プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においては、吸血鬼は「カリスマの具現」と形容されています。

レミリア様もよくその「カリスマ性」が讃えられることもありますし、逆に見た目の可愛らしさとか
500歳とは思えないほどのおこちゃま的なわがままとかで「カリスマブレイク」(カリスマ崩壊)と真逆な事が
言われたりもするのですけど、
そうですね・・私としては、レミリア様は「とにかく可愛いんだから、別に最初からカリスマ性無くても別にいいじゃん・・」
みたいな意見ですね・・(笑)

レミリア様のカリスマ性を私たちに強く印象付けたのは、そうですね・・やっぱり「東方紅魔郷」での霊夢に対する
「こんなに月も紅いから 本気で殺すわよ!」という発言と
紅魔郷6面初登場時に、真っ赤な月を背景にしたステージ演出と言えるのかもしれないですよね!
あの時のレミリア様は・・「マジでこわい・・」とか「威厳」という言葉がまさにお似合いだったと思います。
そうそう・・この「紅魔郷」の立ち絵においては、両手を胸の前に垂らすポーズが見られていましたけど、
あれは一部で謎のカリスマポーズと呼ばれていた事もありました。
ま、それに関しては、後日出版された「東方文花帖」において意外な事実が判明しました。
あややとのインタビューにおいて、
紅魔郷異変の現象でもある「幻想郷全体を覆い尽くした紅い霧」を発した御方は、レミリア様本人なのですけど、
その紅い霧というのは、上記のレミリア様の「謎のカリスマポーズ」の如く
レミリア様が指先から霧を出すときのポーズと判明したのでした。

パチュリー:「こんなの、何も不思議は無いじゃないの」
あやや  :「え、判りますか?流石ですね」
パチュリー:「レミィの指」
レミリア  :「ああなるほど。確かに霧を出すときの手の形。こうかな?」
パチュリー:「こうですね」
あやや  :「指先から霧を出すのですね……」

ちなみにですけど、「東方文花帖」においては、あややはこの書籍が出た当時における幻想郷内の
主要キャラとインタビューをしているのですけど、
ルーミアからは、例のあの「へー、そーなのかー」という発言を引き出していますし、
レティ・ホワイトロックからは、チルノとの類似性について
「あんなのと一緒にされちゃ困るわ・・」みたいな発言を引き出していますし、
全体的には新聞記者してのあややの「確かな腕」とか「生真面目さ」がよく出ていると思います。
ま・・・ゆかりん・ゆゆ様・永琳様といった百戦錬磨のご長寿(?)の皆様からは、結構煙に巻かれていて、
結果的に言語明瞭意味不明みたいな記事になってしまったのはなんかとっても興味深いです。
レミリア様は500歳、あややは1000歳以上なのですけど、レミリア様とのインタビュー記事においては、
あややはレミリア様に敬語を使用し、レミリア様を立てているようにも感じるのですけど、
やはりどことなくですけど「私の方が先輩なんだから・・!」みたいな雰囲気も時折醸し出しているようにも
感じられるのは面白いですね。

「東方永夜抄」においては、レミリア様のいかにも「私が紅魔館の主人!」みたいなオーラが漂っている場面も
見受けられましたし、
そのご発言の中には、いかにも「カリスマお嬢様!らしいご発言」も幾つかありました。

一例を記すと・・・

「ふん。餓鬼が夜遊びか?悪いけど急いでるんだ。さっさとやられてくれない?」

「借りは返したわ。血は飲まないであげるからさっさとお帰り!」

「何を甘い事言ってるの? なめられたお返しをしないと、幻想郷での威厳が保てないじゃないの!
 もはや満月なんてどうでも良い!!」

この辺りのレミリア様のご発言は、まさに「紅魔館の主」に相応しい素敵なカリスマ振りを遺憾なく発揮されていたと
思います。

「東方永夜抄」の1面ボスのリグル相手ですと、ま・・リグルには大変申し訳ないのですけど、
リグル程度の雑魚キャラでは、レミリア様の敵でもない!みたいな雰囲気になっていたと思います。

咲夜:現れたら……、虫が可哀相でしょ? 五分の虫にも一分の魂でしたっけ?
レミリア:八割減ね。
リグル:もしかして、物騒な話?
咲夜:いえ、殺生な話。
レミリア:良いのよ、私は人間以外には興味が無いから。
咲夜:興味が無いから心配なのですよ。
    人間なら食料で済むかも知れないけど、それ以下だと……。はぁ、無慈悲にも程があります。
リグル:ひぇぇ。

うーーむ、果たしてレミリア様-十六夜咲夜組の前に果たしてリグルはどうなってしまったのでしょうか・・??

霊夢:とにかく、この場で時刻の進みを正常に戻させる。妖怪を退治するのが私の仕事よ!
咲夜:あなたにはまだ判っていないようね。私たちが夜を止めている理由が。
レミリア:咲夜、ここは急がなくてもいいわ。あなたが時刻を調整してくれるのなら。
      私は誤解のままでもかまわない。何時ぞやの借りを返すチャンスなの。
咲夜:お嬢様がそうおっしゃるのなら……。
霊夢:さぁ、棺桶に戻る覚悟はいい?
レミリア:棺桶は死人の入るものだって、前に言ったじゃない。
霊夢:紅くて冥くて窓の少ない棺桶よ!

霊夢とのバトルも大変エキサイトしていましたよね!
レミリア様の言われる「何時ぞやの借り」とは、「東方紅魔郷」にてレミリア様が霊夢に退治され、
やっつけられてしまった事を指しているのでしょうか?

永琳:ふん、ガキの癖に。貴方みたいな幼い子供が永遠の民である私に敵うはずが無いじゃない。
    貴方の積み重ねてきた紅い歴史。私の歴史で割れば、ゼロよ。永久からみれば貴方は須臾。
咲夜:ほら、お嬢様。年長者は敬わないといけませんよ。
レミリア:あんたは一番若い。
永琳:あと、夜を止めていたのは貴方達でしょう?
    そんなことして、姫の逆鱗に触れてなければいいけど……。
レミリア:ほれ私を敬いなさい、咲夜。存分に。
永琳:話を聞いていない。最近の若い者はこれだから困るよ。
    貴方達には、話よりこの弾幕の薬の方が必要みたいね!

そうですね・・・永琳様の視線で見てしまうと、500歳のレミリア様ですらやはり「鼻たれ小僧」扱いに
なってしまうのですね・・・(笑)
この一連の流れの中で一つ興味深いのは、永琳様の「幻想郷には地上から月に向う愚か者もいるけど…」
という発言ですね。
そうですね・・・この「東方東方永夜抄」は時系列的に、第二次月面戦争の前の話になるのですけど、
永琳様のこの時点における「地上から月に向かう愚か者」とはそりゃ言うまでもなく・・・
そう! あのゆかりん、八雲紫様ですよね。
永琳様にとっては、永夜抄辺りにおいては、「まさかこの吸血鬼どもが再度月面を侵略する事なんて
絶対にあり得ないだろう。月面に再度侵略する事を試みる者は、ゆかりん・・・あの古くからいる困った妖怪以外は
あり得ない・・」というのが本音だったと思います。
ま・・・実際は、そのゆかりんから焚き付けられ「月面侵略」というレミリア様にとっての「フロンティア=未知の領域」に
ついつい手を伸ばしてしまったところは、まさしくレミリア様の「運命を操る程度の能力」ではなくて
「八雲紫によってレミリア様の運命を操られてしまった程度の能力」に
なってしまいましたよね・・・(笑・・)
そして更に後日、永琳様は、その愚か者から、未来永劫の不気味なプレッシャーを与えられ続けられてしまうというのは、
この時点の永琳様には知る由もなかったという所ですね。

そうそう・・・、「東方永夜抄」においては、慧音先生も登場していましたけど、あのシーンの中で・・・

慧音:判らんのか? そもそも、人間は居なかった事にした。
    今、ここの里の歴史は全て私が保護している。
レミリア:咲夜。妹の家庭教師に良いんじゃない? 郷土歴史学の先生って感じで。
咲夜:うちにはもう知識人は要りませんわ……。

という場面がありましたけど、これはとっても興味深いですね!
レミリア様の妹のフランちゃんは、大変惜しまれる事にこの永夜抄においても未登場なのですけど、
レミリア様が妹のフランちゃんの事も実は気にかけて心配している・・みたいな事が示唆されるシーンでも
ありましたけど、メイドの咲夜としては、
「私の仕事が増えるからパチュリー以外の居候がこれ以上増えるのは迷惑千万!」みたいな気持ちも垣間見えて
とっても面白いです!

さてさて、次回のレミリア様 その⑦においては、レミリア様の「カリスマ」ではなくて「カリスマブレイク」のお話とか
妹のフランちゃん等について少しばかり語らさせて頂きたいと思います。

→レミリア様 その⑦に続く・・・



kaguyoo_convert_20120325152909.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の「蓬莱山輝夜」を描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

この輝夜は、アミグリさんが2012年3月に描かれたものです。

輝夜の名前が登場するのもうちのブログでは随分久しぶりでしたね・・・
(今年の1~2月の永琳様語りの際は頻繁に登場していましたね・・)

「東方Project」という世界は大変魅力的な世界であり、
日本書紀とか日本の民話とか日本の妖怪話とか、またまた吸血鬼とか魔法使いや魔女みたいな西洋の世界観とか
色々な神話・伝説を一つの創作のベースにしている所が大変興味深く親しみやすい側面を有しているのですけど、
輝夜(かぐや)に関するお話は、「竹取物語」をベースに構成されています。
それでは東方における「かぐや姫」の「罪」とは何なのか・・・・
月世界では厳禁で処罰の対象とされたいた「蓬莱の薬」=つまり・・不老不死の薬を
飲んでしまったという事になるのだと思います。
東方の世界においては、がくや姫に当たる方は、蓬莱山輝夜というお姫さまなのでして、
永琳様は元々はこの輝夜の教育係を担当していました・・・というのが輝夜の背景の概要です。

それにしてもアミグリさんが描かれるこの輝夜は、まさに「お姫様!」という清楚な香りに満ち溢れていると思います。

長髪もお姫様のイメージにぴったりですし、ピンクの服と背景の青の
コントラストが絶妙だと思いますし、何よりも・・・
アミグリさんのお言葉じゃないけど、この輝夜の「スカートの短さ」はかなりの高ポイントだと思います! (笑・・)

本当に気品があり美しく爽やかな一枚だと思います!

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます。

さてさて・・・輝夜というと・・・忘れちゃいけないのが、やっぱり永琳様です!

アミグリさんは、今年の「8月5日頃は永琳の日」にこの永琳様のイラストを掲載されていましたが、
この永琳様も、いかにもアミグリさんらしいファンタジーな永琳様であり、
しっとりとした感じにやはり「気品」を感じますね。

この永琳様をご覧になりたい方はこちらから → 8月5日頃は永琳の日
関連記事
スポンサーサイト

コメント

輝夜のイラスト掲載をありがとうございます!

輝夜のイラストを掲載していただき、ありがとうございます!
永琳の記事も紹介していただき、嬉しい限りです。

いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます!

アミグリ 様


いやいや、お礼を言わせて頂くのは私の方ですよ!

いつも本当にありがとうございます!!

今回の輝夜ですけど、あの月の清楚なお姫様が現代風のミニスカートという意外性とその可愛らしさが
実に素晴らしいと思います!
確かにあの「丈の短さ」は最高だと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3144-2f94192d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |