プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現役の若い世代の奏者の皆様にとりましては、吹奏楽コンクールの「部門」というと既に
「職場一般の部」という区分が当たり前という感じなのでしょうけど、
私が現役奏者の頃は、「職場の部」と「一般の部」が分離されていましたので、今現在のようにこの両部門が
統合されている事自体、なんか奇妙な感覚があったりもします。
職場の部が独立して審査対象になっていた頃って、全国大会に出場するチームも6~8団体ぐらいで、
年によっては、北陸・四国・東北ブロックにおいては、職場の部として全国大会に出場するチームがゼロという年も
ありましたし、阪急百貨店・ブリジストンタイヤ久留米・ヤマハ浜松の3チームが突出して上手くて
あとは正直・・・どんぐりの背比べみたいなありました。
ま・・中には、佐藤正二郎先生時代のNTT中国とか高橋水産とかツヅキボウ女子吹奏楽団とか
十分に個性と存在感を発揮してくれたチームも過去にはありましたけど、
全体的には、人数不足・練習不足に恒常的に悩まれているみたいな印象の方が強かったです。
支部によっては、支部大会クラスでも、職場の部の出場がわずか1チームのみというブロックもあった中で、
東京支部のように、職場の部の予選会の段階で8~10チームも出場しているブロックもあり、東京支部の本選では
毎年、予選会の代表としてある程度絞られた5チームが、それなりにレヴェルの高い演奏をしていましたので、
ああいう場面を見せつけられてしまうと、
「あー、やっぱり日本はなんだかんだ言って東京とそれ以外の地域格差はあるもんだ・・」とか
「吹奏楽コンクールの職場の部における、支部としての出場数は、そっくりそのまんま、日本の地域経済の
縮図みたいなものだ・・」などと実感したものです。

華やかな高校の部・一般の部に比べるとどうしても「地味」とか「不遇」みたいな印象もある職場の部ですけど、
ま・・半分プロみたいな「ヤマハ浜松」は別格扱いとしても、上記で名前を挙げたチーム以外でも
素晴らしい演奏を聴かせてくれて大変印象的なチームもあったりします。

そのうちの一つが、1980年~1983年にかけて4年連続職場の部に全国大会出場を果たした
「青森県信用組合」なのですけど、
今の若い世代の皆さまに聞いても、ほとんどは「え・・・聞いたことがない・・」という感じなのでしょうね。
だけど、私自身は、生まれ自体は実は「青森県」というせいもあるのですけど、
後述しますけど、この青森県信用組合のまさに奇跡的な名演を生で聴く機会に恵まれたという事情もあるのですけど、
私にとっては「忘れられない職場の部のチーム」と言えるのだと思います。

このチームは、1980年に全国大会初出場を果たし、
課題曲C(北海の大漁歌/交響詩「フィンランディア」を演奏し、銅賞の評価を得ています。
この時の課題曲の演出は中々ユニークで、ステージ内に大きな「丸太」を持ち込み、
譜面上では、拍子木指定の部分をこの丸太でコーンコーン打ち鳴らし、一定の効果を得ています。

青森県信用組合は翌年、指揮者に箕輪響氏を迎え、櫛田路線の自由曲で臨んで以降は
更に素晴らしい進化を見せてくれることになりました。

私自身は、吹奏楽コンクールの全国大会は1984年に初めて生演奏を聴く事が出来、
支部大会については、1981年の山形県で開催された東北大会が初めてでした。
この当時の東北支部のレヴェルは、秋田南・花輪・弘前南などに代表されるように極めてレヴェルが高く、
生まれて初めて支部大会のとてつもなく驚異的な高水準の演奏を見せ付けられて、
私にとってはまさに眩しくてショッキングな経験でした!
そんな中、職場の部に関しては、プログラム1~3番までの天童市役所・呉羽化学・新日鉄釜石は、正直・・・
「えーー、全然うまくないじゃん・・自分たちと大して変わりがないじゃん・・」みたいな印象だったのですけど、
職場の部のプログラム4番の青森県信用組合の演奏を聴いた時は、まさに・・「目が点になった」というか
その見事な演奏の前に言葉がでない・・みたいな感じになっていました!
まさしく「度胆を抜かれてしまった・・!!」みたいな感じでした!!

課題曲B「東北地方の民謡によるコラージュ」の前半のソロは
(櫛田さんの課題曲は、94年雲のコラージュの時もそうですが、楽譜指定以外の楽器を自由に
 使用してもOKなのです)
ほとんどのチームが楽譜で一応指定されているアルトサックスで吹く事が多い中、「尺八」を使用し、
しかもこの尺八が本格的というか、こぶしがきいていて、うまいのなんのって感じでした!
東北の民謡と尺八は本当にベストマッチという事を見事に証明する演奏だったと思います。
自由曲の「飛鳥」も素晴らしい演奏でした。
前年度の1980年に、粟野中学校が同じ「飛鳥」を演奏していましたが、
粟野中の場合は、ドラをとにかく打ち鳴らし、積極果敢に「攻める」飛鳥という印象なのですが、
青森県信用組合の方は、しっとりと落ち着いて聴かせる「大人の」飛鳥という印象でした。

「飛鳥」というとコンクールでも比較的お馴染みの曲なのかもしれませんが、
今の所、粟野中と青森県信用組合を超える演奏は聴いた事がありません。
技術的にはそれ程難しくはないと思うのですが、
あの情緒を吹奏楽で表現するのは意外と難しいのかもしれませんし、ほとんどの演奏は
打楽器だけで情緒を出そうとするから、何か乱暴な感じだけが印象として残ってしまうので、
中々難しいものです。
そういう吹奏楽のための序曲「飛鳥」をあそこまで大人の情緒たっぷりに演奏されてしまうと、
聴く方としては、まさに・・グーの音も出ないですね・・・(笑)

青森県信用組合は、82年~83年も同じ櫛田さんの曲を自由曲として全国大会に出ていますが、
「飛鳥」を超える演奏は再現できませんでしたね・・・
82年の福島で開催された東北大会も聴いたのですが、この年の自由曲「飛天」は同じく
尺八を効果的に使用した曲ですが、何か「二匹目のどじょう」を狙ったのが見え見えでしたし、
尺八という特殊楽器に頼りっきりという感じの演奏でしたので、
81年ほどの感銘性はありませんでした。
83年の「斑鳩の空」も以下同文という印象です。
だけど83年の課題曲は「キューピッドのマーチ」でしたが、
この課題曲を選んだチームは、全部門を通じてこのチームと長岡吹だけでした。
「キューピットのマーチ」はいまだに「コンクール史上最大の駄作マーチ」と酷評される課題曲なのですけど、
青森県信用組合の力を持ってしても、あの駄作マーチを変える事は・・無理だったようですね・・

数年後、私自身も金融機関に勤める身となりましたが、
そこで感じた事は、「青森県信用組合の人達って、金融機関でありながらよく練習する時間が
あったものだ、本当に仕事しているのかな・・? そうでないとあの演奏は上手すぎる・・」という
ものでした。
ま、実際は、仕事と吹奏楽を見事に両立されていたのだと思うのですけど、それだけに
あの1981年の演奏は、まさに「奇跡の名演」と言えると思います。

このチームは1984年以降はコンクールに出場していませんし、聴いた話では、1980年代で既に
吹奏楽部は解散という事になっていたようです・・
だけど、「青森県信用組合」という金融機関自体は、名称を変える事もなく今現在も地域に根付いて
しっかりと営業されているようです。
これは何だか嬉しい事ですね。
今後とも頑張って頂きたいものです。

私は今現在は埼玉在住ですけど、生まれた土地にかつてこうした素敵な職場の部の吹奏楽団が
存在していた事は、大変誇りに感じますし、
青森県信用組合には、埼玉の地から「エール」を送らさせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

箕輪 響先生

中学3 年のときの、地区大会の審査員のお一人が、箕輪先生でした。出演順2番だったため、開会式の際の審査員紹介は、このときはステージ上で、開会式おわり、ステージから降りてきた箕輪先生は、待機していたボクたちに、「頑張ってください。」と声をかけてくださったんですよね。
そのかいむなしく、開校7年目で初の地区落ち。箕輪先生の出身地、上越市は、汐澤安彦さんも生まれています。
中学のころから、このお二人は、ボクの吹奏楽人生に、大きな影響をを与えてくださいました。

Re: 箕輪 響先生

山川憲太 様


コメント頂きありがとうございます。

箕輪先生は、青森県信用組合での指揮も印象的でしたけど、
米沢吹奏楽愛好会の「ハーリ・ヤーノシュ」も実は知る人ぞ知る素敵な演奏だと思います。

吹奏楽コンクールは4回しか振られていないのに、全て全国大会出場を決められているのは「さすが・・!」と
感じてしまいますね。
指揮振りからもその「温かいハート」は伝わってくるかのようでした!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3147-8e2f4cf4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |