プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うちのブログの東方語りにおいては、神子の名前は頻繁に登場してくるのですけど、
物部布都の名前は、あんまり出てこなかったですね。
こいしちゃん語りの際に心綺楼におけるこいしゃんへの見ていて気持ちの良い程の負けっぷりとか
グリフォンフィギュアで登場したぐらいなのかな・・?
だけど、実はこの布都は結構前から語ってみたいキャラの一人ではありました。

物部布都というと、初期の頃の「策士」というイメージは・・そうですね・・・現時点では既に
崩壊しているのかも・・・(苦笑・・)
そうですね・・・どちらかというと、素直で騙され易いお人好しで思い込みが激しくというかアホの子みたいな
印象すらありますよね・・・
結構勘違いも多いし、早苗さんが「私は神様!」と名乗ると、自分を天界に迎え入れに来たと勘違いした事に示唆されるように
意外とお人よしみたいな所もありそうですね。
「東方心綺楼」におけるこいしちゃんへの負けっぷりは見ていてとっても気持ちのいいものでした・・・(笑)

神子と布都の関係性って、同士でもあるし部下でもあるし従者みたいな感じなのかな・・・?
後述しますけど、神子にとって布都はある意味「恩義」を感じている存在でもありますので、
ゆかりんと藍みたいな絶対的な主従関係とは違うし、永琳様とうどんげちゃんみたいな師弟関係とも違うし、
早苗さんと神奈子・諏訪子みたいな親子関係に近そうな関係とも違うし、
そうですね・・
どちらかというと一見主従関係っぽくも見えるけど案外と相互補完関係と言うのかウィンウィンの関係みたいな
ゆゆ様-妖夢とかレミリア様-十六夜咲夜の関係性に近いと言えるのかもしれないですね。

今回なんでまた急にこの「物部布都」の事を書きたくなったかと言いますと、
これ理由は単純明快なのですけど、この後改めてご紹介させて頂きますが、当ブログがいつも本当に
お世話になっているアミグリさんが2012年9月に描かれたこの「物部布都」のイラストが
とにかく・・・も―――――!! あまりにも可愛くて可愛くて仕方がなくて、このイラストを一発で好きになってしまった・・
否! アミグリさんが描いたこのイラストにまさに「一目惚れ」(??)状態を起こしてしまい、
「そうだ! アミグリさんが描いたこの布都のイラストを是非是非いろんな人たちに見て欲しい!」
「もしかして・・・ポンコツ管理人同様、あの素敵なイラストを見て、一目惚れとまではいかないにせよ、
布都とか神子とかひいては東方の世界に一人でも興味を持って頂ける人が表ればいいなぁ・・・」
「ま・・布都は近いうちに語りたいキャラであったし、ま・・この機会に丁度いいかも・・」と思い
今回、「東方語り」において何回かに分けて「物部布都」の事を語らさせて頂きたいと思います!

それと・・・・

私自身はアミグリさんのブログ「dream fantasy」は、一応一通りは目を通してきたつもりでいたのですけど、
実際は違っていましたね・・・
最近になって、「あれぇーー、この記事読んだことない」とか「実はこのイラスト初めて見た!」とか
「あらあら・・アミグリさんには、こんな素敵なイラストも過去に描かれていたんだぁ――!」みたいな「発見」(?)を
することも多々あり、
今回取り上げさせて頂く「物部布都」もその一人でした!
アミグリさんには、ホント・・・怒られてしまうのかもしれないですけど(笑・・)
2012年9月に描かれたこの布都を見つけた際は、とにかくとっても嬉しかったですし、ハッピーな気持ちになれましたし、
今さら言うのもなんですけど、あのようなとっても可愛くて魅力満載の布都を描けてしまうアミグリさんは
「やっぱりすごいな・・」と改めて感心させられたものでした!!

さてさて、「東方Project」の素敵なすてきなキャラなのですけど、
中には「歴史上の実在の人物」を元ネタにしている事例も幾つかあったりもします。
例えば・・藤原 妹紅→藤原 不比等の娘が元ネタとか、実在人物ではないでけど、永遠亭の輝夜は、
竹取物語のかぐや姫をモチーフにしているとか、
またまた、秦こころは「秦河勝」が作成したお面から派生したものとか
確かに色々とありますし、この辺りは「東方の素晴らしき多様性」を示唆している話だと思います。
そうした中で、最もわかり易い事例というのが、東方神霊廟と東方心綺楼で大活躍を見せた「古代人」3人衆なのだと
思います。
豊聡耳神子の元ネタは、なんとあのあまりにも有名な聖徳太子!ですし、
(というか・・・東方の世界観においては、あの聖徳太子ですらあんなにも可愛い女の子になってしまいます!)
物部布都の元ネタは、仏教と神道の争いの中、神道派の急先鋒でもある「物部守屋」の妹とされる布都姫ですし、
蘇我屠自古の元ネタは、蘇我馬子の娘でもある蘇我刀自古郎女でもあります。
神子・布都・屠自古の古代から蘇ったこの3人の御方たちは、今現在では、一応は仲良く(?)道場にて修行中という事で
あるようです・・・
あれれ・・・そうなると・・・ある程度古代史をお分かりの皆様の視点から見てみると、
「え―――、仏教伝来以降、朝廷内でくすぶり続けていた仏教推進派の蘇我氏が元ネタの蘇我屠自古と
仏教に絶対反対で日本古来の神道を頑固に改心する仏教反対派の物部氏が元ネタの物部布都が
つるんでいるなんて絶対にありえなーい!」と思われるのかもしれませんし、
ま・・歴史の上では、蘇我氏と聖徳太子によって滅ぼされ歴史の舞台から姿を消した物部氏が元ネタのはずの
物部布都が実は背後で聖徳太子を遠隔操作していたなんていう「東方ネタ」は、
まさに、初代プリキュアのなぎさではないですけど、「ぶっちゃけ、ありえなーい!」という感じになってしまうのかもですね・・
だけど・・
そんな歴史上の事実とか背景なんかをかるーーーく超越してしまい、新しい世界観を創造し、
あの歴史に名高い「聖徳太子」すらも「豊聡耳神子」なんていうとっても現代風の可愛い女の子になってしまうような
「東方Project」の自由自在・変幻自在・ストライクゾーンの広さは、まさに「素晴らしい!!」としか言いようが無いと思いますし、
まさに早苗さんじゃないけど
「幻想郷は常識に囚われてはいけない世界ですね!」を遺憾なく具現化したものだと思います。

ちなみにですけど、山岸涼子先生の「日出処天子」においてでは、
聖徳太子の妻は刀自古で、刀自古の実兄の蘇我蝦夷の妻が布都姫という設定になります。
そして山岸先生の漫画の上では、聖徳太子は布都姫が大嫌いで、刀自古は、兄の蝦夷が布都姫と結ばれるのが嫌で
色々と策略を仕出かし、結果として・・・布都姫と蝦夷の逢瀬を妨害したばかりでなく、
ニセ逢瀬のお誘い手紙を蝦夷に差出し、夜の闇である事をいい事に蝦夷を騙し、
結果的に刀自古は実兄の蝦夷の子供を宿してしまい、これが後に「山背大兄皇子」となります。
更にいうと、この漫画のクライマックスシーンにて、布都姫は、蝦夷との間に子供をもうけ、産んだ後に命を
落すのですが、その子供こそが「蘇我入鹿」なのです。
つまり・・・・、結果として、山背大兄皇子は入鹿に討伐されてしまう訳なのですが、
蝦夷の子供二人は、のちにですけど弟が兄を殺してしまうという因果応報になってしまっています。
歴史上の背景とかはたまた山岸先生の漫画を知った上でこの「東方Project」を知ってしまうと、
本当に・・・「東方の世界はストライクゾーンが広いよな・・」と痛感させられてしまいますよね!!

さてさて・・・東方における布都のバックボーンについて簡単に語らさせて頂くと・・・

聖徳太子以前の日本の宗教というと、「八百万の神々の国」といいう伝統に相応しく「神道」が一つの
国家的宗教みたいな雰囲気もありました。
そして聖徳太子が生まれる少し前に中国大陸より「仏教」が伝来し、
これが意外と日本の権力者においては好評で、時の権力者である蘇我氏など仏教に傾倒する有力豪族も
かなり出てくることになります。
そうした新興の仏教勢力に反発を覚えていたのが、既存の宗教勢力の「神道」を崇拝していた物部氏という事になります。
大陸から伝わった仏教の受容を巡って、ここに蘇我氏と物部氏の間に戦乱が発生する事になります。
屠自古はその時点では当然ながら蘇我氏側の立ち位置です。
そして言うまでもなく布都は物部氏の立ち位置です。
だけど・・!
この東方の世界では、物部氏=神道崇拝、だから、布都は神道の信徒という図式にならないのが
まさに東方たる所以ですよね!
(歴史的事実と山岸先生の漫画においては、布都姫は、神社の巫女さんです・・・)
物部氏に生まれた布都は大陸から伝来してきた仏教には当然ながら馴染めず、
神道というよりは、むしろ神道の理論を究極に推進したような「道教」を実は信仰していたのでした!
同時期だと思われるのですが、神子=聖徳太子も、実は・・・この道教に傾倒をしていたのでした。
なぜかと言うと、道教という考えは、基本的には一般民衆の宗教とか民衆を救うための教えと言う訳ではなくて、
時の権力者の能力を更に高めさせるのに適しているというのか、絶対的な自然=宇宙のパワーを自分一人のものに
してしまおう・・みたいな考えでもあるのです。
そして、道教の最終目的は「不老不死」でもあり、同じく権力者の豊聡耳神子も道教に魅せられるというのも
これはある意味自然な流れであったのかもしれません。
だけど・・・神子は気が付きます・・
「道教というものは日本の国家を治める道具としては馴染まない」という事に・・
なぜかというと、人並み以上の能力を元々有している者にとっては道教は魅力的な宗教なのかもしれませんが、
これを一般民衆に開放してしまうと、
「俺も、オレも・・」みたいな感じで、力を付けていき、力を身に付けた権力者を倒すためにそれ以上の力を
身に付ける必要があるという事で、いわば・・導師同士のパワーのインフレ状態と言うのか、
結果として「力で持って力を制す」という事にもなりかねず、神子としても
「これは国家統治のためには使えない・・・」と判断せざるを得なかった訳なのです。
そして、同時に神子はこうも考えていたのです・・・
「仏教と言うものはある意味国家を統治するのに意外と使いやすい道具である」とも・・・
つまり、仏教と言うのは、目指すべき方向性は、「苦しみからの解放」です。
そして確かに現世利益も大切だけど、それと同じくらい死んだ後の「救い」も大切と説き、死後の世界で救済を得るためには
まずは現世で無茶な生活をせずに、思いやりと慎みをもった生活を心掛けなさい・・・
そしてそのためにも現世での「諦観」もある程度は必要・・・
そういう仏教の「政治道具としての利点」をいち早く見抜き、仏教の教えを広めることで世の安泰を図るのも
悪くは無いと考えていたのです。
その一方で聖徳太子=神子は、「道教」の圧倒的な力を欲し、政治的に仏教を利用し、表面的に仏教を厚く信仰していると
みせかけておいて、実は・・・裏では「道教」の尋常ではない力を欲していたのです!

その際に陰で糸を引き、策略を画策していたのが物部布都なのです。

そしてある時、布都は、神子にとある提案を持ちかけます。
それは国を治めるために仏教を表面的に広め、裏で自分たちは道教徒として道教を信奉し、
仙術をあやつり不老不死を得た人、すなわち「仙人」を目指そうではないかと・・!
その結果として、本来、物部布都は、物部氏側り立ち位置のはずなのですけど、
影で物部守屋等をたぶらかし、物部氏を扇動して蘇我氏との間に乱を発生させ、
その結果・・・、なんと自分自身の出身の家すらも自滅させ、神子と共に蘇我氏を操ることで仏教は
日本国内に広まっていく事になるのです。

つまり・・・布都は、この時点ではどちらかというと・・・策士というよりは「悪女」みたいな感じでもあったのかな・・・?

仏教と神道のどちらを信仰するかで国が割れた時代において、
神道を信仰し廃仏派であった物部氏は、蘇我氏との宗教戦争に敗北し滅亡するのは前述した通りなのですけど、
実はその裏には物部の姓を持ちながら、聖徳太子神子と蘇我氏に味方し
歴史の影で操っていた人物がいたのです!

それが実は物部布都だった! というのが東方におけるバックストーリーなのです!

そうですね・・・その後の展開とか
長いお眠りから目覚めた後の物部布都の可愛いポンコツ振りと勘違いさん振りについてとか
蘇我屠自古との関係性について
ここのその①で語ってしまうと、とてもじゃないけど終わらないので、その辺りはその②・その③あたりで
語っていきたいと思います。
ま・・・結論から先に行ってしまうと、物部布都はこうした初期の頃の「策士」とか「悪女っぽい雰囲気」は、
幻想郷でお目覚め以降はすっかり崩壊してしまい(?)
そうですね・・今現在は「うっかりさん」というイメージの方が強いのかも・・・??


→その②に続く・・・・







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとにかく文句の付けようがないまさに完璧な物部布都を描かれた御方は・・そう! 言うまでもなく
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この素敵な布都は2012年9月にアミグリさんが描かれたものです。

冒頭でも書いたのですけど、このアミグリさんの布都のとってもとっても可愛いイラストに触発されて
布都の事を書く気になってしまいましたので、
アミグリさんのそうした「人をその気にさせちゃうお力」は相当なものがあるのかもしれないですよね・・・(笑)

先ほど布都の事を、策士とか悪女っぽいとか書きましたけど、
このアミグリさんのイラストからはそうした策士としての雰囲気よりは、
幻想郷でお目覚め以降の「ちょっとドジな布都ちゃん!」みたいな雰囲気がとってもよく出ていて、
私、このイラストとっても大好きです!!
だって・・・
本当に可愛いだもん・・!!
私が大好きなポニーテールキャラというのも大きいとは思うのですけど、
やっぱりこの「可愛らしさ」というものを見る人のハートにストレートに感じさせてしまうアミグリさんの
「表現力」が大きいのかなとも思ってしまいます。

設定の上では、神子と同じく復活の際に服装を現代風にアレンジしたとの事ですが、
神子がいかにも現代風の聖徳太子にアレンジしたのに対して
新しいものが苦手な布都は現代風をいまいち分かっていなかったようで、
中途半端な服装になってしまったらしいというのが設定上での話との事なそうですね。
だけど、
アミグリさんが描かれるこの布都は、古代衣装らしい形式美と現代の「可愛い」という感覚が
とっても見事に融合されていて、
やっぱり「この布都、とってもいいなぁーーー!!」と見れば見るほどそのように感じてしまいますね!!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

最後に・・・「東方心綺楼」における布都VSこいしちゃん戦における布都の「負けっぷり」がなぜか
個人的には印象的です。
アミグリさんが描かれた「こいしちゃん」は、本当に素敵な名作が一杯あるのですけど、
私は今年の「こいちゃんの日」にアミグリさんが描かれたこのこいしちゃんが特にとっても大好きです!!

この素敵でまるでフィギュアみたいなこいしちゃんをご覧になりたい方は是非こちらから!! → 5月14日はこいしちゃんの日♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

あ~~、わたくし、このあたりの歴史は、学びましたです…
でも、聖徳太子が、おにゃのこ!!!なんか、素敵な世界ですね!
おおうッ❤物部布都姫…かんわゆううううううい!!!
歴史の授業の参考にまでなるとは!!!(>ω<)❤
東方、すんばらしいッ!!!
今日もひとつ、お勉強になりました!!!

聖徳太子も女の子になってしまう!!

Baby pink amy 様


そうなんですよ!!

歴史に名高いあの「聖徳太子」ですら、東方は獣耳が印象的なとっても可愛い女の子に
しちゃいますから、まさに「何でもあり!」の素晴らしき世界だと思います!!

この布都は「ポニーテール」という事もあり、私も大好きなキャラの一人です!
アミグリさんが描かれた布都が可愛すぎます!!

歴史の上では、布都の物部一族は聖徳太子によって滅ばされてしまうのですけど
「そんなのしったこっちゃない!」みたいな東方の世界観は素敵ですよね!

東聡耳神子が気になって画像検索してみました。
絵でよく見る実際の聖徳太子とかなり違くて、
凄いですね!
猫耳みたいなものも付いてるし、
やんちゃっぽいです(^_^)

布都 のイラスト可愛いですね。
爽やか感じがします!

神子

kirakiya.rumari 様


いつもコメント頂きありがとうございます!

また、神子についても興味を持って頂きとっても嬉しいです。

ちなみにですが・・神子のあの猫耳は、あれはあれで神子のヘアスタイルなんですよ・・(笑)
あれってモチーフは、聖徳太子が制定した「十七条憲法」の一節・、「仏法僧(ブッポウソウ)」と啼く鳥、
すなわち、インドオオコノハズクという鳥をモデルにしたものです。
神子は常にヘッドホンを付けていますが、あれは、「10人の声・意見を同時に聞く」能力は有しているものの、
常時そうした声が耳に入るとうるさくてかなわないから、必要ない時はヘッドホンを付けることで
声自体を遮断しているとの事です。

そうですね・・・本人自体は、意外とノリが軽くておちゃらけたような感じもあるのが
実に楽しいです!

布都のイラストも褒めて頂きありがとうございます!
あの可愛いイラストを描かれた方もそのお言葉を聞くと、とっても喜ばれると思いますよ!

kirakiya.rumari 様のブログでは「蠍シリーズ」が完成されましたけど、
次回の作品もとっても楽しみにしていますよ!


イラストの紹介、ありがとうございます!!

私の布都イラストを気に入ってくださって、と~ってもうれしい限りです!!
そして、布都語りと、イラストの紹介もしていただき、ありがとうございます!!

あの布都はまさに完璧だと思います!!

アミグリ 様


何をおっしゃいます! いやいやうちのブログのあの「布都語り」はアミグリさんが描かれた
あの素晴らしい完璧とも言える「布都」があったからこそ、
布都について書いてみようと思ったものですし、あの記事の生みの親こそが実はアミグリさんなのですよ!!

本当に今回は素敵でとっても可愛い布都のイラストの転載を快諾して頂きありがとうございました!

私はアミグリさんが描かれたあの布都がとっても大好きですよ!
それと次回のチルノもとっても大好きです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3120-5a5d0ec5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |