プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


25.福岡第一高校


B/スラヴ舞曲 より 第2集 第9番、第10番、第15番 (A.ドヴォルザーク )



福岡第一高校の松澤先生は、オールド吹奏楽ファンの方ならご存知の通り、1987年まで
中村学園女子高校を長い間指揮・指導をされていて、スペイン奇想曲・コッペリア・パリの喜びなど数々の名演を
私達に聴かせてくれていて、普門館の聴衆を魅了されていたと思います。
その中でも特に1986年の「パリの喜び」はまさに中村学園を代表する歴史的名演であり、
同時にこの演奏こそが吹奏楽コンクールで今現在も忘れることなくこの曲が自由曲として演奏され続けている
まさに「パイオニア」でもありますので、
松澤先生の功績は本当に素晴らしいものがあると思います。
そして・・・ま、今でこそ「女子高チーム」なんて正直珍しくも何ともないのですけど、
「女子高チーム」がまだまだ珍しかった1970年代において、「女子高ブランド」を普門館に定着させたパイオニアのお一人が
就実高校の村松先生と並んでこの松澤先生なのだとも思います。

松澤先生は、1987年のコンクールを最後に中村学園を離れ、福岡第一高校に引き抜かれてしまうのですけど、
松澤先生の実力を持ってしても、全国大会出場まで4年掛りましたので
やはり「全国大会出場」というのは本当に並大抵の事では出来ないものですよね!
中には、大変古い話ですけど、名門・天理から近大付属に引き抜かれた谷口先生は、結局はその後一度も
全国大会に出場を果たせなかった無念さを考えると、
やはり優秀な指導者を引き抜いたからと言って、必ずしも甲子園とか普門館への出場が保証されている訳ではない!
という事なのかもしれないですよね。

本当に、吹奏楽コンクールは難しいものですよね・・・

さてさて・・松澤先生指揮の中村学園というと、これはあくまでも個人的なイメージなんですけど
なんかダーダー吹きというのか、全体的に音楽がレガート奏法気味というのかリズム感が少し甘くて
サウンドが少しベタベタしているみたいな印象もあったりします。
それがいい方向に向かうと素晴らしい名演になるのですけど、
音量面等のコントロールを失うと、例えば1987年の中村学園のように演奏が破綻してしまう傾向にあるような
感じもありました。
面白い事に、そうした中村学園時代の松澤先生のある意味「クセ」というのかパターンを
そのまんま福岡第一でも適用したみたいな雰囲気もありまして、
確かに学校名は違うのですけど、
福岡第一高校の演奏を聴くと「あ! やっぱり松澤先生らしい音楽じゃない!」と感じてしまいますね。

福岡第一としては全国大会初出場という事になるのですけど、
ヘンな緊張感とかプレッシャーもあまり感じられず、とってもナチュラルでのびのびとした演奏を聴かせてくれていて
そのまっすぐで温かい雰囲気にはとても好感を感じたものでした。
課題曲B/コーラルブルーは、いかにも松澤先生らしいダーダー吹きが炸裂のちょっとベタベタした感じの演奏に
なってしまい、部分的・・・特に後半がかなり音量過剰であったのは残念でしたけど、
「音楽としての盛り上がり」は十分で、説得力はあったと思います。
自由曲は、多分誰しもが一度は耳にした事がある大変な名曲ですし、特に第10番の「知名度」は抜群のものが
あるとは思うのですが、
そうした「誰もが知っているメロディー」を照れることなく堂々と情感たっぷりにしっとりと歌い上げていた
その姿勢は高く評価されるべきだと思いますし、第15曲の音楽的盛り上がりも素晴らしかったと思います。
9番のティンパニ奏者の打点がビシッ!と決まっていたのも大変印象的でした!
正直・・・「銀と銅のちょうど中間的な感じだな・・」とも思っていたのですけど、
結果的に銀賞に落ち着き安堵したものでした。

2年後の歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲の内省的な感じもとっても素晴らしくて、
こちらの演奏も大変強く印象に残っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3115-1562258b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |