはり!大大大好きな永琳をピックアップして頂けている事が
とーっても嬉しいです☆活躍している事実が嬉しく、あずま先生の描く
永琳がとっても気になります!あの時に受けたプレッシャーに対するさりげない
意趣返し…?ますます永琳が好きになりました♪一方、紫様は…悪役っぽい所も
ありますが、言われないと気付かない、さりげない気遣いができるのはまさに
素敵なレディーですね。夕日をバックに微笑む優しい女神の眼差しも美しいです…!

ぬくぬく先生様の文才溢れるお誉めのお言葉をたくさん頂けた神子の絵に合わせて
掲載した布都、とにかく素晴らしい、会心の一枚、全てが完璧!!、素敵すぎる、
技あり!一本!!…等々たくさん褒めてくださり誠にありがとうございます☆
あの布都は見てくださった方によって違った印象を持って頂けているようで、
ぬくぬく先生様にはキリッ!!としたものを強く感じて頂け嬉しいです♪
布都も…まさに現代の可愛らしさと古代形式美…みたいなデザインで、
現代的なポニーテール、心綺楼では残念ながら拝見できない白色半透明の
ペチコート&古代衣装の融合で素敵ですよね!!あまり意識していませんでしたが
古典美、形式美、風格が伝わったり、可愛らしさも存分と言って頂け嬉しいです☆

更には…私の布都絵から記事を作成される意欲を高めて頂けて嬉しいです!
まさかの続編、わくわくもんだぁ!!(本日2回目…(笑))私は絵の力も言葉の
力もまだまだ…ですが、これからも素敵な気持ちになってもらえるような、
絵や言葉の魔法つかいを目指したいです!!魔法つかいと言えば…まほプリの
キューティーフィギュアも素敵ですね!3人共精巧でキュートでした♪

また猫耳サニー、5分ドロにも拘わらず、本当にとっても可愛いと言って頂け
嬉しいにゃ!!(照)イタズラ大好きの三妖精の中でも特にサニーにゃんこが
1番似合いそうですよね。首元の鈴もばっちりしっくりかと♪
グッズ画像の早苗は…ナイスバディ!(笑)凛とした強さ、余裕も感じて
素敵です。てへっ!みたいなサニー、意外にちびっこだったり、れいかとも
通じる雰囲気のスター…他のキャラ達もとっても可愛いですよね!

それともし良ければ、今度また相互リンクで更新をさせて頂く際に、更新に使う
東方キャラを今から挙げる候補の中からぬくぬく先生様に選んで頂けると
嬉しいです!まだ語っていないのは…アリス、リリー、プリズムリバー3姉妹、
藍様、萃香、リグル、輝夜、もこちゃん、にとり、パルスィ、こいし、ナズーリン、
小傘、一輪、星、響子、マミゾウ、こころ、赤ちゃん、影狼、雷鼓、菫子、
あっきゅん、レイセン、綿月姉妹、華扇、小鈴、蓮子、メリー、ヘカティー、
朱鷺子…辺りですが(人数が多く漏れもあるかも…そして小町は最近描いて
ませんね…)、パチェ、けーね、お燐、針妙丸、清蘭は別に描いてupがまだの
物があるので…それでも!特になければ私が選びますが…迷い中です(笑)

私がどう思っているか知りたいキャラ、このキャラのグッズを見たい!という
キャラ(ほとんどのキャラで1つ位はグッズがあるはずです)がいれば教えて
下さいね。アリスとパルスィは2枚ずつ絵があるので単独で語る予定ですが、
それ以外のキャラは1枚ずつなので2人選んで頂けても嬉しいです!ちなみに
プリズムリバーは3枚同時、綿月姉妹は2枚同時で姉妹セット、また輝夜と
もこちゃんは2ショットで描いた作品があるので一緒に更新予定ですが、
リクエストによってはばらけても良いかなぁと思います。ワンドロと5分
ドロがほとんどで…時間をかけて描いたのはアリス、てるもこ、にとり位かも…
それでも愛は込めてますし、もし早く語って欲しい子がいたら優先します!


明日が遅番の為、早速お返事できて嬉しいです!こちらは台風も過ぎて一安心、
ですが…まだまだ注意が必要だと思いますし、ぬくぬく先生様もご体調にお気を付けつつ
お過ごし下さいね。では読んでくださりありがとうございました☆

美しき策士!!

kirakiya.rumari 様


そうですね・・・ゆかりん=八雲紫様を一言で述べると「美しき策士」という言葉が
似合うのかもしれないですね。
実は、ゆかりんという御方は「東方五大老」のお一人として数えられているように、
現在のお年は多分・・・1万歳あたり・・という感じなのかな・・・?
(ちなみに記事にも登場している永琳は、何億歳・・というレベルです・・笑・・)
そんなお年でも、あの可愛らしさ+美しさは、「素晴らしい」としか言いようがないですね!

ま・・陰では何やってかのかいまだによく分からない御方でもありますけど、
確かに「賢者」である事は間違いないと思います!

私の宝物・・!

アミグリ 様


いやいや、あの二枚はアミグリさんから頂いた「大切な私の宝物」ですし、私の「誇り」でもありますから、
とにかく今後とも大切にさせて頂きたいと心の底から
思っています。

だけど、ゆかりんはやっぱり素敵ですよね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3150-75145963
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |