プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この記事の一つ前の記事が吹奏楽カテゴリではあるのですが、「人間の嫉妬」をテーマにした「オセロ」
でもありましたので、「嫉妬」とか「焼きもち」とか「妬ましい・・」というと、
東方では、そりゃ、言うまでもなく「水橋パルスィ」ですので、本日の二記事のテーマを「嫉妬」に統一する意味で
この水橋パルスィについて少しばかり語らさせて頂きたいと思います。

うちのブログにおいて、「水橋パルスィ」は、一度東方グリフォンフィギュアで語らさせて頂いたことが
あるのですけど、それ以外ではあんまり無かったですね・・・
阿求ちゃんの「東方求聞口授」の第四章「嫌われ者たちの行く末」において、
パルスィは、さとり様・こいしちゃん・お空・星熊勇儀と共に取り上げられていますけど、
こらこら、阿求ちゃん・・さとり様はともかくとして、こいしちゃんが「嫌われ者」という事はさすがにないでしょ・・と
ツッコミを入れたい気持ちもありますね・・・(笑)

「妬ましい・・・」の言葉に象徴される通り、パルスィは、「嫉妬心を操る程度の能力」を有していて
自身より他者が幸せ・優れていると思えば嫉妬し、逆に相手に嫉妬する部分が無ければ不幸自慢をしてくるという
結構厄介な性格の御方なのかも・・・?
守護神的な役割を担い(地上と地下の番人という役割を担っています・・)多分ですけど、元々は優しい性格の人では
ないのかなとも思えますし、
もしかしてご本人は、結構な「寂しがり屋さん」なのかもしれないですよね・・・
地霊殿騒動の際、霊夢がゆかりんと一緒に仲良く通過しようとしたとたんに焼きもちを妬いて
襲いかかっていたのとは対照的に
魔理沙一人の場合は「ここにくるんじゃない・・」と優しく諭していましたからね・・・
パルスィは、パルスィ自身の「あいつは陰で私の悪口を言ってるんじゃないのか・・」みたいな「脳内妄想」から
一人で勝手に自爆していくタイプではなくて、
誰かと誰かが仲良くして幸せそうにしている光景をパルスィ自身が目の当たりにした際に
メラメラと「嫉妬心」が発動されるタイプと言えるのかもしれませんね。

パチュリーさんは、パルスィの事を「嫉妬深いペルシャ人」と呼んでいましたし、
アリスを彷彿とさせるこの金髪は確かに「西洋人」みたいな雰囲気もあるのですけど、
パルスィの元ネタは、日本の「宇治の橋姫」伝説でありますから、
そうですね・・・なんとなくですけど西洋と和の融合みたいな雰囲気もありますね。
ちなみにですけど・・・
服の裾やスカートの縁には、橋姫伝説の舞台である宇治橋みたいな橋の形をした模様や装飾が施されているのが
とっても印象的です。
ちなみにですけど、パルスィの元ネタは宇治の橋姫伝説であるのですけど、
その「橋姫伝説」とは、
「他の女に夫を奪われた女が憎悪と殺意のあまりに宇治川に身を浸し、生きながらに鬼になり恨みを晴らしたという伝説」
でもありますので、まさにパルスィの元ネタに相応しいとも言えると思います。

「嫉妬心」は人の成長を促す強いパワーを有していますけど、それに耐えられるだけの「人間としてのメンタルの強さ」を
持っていて、同時に「嫉妬をする事が恥ずかしい・・みっともない・・」と感じる自分に耐えられるだけの
「強い精神力」を持っていないと、確実に自滅し、自分自身の「精神構造」が崩壊してしまう
危険性があります。
そして・・普通の人間にとっては、嫉妬心が「人間不信」・「人間への拒絶感」・「ひきこもり」みたいな事へと
誘発しかねず、それがそっくりそのまんまパルスィの糧になってしまいますからね・・
嫉妬が嫉妬を呼ぶことで、他人の嫉妬心を煽ることができてしまい、
人間関係を容易く破壊できるという意味では恐ろしい能力であると思います。
阿求ちゃんが「嫌われ者の行く末」の章の中にこのパルスィを入れたのは、ある意味当然だとは思いますし、
パルスィ自身が地底に封印されているのも「仕方が無いのかな・・」とも思ってしまいます。

パルスィは人間の嫉妬心を糧とし力とする妖怪でしあるのですけど、単に嫉妬心を糧にしていると言うより、
パルスィ自身が嫉妬心そのもので構成されていると言っても過言では無いのかな・・とも思ったりもします。
そうそう・・パルスィと言うと、有名な事はやっぱり「丑の刻参り」と言えるのかもしれないです。
東方の設定においては、丑の刻参りは、嫉妬心を集めるためにパルスィが開発したとの事です。
だけど大変面白い事に、東方の世界においては、丑の刻参り自体には殆ど呪術効果が無いとの事です。
それではなぜ人は「丑の刻参り」をするかと言うと、
パルスィに「嫉妬心」を操られ、丑の刻参りという大変な「負のエネルギー」が課される行為をさせられる事で
その人間を心身ともに疲労させ、その疲労の結果として更に「嫉妬心」を増幅させる効果があるとの事です・・・

うーーむ・・・・やっぱりパルスィは妬ましい存在なのかも・・・??

だけど・・・・

人間がこの世に存在している以上、「嫉妬」という感情は絶対に避けて通る事は出来ませんし、
それゆえ・・・
人間が存在する数だけ「人間の嫉妬心」は存在しますし、そうした人の心の闇は存在し続けるのです。
つまり・・
人間が存在している限り、パルスィは存在し続けるのです!

私達人間は決して完璧な聖人君子ではありませんし、どんな温厚な人間だって・・・
どんな一見誰とでもうまくやれそうな人だって
必ず・・・100%「嫉妬心」は心の奥底に一つや二つは有しているはずなのです。

そういう意味においては、パルスィの存続意義は未来永劫続くのだと思われます。

別に「嫉妬」という感情は恥ずかしいものではないし、むしろ・・・人間のストレートな感情・・・
それを抑制する事自体が無理な話なのです。
「人は人、あなたはあなたなんだから、別に自分と他人を比較する事ないじゃん・・
自分には自分の良いところがあるはずなんだし、他人には他人の良さがあるもの、
それを単純に比較する事自体に無理があるでしょ・・」みたいな慰め事を他人に言ったとして、
そうですね・・・正直あんまり効果は無いと思いますし、逆に「私の事をよくもしらないくせに・・」
なんて思われてしまうのが関の山なのかもしれません。
だって・・「嫉妬」というのは、喜び・怒り・悲しさ・楽しさ・辛さ・気まずさ・鬱陶しい・わくわくするなどの
「人間の感情」の一つなのです!
人間の感情を構成する重要な一つの要素なのです。
嫉妬心は私達は全員心の奥底にも秘めていますし、単純明快にストレートに感情として態度に出す場合もありますけど
とにかくすべての人間が持っている「人間本来の感情」なのです。
恥ずかしいと思う理由はどこにもないのです。
生涯、そうした感情と付き合っていくしかないと思いますし、ある意味「諦観」の気持ちをもって接していくしかないのだと
思います。
結果的にそうした感情で「自爆」し、他人だけでなく自分自身も傷つけてしまう事は大変愚かな事だとも思いますので、
その辺りは・・
「そういうものなのだ・・」とある意味「悟り」の気持ちを持つしかないですね。
東方求聞口授の中では、阿求ちゃん自身も、この「嫉妬心」については、
「酒でも飲んで憂さを晴らそう・・」と誤魔化したような書き方もしているのですけど、実は、これって案外・・正鵠を射ていると
言えるのかもしれないですね・・・(笑)

要は・・・私達一人一人の中には、「嫉妬の感情」というある意味妖怪よりも性質が悪い魔物を心に有しているのです。
その意味では、私達一人一人が「水橋パルスィ」みたいなものなのです。
パルスィにその「嫉妬心」を過度に操られて他人や自分自身を過度に傷つける事の無いように私達の心を律するものこそが
「人間の良心」でもあると言えますし「自制心」と言い換えても宜しいのかな・・とも思います。

「嫉妬心」・「焼きもち」というのは古今東西の人間達が様々な形で悩まされてきた心の問題だと思います。
正直、これに関する解決方法何て言うのはほぼ皆無だと思いますし、
結局は・・・・
1.嫉妬というものは「他人との無益な比較」による劣等感が一つの理由でもあるので、
  「他人が眩しく見えても、隣の芝生はよく見えるもので、その羨ましく感じられる他人は意外と
  自分は幸せと思っていない」という事の方が多いものとある意味開き直る。
2.時間による解決
3.自分自身が強い存在になる・・

そういう事しか対処方法は無いと思いますし、阿求ちゃんじゃないけど、「何か」でもって憂さを晴らし、
「心の隙間」を少しでも埋めていくしかないですね。
そして何をもって「スキマ」を埋めるかと言うと、お酒・本・趣味・友達・運動などなど、色々方法はあるのかとは
思いますが、素敵な埋め方が出来ればいいですよね・・・(笑)

繰り返しになりますが、「嫉妬」というのは・・・・「こんな事を思って年甲斐もなくみっともない・・」とか「恥ずかしい・・」と
マイナスに捉えた時点で、決していい方向に進むことは多分ないと思います。
「そういう嫉妬の感情は私だけ有しているというものてはない! 否!! 私達一人一人が
心の闇として有しているもの・・・
それを無理やり抑制したって決していい事にはならない・・・
そうした感情は、喜怒哀楽と同じもので、生涯を通してずーーーっと未来永劫付き合っていかないといけないし、
今後も己の心に内在するこのやっかいな感情とはずっと向き合っていけないといけない・・・と
ある意味割り切って捉えた方がいいと思いますし、
そうやって考えてみると、水橋パルスィがとってもいとおしく感じられるようになるのかもしれないですよね・・・(笑)









さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の「水橋パルスィ」を描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この素敵なイラストは、本年度4月に「4月10日はパルスィの日」に合わせて描かれた
水橋パルスィです。

実はなのですけど、アミグリさんは、
4月の「パルスィの日」のイラストも素敵でしたけど、先月・・8月にもこのパルスィと表情と背景を微妙に
変化させて描かれています。
背景は、8月のほうが何となくですけどパルティの内面のドロドロ感を示唆したようにも感じられ、
少しおどろおどろしい雰囲気があるようにも感じられます。
表情に関しては、この記事にて掲載をさせて頂きました4月のパルスィは、
パルスィを無視した相手を「ちょっと待ちなさいよ!」みたいに大声で呼び止めるようなイメージまたは、
内面の「めらめらの嫉妬心」をつい大きな声で叫んでしまったみたいな雰囲気があります。
対して8月の方は、少し自己の心をコントロールできるようになったパルスィというのか
「自身の嫉妬心みたいな感情」を「叫ぶ」のではなくて 、
「小声でつぶやく」とか「心情をポロッと吐露する」みたいな印象があります。

4月と8月のイラストは、瞬間的にすぐにわかる大きな違いはないのかもしれないのですけど、
よく見てみるとその違いは間違いなく感じるものであり、
そうした「微妙な感覚としての違い」を見事に描かれているアミグリさんの「表現力の奥深さ」には
うなずけるものがありますね!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
何卒宜しくお願いいたします。

ちなみにですけど、アミグリさんが描かれた8月の方のパルスィ記事をご覧になりたい方は
こちらをご覧ください! →  【東方】8月4日は橋姫の日【パルスィ】

更に・・・・

アミグリさんが2012年7月に描かれたパルスィと星熊勇儀の二人のイラストもとっても素敵です!

こちらの二人のイラストをご覧になりたい方はこちらをご覧ください! → 勇儀とパルスィ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。本日はとっても素敵なコメント&メッセージありがとうございました!
こちらではコメントのお返事させて頂きますね。その前に一つ…事後承諾に
なってしまいますが、本日更新の記事の中でぬくぬく先生様のお名前を出させて
頂きます!!…というのは、本日更新に使う東方作品が…ぬくぬく先生様との
東方トーキングあっての産物なので、書かずにはいられませんでした…。
創作意欲を向上してくださるお話も、本当にありがとうございます!!

捧げ物記事に温かいお言葉頂けとっても嬉しいです♪ご縁を繋いでくださった
ぬくぬく先生様にも改めて感謝の気持ちでいっぱいです…!また先程の
コメントで名前を挙げてくださった、最近お話させて頂いた素敵なお方は…
実はこの「受け継がれるべきもの」で取り上げられていた時からも
気になっていたお方でした(笑)そして…その方が最初に交流を持たれた方が…
まさか私が尊敬する偉大なるブロガー様である、あのお方だったとは…!
素敵な情報をありがとうございました!!その事実もとっても眩しいですっ!

色んなブログさんを回る度に素敵な作品やその方の生活に触れさせて頂けて
本当に新鮮な、自分の「知らない世界」を知る機会になりますよね。
全ての方と交流する事は難しいですが…交流できた時は本当にとっても
ハッピーな気持ちになりますし…特にぬくぬく先生様は何度も何度も
交流をしてくださって…まさに!ウルトラハッピー!!な気持ちで
いっぱいです♪いつも本当にありがとうございます!!

まほプリ感想もわくわくもんですっ☆先日は…3人の新しい姿もお披露目
でしたよね。大きな帽子がいかにも魔女!という感じでした!!
絆を深めた言葉、「言の葉」が名前の由来になったはーちゃん…
やはり「言葉は魔法」は、まほプリのテーマの1つでしょうね!!
宿題もスポーツも自分の進路も…大切な事はやはり魔法ではなく、
自分の力、頭で考えてこそ!その力をくれる魔法の一つがやはり言葉…
私にとっても大切な、生きる力です!!

後、プリキュアでは…たこ焼き記事も楽しく読ませて頂きました♪
私の家にはたこ焼き器があってたまに作ってますが…ぬくぬく先生様の
ご家庭の機械はひっくり返してくれるとは便利ですね…!たこ焼きを
頬張るれいか&なおちゃんに自然とこちらも笑顔になりました!


猫耳サニーのブログ公開の件も嬉しかったです☆お返事はメッセージで!
また明石北高校の制服は…ピンクのイメージが強い輝夜を挙げられた事が
新鮮でした!!そして青い服が似合うレティや早苗も良いですよね。
更に私…は、いえいえ(笑)青の妖精さん、だなんてもったいなお言葉を…!
でもとっても嬉しかったです♪更に「神戸」はたくさんの読み方があるの
ですね…!とても勉強になりました!

布都は…私も策士のイメージがあったのですが、ぬくぬく先生様のお言葉を
読むまで細かい歴史背景はしっかり意識していなかったですし、とても勉強に
なりました!!屠自古との関係にも触れる続き、メッセージの件、楽しみ
にしています!!そして文愛溢れる文記事も♪文花帖はまだ読んでない
ですが、文の為の本みたいな感じなのですね!それと本当に東方は…少女に
見えてお年が…なキャラも多いですよね(笑)

そして秋と言えば椛も忘れちゃいけませんね(笑)秋の間に新しく手に
入れた椛グッズも機会を見付けて紹介したいです。ちなみに先日はその他
にもたくさん、東方グッズを手に入れました!!ある台は…鍵が当たれば
豪華グッズが手に入る!という物で数回回した後、霊夢の特大マットを
手に入れたのですが、鍵が出るまでは…入れた人がフランちゃん推し
だったのか、フランガチャではないのにフラングッズが4個出ました…(笑)
三宮はまさに東方グッズの宝の山だと思います(笑)

またこの記事ではパルスィのターンが来ましたね!嫉妬については…
私自身もよく抱く感情なのでとても親しみが持てるキャラの一人です。
実は先日のワンドロでは…アナログで彼女を描きました!装飾が少ない事も
あり1時間でなんとかなり、それも合わせて2枚同時に更新に使おうと
思いますが…やはり嫉妬に触れつつ記事を書こうとするとどうしても…
黒い感情が出てしまって上手くまとめられていません(汗)
ぬくぬく先生様が挙げてくださっている嫉妬との付き合い方を参考にし
当たり前の感情として受け入れつつ、前向きな内容の記事を書きたいです!
…ぬくぬく先生様の記事をリスペクトしつつも、パクってしまったような
内容の記事にならないようにせねば…という感じですね(汗)

実は今日はお仕事お休みだったので、すぐにお返事させて頂きました!
ネットの世界にはいたりいなかったりですが…これからもマイペースに
活動したいなぁと思います。今日は最近手に入れた早苗グッズも一緒に
公開するので、楽しんで頂けると幸いです。ではまたメッセージも
送らせて頂きますね。台風は関東の方でも影響がありそうですね…。
お気を付けてお過ごし下さい。では読んでくださりありがとでした☆

イラストの掲載、記事の紹介、ありがとうございます!!

そうですよね…生きている限り、「嫉妬」という感情は誰にでもあるものですよね。だけど、その「嫉妬」という感情も、大切な感情のひとつだと思えば、パルスィがいとしく感じますよね。
ぬくぬく先生が記事で書いている通り、「嫉妬」で他人や自分を傷つけることがないように、気を付けていきたいなと思いました。


パルスィのイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。
8月のパルスィと、パルスィ&勇儀の記事も紹介していただき、嬉しいです!!

嫉妬の感情はどんな人の心に潜むもの・・

アミグリ 様


とっても素敵なコメントを頂きありがとうございました!

色々な絵師様がブログ等で「pixiv等で他の絵師の素敵なイラストを見てしまうと自信を無くしてしまう」とか
「他人の作品が羨ましくて自分が情けなく感じてしまう」と吐露されていますけど、
それってまさに「自然な感情」なのだと思います。
「隣の芝生はよくみえる」じゃないですけど、他人には他人のよいところがあり、同時に
自分には自分の良いところが一杯あるという事なのだと思います。

8月の単独パルスィも素敵ですし勇儀とのコラボイラストも両方素敵だと思いますよ!

勇儀をあんなに可愛いお姉さんに描ける方ってあんまり見た事ないから、逆にとっても
新鮮です!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3127-e9458408
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |