プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日、⑨月⑨日は「チルノの日」です!

別にこの日がチルノの誕生日とかそういう訳でも無くて、東方の他の記念日のように語呂合せという訳ではなくて、
チルノ=⑨=おバカさんという事で、
毎年、⑨月⑨日はチルノの日とか、またまた更に細かく言うと、、⑨月⑨日⑨時⑨秒もチルノの日と言われております。

東方キャラの日としては、博麗霊夢の日(8月9日)とか早苗さんの日(3月7日)とかこいしちゃの日(5月14日)なども
ありますけど、この「チルノの日」は東方キャラの日としてはかなり盛り上がる方ではないのかな・・とも
思います。

さてさて・・そもそも論になってしまいますけど、
じゃー、なんでチルノは「⑨」と呼ばれているの・・?という方も中に入ると思いますのて、
簡単に説明をさせて頂きますと、
東方花映塚オンラインマニュアルの中の「画面説明」という所で、用語説明がなされているのですけど、
その中において、
1.プレイヤー 2.現在のスコア 3.ライフ 4.現在のコンボボックス 5.チャージケージ 6.現在のカードアタックレベル
7.現在のポストカードレベルアタック 8.残機 とそれぞれ説明がなされている中で、
チルノの画像が表示されている所に⑨と記され、
「9.バカ」となんと・・・! はっきりと公式のゲームマニュアルにおいて
「チルノ=バカ」と記されていて、ま・・・元々チルノは以前から「可愛いおバカさん妖精」と言われてはいたのですけど、
公式自体がまさかまさかの「バカ認定」をしてしまいましたので、
それ以降・・・チルノは⑨=おバカさんというキャラが成立してしまったという事なのです!

だけどだけど・・・チルノはそれていいんです!

だって・・チルノなんなんだからしょーがないのです!

チルノは、本当に「愛されキャラ」ですし、あのおバカさんぶりとか
「あたいったら最強ね!」の言葉に代表される通り、本当はポンコツ妖精ちゃんなんですけど、少し強がっている所とか
本当に可愛くて可愛くてたまらない!という感じでもあります!
チルノは「冷気を操る妖精」という事で、チルノの周辺は寒くてさむくて堪らないという設定ではありますけど、
なんかああいう可愛らしさを目の当たりにしてしまうと、
今すぐチルノをとっつかまえてきて、頬をすりすりしたいような「愛くるしさ」があると思います。
チルノの言動はまさに「ポンコツ」以外の何者でもないのかもしれないですし、
チルノがなにかやらかす度に、そうですね・・それを見ている方も
「ま・・・またあの頭の悪い妖精ちゃんが何かやらかしたのね・・くすっ・・」みたいな雰囲気にさせてしまうのは、
これはまさにチルノの「人徳」という奴なのかもしれないですし、
まさに「チルノ愛されキャラ説」を立証していると思います。

チルノって実は東方ではかなりの古参キャラでして、意外かもしれないのですけど、その初登場は実は
「東方紅魔郷」からでして、
なんと・・・! あの妖夢・ゆかりん・ゆゆ様・アリス・古明地姉妹・あややなどよりも全然早いのですよね!
チルノはその意味においては、ルーミアと「同期」と言えるのかもしれませんね。
でもチルノは、ルーミア共々、あんだけ数いる東方キャラの中でも、毎年のようにベスト10入りはさすがに無理としても
かなり上位の位置をキープし続けていて「チルノ人気」の高さを窺う知る事が出来ると思います。

今更の話なのかもしれませんけど、チルノ自身は「妖精」です。
妖精なんだけど、妖精の中では群を抜いた力を有しているというのか、
「あたいったら最強ね!」の言葉じゃないですけど、妖精の中では確かに「最強」といえるのかもしれません。
(だけど・・昨年登場した、「クラウンピース」という狂気の妖精は、多分ですけど、力・能力としてはチルノを
とっくに超越していると言えるのかもしれないです。
そうですね・・・もしも東方ゲームで無いとは思うのですけど「妖精戦争Ⅱ」みたいなものが登場したと仮定すると、
その場合のメインの戦いは、チルノVSクラウンピースになるのかもしれないですよね)
チルノの可愛らしさの要因として、あの「ちびっこい雰囲気」もあるのかな・・とも思います。
身長はかなり低く、青い服装に氷の羽根を持っているのですけど、
羽の数は紅魔郷,非想天則が10枚、妖精大戦争、花映塚が6枚、輝針城が4枚とだんだん減ってきているのが
なんか面白いです。
そうですね・・・色々な東方絵師の方がチルノを描かれているのですけど、描かれる人によって
チルノの羽の数も全然違っているというのも、もしかして・・絵師様の中にも「これが私のチルノ!」みたいな理想像を
お持ちなのかもしれないですね。

チルノの「おバカエピソード」って・・・ま――、そりゃ一杯ありますけど(苦笑・・)
代表的なものが「カエルの凍らせ遊び」なのかな・・・?
蛙を瞬間で凍らせては水につけ生き返らせて遊んでいて、3回に1回は失敗して蛙は砕け散るという感じ
なのですけど、
あ・・・そうそう、チルノの特性というものは、上記の通り、「冷気を操る能力」と言う事で、
小さいものなら瞬間で凍り付けさせる事は可能です。
そんな訳でチルノの周辺はいつも寒いという事なのですけど、
例えば「東方三月精」を見た限りでも、チルノの周辺にいてもサニーミルクたちは別に寒がる様子も無いて゜すし、
霊夢や魔理沙なんかも別に寒がっている描写は無かったような気も・・・?
ま、あの能力は・・・チルノが「寒くなれ!」と念じた時に発するという事にしておきましょう・・・(笑)
だけどね・・・チルノ・・あのね・・・・
そうやってカエルをいじめちゃっていると・・・・
カエルと蛇が一種の土着神みたいな感じで、カエルが大のお気に入りの神様・諏訪子より
いずれお仕置きを食らっちゃうかも・・・?
また・・・諏訪子が祀られている守矢神社の巫女さんで、諏訪子の遠い子孫とも言われている早苗さんからも
「カエルをいじめちゃうなんてひどーーい!!」とやはり・・・妖怪ではなくて妖精退治の対象になってしまうのかも・・・?
そうそう・・・
「東方文花帖」のあややの新聞記事によると、
妖怪の山の中腹にある沼に棲む大ガマに、蛙を凍らせる妖精を懲らしめるという理由で丸呑みにされていた
エピソードも紹介されていましたね。
その際はチルノの余りの冷たさにびっくりして吐き出してしまったとの事ですけど、
大ガマ自身は何ともなく、チルノも懲りていないそうで、
相変わらず、カエルの「氷漬け遊び」はやっているみたいですね・・・

チルノと言うと素敵なエピソードとして、大晦日の博麗神社にて妖精・妖怪が色々な屋台を出店している中、
チルノはと言うと・・・
真冬にも関わらず、みず味のかき氷の屋台を出店し、サニーミルクたちの盛況ぶりとは対照的に
閑古鳥が鳴いていた・・・
そんな話もありましたよね・・・(笑)
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においても、
「チルノに万一遭遇したとしても、あせらないで、とにかくなぞなぞをチルノに問いかけよう・・
間違いなくどんな問いでも答えられず迷ってしまうので、その隙に逃げよう!」みたいな書かれ方をしていますので、
やっばり阿求ちゃんも「チルノ=おバカさん」という認識を持っているという事なんでしようね・・(笑)

ま・・・チルノ本人にしてみると
「あたいはおバカじゃないもん!!」という感じなのでしようけど、この「あたい」っていう第一人称からして
「おバカ」みたいな香りがプンプン漂うのはいかにもチルノらしいですよね・・・(笑)
チルノ以外でも、小野塚小町・クラウンピース・お燐も「あたい」みたいな言い方をしているのですけど、
それぞれ少なくとも「おバカ」という雰囲気は皆無ですからね・・・(笑)

「東方心綺楼」では、何と・・! 意外にも・・!! 命蓮寺で大衆に混ざって、聖の説法を聞くチルノが確認されます!
うーーむ、これは正直、全く意外ですね・・
あのチルノが・・チルノが・・白蓮さんの「仏法説法」を聞くなんて・・・
そうですね・・・
これこそまさに「馬耳東風」というのか、「釈迦に説法、チルノに説法・・」という感じなのかもですね・・・(笑)

だけど・・チルノは前述の通り、決して「弱い妖精」ではないのです!

「妖精大戦争」の中でも、光の三妖精は当然の事として、あの魔理沙すらもボコボコにしてしまうほどの
「強さ」はあったりもします。
阿求ちゃんの著作の中でも「好戦的で、湖周辺の妖精たちのリーダー」と強さについては一定の評価をしています。
(ま・・求聞史紀の中では、湖周辺で、本当にだらしなく・・・本当に無防備で寝ていると酷評はしています・・・)

そうした中・・・

やはりチルノのあの強さは(頭はおバカさん・・という事はおいておいて・・・)やっぱり・・・・ちよっと「何か」が違うのかな・・とも
時にふと感じたりもします。

実際に、「東方花映塚」においては、閻魔様のお一人・・・・四季映姫様(ヤマザナドゥ様)より
「貴方は妖精なのに強い力を持っています。貴方は自然の力で元に戻れない。
ダメージを負うかも知れない。貴方が死ねば、きっと私達が貴方を裁く」とまで言われています。

そうですね・・・四季映姫様のこのお言葉のおかけで「チルノ、実は妖怪説・・?」みたいな話もあったりして、
私も「もしかしてそうなのかなぁ・・」みたいな記事を以前書いたことがありますけど、
そうですね・・・今現在の視点ですと、
「そりゃ・・ありえないな・・」という感じですね・・・(笑)







だけど・・チルノは「可愛いおバカさん妖精」というのがいいんです!!

やっぱりチルノは「おバカ」だからこそのチルノなのですから、
チルノだけは絶対に賢くなってほしくないですし、このまんま未来永劫ずーーーっと「おバカさん」のままで
いて欲しいです!!
だけど、チルノは東方でも屈指の「愛されキャラ」だと思います!!

あんだけ色々な人から「おバカ」だの「⑨」だの言われ続けていても、
こんだけ人気が高いというのもよく分かる気がします。

チルノで有名な台詞と言うと・・・・

やっぱり「あたいったら最強ね!」が印象的ですよね・・・
あれは・・・
「東方花映塚」でのマッチモードにおけるチルノ対チルノの対戦時に、勝利したチルノが言う一言なのですけど、
東方の妖精と言うと「弱い雑魚キャラ」というイメージを完全に払拭したようなセリフですし、
何よりも・・・
あのおバカさんのチルノが発したものだからこそのインパクトがあったのかもしれないですよね。

さてさて・・・ここから先は、うちのブログが本当にいつも大変お世話になっているアミグリさんの過去の作品の
紹介コーナーです!

上記のチルノは、とにかく当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人のアミグリさんが
2011年9月に描かれたものです。
アミグリさんというと、霊夢・魔理沙・妖夢・フランちゃん・こいしちゃん等のイラストがとにかく印象的ですし、
素晴らしい名作が揃っているのですけど、
実は、アミグリさんご自身も「チルノ」が大好き!という事で、過去において、とにかく素敵なチルノを一杯いっぱい
描かれています!
その中でも、アミグリさん一推しの「チルノ」がこの2011年9月に描かれたものなのです!

この一枚のイラストは本当に多彩ですよね!

このたった一枚の中に、笑顔のチルノ、泣き顔チルノ、横顔チルノ、ちょっとびっくりしたぁーみたいなチルノとか
いろんな表情のチルノがいて、
一枚のイラストでいろんなチルノを楽しむことが出来るとっても「お得な一枚」だとも思います。

そうですね・・・

アミグリさんは過去にたくさんのチルノを既に描かれているのですけど、
アミグリさん自身の更なる「無限の素敵な可能性」を示唆するとっても素敵すぎる一枚だと思います!!


そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用は、あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、
無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

本当にチルノは「愛されキャラ」の可愛い妖精だと思います!


最後に・・・・

アミグリさんが2014年7月に描かれた「ここどこ?」のチルノもとっても可愛いですし、これはまさしく・・
「思わずすりすりしたくなってしまうチルノ」ですね!
箱に入ったチルノ・・、なんか「きょとん・・」としているチルノがとっても可愛いと思います!

この「箱入りチルノ」をご覧になりたい方は是非是非こちらから・・・!! → ここどこ?


アミグリさん!! これからも素敵なチルノを描き続けて下さいね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

⑨月⑨日!!

私も、チルノの「あたいったら最強ね」というセリフはとても印象に残っていますし、大好きなセリフです!

たしかに、チルノはずっとおばかさんのままでいてほしいですね…!!

そして、
チルノのイラストを掲載していただき、ありがとうございます!!
一枚の絵に、いろいろな表情を描いた絵は、これが自分の初めての試みだったので、載せていただき、とっても嬉しいです!

「ここどこ?」の記事の紹介も、嬉しいですっ!

チルノは、いっぱい描いてきたキャラの一人ですが、
まだまだ、チルノの魅力を引き出せるようなイラストが
描ける気もしていますので、これからも、チルノを描いていこうと思います!!

チルノは永遠に私たちの「可愛いおばかさん」ですっ!!

アミグリ 様


先ほどアミグリさんの最新の「チルノ」を拝見させて頂きましたが、とっても可愛いですね!
とても久しぶりのチルノ描きとは思えない可愛らしさに溢れていました。

チルノは、永遠に私たちの「素敵で可愛いおばかさん妖精」でいて欲しいです!

これからもアミグリさんの素敵なチルノのイラストを楽しみにしています!!

今回のイラストは、色々な表情のチルノにお目にかかれて、見ているだけで楽しくなりそうな
素敵な一枚ですね!
対照的に「ここどこ?」のイラストにおけるチルノのちょっと困ったような戸惑ったような不思議な感覚の
表情も魅力的だと思います。
ああいう「きょとん・・?」としたみたいなチルノも珍しいだけに貴重ですね!

夏の暑い日にチルノを連れて歩いたら、
涼しくて良さそうですね。
それよりも寒く感じるんでしょうか。
出来たらジュースを抱っこしていてほしいです。
冷たくなりそうなので(笑)

近くにいてもらうだけで、
楽しくしてくれそうな妖精ですね。

チルノ

kirakiya.rumari 様


いつも素敵なコメント頂きありがとうございます!

そうなんですよ! 東方のチルノは、とにかくとっても可愛い妖精ちゃんで、
確かに夏場にチルノが隣にいるだけで涼しくなりそうですよね・・(笑)
ま・・チルノは・・・その・・頭があんまりよくないもので加減というものを知らないから
ちょっと褒めちゃうと、すぐに調子こいて、隣の人をカチンコチンの氷漬けにしちゃうのかも
しれないですよね・・(笑)

でもそんなおマヌケさんでちびっこで可愛いところは、まさに素敵な可愛い妖精さんという感じですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3126-aea65595
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |