プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


原型師・宮川武氏の個人ブランド「T`s system」の東方フィギュアについて記事にさせて頂くのは今回で3回目・・・
我ながら「またか・・」と思ってしまうのですけど、
その①にて、霊夢・魔理沙・アリス・射命丸文を取り上げ
その②にて、レミリア様と早苗さんを記事にさせて頂きましたけど、
あれれ・・・誰か一人大切な御方を忘れていませんか・・・??
そう・・・! 言うまでもなく八雲紫様! ゆかりんです!!

この「T`s system」の東方フィギュアは、残念ながら全キャラが商品化されている訳ではなく、本当に限られたキャラしか
商品化されていないのですが、
ゆかりんがその数少ないキャラなのに、
まさか・・・ゆかりんを無視するなんて・・・・そんなのできる訳ないっすよねぇー―ー!!(笑・・)

そんな訳で今回取り上げさせて頂くキャラは、満を持して、ゆかりん! 八雲紫様です!!

宮川武氏は、フィギュア原型師なのですけど、その宮川氏の個人ブランドとも言える
フィギュアサークルでは最大手の「T's system.」が制作した東方フィギュアも本当に素晴らしい作品が
多いですよね!
これまで、グリフォン・キューズQ等の東方フィギュアをこのブログでもご紹介をさせて頂いておりましたが、
宮川氏の「T's system.」の特徴は、そうですね・・・・
私の感じ方なのかもしれないですけど、なんとなく「アニメ調」というのか、いかにも「美少女」というのか
お菓子系のちょっとふわふわ美少女フィギュアという印象があり、
とにかく「可愛い!!」という雰囲気だと思います。
また、「服のしわ」を大変丁寧にフィギュアとして再現されていて、その辺りも「芸が細かいなぁ・・」と
本当に感心させられますね!

ゆかりんフィギュアについては、これまでにも、グリフォンとかキューズQなど既に何度も語らさせて頂いているのですけど、
どちらかというと「おっかないスキマ妖怪」とか「威厳」とか「美しき策士」みたいな雰囲気が濃厚で
どちらかというと「圧倒的な存在感」みたいな紫様が多かったようにも思えます。

そんな中、上記で述べた「お菓子系=美少女=アニメ調」を得意とする宮川先生が果たしてどんなゆかりんフィギュアを
創造されたのでしょうか・・・?
私・・とっても気になります!(By「氷菓」~千反田える・・・)

実は・・・・とてつもなく可愛いかわいいまさに「美少女」みたいなゆかりんがそこにいたのでした!!




紫様



こちらは、1/6サイズの八雲紫様、ゆかりんです!!

宮川氏のコメントでは、
「この作品の完成品がとてつもなくよくできていて、とてもびっくりしました。
自分が塗装したのと区別が付かないレベルでした・・・・」との事ですけど、
まさにご本人様自身が大満足の作品という感じですよね!

「T`s system」の東方フィギュアシリーズですけど、
チルノ・早苗さんが幾分「憂い」を感じさせ、大人っぽい仕上がりを見せてくれ、
霊夢・魔理沙・あややがいかにも「元気溌剌のかわいらしさ」を見せつけてくれ、
アリス・レミリア様がお人形さんのようにとっても可愛い雰囲気を見せてくれ、それぞれが素敵な雰囲気で
魅了してくれたのですけど、
このゆかりんは、とにかく文句なく可愛い! とにかく可愛い! 「ゆかりんが可愛すぎて生きていくのが辛い・・」を
まるで絵にしたような雰囲気に満ち溢れていると思います!

八雲紫様、ゆかりんは、
幻想郷最古参の妖怪にして、最強の妖怪の一人であるのですけど、そうした背景もあるのかとは思うのですが、
グリフォン・キューズQ・グッドスマイル版の紫様のフィギュアはどうしても「最強妖怪の威厳」みたいなものが
ベースになってしまうのかとは思います。

だけどこの宮川先生のゆかりんフィギュアは、そうした従来までの「東方フィギュアの常識」をまさに
ひっくり返すかのような可愛い仕上がりで
なんか早苗さんじゃないけど「幻想郷のキャラたちは、フィギュアであろうと常識に囚われてはいけない世界なんだなぁ・・」と
しみじみと感じてしまいますね。




紫さま


邏ォ繝サT3_convert_20160824020901



他のゆかりんフィギュアは、どちらかというと・・「スキマ妖怪」としての雰囲気を全面に押し出した結果、
「確かに格好いいし、美しき策士ではあるのだけど、ちよっとなんか近寄りがたいよね・・」みたいな雰囲気も
決してなくは無かったと思います。
三月精にて、あのポンコツ光の三妖精たちが初めてゆかりんを見た際にガタガタと足が震えていたみたいな
感じなのかもしれません。
「T`s system」におけるゆかりんは、傘も折りたたんでスキマは見せず、
なんかふんわりとした可愛い雰囲気に溢れていると思います。
お顔全体が幾分ですけど、丸みを帯びていて、その丸みがふんわりとした雰囲気を醸し出しているような
感じもありますね。

いや―――、こんな可愛いゆかりんは、ゲームでも漫画でも他社のフィギュアでもそんなに見たことは無いですので、
ある意味大変貴重だと思います。
ゆかりんって実は「髪のリボン」が本当は可愛いのですね!
だけど、一般的には、「怖い」とか「少し近寄りがたい」みたいな雰囲気も決してなくは無いせいなのか、
リボンの可愛らしさがあんまり伝わっていないような感じもあるのかもしれません。
だけど、このゆかりんの場合、左右に2個づつの合計4個の髪をまとめているリボンがなぜか目立っているようにも
感じられ、しかもこのリボンがとっても可愛らしく感じられるのが実に素敵だと思います!

このシリーズにおいて、レミリア様も少し後ろをひねって作られているせいか、
「腰のくびれ」みたいなものがとっても大人っぽく感じられたのですけど、
こちらのゆかりんも、背中~腰のあたりが少し色っぽくも感じられます。
スカートは紫色のロングスカートなのですけど、お尻のあたりのシワの寄り方がちょっと色っぽくて
やっぱり素敵ですよね!!

紫様は別名「境界の妖怪」とか「スキマ妖怪」とか呼ばれていて、
要は・・・神出鬼没と言う言葉がぴったりとくるかのように、どんな場所から場所へと瞬間移動が可能で
または手とか足とか体の部分だけを別の空間に出没させることも可能という凄まじい能力もお持ちの御方です・・・
そしてこの能力は、幻想郷内に留まらず、
幻想郷内と外界とか地上と月界とか幻想郷内と冥界とか地上と地下奥深くの旧地獄とか
はたまた・・・現実と夢とか
現実の見た目の世界と絵画の中とか、とにかく紫様の「境界」というのはほぼ無限大という感じてもありますから、
まさに無敵といっても過言ではないとてつもなく圧倒的な強さと力を有している妖怪なのだと思います。

そんな訳で、八雲紫様は、基本的には、「妖艶な成人女性」とか「大人っぽい」とか「ミステリアスな雰囲気」という
イメージの方が絶対にしっくりくると思います。
「少しおっかない・・」とか「威厳」とか「偉容」を感じさせる雰囲気の方がゆかりんらしくて、
いかにも幻想郷の賢者とか知恵袋とかヒロインみたいな「強さ」をイメージさせるものだと思います。

だけど、こういうとにかくふんわりと柔らかく、明るい雰囲気のゆかりんを見るのも
全然悪くないと思います!

やっぱり、ゆかりんは最高ですね!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

とっても少女なゆかりん!

ゆかりんフィギュア、とってもかわいいですね!!
ふわっとしたスカートがよりゆかりんのかわいらしさとか少女っぽさを引き立てていると思います。
こういう「少女っぽいゆかりん」も最高ですね!!

大人っぽいゆかりんも、もちろん素敵ですし、
少女っぽいゆかりんも、とってもかわいいし、
とにかく「ゆかりん最高!!」という感じですね!!

このゆかりんフィギュアは初めて見ましたが、
とっても女の子っぽくてかわいらしいですね!

今年の7月に描いた、私の「水着ゆかりん」は
大人っぽい雰囲気で描いたけど、このフィギュアを見ると、「今度は少女らしいゆかりんも描いてみたいかも」という気持ちになってしまいました…。

素敵なフィギュアの紹介記事をありがとうございます!!

どちらのゆかりんも素敵です!

アミグリ 様


今回の記事のゆかりんフィギュアはとにかくとっても可愛いゆかりんですね!

うちのブログの東方記事は、なぜかゆかりんの事を書く機会が大変多いせいか、全く知らない方が読んでしまうと
「東方の主人公は八雲紫というスキマ妖怪なのか・・」みたいに感じるかもしれないですね・・(笑)
私は、大人っぽいゆかりんも大好きですし、少女っぽいゆかりんも大好きですし、
どちらのゆかりんも大好きですね!
アミグリさんの作品の中でも、先月のサンセットゆかりんとか私のお誕生日等の記念日の水着ゆかりんみたいな
大人っぽいゆかりんも大好きですし、
以前、藍と共に掲載させて頂いたあの少女の恥じらいみたいなとっても可愛いゆかりんも大好きですよ!

是非是非先日のチルノ同様、ゆかりんもどんどん描いて頂きたいと思いますし、とても楽しみです!
(でもくれぐれも無理しないでくださいね!)
確かにアミグリさんが描かれる少女の雰囲気もゆかりんも是非見たいですね!!

こんにちは。
これまたかわいいゆかりんフィギュアですね^^
ゆかりんだと、確かに近寄りがたい大人っぽい雰囲気と、
超越的な雰囲気を漂わせているイメージですが、
こうなってみるとひたすらにかわいらしいですね。
大人っぽいものをかわいく、かわいいものを大人っぽく、
こういった発想がなんとも素晴らしくて、楽しいですね^^

可愛いゆかりん

八咫烏 様


フィギュアの世界もイラストの絵師の方同様に、制作者側の意図によって同じ素材を使用しながらも
ガラリと表現スタイルが異なるというのは珍しい事ではないのですけど、
このゆかりんフィギュアに関しては、まさにそうした事の典型事例だと思います。

そうですね・・

私は、こういう可愛いゆかりんも大好きですし、威厳のかたまりみたいなゆかりんも大好きですし、
両方大好きですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3121-2c497db6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |