FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前、この年の秋に、研修の一環として強制的に御殿場の自衛隊体験入隊に参加
させられた事を書きましたが、
要は、この一週間はひたすら「走る・歩行訓練・号列・規律・体力トレーニング」の日々でした。
特に一番きつかったのが、土嚢をかついで10メートルダッシュだったかな・・
あれは本当に腰が抜けるぐらいのヘロヘロ感がありました。

思うのですが、人間と言うものは体力的に限界の日々が続くと何が一番の楽しみかと言うと
やはり「食べる事」になってしまうと思うのです。
ホント、この期間中は仕方がなかったのですが、とにかく体力を消耗する日々でしたので
お腹ばかりが空いていました。
この体験入隊中は、ホント我ながら良く食べたという感想です。
とにかく「食べる事」しか楽しみがなかったし、ひたすら「空腹」でした。
でも自衛隊の食事って、全然まずくないというか、むしろ美味しかったですよ。
何よりも量が多いのはさすがという感じですよね。

この期間中は、自分を含めて周りの人達も丼三杯は当たり前という感覚でしたね。

この体験入隊が終わって普通の生活に戻った時は、むしろこの「普通の生活」を
取り戻すのに何か少々時間がかかってしまったのは何か妙なものでした。
小田急を乗り継ぎ新宿駅に着いて解散となった時、マクドナルドや吉野家の看板を見て
「あー、やっと俗世間に戻ってきた」と何か感慨深いものはありました。

確かこの体験のすぐあとが全国大会だったと思います。
二日目の中学の部が何か「眠かった」という印象があるのは、多分この時の疲労のせい
なのかもしれませんよね。


〇市立川口高校

 課題曲B「交響的舞曲」は意外と演奏効果が出しにくい曲なのだと思います。
 「苦労多くして実りが少ない曲」なのかもしれません。
 色々な課題曲Bを聴きましたが、しっくりくる演奏って
 市立川口と城陽中と東京都大会の東京正人くらいかな・・・
 川口は何が良いかと言うと、その中間部が多少人工的な作為的要素もあるのですけど
 たっぷりと歌っている事なのかな・・・
 アルトサックスのソロもヴィヴラートかけまくりでしたが全然いやらしくもなく、自然に
 聴こえてきました。
 残念だったのが、自由曲の「ハムレットへの音楽」かな・・・
 前半の「クローディアス王の宮中」のトランペットのミスは本当に痛かったと思いますし、
 相当印象度が悪くなったと思います。
 前半部分も課題曲中間部と同様にたっぷりと表情をつけての歌い込みがあっただけに
 何かもったいない感じはしました。
 それにしても市立川口は、この年あたりから急に技術が低迷してきたというか、
 緻密なアンサンブルが出来にくくなったような気がします。
 ハムレットも前半は良いのだけど、後半のアレグロの展開が少し強引と言うか
 荒っぽいというか、雑という印象もありました。
 ラスト近くの鐘二台を使用した「コーンコーン」という響きも演奏効果はあったけど
 何かヒステリーっぽくも聴こえました。
 4年後に信国先生が川口ブラスソサェティーで、自由曲に「ハムレット」を振った時、この部分は
 普通のコンサートチャイムを使用していましたけど、それはこの時の反省のせいなのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/313-1d9d00e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |