プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近はようやくあの「蒸し暑さ」も影を潜めはじめ、かなり涼しさを感じられるようになってきました。
今年は、あくまで私個人の感じ方かもしれないですけど、暑さの感想としては
「確かに暑かったし、不快な蒸し暑さという印象が強いけど、昨年のあの酷暑に比べたら全然マシ・・」という
ものでした。
例年に比べて雨が多かったというせいもあり、雨が降ったおかけで、朝晩に幾分「冷涼感」があり、
これによって結構救われたみたいな印象があります。

私自身は、生まれは青森、育ったのは主に東北と関東という事で、高校卒業以降は現在まで関東で
生活をしているのですけど、
1990年~1995年の6年間は、仕事の関係で山梨県に在住しておりました。
一番最初に山梨県甲府で過ごした1990年の夏は、記録的な猛暑という事もあり、そして何よりも・・
甲府盆地特有のあの「独特な不快感を伴う夏の異常な蒸し暑さ」にすっかりダメージを食らってしまい、
結果論になるのですけど、私のこれまでの生涯の中で、あの年の夏ほど「ヘロヘロだった夏」は今後も含めて、
多分もう体感できないと思います。
とにかく1990年の甲府の酷暑は、本当に堪えましたね・・・
山梨県と言うと東京都の隣接権ではあるのですけど、気候・風土・環境・県民意識の違いは、
東京・埼玉・神奈川・千葉のいわゆる「首都圏」とは歴然としており、
当時の私は既に東北から関東に移り住んで6年近く経過していて「関東の気候」にはすっかり慣れていたはずなのに、
あの「山梨特有の夏の猛暑」には、当時はまだ「免疫」が持っていなかったですね・・・

そんな訳で、1990年夏当時の私は、ヘロヘロ状態だったのですけど、
そういう時って、完璧に「夏バテ」状態に陥っておりまして、正直・・・水分ぱっかりグビグビ飲んでいた記憶があります。
ちなみにですけど・・
この1990年当時は、まだ今ほど「ペットボトルのお茶」は普及していなかったです。
あの頃は、ポカリスエットと午後の紅茶ばっか飲んでいたような記憶があります・・・
そして水分以外は、あんまり喉は通らなかったですね・・
せいぜい枝豆とざるそばぐらいしか食べられなかったような記憶すらありますね・・・

だけど「ざるそば」ってなんであんなに美味しいのでしょ!!

食欲なんて全然ない時ですら、勝手に喉をするするっ!!と滑り落ちていく感触があり、
あの「するするっ・・」という食感がとても快感でしたし、冷えているざるそばが喉を通っている時だけは
「あーー、なんか体がひんやりするぅー!」みたいな感覚があり、
めんつゆに入ってある「わさび」が時にピリッ!と感じるのも、適度なアクセントにもなり、
とにかくとっても美味しいし大好きでした!

夏の麺類なんて、ラーメン・冷やし中華・冷麦・そうめん・うどん・パスタ等色々ありますけど、
やっぱり、夏に食べる「ざるそば」ほど美味しいものはないんじゃないのかな・・・?とも感じてしまいますね!

そうそう・・、当ブログのリンク先の一番トップの位置にあり、当ブログのとっても大切なリンク先の一つの
「あちこち神社」を管理運営されている七森様の8月29日の記事にとっても素敵な記事がありましたので、
ご紹介をさせて頂きたいと思います。
というか、あの記事を拝見させて頂き、「いやいや・・夏はざるそばだけじゃない、素麺もいいもんだ!」と
素麺の意外な魅力に気がついたものでした!
七森様は、なんと・・・!
ゆですぎて余ってしまった「素麺」を素敵にアレンジ料理され、
素麺をフライパンで炒めこれを土台にし、その上にトマト・チーズ・ソーセージ・ピーマンなどを乗せて
レンジで炒めて、
日本の食材・素麺からこんなにも素敵な「イタリアン」へとアレンジ調理をされていました!



201608281638185c4.jpg



七森様の記事では、
「素麺の麺は水気を切り、
1/2束分ほどの素麺に対して大さじ1の小麦粉を繋ぎとして混ぜ、
油を少し多めに入れたフライパンで薄く延ばして中火でカリッとするまで焼いて行きます。」との
レシピが書かれていました。

七森様の「この時点であんかけ焼きソバにしても良いのじゃなかろうかと思ったりもしましたが…
ピザって方向で続行します(`・ω・´)(笑」というお言葉がとってもお茶目で素敵です!!




201608281638400fa.jpg



同じく七森様のレシピによると・・・

ピザソースは簡単にオリーブオイルにニンニクと唐辛子を入れ熱し、
香りが出てきたらトマトを入れて炒め、
火が通って柔らかくなってきたら自家製バジルペーストを入れて作りました(o´ω`o)

あとは素麺のピザ台にトマトソースを塗ってチーズとピーマン、ソーセージのせてオーブンで10分ほど
全体的に良い感じの焦げ目がついてきたら完成でっすヾ(@^▽^@)ノ

今回はトマトピザ風にしましたがチーズを使って作るなら、
素麺のピザ台に醤油を塗りまして、ちりめんじゃこ+チーズと海苔で焼いた方が、
素麺のピザ台にはもっと合うかもしれませんね~同じ和風食材ですし。


ゆですぎて余った素麺をこんな素敵なイタリアンに変えてしまう七森様は、
まさに「素敵な魔術師」ですね!

ちなみにですけど、七森さんのとっても素敵なブログ「あちこち神社」のこの「素麺→ピザ」記事は、
こちらから見る事が出来ます!
皆様、是非是非ご覧あれ!!

→ 素麺でピザっぽいものを

七森さんのブログは、タイトル通り、全国各地の「神社」を素敵な写真と共に、七森さんの瑞々しい観点からの記事を
ベースに構成されていて、
ブログとしての「形式美」・「内容の充実さ」は、まさに私がお手本としているブログでもあります!!
是非皆様もこの七森さんのブログに触発されて、
たまーには・・皆様の地元の「神社」を参拝しようではありませんか!!

ちなみに・・・うちのブログで、「大宮氷川神社」とか「調神社」が登場してくるのは、
アニメ「浦和の調ちゃん」の影響もありますけど、
実は・・・七森さんの影響が結構あったりもします・・・(笑)

七森さんは、毎月月初に「その月のイラスト」として、七森様の「シンボル」としての紅白の素敵な巫女さんのイラストを
掲載されていますけど、これがまた毎月とっても素晴らしいのです!
私の場合、紅白の巫女さんというと、東方projectの「霊夢」という名前がすぐに脳裏に浮かぶのですけど、
それと同じくらい、七森さんが描かれるこの巫女さんも凛とされていてとっても素敵です!


さてさて・・・「ざるそば」なんですけど、
よく「もりそばとざるそばの違いってなんだろう・・?」みたいな事を言われたりもするのですけど、
よく誤解されているように、これは「海苔の有無」ではないようです。
おそばに温かいつゆを掛けて食べるのが「かけそば」なんですけど、
冷たいそばとつゆ・薬味・具を分離して食べるのが「もりそば」との事です。
そして・・・
もりそばの場合、おそばを盛り付ける器によって名称が異なり、普通のお皿などの場合は、もりそば、
せいろに乗せる場合はせいろ、ざるに乗せて食べる場合は「ざるそぱ」という名称が与えられるとの事です。
正直、この辺りの名称は、店によって微妙な違いもあり、必ずしも絶対的な名称ではないのですけど、
少なくとも「海苔の有無による違い」ではないようです・・・(笑・・)

ま・・なんにせよ、夏にへばった時に食べる冷たいざるそばはとっても美味しいです!!



繧後∩縺輔¥_convert_20160717181435



さてさて・・・「東方Project」における紅魔館の吸血鬼、レミリア様が大晦日に食べられている年越しそばは、
これはそばと熱いつゆが一緒になっている「かけそば」ですね!

年越しそばでも別に冷たいざるそばを食べてもいいんでしょうけど、やっぱり大晦日の頃は寒いから
やっぱり「熱いかけそば」の方がレミリア様にとっても宜しいという事なんでしょうね。
だけど・・・
本来は吸血鬼という事で「人の血」を吸われているレミリア様なんでしょうけど、
「常識に囚われてはいけない世界の幻想郷」においては、
吸血鬼のくせに(笑・・)好物が納豆で、和食もそばも蕎麦焼酎も食べられるレミリア様が
とっても可愛いです!

ま・・・レミリア様は、吸血鬼という事で、昼間の光とか十字架とか銀のナイフは大嫌いのはずなんですけど、
十字架も銀のナイフも全然平気で、
結構ひんぱんに真昼の博麗神社を訪れたり、花見の宴会に参加したりと、
吸血鬼らしくない可愛らしいカリスマがレミリア様の素敵な魅力ですよね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます♪

こんぱんは~

素麺ピザの記事をご紹介していただきありがとうございます。
後日、この素麺のあんかけ焼きソバ風のものも作りましたよ☆
やっぱりおいしかったです(o´ω`o)(笑

わたしも蕎麦は好きなので訪れた神社近くの蕎麦屋さんで昼食というのが密かな楽しみだったりします。
出雲蕎麦、日吉蕎麦、戸隠蕎麦とか美味しかったですよ(人*´∀`*)

こちらの方こそありがとうございました!

七森 様


いえいえ、七森様のとっても素敵な記事をご紹介させて頂く事が出来てとっても光栄です!

また別の機会にうちのブログで是非是非七森様の記事を取り上げさせて頂きたいと思います。
その節は何卒宜しくお願いいたします。

あんかけ焼きそば風は是非見てみたいですね! それもとっても美味しそうですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3134-7a4acd5e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |