FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3/24の「ドキドキプリキュア」は本格始動という感じですね。
やっと全員が勢揃いし、真琴が「マナ」と名前で語りかけるのに象徴されるように
メンバー間の垣根が取れつつあるように思えます。
やはり、元々3人の幼馴染に、一人の異次元出身者が元々の仲間たちとどのように
仲良くなっていくのか、信頼関係が構築されていくのかというのは
「フレッシュ」の時のせつなと他の幼馴染3人との関係に似ていますよね。
もっともせつながイースからパッションとして目覚めたのも、第24話以降ですので、
早い段階から、幼馴染3人と異次元出身のソードが仲間になった「ドキドキ」は
この先どういう展開を経るのだろうと考えるとかなり興味深いものは
あります。
六花は、真琴をまだ「剣崎さん」と他人行儀のようにしていますし、
(正妻ポジションの六花さんの視点から見ると仕方がないかも・・・)
ありすも同様に「真琴さん」と呼んでいましたから、いち早く真琴との関係が築けた
マナ以外の2人が真琴といかに打ち解けた関係になれるのか、
「アイちゃん」とは何者なのか、この辺りがまずは序盤の見せ場という感じなのかも
しれません。

この「アイちゃん」というのは、「フレッシュ」でいう所の「シフォン」ポジションなの
でしょうね。
そう言えば、アイちゃんの声優さんは表記されているのに対して、
先週あれだけ見せ場があった王女の中の人の声は表示されていませんから、
もしかして、アイちゃんと王女はイコールか、アイちゃんがどんどん成長し王女の記憶を
取り戻していくのか
どちらかなのかもしれませんよね。単なる予想ですけど・・・

アイちゃんの中の人は、今井由香さんですが、この方はSSの時に「霧生薫」役で元々
出ていましたが、途中で何らかの理由で声優さんが交替していました。
(プリキュアシリーズにおいて、主要登場人物の途中での声優さんの交替は、このケースだけかも・・)
SSの薫の役を最後まで全うできなかったのは、結構悔いがあったのかもしれませんよね。
だけど今井さんは、その後もプリキュア5からドキドキまで必ず一回は声優さんとして
出ていましたので、今回のアイちゃんの役でSSの時の「悔い」を
取り戻して欲しいものです。





だけど、今回のドキドキは突っ込み所満載でしたね・・・

アイちゃんの登場シーンなんかは、まさに突っ込み所のオンパレード状態でした。

だけど、六花さん以外誰も突っ込まない・・・
やはり六花さんは、「ドキドキ」の中の唯一の「突っ込み役」任命という所なのでしょうね。
というか、六花さんのあの突っ込み振りは、ルージュやサニーにも負けない感じです。
歴代プリキュアの中では、「ボケ」は数多く存在するのですけど
「突っ込み担当」は貴重な戦力ですので、その意味でも六花さんの未来は前途洋洋ですよね。

何かオールスターにて、
突っ込み役としての悩み相談をりんちゃんにする六花という光景が
目に浮かんできそうです。

マナも何か歴代ピンク系の「アホ」要素を少しずつ発揮し出していますが、
「決めるべきところは決める」というのがさすが伝統のピンク系ですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/312-a31d545f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |