プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


27.関東第一高校


D/トッカータとフーガ ニ短調(J.S.バッハ)


関東一高と言うと、私にとっては野球部と吹奏楽部というイメージが大変強いです。
野球部は、今年の夏の甲子園は頑張っていたものの、オコエ選手が大活躍していた昨夏に比べると
少し印象が弱かったのかも・・
現在は男女共学になっていたと思いますが、関東一が吹奏楽コンクールで栄光の3年連続金賞を
受賞していたころは、まだ男子高校でしたので、
絶対的なクラリネット奏者不足の状況の中で、サウンド構築という意味ではかなり大変だったと推察されるのですけど、
関東一は男子校特有のパワーと音量でねじ伏せる豪快な演奏ではなくて、
柔らかい響き・洗練された響き・丁寧な音楽運び・よく練られた音楽構成などかなり繊細な音楽づくりを
している印象がありました。
これは・・高校当時は男子校に在籍し、関東一と同じく慢性的なクラリネット奏者不足に泣かされていた私としては・・
まさに羨ましい話でありましたし、羨望の眼差しで見ていたものです。

関東一高は・・・・、これはあくまで私の意見・感想なのですけど
1990年の「華~吹奏楽のために」で「大化け」した印象が強いです!!
1984年~86年は限りなく銅賞に近い銀賞だったと思いますし、
87年~89年のロシアアレンジシリーズは、まさに「技術低迷・個性無し・感銘性無し」という
言わば「無い無いづくし」だったと思いますし、
「折角全国に出場しても銅賞ばかり取るこんなしょーもないチームが都大会代表になるくらいなら、
よっぽど関西・関東の代表校の枠を一つ増やして、都大会の枠を一つ減らせばいいのに・・・」と
思った事さえありました。

だけど・・・・

関東一高は、上記の通り、1990年以降は別のチームのように進化を果たしましたし、
あの「突然何の脈絡もなく突然飛躍したような素晴らしい演奏」は、まさに「レジェンダリー」に相応しい数々の
見事な演奏を後世の私たちに残してくれていたと思います。

サウンドが別人チームのように生き生きと躍動し、
技術も安定し、従来までのクラリネットの絶対的不足も解消され、
男子校特有の「木管セクションの脆弱さ」が見事に解消されていたと思います。

1989年から90年の一年間の間に一体何があったのでしょうか・・??
勿論、私は部外者なので知る由もありませんけど、1990年~95年の関東一高の演奏は
サウンド的にも音楽的に充実した内面性的にも、とにかく見事な演奏を聴かせてくれていたと思います。

私自身は、1984年以降、仙台を離れて都内近辺に住みつき出したのですけど、
大学に入ってからも引き続き「吹奏楽団」に入団し、その際に同期の都内出身の女の子に
「関東一高ってどんな学校なの・・?」と聞いてみた所・・・
困惑したような顔つきになって・・・・
「うーーん、少なくともお上品な学校ではない・・どちらかというとやんちゃな学校・・」という
答えが返ってきました。
そうですね・・・正直この答えは少し意外なものがありました・・・
この頃は既に関東一は全国大会の常連校でしたけど、
男子校にしては、サウンドは洗練されているし、表現は大人っぽいし
正直・・・そんな「やんちゃ・・」みたいな感じは、その音楽からは感じませんでした。
ま・・・恐らくですけど、関東一をずっと長期間指導されていた塩谷晋平先生の類稀なる指導力が
相当大きかったと思われますし、塩谷先生の絶え間ない努力の結晶が
後年のあの素晴らしい名演に繋がったのだと思います。
私自身、都大会や全国大会で何度も塩谷先生の指揮を拝見させて頂きましたが、
何となくですけど・・・
生徒全員が塩谷先生を信じきっている雰囲気が、部外者の私にも伝わってくるかのような印象がありました。
塩谷先生自身は、大変惜しまれる事に2012年に急逝されてしまったのですが、
本当に塩谷先生のご冥福を心よりお祈り申し上げたいと思います。
塩谷先生は、1997年以降は関東一を離れてその後青森山田高校に移られましたけど、
吹奏楽コンクールは、2012年にブリジストン久留米を振られています。
その際は・・・既に体調も相当悪かったと思われますが、
それでも無事に全国大会でブリジストンを見事金賞に導かれ、そして・・・その数日後に
息を引き取られています。
あの話を聞いた時は、なんか心がきゅっ・・と引き締まる思いはありましたし、
「人生最期の瞬間まで、吹奏楽の指導という塩谷先生のライフワーク」をまっとうされた塩谷先生のそのお姿は
まさに尊いものがあると思いますし、
吹奏楽指導者というか一人の人間としての「矜持」を感じさせるものです。

さてさて・・・1991年の関東一高の演奏ですけど、一言でいうと
「大変地味ながら印象的な演奏」という事に尽きると思いますし、
そうですね・・・
例えば・ローマの祭りやベルキスみたいな派手でどっかーん!みたいな感じではないし、
「ダフニスとクロエ」みたいな色彩的繊細さという訳では無いのですけど、
あの「ひそやかな透明感」というのか「研ぎ澄まされた感覚」と言うのは、正直・・・・わかる人しかわからないかも
しれないですし、
まさに「通好みの演奏」と言えるのかもしれないですけど、私は普門館で聴いていて、かなり感銘を受けた演奏の
一つでした。
常総・柏・習志野みたいな「コントロールの極み」とか埼玉栄みたいな圧倒的な威圧感とか
浜松商業のようなノリと勢いとかそうした演奏とは少し違うのかもしれませんし、
ガンガン鳴らす演奏ではないし、ダイナミックスレンジが極度に幅広いとか
そういう傾向の演奏ではないのですけど、
渋めの音色&サウンドでまさに「朝日がさーーっと差し込むかのような」澄み切った音楽を
聴く者のハートにまっすぐに響かせくれていた素敵な演奏だと私は思います。
どちらかというと、この年金賞を受賞した下松高校の方向性に少しだけ似ているような印象もあります。

結果的にこの年の関東一高は銀賞という評価に留まり、、
普門館の会場内の雰囲気も正直「ふーーん」みたいに印象が薄いとか地味すぎる・・・・みたいな声が
多かったような気がします。

だけど・・・

前述の通り、私はこの演奏大好きですね!

「音作り」・「サウンドの透明感」を多分最優先にして練習してきたような雰囲気がうかがわれ
聴いていて「清涼感」というか「サウンドの清潔さ」に
何か惚れ惚れとするものがありました。
そういう意味では、バッハという選曲もこの年のこのチームにはぴったりだったようにも思えます。
そしてこうした方向性の積み重ねの中で、花開いたのが、1994年の歴史的名演でもある
「カンタベリーコラール」だと思います。

こういう方向性の音楽は、
この年の中学の部の幸田町立北部中学校のサン=サーンス/交響曲第3番「オルガン付」でも
見られていたと思います。

課題曲、自由曲共にサウンドに「濁り」がほとんどありませんでしたし、
関東一高同様に、「研ぎ澄まされたサウンド」とか「サウンドのひさやかさ」みたいな感覚は、
まさに「地味ながら印象的な演奏」という事なのだと思います。

ま・・・関東一とか幸田町立北部中学校みたいな「地味な演奏」というのは、吹奏楽コンクールの全国大会では
なかなか評価されにくく、
どうして「ローマの祭り」みたいなどっかーん路線の方が高評価を受けやすいというのは、
「演奏効果」の違いから鑑みても、仕方が無いのかな・・とも思ってしまいますね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3133-7a3ba598
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |