プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の予告編だけを見た限りでは
「夏休み最後の週だし、この回もお遊び回なのかな・・?」と思っていたのですけど、
そうですね・・・これはあくまで私個人の感じ方なのかもしれないのですけど
「意外とシリアスモードだったなぁ・・」という感じです。
なぜそのように感じたのかと言うと、二つほど理由があるのかと思うのですが、
一つは、ま、これが一番大きな理由でもあるのですけど、これは既に前々回の花火大会で既に示唆されてはいるのですけど、、
リコちゃんと共に「補習メイト」としてポンコツ補習メンバーだった、ジュン・ケイ・エミリの3人は
既に落第スレスレの劣等生という感じではなくて、各々が自分の「夢」、しかもこの「夢」というのも
例えば・・・前作、姫プリのはるかが盛んに言っていた「私、プリンセスになりたい」みたいな抽象的な夢ではなくて、
「ナシマホウ界に留学して、向こうのファッションや文化を勉強して、アーティストとしての腕を磨きたい!」とか
「メモを取る事が好きになって、それを活用した仕事をしてみたい」とか
「魔法界一のヘアメイクさんになれたらいいなぁっ・・・」とか
それぞれが「魔法学校卒業後の具体的な自分の夢」を既に持っていて、その夢の実現に向けて
それぞれが努力を既に始めていて、「夢の具現化」というのは、実は意外ともう既に目の前に来ている・・
実は・・ああ見えて、あの補習メイトたちは意外と優秀で現実的で
「自分の将来の夢」を発見しただけではなくて、既にその夢の実現のために具体的な行動を起こしている事が
判明していた点なのかもしれないですね。

プリキュアの醍醐味の一つって、最初は勉強もスポーツも何もかもダメダメのポンコツな女の子が
何か知らないけどいきなりプリキュアになつてしまって、敵幹部との戦いの中で、「自分のやりたい事=自分の夢」を
発見し、その夢の実現のために頑張ってそして羽ばたいていく物語とも言えるのですけど、
そういう観点から言うと、
今回のリコちゃんの
「一生懸命頑張って立派な魔法つかいになって、でもそれから何をやりたいのか…」という
「私の夢は何なのか・・」とか「私は将来どうすればいいのだろう・・」とか「私は何をやりたいのか自分でもよく分かっていない」
みたいなある意味一つの悩みというのは、
実は歴代プリキュアたちにとっては、それは立派な一つの「夢に向けての過程」なのだと思いますし、
歴代プリキュアたちがそれぞれの立場において悩んできた歴史でもあります。
例えば、歴代青キュアの中でも、最優秀誉れ高いあの六花ですら、
「私は母親が医者だから、自分も医者になると勝手に決めつけていた・・だけど、それって本当に私自身の夢なの・・?」と
思い悩んでいた時期だってありましたし、
プリキュア5のあの「知性の青き泉」と誉れ高いかれんさんですら、「将来の私の夢は医者」と方向性が出るまでにおいては、
「私ね・・私には実は将来目標がまだ決まっていないし、まだ夢を持っていないの・・」
「うららやこまちのように既に自分の夢を持っていて、その夢の実現のために頑張っている姿は本当に尊いものがある。
だけど、のぞみ・りんのようにまだ自分のやりたい事が決まっていなくても、
毎日を一生懸命過ごしながら、自分のやりたい事を探して見つけていくその姿勢もまた尊い」と言っていた時期も
ありました。
だから、そういう意味においては、リコちゃんの「私はこれからどうすればいいのか・・」と悩んじゃう光景は
歴代プリキュアにとってはまさに「王道の歩み」なのであり、
「別に心配する必要もないんじゃないのかな・・・リコちゃん、頑張って!」と思わず応援しまいたくなる程でした!
そうですね・・・・
最近の比較的軽いノリが続いていた「魔法つかい」でしたから、たまーにはある程度のこうした「シリアスな将来の話」
なんかをさり気なく盛り込むのもなかなか素敵な演出と感心したものでもあります。

余談ですけど、歴代プリキュアの中でも屈指の「ポンコツシリーズ」として名高い私がとにかく大好きでたまらない
「スマイルプリキュア」なのですけど、
あれだけポンコツ、ポンコツと言われながらも、意外とメンバー自身の「将来の夢」というものは明確に描かれている中で、
5人のメンバーで唯一ポンコツで無い「れいかさん=キュアビューティ」のみが結局最後まで
「自分の将来の夢」を明確化出来ていなかったのは、なんかある意味面白い話だなぁ・・とは思います。
ハピネスの場合、そうですね・・私の願いはただ一つ!
めぐみは無事に誠司と結ばれて、めぐみなりの「ハピネス」を是非是非実現して欲しいと思いますし、めぐみなら
それが出来ると思います!
ゆうゆうは・・・是非是非おおもり弁当ののれん分けをしてもらって、ファントムと共に、子だくさん&商売繁盛を
実現化して欲しいなぁ・・と思います!

あ、そうそう・・前述の二つ目ですけど、それは、はーちゃんに関する事です。

今回、はーちゃんは、またまたいい仕事をしてくれて、みらいとリコちゃんを白鳥の衣装にさせた上で
思いっきり吹っ飛ばしてしまい、
その際に・・・
「私は勉強しないで、なんであんなに見た人がびっくりするような魔法を使えるのかな…?
私、やっぱり皆と違うのかな…」とかなり意味深な事を言っています。
そして、プリキュアとしての戦闘中にもラプーから「あぁ、お前だ。お前の力だけは何か違うものを感じるな」と
やはり意味深な事を言われています。

うーーむ、これが意味する事って何なのだろう・・?

はーちゃんが普通の魔法つかいじゃないとしたら、それじゃ、はーちゃんの「存在」って何なのでしょうか・・・?

その辺りも今後が大変興味深いですね。







改めてですけど・・・魔法学校の補習組の成長もなかなか素晴らしいものがありますよね!

とてもとても初登場時のあのどうしようもない「ポンコツ振り」とはエライ進化がありました。

補修組は、3人ともそれぞれが「自分の夢」を持っていて、
それも魔法関係じゃなく、現実で通用しそうな夢というのが実に素敵だと思います。
今作のプリキュアは確かに「魔法」というタイトルから分かる通り、「魔法」というファンタジーさは持っていながらも
後期EDの歌詞じゃないですけど
「勉強もスポーツも自分の力で!」という歌詞に象徴されるように、必ずしも「魔法」に頼り切っている訳ではなくて
「最後に信用できるのは自分自身の努力」という事に主眼を置いているのが逆にとってもプリキュアらしいなぁ・・と
思いました。
そうですね・・・・それはこのアニメを見ている小さいお子さん達にも、
「立派な魔法使い」とか「立派なプリンセス」とかじゃなく、
「しっかり現実的な夢を持ちましょうね! そしてそれを他力本願ではなくて自力で出来る限りは頑張りましょうね!」という事を
示唆しているのかな・・とも思いました。

それにしても・・・

はーちゃんは、少し髪を変化させただけで随分とイメージが変わるものですね!

ストレートヘアのはーちゃんもいいけど、こういうヘアのはーちゃんもとっても素敵です!!



f695212c-s_convert_20160830130257.jpg



このシーンが今回の一番のお気に入りシーンでした!!

みらいとリコちゃんの「白鳥」もとっても可愛かったですけど、はーちゃんによって吹っ飛ばされて
落下していく二人がまさに、ポンコツ可愛い!という感じでした!

というか・・・一応「白鳥」なのですけど、二人とも空は飛べないのですね・・・(笑)

そんな二人をちゃんと救出してしまうリズ先生は、やっぱり優秀ポジションですね!




a865cf8e-s_convert_20160830130217.jpg



上記の繰り返しになってしまいますけど、
リコちゃんの「それじゃ、私のやりたい事ってなーに・・?」と自問自答するリコちゃんがそこにいたものでした。
ちなみにですけど、そのリコちゃん自身の「迷い」は今回の話では
吹っ切れて解決・・・という感じではないようです・・・・
帰りの電車の中でのリコちゃんの何か「憂いを感じさせる表情」はなにかまだまだひと波乱もふた波乱もありそうな展開を
示唆していると思います。

そうした中でも、リズ先生はやっぱりエライ!!

「あなたにとっての立派な魔法つかいって、どんな人なのかしら?」
「小さい頃から、お姉ちゃんはずっと私の憧れだった。今は魔法学校の先生を目指してるなんて本当にすごいなって」
「それはね、リコがいたからよ。リコはいつも私と一緒に魔法の練習をしてたわよね」
「あの頃からずっと思ってた。もっと たくさんの子たちにも魔法を教えてあげられたらいいなって・・」
「リコもみらいさんも焦らず、自分の好きな事を探してみればいいんじゃないかしら?」

うーーむ、まさにリズ先生は、「悩めるリコちゃんの人生相談の良き先生!」ですね!

まさに・・・理想的なお姉さんですね!!

ハピネスのいおなのお姉さんのまりあさんも素敵でしたけど、リズ姉さんも負けない位素敵ですね!!



f2e2bd4c-s_convert_20160830130338.jpg



さてさて・・・今回でついに敵側の新たなる2名が登場していましたけど
今回はラプーの戦いの見学だけでした・・・

あれれ・・・・そうなると、そもそも論になってしまいますけど、ドクロクシーって結局何だったのでしょうか・・・?

なんかその辺りは今一つよくわからないですね・・・

「なんだよ、ようやくお目ざめか?シャーキンス・ベニーギョ」という事でその二人の名前も公開されていましたけど、
ラプーは「あの御方」とも言っていましたので、
ラプーを含めたこの三人の他に「真の黒幕」がいるという事なのでしょうか・・・?

そしてラプーが言っていた「魔法」とは異なる「無法」って一体何・・?

そしてその「無法」って・・・まさか・・・はーちゃん絡み・・・・??

なんか9月以降の展開は「風雲急を告ぐ」みたいな展開にもなりそうですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

自由研究未完成は…

次回予告では、みらいが夏休みの宿題を終えていないようなことを仄めかすような感じでしたが、実際はみらいではなく魔法学校のジュン、ケイ、エミリーだといいます。
ケイはモフルンについてを研究、ジュンはみらい・リコをモデルに写生…が、ジュンが描いたのはピカソのような絵で、そこから彫刻(?)を出すという…。ことはの魔法でみらいとリコは「白鳥の湖」のバレリーナの衣装姿に…はよいとして、飛ぶというのはやり過ぎです。ジュンは筆を持つと人格が変わるようなところ、プリンセスでの古屋りこも演劇の練習時に人格が変わり、映画監督のようになっていました。
エミリーの夢はヘアメークといいますが、そこはナシマホウカイにおいて美希の実家にでも師事してもよいかと考えていました。ジュンはナシマホウカイにおいて、箱根の彫刻の森や上野の国立美術館などへ赴きそうな感じがしました。ケイはメモ取りを活かせる仕事がしたいとか、ケイなら時刻表をメモするなど考えそうです。

Re: 自由研究未完成は…

鎌倉快速 様


いつもコメント頂きありがとうございます!

ジュンの絵→彫刻の流れでしたけど、あの彫刻は何となくですけど、SSの舞がデザインした「明日へジャンプ」のモニュメントに
少しだけ似ているような感じもしました・・(笑)
確かに・・・二人が白鳥の衣装のまま飛んでいくのは、いくらなんでも「はーちゃん、やり過ぎでしょ・・」という
感じなのかもしれないですね・・(笑)
ケイは・・・そうですね・・・ナシマホウ界の速記者または議事録制作担当が合っているのかも
しれないですね。

ははあーーー!!!そうなんですかあ!(・◇・)❤
プリキュアって、魔法少女なだけじゃなくって、現実の女の子と同じように、「将来の夢」を持って、ちゃんとあゆんでゆくのですね
これまでの魔法少女ものって、確かにほわほわした夢ばかりだった気がしますけれど、これが、少女たちをとりこにする夢、なのかもしれませんね!
(>ω<)❤
またひとつ、お勉強になりました!!!

プリキュアは「女の子の夢を探す」素敵な物語

Baby pink amy 様


そうなんですよぉーーー!!

プリキュアは決して「可愛いだけの萌えアニメ」じゃなくて、
実際の所は・・・
敵とのバトルや日常のさまざまな悩みやトラブルを一つ一つ乗り越えながら、
自分の夢を見つけて、「夢の実現」のために頑張っていくとっても素敵な物語なのです!!

私の中では、
「プリキュアは中学の道徳の教材としても使用してもいいんじゃないの・・?」みたいに感じるほど
とてもまっすぐな物語なのです!!

お久しぶりです♪
今年の宿題は意外にも補修メイトでしたね。
自由研究・・子供のころはかなり苦労したのに、
長女の学校は自由研究の宿題が無いので
遊びまくってましたよ(苦笑)

そういえばエンディングの歌詞に
♪宿題もスポーツも自分の力で♪って歌ってますよね。

ラブーは新幹部も出てきたのでそろそろ消滅しそうな気もします。

画像のお花みたいな髪型かわいいですね!
実際に自分で出来たら、
沢山の人に自慢しちゃいますね(^_^)

夢は自分の力でなるべく頑張って叶えましょう
っていいですね。
その方が叶った時の嬉しさも
比べ物にならない程素晴らしいものになるんでしょうね。

魔法と、無法。
力の源は、何でしょう?
これから、そんなことが、お話しに絡むのでしょうね。
はーちゃんは、魔法の源に関わって来るのかな~
う~ん、心の何かに、関わるのでしょうね~
プリキュアて、大事なのことを、教えてくれるアニメだと思うので。
これから、厳しいお話しに、なったりするのかな・・・

かしこ

自由研究・・・

りえ太 様


夏休みの自由研究ですか・・

私は当時はちゃっかりしていまして、夏休みの初期の頃に3~4つばかり自由研究を完成させ、
夏休み終了寸前になっても、自由研究に手を付けていないポンコツ部員に
売りつける(というか・・例えばレコードとか本とか図書券とかを譲り受ける)事で
結構なお小遣い稼ぎをしてしまう子でした・・・(苦笑・・)

ラプーは、やっぱり、プリキュア%のガマオによく似ていると思います。

プリキュアショーでは相変わらず、ガメッツが出ていますね・・

夢・・


kirakiya.rumari 様


確かに、あの髪型はとっても可愛いですよね! まさに「お花の髪型」だと思います。

今作のプリキュアは「魔法」を使用することでファンタジー色を強めているのですけど、
確かに「魔法」も大切だけど、
「自分の夢」は自分で見つけて自分が努力をする事でつかんでいきましょうみたいな事を
色々な例えをつかって丁寧に小さいお子さんたちに提示しているのは
とっても素敵な事だと思います。

プリキュアって確かに子供番組かもしれないけど、中身はかなり深いものがあると思いますよ!

はーちゃん

みかんゼリー 様


はーちゃんは、まだ本人自身が気が付いていない「秘めたチカラ」を何か有しているような
雰囲気がありそうですね・・
みらいとリコちゃんとは「何か」が決定的に違うのかもしれないですけど、
それが分かってくるのはまだ先なんでしようね。

8月はゆるい話が多かっただけに9月以降は、色々と厳しい局面も出てきそうな感じもありますよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3129-06b5377a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |