プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昔は・・
(おっと・・この「昔は・・・だった」みたいな言葉を発する事自体、既にご老体という事なのかもしれないですよね・・)
自分で言うのもなんですけど、「自分の記憶力」は結構すごいものがあったと思います。
例えば、中学や高校の英語の「リーダー」というか読解の場合、
教科書の試験範囲の英文の日本語訳は、大体一時間程度でほとんど丸暗記出来ていたと思います。
社会人になって、金融機関の営業担当の頃の顧客管理先は、多くても300~350軒程度だったのですけど、
住所氏名は勿論、過去の対応履歴とか家族構成・趣味等は大抵頭に入っていて
特に記録簿とか見なくても
名前を見ただけでそうした情報がスラスラと出てきたものでした。
(1995年のwindows95が発売される以前は、そうした情報は、金融機関ですら、手書きリストとか
共有機能のないワープロで管理されていましたから、外部ソフトによる全顧客対応履歴データ一元管理という
最近の管理体制とはまさに雲泥の差ですし、時代を感じさせるものですね・・)

だけどその「記憶力の良さ」もせいぜい20台後半まででしたね・・・

30代に突入すると目に見えて記憶力の低下が顕著になり
ある時、「銀行協会の検定試験」を受けたのですけど、それ以前なら3時間前にテキストをある程度
目を通しておけば、大抵の場合何とかなったのですが、
その時は、テキストを読んでも全然頭に入らない・・・
「あれ、何か調子悪いな・・・」と思っていてもやはり記憶が残らない・・
案の定、その試験は不合格になってしまいましたが、それ以降から年々頭の脳みそが劣化の一途をたどり
「記憶力」はまさに劣化の一途をたどっていると思います。

今現在所属している会社では、CS担当&アフター管理責任者として日々「顧客管理」に当たってはいますけど、
今現在、名目的に年に一回程度は顔を出しておく管理先は1000軒くらいなのかな・・?
そうですね、大体300軒くらいは、名前を見ただけで住所とか属性とか過去の取引履歴・経緯は
スラスラ出てきますが、
500軒を超えたあたりからその辺りが怪しくなってきて、
700軒を超えたあたりからは、完璧に脳みそが「キャパオーバー」を起こしてしまい
顧客氏名を見ても
「あれ、この人どんな人だっけ・・・過去にどんな経緯があったっけ・・・??」と全く記憶にすら残っていない
なんて事も珍しくないですね・・
そしてPC上の管理履歴をちらっと見て
「あーー、そうだった、そうだった・・・!!」と思いだす事がすっかり多くなってしまいました・・・・

これは仕事量が本来のキャパを超えているせいなのか
記憶力が低下した影響なのかは
正直よく分かりませんけど、
ま、どちらにしても記憶力が低下しているのは間違いないと思います。

顧客の名前だけ見ても思い出せない時は、住所を検索し、住宅地図を見て「あー、そうだ、そうだ、この家、この家!」と
思い出すこともありますし、そういう時は
名前を覚えていなくても地図というのかそこの家に行くまでの道順を検索していくうちに
「あ、そうた・・・過去にこんな事があったっけ・・」とか「この人に昔こんないやーなクレーム受けたな・・」と
結構思い出すこともありますね。
最悪の場合、地図でも思い出せない場合は、実際にその家まで行ってみると、
実際の経路をたどる途中とか、実際のその家の外観や周りの街の雰囲気とかその家の玄関なんかを
見てようやく「あーーー、ここの家で昔こんな事あったよなぁー!」みたいな事を思い出すこともあります。
ま、最悪の場合・・・その家に入って、その施主さんの顔を見てもマジで思い出せない事もあったりしますけど、
そういう時はテキトーに話を合わせたりもします・・(笑)

そうですね・・・名前だけ見て、その人がどういう感じの人で過去の経緯を思い出せなくても
行く途中でそうした「過去の記憶」が蘇る事は結構多いという事だと思いますし、
それが出来ている間は、まだ完全に脳がポンコツ化していない証しと言えるのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

笑い事ではないわ、ワタクシ。

最近、昔の事の方が良く覚えてるってことに愕然とすることがあるのよ…。

これが一番やだ~!!

つい先日聞いたよねってことを、すっかり忘れてる自分が怖い…。
町内会の役員会をすっぽかした時は、マジで焦りました。

年取ってくると昔話ばかりするじゃない?
気をつけなきゃって、本気で思う今日この頃です。

お互い様なのかも・・・??

mama.ikuko 様


いやいや・・これは同年代のmama.ikuko 様と私は・・・

まさに「お互い様・・」としか言いようがないですよね!

というか・・もうそういう年なんです! といい加減いつまでも「若い、若い」と思わずに
自身の高齢化を自覚せんかーい! という感じなのかもしれないですよね・・・(笑)

でも私も、mama.ikuko 様と同じですよ・・
1時間前の記憶よりも30年前の記憶の方が鮮明なんですよね・・・(苦笑・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3148-adc9e463
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |