プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです。

その①ではなんかゴチャゴチャと書きすぎましたので、簡単にその①の概要を記すと・・・
「仏教と神道のどちらを信仰するかで国が割れた時代。神道を信仰し廃仏派であった物部氏は
蘇我氏との宗教戦争に敗北し滅亡する。
実はその裏には物部の姓を持ちながら、
聖徳太子-蘇我氏に味方し彼らを裏で操っていた人物がいた。それが物部布都である」という
短文で収められると思います・・・

うーーむ、前回は大変ゴチャゴチャしていて大変申し訳なかったです!!

物部布都は、飛鳥時代の豪族・物部氏のお嬢様なのですけど、上記の通り、
生前の布都は、聖徳太子(豊聡耳神子)の腹心として政治・国としての宗教管理・外交・国内の法制度整備などに
深く関わっていた反面、
影では仏教と同時に伝わってきた神道に近い道教を崇拝していました。
(その①でも触れたとおり、元ネタの史実ゆ山岸涼子先生の漫画版における布都は、石上神社の巫女さんです・・
巫女さんが実は道教信徒という東方の設定は、まさに早苗さんじゃないけど、
まさに常識が通用しない東方らしい設定ですよね・・)
道教の最終目標は超人となり、「仙人」となり、不老不死になる事でもあります。
そして同じ頃、豊聡耳神子=聖徳太子も、仙人・青娥の影響もかなりあったのですけど、
権力者としての「尋常ではない強大なパワー」を欲し、その為にも、その①でも語った通り、
国家統治と民衆への操作という意味で大変政治的には便利である「仏教」を表面的に利用しつつも、
実は裏では、「道教」のとてつもない超人的パワー及び不老不死に強い憧れの気持ちを有していたのでした。

ま・・・・この辺りなのですけど、歴史の教科書では
「聖徳太子は仏教に傾倒し、仏教の教えを世に広めるために尽力した・・」みたいな書き方をされているのですけど、
東方の世界観では、神子=聖徳太子のそうした二枚舌と言うのか「権力の二重構造」的な事を提示
している点が実に面白いものです。

そうやって、神子に仕えていた屠自古と共に、表面上の仏教の日本各地への布教・外交・内政・朝廷との調整など
様々な問題に対応してきた物部布都ではあったのですけど、
その頃、上司でもある神子は、仏教を政治的に利用しつつもますます道教にのめり込み、その道教の力で持って
皆様ご存知の通り、日本史の教科書には100%掲載されてその偉業と業績が讃えられる通り、
歴史に名前が残る成果を挙げてはいたのですが、同時にますます「不老不死」になるための研究も重ねていたのでした、
そしてその不老不死の研究課程にて、錬丹術にも手を出すことになってしまいます。
ちなみにですけど、錬丹術とは、道士の術の一つで、服用すると不老不死の仙人になれる霊薬(仙丹)をつくる事が
出来ます。
但しこの霊薬は、水銀等危険な薬剤を使用する事も多々あり、その結果として神子は体を壊してしまい、
「まずい・・・これでは不老不死になる前に死神のお迎えが来てしまう・・」みたいな感じになってしまいます。
そして・・・・神子はとある事を決意し、その手助けを物部布都に依頼することになります。
何かと言うと、この世を離脱し「仙人」となり不老不死に近づく事です。
仙人になる方法として、色々方法はあるようですけど、神子は、まずは「尸解仙」になる事を目指します。
あ・・・尸解仙とは、道教の仙人の一つで、一度疑似的に死ぬことで肉体を捨て仙人になった者を示します。
だけど、尸解仙になるには一度死ぬ事が必要不可欠で、
仮にとはいえ死ぬことに恐怖した神子は物部布都に頼んで「死ぬ事」の実験台になって貰います。
そして死してなお朽ちることのない布都の亡骸を見て実験の成功を見届けると、
神子自身もまた尸解仙の法により眠りについたのでした。
そうそう・・尸解仙の法とは何かと言うと、肉体を一度捨てて何か別の物体に魂を宿らせ、然るべき時期が到来したら、
その宿らせた物体そのものが自分本来の姿に変容し、自分の死体はその物体へと変化するという事なのです。

これは・・・「自分の生死」に関わる問題でもありますので、布都自体も
「本当に大丈夫なのか・・」
「本来は自分は物部出身で、神子や屠自古と対立関係にある家柄なだけに、ここで本当に
神子を信頼していいものか・・・」
「自分一人だけが死亡したらどうなるのだろう・・、果たして本当に復活できるのだろうか・・・」
「神子や屠自古に騙されているんじゃないのか・・」
そういった不安は間違いなくあったものと思われます。
しかし・・・布都自身、既に「家」を捨て聖徳太子=神子側の立ち位置の人間でもありましたし、
神子と道教パワーを既に見せつけられていましたので、
最終的には「太子様を信じるしかない・・」と思ったのでしょうね。
神子の実験台になる事を快諾し、物部布都は「お皿」を自身の身代わりの物体として使用しています。
ちなみにですけど、長い眠りからのお目覚め以降、幻想郷で布都が使用する武器アイテムは、そのせいか全て
「お皿」です。
東方のゲームのバトルにおいては、ほぼ全ての作品で皿を投げて戦う戦法を主流としていますけど、
皿の代金は神子(または神霊廟の経費)が負担しているらしく、
神子は「皿の代金も馬鹿にならん」と言って頭を抱えているとの事です・・・(笑)

そうですね・・・神子としてみては、
「私の壮大な試みの実験台になってくれた・・」とか「一旦死ぬ事もためらうことなく、私のために一肌脱いでくれた」
みたいな恩義は相当あると思いますので、
これはその③以降で語っていきますけど、幻想郷内で布都が色々とポンコツな事をやらかしても
「しょうがないね・・・」みたいな慈愛の眼差しみたいな感じで接しているのも
そのあたりに理由があるのかもしれないですよね。

当初の神子の計画としては、民衆が仏教に限界を感じて、「メシア=救世主」というのか「聖人君子」みたいな
偉大なる人物の出現を心の底から求めた時が自分の出番であると考えていたようですけど、
その思惑ははずれ、結果的に仏教は、日本国の一つの宗教として完全に根付いていく事になります。
また、仏教の僧侶達は「神子=聖徳太子が死亡した」という事実自体に疑問を呈し、
「こいつ・・・本当は死んでいないで、またまた何かとてつもない事をたくらんでいるのだろう・・」と監視を続け、
神子の霊廟を封じ続けた為、神子も布都も復活するチャンスが中々巡ってこなかったのです。
そして・・・いつしか時は1000年以上も経過していました・・
そして時代は、ゆかりん=八雲紫様等賢者たちの計画により、外界と幻想郷が完全分離を果たし、
世界各国の妖怪さんたちが幻想郷にて暮らし始めます。
そしてそれは同時に何を意味するのかと言うと、
「かつて世の中には、聖徳太子=神子みたいなとんでも超人がいた・・」みたいな伝説も外界では伝説化され、
このままでは「忘れ去られてしまう・・」という事で、神子たちが眠っていた霊廟自体が
なんと「幻想郷」に移動をする事になってしまいます。
移動した当時、幻想郷に寺は無く、神子としては「これで復活の準備も完了! そろそろ・・・」と思っていた頃に
起きてしまったのが、地霊殿異変→聖白蓮の復活という事なのです。
白蓮さんは、「自分達のお寺・命蓮寺を幻想郷のどこに建立しようか・・」と迷っていた際に
ナズーリンより「とある地に何やらとんでもない御方が眠っている・・」と報告を受け、
「そんなやばいものが埋まっているならば、その霊廟の上にお寺を建てて、そいつの復活を阻止し封印しよう」と
思っていたのですけど、
白蓮さんの力だけでは神子の復活は抑制できず、白蓮さんが霊廟の上にお寺を建てたこと自体がかえって
神子の「長い眠り」からのお目覚めの起爆剤になってしまったのです。

そして、ここに神子と布都は幻想郷内で1400年振りに復活を果たすことになるのです!

そうそう・・神子と布都以外にもう一人いますよね。

そう! 蘇我屠自古です!

元々、布都と屠自古は敵同士でもありました。(蘇我氏→仏教派 物部氏→神道派)
その争いは結果的に蘇我に軍配が上がるのですけど、
布都の呼びかけにより二人は陰で協力するようになります。
その内容は「神子が道教の力で復活した時に、二人で参謀として復活しよう」というものでした。
そして屠自古も神子・布都同様に、前述の尸解仙の法により、一旦別の物体に自分の魂を宿らせ、
屠自古が選んだのは壺だったのです、
「身代わりの物体」は、復活するまでの長期に渡り腐敗しない物が望まれるのは言うまでも無い事なのですけど、
布都は・・・なんと・・! なにを思ったのか、これを焼かれていない土の壺とすり替えてしまいます。
結果、屠自古の壺は腐敗してしまい、屠自古は尸解仙として復活することは出来ませんでした・・・
なぜ布都はこんな嫌がらせをしたかと言うと・・・
ま・・・確かに布都は神子を崇め、屠自古と共に神子の手足と尽していたのですけど
形式的には、「物部を滅亡させたのはお前たち・・蘇我一族じゃん・・」みたいな「恨み」が実はあったという事なのかも
しれないですよね・・

うーーむ、布都は可愛い顔して、やっぱりある意味策士でもあり悪女なのかも・・・??

その結果、屠自古の魂が宿った焼かれていない土の壺はすぐに朽ちて崩れてしまい、
その結果、屠自古の魂は戻る肉体を失い、亡霊として彷徨うことになってしまいます。
だから・・・・
屠自古は、ゆゆ様に次いで幻想郷では二人目の「亡霊」となります。
但し、ゆゆ様とは大きな違いがあります。
ゆゆ様にはちゃんと「足」があるのですけど、屠自古には「足」が付いておりません・・・
うーーむ・・これはまさに「亡霊」そのものですね・・・

亡霊になってすぐに布都に騙された事に気付くのですけど、
亡霊の体が人間の体よりも意外と快適な事を知ると、むしろこの体を受け入れる決意をし、
なぜか・・・布都と険悪な関係になる事も無く、現在ではウインウインの関係性を保っているようです。

さてさて・・・布都の幻想郷でのポンコツ振りについては、その③で改めて語らさせて
頂きたいと思います。

→その③へ続く・・・







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のちょびっとくせ毛の蘇我屠自古を描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この屠自古は、2011年10月にアミグリさんが描かれたものです。

阿求ちゃんの描写では屠自古はガラが悪く、情に脆いとの事で、
本人も怒りっぽくその能力も「雷を落とす程度の能力」なのです。
だとげアミグリさんが描かれるこの屠自古は、グリーンの髪の色・ワンピースというせいもあるとは思うのですけど、
何となくですけど、幻想郷に来たばかりの初期の頃のはっちゃける前の早苗さんをどことなく
彷彿とさせるものがあります。
何と言うのか・・・少しおどおどしてるような感じすらあるその「初々しさ」がとっても眩しいと思いますし、
可愛いなぁ・・と思いますね!
ちなみにですけど、烏帽子とスカートの裾のカードみたいなものは「悪霊退散!」みたいな「お札」です。

前述の通り、人間としての「脚」はありませんけど、いかにも亡霊みたいなふにゃふにゃとしたお足が
とっても可愛いですね!
そういえば・・・こういう「脚がない東方キャラ」というのは、旧作の魅魔以来となりますね・・

最後に・・・今、「旧作」というワードが出てきましたけど、東方には実は「旧作」という版も存在し、
例えば、霊夢や魔理沙なんかも今現在とは随分と印象が異なる雰囲気になっています。
アリスなんかもその一例ですね。
(アリスは旧作からの復活組の一人とも言えますね)

アミグリさんが昨年描かれた東方怪綺談(旧作)のアリスも、今現在のアリスと比べると幼い雰囲気も
あるのですけど、こういうアリスも可愛くて素敵ですよね!

この旧作アリスをご覧になりたい方はこちらから! → 東方・旧作アリス

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

日本人が思っている古代日本史には大きな誤謬がありますね。
一つ、大陸との関係を無視してかかってる事。一つ、国家元首である天皇を家系と見ている事。
古代の日本は明らかに中国文化圏の中にあり、外交上の代表である天皇は、系統ではなく(首相の様な)役職だった。
日本人は世界地図を横から見て、アメリカとロシア・ヨーロッパは遠いと思ってるが、北極から見るとすぐ近所にあります。
視点を変えると、正確な古代の日本の姿が見えてくると思います^^

こんばんは。先日は2記事にコメント、そして私のショートコメントにもお返事
誠にありがとうございました☆今後も余裕があった時等は…ああしてサプライズ
コメントもさせて頂けたら良いなぁと思います!隠し小部屋にも足を運んで頂け、
素敵な宝物と言って頂けた事、すごく嬉しかったです!いつもいつも幸せな
気持ちにさせてくださる、素敵な魔法のお言葉、本当にありがとうございます!
誠実な対応はぬくぬく先生様には及びませんし、人柄もまだまだですが…
素敵な皆様と素敵な交流を楽しんでいきたいですし、もちろんぬくぬく先生様も
その中のお一人です!!

リア友さんであるひっきちゃんの作品をたくさん褒めて頂け感激です♪
素晴らしい、スカートが可愛い、躍動感が素敵、絶対領域が眩しい、白黒単色とは
思えない程華やか、とっても素敵…等々、ひっきちゃんには…ぬくぬく先生様
から頂いた素敵過ぎるお言葉の数々もお伝えさせて頂きましたし、元のコメント
も見てもらえたら…と言っておきました!

更には私の元の原作キャラが魅力的、私の漫画もとっても素敵、眼鏡の奥の
つぶらな瞳がとっても印象的、創作意欲に火を付けてしまった、素敵すぎて
眩しすぎ、と言って頂けた事もとっても嬉しいです!ちなみに…私がロリだった
頃は(笑)授業中はノートを取りつつ、絵を描く事もありました…。ノートでは
なく別の小さいメモ帳に絵を描く事が多かったですね。それでシャーペンのみで
描く事に慣れた故に…初期のブログはカラーが少なかったなぁと思います。
妄想してくださってとってもハッピーだなんて…ぬくぬく「先生」様なのに(笑)
生徒が不真面目な時は…めっ!としなきゃですよ(苦笑)でももう卒業した身なので
手加減して頂けると幸いです…結局どっちなんだと言われてしまいそうですが(笑)
そして絵や手紙を交換し合う他に、携帯電話が普及した今の子達は
あまり馴染みがないかもですが、当時はまだ携帯電話が普及していなかった
事もあり…「交換ノート」をしていたのも良い思い出です(笑)


また明石北高校の制服のお話で…アリスみたいな雰囲気、と言って頂け嬉しい
です!昔描いたワンドロ絵は…なんとなく秋っぽい感じになったと思うので
アリスは…実は9~11月くらい、ぼちぼち語ろうかなぁと思っていた所でした!
そういえば、ネットでもなかなか見つからないなぁ…と思っていましたが
明石北高校の素敵なあの制服は…1990年前半で廃止になっていたのですね。
残念ですが、限定復活のお披露目エピソード、とっても素敵です!


布都は…眠り姫を凌駕する1400年ぶりのお目覚め…(笑)時差ボケ完治は
難しそうですね。命蓮寺の放火未遂エピソードは…さすがは白蓮様が上手!
という感じもします。ポンコツ布都語りの続きも楽しみにしていますね!
そういえば布都の大きさは霊夢の肩ぐらい…9月9日はやはり⑨!愛溢れる
記事も楽しませて頂きました、チルノと同じくらいなんですね。

ワンドロで布都を描いた時は無意識にロリっぽく描きましたが…あながち
間違いではなかったのかもですね(笑)その絵は多分ブログではまだ
出してなかったかも…?神子の「実験台」になったエピソードからも
絆を感じましたし、18日は…ぬくぬく先生様の語りに合わせて
そのドヤ顔布都の絵で更新するも良いかもですね。。でもパルスィの
記事にするのも良いかなぁ…最初に考えた猫耳サニーも…うーん、私の方は
まだまだ内容、迷い中です!(笑)でも先日は東方セーラー服記事で
さらっとしか触れられなかったぬくぬく先生様、そしてこの「受け継がれる
べきもの」の事をしっかり宣伝させて頂くのは決定事項です!(笑)
さらっとでしたが、とっても素敵にご紹介、と言って頂け嬉しかったです♪

そのセーラー服ぬえ&早苗にも温かいコメント、そして事後承諾もありがと
でした☆あの作品は本当に…ぬくぬく先生様とのお話がなければ描かなかった
だろうなと思います!そしてお話してくださったぬくぬく先生様に
素晴らしいと言って頂け嬉しいです!

ぬえは…やっぱりあの絶対領域ですよね!(笑)びっしり鉄壁スカートと黒ニーソ
はぬえの健康的なお色気が溢れていると思います♪元の衣装の黒基調で赤リボン、
見栄えがして可愛いですよね。そしてあの羽は…チクチクツンツンと
早苗のツッコミにも役立ちそう…?茨歌仙の早苗は…ボケっぽいイメージも
ありますし(笑)2人の漫才なんかも面白そうですね!

早苗、とっても可愛いと言って頂け嬉しいです☆宮川先生の早苗は品の良さを
感じる美少女…という感じですが、今回の早苗は意識した茨歌仙そのもの、と
ぬくぬく先生様にもおっしゃって頂け良かったです!セーラー服早苗のお話を
した時からいつか…と思っていた作品、ぬくぬく先生様に大満足!!、素敵
すぎると言って頂け感激です♪元々の衣装、青と白のバランスが秀逸ですよね。
ネクタイ、元の巫女さん衣装に相応しい、と言って頂けた事も嬉しいです。

更にはこのイラストから素敵な記念写真エピソードを感じて頂けた事も嬉しい
です!描いてないけれど、この2人の視線の先には…文がいそうですね!
東方は…キャラが多い為、絡みがない組合せも多い中、この2人は星蓮船で
トークしてくれて嬉しいです!「記念写真撮ろうよ!」は…茨歌仙の早苗寄り
のイメージですね(笑)そして戦いの後、どこからか外界時代の制服を取り出して
…(笑)文を含めた3人での楽しい会話が聞こえてきそうなご妄想、ありがとです☆

グッズ画像も楽しんで頂け良かったです♪とっても可愛くお色気も素晴らしく
素敵な早苗はもちろん、別のキャラもとっても魅力的に描かれていましたよね。
霊夢の赤リボン、みょんの横顔も素敵でしたね。それから、先日の記事ですが
…宮川先生の紫フィギュアについて!ちょっとロリっぽい可愛らしい
紫様でしたね~!スカートの躍動感、丁寧なフリルが美しいです♪

来週は…東京で東方イベントがあるそうです!併催される小悪魔、マリアリ
イベントも素敵ですが「UnKnown Girls」というイベントでは…フラン、こいし、
ぬえの3人オンリーという初めて聞いた組合せで…なんだかとっても新鮮です!!
関西では来月、東方オンリーの大規模イベント「紅楼夢」があるので…
今からお金を貯めて、当日はお買い物して戦利品紹介もしたいです。

今日の更新は…ぬくぬく先生様は既に見てくださっている、カラーチェンジの
レジーナです。レジーナ回は…ぬくぬく先生様が以前記事でも取り上げて
いらっしゃった町中でのまこぴーの変身、六花の「ごめんですんだらプリキュアは
いらない!」も印象的でした!プリキュアは…チョコスナック2はまだ購入して
いないので今後集めていきたいです!そしてスマイルの小説版も気になりますね。
みゆきが…書店の店員さん、というのは現実的ですが(苦笑)、親しみやすく
一緒に素敵な本を探してくれそうだなぁと思います!

ぬくぬく先生様も季節の変わり目、ご体調にお気を付けてお過ごし下さいね。
そして先程知りましたが…常連様がお怪我をされてしまったようですし
ぬくぬく先生様のお仕事は…危険な作業も伴うかと思いますし…
大雨にもお気を付けてお過ごし下さいね。では読んでくださりありがとでした☆

東方は常識が通用しない世界・・

sado jo 様


これはいかにもsado jo 様らしい生真面目なコメントですね!

東方の世界は、もちろんフィクションの世界ですし常識に囚われてはいけない世界ですので、
実際の世界観における常識とか物事の正しい捉え方と
かけ離れている点が一つの魅力なのかな・・と思います・・(笑)

ありがとうございますっ!!

屠自古のイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。

旧作のアリスの記事も紹介していただき、嬉しい限りです!

旧作

アミグリ 様


いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます!

旧作なのですけど、魔理沙も旧作と現在とではなんかイメージが違うものですね!
アリスは、今も昔も可愛いですけど、昔のアリスの少しロリっぽい可愛さも素敵ですし、
今現在のお人形さんっぽい感じも両方とも素敵ですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3130-1a66df73
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |