プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


改めてですけど「紅魔館」のメンバーってみなさん「濃厚な」キャラの方ばかりですよね・・・
だけどその濃厚さのゆえか、2016年度の「東方人気投票ランキング」ベスト10圏内に、
レミリア様・フランちゃん・十六夜咲夜の3人が入っていますから、霊夢の博麗神社と並んで
まさに東方の「中核的存在」とも言える拠点だと思います。
そんな濃厚な紅魔館メンバーの「主」がレミリア様なのですけど、基本的にはわがままで気まぐれで
いつも無理難題ばかり言っているようなレミリア様みたいな印象が大変強いのですけど、
「お嬢様」・「おぜうさま・・」・「お姉さま・・」・「レミィ」と言い方はそれぞれ違うのですが、メンバー全員から基本的には
「頼りにされている・・」みたいな雰囲気も間違いなくあるとは思います。
レミリア様の能力は「運命を操る程度の能力」なんですけど、これはレミリア様と出会い、レミリア様から
何らかの形で信頼を得た者は「生涯安泰」みたいな運命を授けられちゃう・・みたいな感じでもありそうですね。

よく言われる話なのですけど、「どうして十六夜咲夜は紅魔館のメイド長なんてやっているの・・??」という事に
関しては、まさしく・・・咲夜がレミリア様と出会った事自体が咲夜にとっては
「自身の運命を操られてしまった・・」という感じなのかもしれないですよね。
十六夜咲夜は「人間」という事になっていますけど、どうなんでしょ・・?
あの元々の優秀さとかナイフ投げとかはたまた・・・時間を止めちゃう能力自体、とてもとても普通の人間のレヴェル
じゃないですよね・・・(笑)
阿求ちゃんの説では、「元吸血鬼ハンターで、レミリア様に戦いを挑んだものの敗れ、レミリア様から
十六夜咲夜という新しい名前を授けられ、紅魔館のメイドとしての道を選んだ」となっていますけど、
どうなんでしょ・・?
私の脳内妄想では、咲夜は元々が人間ではなくて、実は月の民で、はるか昔に永琳様の優秀な部下でも
あったのですけど、月界に侵略してきた地上の吸血鬼を永琳様と共に倒す過程の中で
永琳様より「地上のレミリアという主を倒してきなさい」と命を受け、その命に従ってレミリア様に戦いを
挑んだものの敗北・・・
結果としてレミリア様の「運命操作能力」によって、過去の記憶を全て抹消されてしまい、
紅魔館のメイド長としての道を強制的に選択させられた・・みたいな設定になっています・・・(笑)
(永琳様が咲夜を見て驚いたというのがこの妄想の一つの根拠になっているのかも・・・??)
というか・・・・元々、咲夜の「時間を止めちゃう能力」なんかはとてもとても・・・・地上の普通の人間の能力を
はるかに超越していますからね。
現在の咲夜は、たとえ本当に過去の記憶が抹消されていたとしても、本人が「レミリアおぜうさま大好き!!」みたいな
オーラに溢れていますので、ま・・・これはこれで咲夜さんとしても幸せなんだからそれでいいんじゃないの・・?
とも思ってしまいますけどね・・・
だけど、ガチバトルでのレミリア様VS十六夜咲夜なんてとてつもなく興味があります!
結果としてレミリア様が勝利を収めたという事になっているようですけど、「東方儚月抄」における
綿月依姫VS十六夜咲夜・魔理沙・レミリア様・霊夢のバトルにおいて
個人的には一番依姫に対して善戦というか美しい戦いをお披露目していたのが咲夜だったと思いますし、
確かに肉弾戦的な意味とスピードという意味ではレミリア様が依姫を圧倒していたと思うのですが、
この4人の中で一番「やられたぁーー!」みたいに依姫に完膚なきまでに叩きのめされて
ほとんど失神状態で地面に大の字になってのびていたのは・・・・他ならぬレミリア様ですからね・・・(笑)
あのシーンだけ見てみると、「あれれ・・本当は十六夜咲夜の方がレミリア様よりも強いんじゃないのか・・・?」みたいな事も
うっすらと感じてしまうものですけど、
ま・・・レミリア様は、慣れない狭い空間でのロケット生活にお疲れになっていた・・という事にしておきましょうね・・・(笑)
あんな狭いロケット内に霊夢たち4人の他に、紅魔館の妖精メイドが3匹もいて、
計7名での狭い空間での共同生活にレミリア様が例え数日間だけでも耐えられていたのは、まさに奇跡・・!
それこそ・・まさに「運命を操作する能力」の賜物と言えるものなのかもしれないですね・・(笑)
ま、あの間・・・レミリア様は魔理沙と時に喧嘩をしながらも結構イチャイチャしていましたよね・・
霊夢が意外とシリアスモードでロケット内でも修行を積んでいたのはさすが「巫女さん!」という感じだったと思います。

「東方儚月抄」は第二次月面戦争を描いた話なのですけど、この第二次における霊夢・レミリア様たちの
ロケットでの月面侵略は、結果的にあくまで八雲紫様の「ダブル囮作戦」の一面に過ぎません・・・
ま・・それを最後まで霊夢たちは知らされていなかったというのも気の毒な感じなんですけど、
知らなかったのは結果的によかったと言えるのかもしれないですね。
あの月面侵略のゆかりんの「本当の狙い・意図」を霊夢たちが最初から分かっていたら、
果たして霊夢たちは協力していたのかな・・・?
「自分たちはゆかりんの咬ませ犬に過ぎない・・」という事が最初から分かっていたら、霊夢・レミリア様は
果たしてゆかりんに協力したのかな・・?
ま、その辺りは漫画版でも濁されていましたし、ゆかりんが漫画版のラストで霊夢たちに、
ゆゆ様が盗んできた月界の古酒を振る舞っていたのは「さすがに霊夢たちに悪いことしたのかも・・」とちょびっと・・
考えていたのかもしれないですね。
そして漫画版において、レミリア様が紅魔館内にてあえてプールを設置し、
霊夢と魔理沙を紅魔館の「プールでの水遊び」にラストシーン近くで招待したというのも、
レミリア様としての霊夢と魔理沙に対する「感謝」の気持ちと言えるのかもしれないです。
「あの時、一度は月まで行ってみたかった自分をああやって月まで導いてくれてありがとう!」という感謝の気持ちを
レミリア様がまさか霊夢に「言葉」にして口にする事は・・・多分絶対に無いと思うのですけど、
これはレミリア様なりの霊夢への「義理堅さ」と言えるのかもしれないですね。
そっか・・、そういう意味ではレミリア様は、意外と(?)「いい人」と言えるのかも・・??
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」の中においても「魔の湖周辺まで道に迷った人間を気まぐれで紅魔館に泊めて
あげることもたまにはある」との記述すらありましたから、
レミリア様は西洋のドラキュラのように「おっかないはた迷惑な化け物」という事では少なくともないと思えますよね!
ま・・レミリア様自体、とっても可愛いですしね!

さてさて・・・・レミリア様が元々月に行った理由なのですけど、これはもちろん、ゆかりんの「煽り・煽動・焚き付け」が
大きいのですけど、
レミリア様自身は、
「せっかく私が先に行って月を侵略して紫を驚かす計画が成功しないじゃないのよ」とか
「「私達の目的は月の都の乗っ取りだ 月は私の物だ」と発言されていて、
一見もしかして・・・本気の本気で「月侵略」を考えていたんじゃないの・・・?みたいに思われがちなのですけど、
それは明らかに違っていると思いまして、
実際、漫画版でもパチュリーさんは永琳様に対して「レミリアは躍らされているだけなことぐらい分かっているから」とも
言っていますし、
小説版においても、第三者の視点的描写になっていますけど、
「レミリアは負けた事に対して特に悔しいとも思っていないようだ」とか
「レミリアにとっての夢のフロンティア、それが月の都だったのだ」等の記述がある事でもわかる通り、
レミリア様にとっては「幻想郷内での一見退屈で平穏な日常からの退屈しのぎ」とも言えると思いますし、
何よりも・・・・
この戦争はあくまで「第二次」という事で、霊夢とレミリア様たちの侵攻よりはるか昔に実は一度ゆかりんが
当時の幻想郷内の多数の妖怪たちを引き連れて月侵攻を果たしているのですけど、
この「第一次月面戦争」を後で知ったレミリア様が
「うーーん、うらやましい! 私も一度ぐらいは月の都を侵略してみたい!!」となにか「憧れ」みたいな気持ちを有していて、
そうしたレミリア様の気持ちをゆかりんが巧みに「利用」したと言えるのかな・・とも思えます。
レミリア様にとっては別に綿月姉妹に勝つことも負ける事も実はどうでもいい事・・
「とにかく一度自ら月に降り立ち侵攻の真似事をする」という事の方が大事だったと言えるのかもしれません。
確かに表面的には、ゆかりんの「ダブル囮作戦」にうまく利用され
「運命を操る程度の能力」どころか「自らがゆかりんに操られる程度の能力」になってしまったのですけど、
とにかく・・・レミリア様にとっては「紫だけでなく私もとにかく一度は月を侵略したい!」というのが「夢」だったと
言えるのかもしれないですよね。
もしかして・・・全てをわかりきった上で、表面的にゆかりんの策略に乗っかった振りをしていた・・と言えるのかも
しれません・・・

少し話はそれますけど、
この「第二次月面戦争」の真の意図とは、これは・・最近のゆゆ様語りで散々書いてきた通り、
紫様の永琳様に対する未来永劫の不気味なプレッシャーを与え続ける事にあるのだと思いますが、
それじゃ、元々ゆかりんはなんで「第一次月面戦争」を起こしたのでしょうか・・?
もちろん・・・当時のゆかりんの「若さゆえの(?)無謀」とかあるのかもしれませんけど、
そうですね・・これは私の脳内妄想の領域になってしまいますが、
ゆかりんは「幻想郷内の妖怪と人間のパワーバランス」に一番細心の注意を払っている
ある意味、霊夢と並んで幻想郷最大のヒロインなのだと思います。
ゆかりんが「第一次月面戦争」をおこした当時の背景として、もしかして・・・
幻想郷内における妖怪の数・パワー・勢力が増大し、人間勢力を圧倒していたのて゜はないのか・・・と思います。
これはゆかりんにとっては憂鬱な事態でもあります。
妖怪が自分達の「食糧」として「人間」を必要最小限の範囲で襲うのは仕方が無いと黙認されているのですけど、
あまりにも妖怪の数が増えすぎて、幻想郷内のそうした暗黙のルールを無視してまで
人間を襲撃する事が相次ぎ、このままでいくと、人間勢力が著しく減退・・・場合によっては絶滅の危機みたいなものも
予想され、これが結果的に、外界がまさにそうであるように
人間達からその存在を忘れ去られる事が自分達・妖怪の消滅の危機にもなりかねず、
ここにゆかりん=八雲紫様はとある「決意」をする事になったのだと思われます。
「まずい・・・このままでは、せっかく結界を張ってまで外界と幻想郷を遮断し、妖怪勢力の維持温存を
図ってきたのに、このまま妖怪の数が増えすぎてしまい、妖怪勢力が自らの食料としての人間狩りを
必要最小限ルールを破ってまでされてしまうと、人間自体のパワーが弱まってしまい、
結果的に妖怪勢力のパワーも弱くなりかねない。
仕方が無い・・・ここは何らかの方策を使って妖怪の数を間引きして意図的に・・強制的に減らさないといけない・・
なにか良い策はないか・・・
そうだ! 使えない妖怪・日常的にルールを破ってばかりの妖怪・私に反抗しがちな妖怪などを
月侵攻!という名目を与え、月を侵略させ、月の地を奪えば、そこでお前たちはやりたい放題とか何とかうまい事言って
役立たずの妖怪共を月に片道切符として送り込んでしまおう!
なーに、月の民たちは、幻想郷の遅れた技術とは異なり最先端の科学的な技術を有しているから、
こんな妖怪共なんか全滅させるのはたやすいはず・・・」
と考えたのかもしれません。
つまり、これは幻想郷内の妖怪たちの「月侵略」という名の大義名分を与え、真の目的は
「妖怪の間引き」なんじゃないのか・・・と私は妄想したりもします・・・
つまり、紫様は、幻想郷内の妖怪の人口を強制的に減少させるための手段として用い、
同時に自分に対しての反抗的分子・将来そうした可能性がありそうな分子の一掃を意図して立案されたのが
第一次月面戦争の本質であるのではないのかな・・?と考えたりもしています。
だって・・
だって・・・
あのゆかりんがレミリア様みたいなおこちゃま的発想で月面侵略なんて無茶な発想をする訳ないじゃん・・・と
思うのですけどね・・・
それともその頃のゆかりんは今現在のような「老獪さ」はまだ持っていなくて
本当に「若気の至り」だったのかな・・・?
もしかして・・・その第一次の敗戦がゆかりんのトラウマになって、その敗戦を一つの教訓と考えて
紫様独特のあの「老獪さ」にやがて達するようになっていったのかな・・・??

ま・・・そういう私の脳内妄想では、そんな間引きみたいな事も「幻想郷のパワーバランス」という
「錦の御旗」の前では、なんてことは無い・・・
やっぱり、ゆかりんは、仲間の代償と引き換えに「幻想郷の維持」に腐心をされた御方なんだなぁ・・と
思ったりもします。
設定の上では、ゆゆ様はこの「第一次月面戦争」の事を既に知っていたという事になっていますが、
それは自決以前の人間体としての姿としてなのか既に亡霊となっていた姿としてなのかはよく分かりません。
だけど、第二次月面戦争におけるゆかりんとゆゆ様のあの素晴らしき「阿吽の呼吸」は、
第一次を既に知っているゆゆ様だからこそ出来た芸当と言えるのかもしれないですよね。




nipi-koisichan_convert_20130114172108.png

                        ↑
               フランちゃんカラーのこいしちゃん



koisihurann_convert_20130112204759.png


                         ↑
               こいしちゃんカラーのフランちゃん




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

今回は、レミリア様の妹のフランちゃんと古明地さとり様の妹のこいしちゃんの東方屈指の人気姉妹の妹の方の
イラストです。
しかも、今回は、フランちゃんとこいしちゃんの普通のイラストではなくて、
「2Pカラー」をテーマにさせて頂きました。
上が、フランちゃんカラーのこいしちゃんで、その下のイラストがこいしちゃんカラーのフランちゃんです。
もちろん、この素敵な2Pカラーを描かれたのは、「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!
ちなみに、この素敵な2Pカラーの二人は、2013年1月にアミグリさんが描かれたものです。

「2Pカラー」というのは、「色違いのキャラクター」という事です。
ゲームの世界ですと、自機として使用するキャラにおいては、
二人以上でプレイできるゲーム等において同じキャラクターを使用したいという場合なんかが多々あり、
メインカラーとは色違いなだけで、グラフィックも性能も同じという事もあったりします。
そうした場合に大変便利で重宝されたのが、この2Pカラーという事なのだと思います。

最近では・・・・

明確に別人でありながら色が違う以外はそっくり、或いは共通点が多いキャラクターというのも色々あるみたいですね。
そうですね・・
東方の世界でよく言われるのは、「早苗さんは実は霊夢の2Pカラーなのではないのか・・・?」という事なのですけど、
ま・・・二人とも「神社の巫女さん」ですからね・・・(笑)

フランちゃんカラーのこいしちゃんですけど、
フランちゃんの基本的な特徴とも言える「真紅を基調とした衣装」をこいしちゃんが無意識に(?)纏ったという感じなのですけど、
全く違和感が無いです!
それと全く同様な事は下記のこいしちゃんカラーのフランちゃんにも言えると思います。

東方でも屈指の人気を誇るフランちゃん・こいしちゃんですけど、この二人に「2Pカラー」という素敵な発想を盛り込み、
そしてそれを発想だけでなく実際にそれを素晴らしく「イラスト」として具現化されたアミグリさんの
東方絵師としての「腕の確かさ」も賞賛に値するものがあると私は確信しております!

ちなみにですけど、
最後に・・・・

ヤフーかなんかで、「2Pカラー こいし フラン」というワードを入れて検索すると、
上位三つはアミグリさんの作品にHITします!!
もしも興味がある方は是非是非検索をかけてみて下さい!!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

最後に・・・こいしちゃんというと、私としてはこいしちゃんのお姉様のさとり様も大好きです!

アミグリさんが今年の「3月10日はさとり様の日」に、この不肖・・・ポンコツ管理人のリクエストのために
描いて頂けたこのさとり様もとっても素敵ですし、
大好きです!   →  さとり様!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます!!

紅魔館メンバーは、私も大好きですね。
特に、フランちゃん、レミリア、咲夜さんは大好きですね!

そして、フランちゃんカラーのこいしちゃん、こいしちゃんカラーのフランちゃんを載せてくださってありがとうございます!
「2Pカラー こいし フラン」で検索してみたところ、私の作品がHITしており、これまた嬉しい気持ちになりました!!

さとり様の記事も紹介していただき、嬉しいです!

こんばんは。

月で戦争までしちゃうんですか?
すごい物語ですね。
月に行くのに狭いロケットに乗ったのでしょうか?
ちょっとそのあたりが
ほのぼの感が出てる気がします(^_^)

これからも素敵なフランちゃん・こいしちゃんを描いて欲しいです!

アミグリ 様


今回は本当にとっても素敵で可愛い2Pカラーのフランちゃん&こいしちゃんでした!

アミグリさんにとっても十八番キャラとも言えますので、まさにこの二人に対する「愛」が伝わってきて
とても素敵です!

検索については、あのキーワードでは上位HITだったのですけど、ここ最近は上位三つがアミグリさんの作品ですので、
それだけ多くの人がご覧になっている証しだと思います。

これからも可愛いフランちゃん・こいしちゃん等を描いて頂きたいと心より思っています!

東方Projectは、まさに「常識」に囚われてはいけない世界・・・

kirakiya.rumari 様


そうなんですよ!!

なぜか「月界侵略」を企て月まで乗り込んでいくのですけど、ま・・その経緯を書くと終わらないですね・・(笑)

宇宙空間をロケットで行くと言うよりは、空間と空間の境界を抜けてたどり着いたみたいなものなのかな・・?

ロケットの推進エネルギーが「航空の神様」というのも・・ま・・いかにも常識が通用しない世界らしい
お話ですし、ロケット自体。一応三段構成になっていて、途中で一段ずつ切り離しているのは
面白いものがありました。
最後は一段のロケット内に、三匹の妖精メイド・魔法使い・巫女さん・メイド・吸血鬼が混在しているというのも
なんかすごい話ではありました・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3137-cd9ef819
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |