プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うーーんと・・・・正直「評価」は思いっきり分かれそうな回でもありますし、
「プリキュアたちが変身したのに全然戦わない」とか
「なに、この番外編的な感じは・・・」とか
「関西方面の毎年恒例のお休み回に配慮した、特段全体のストーリーに影響を及ばさないお遊び回だから
仕方がないか・・」みたいな感想をお持ちになる方も多いのではないのかな・・・とも思うのですけど、
私としては、「これはこれでアリでいいんじゃないのかな・・?」という感じですね。

というのも、これは以前既に語った事でもあるのですけど、
2012年のスマイル以降、13年のドキドキ・14年のハピネスチャージ、そして昨年の姫プリと
そうですね・・・・プリキュアシリーズとしては、ここ数年テーマが高尚とかテーマが少し難解とか
ストーリーが少しゴチャゴチャしているみたいな感じも決して無いわけではなくて、
その辺りがここ数年の視聴率とグッズ販売にも影響を与えているような感じもありますので、
「よーーし、今年の魔法つかいはスマイルの頃の路線に少し戻して、見ている人達が
文句なく楽しめる内容にしよう!」という路線になっているような気もいたします。
そうした路線下においては、今回のような第29話の番外編的みたいなお話は、むしろうってつけという
感じもありますので、
私としては「これは全然OK!」という感じでもありますね。
このブログを古くからご覧になっている方の視点では、
「あれれ・・最近のあのポコツ管理人は、ハピネスの頃のようなあのとてつもなくボリュームのある熱の入った
プリキュア記事を書いていないじゃん・・」みたいな事を思われる人も、もしかしたらいるのかもしれないのですけど、
それは違うのです・・・・
あくまで今作の「魔法つかいプリキュア」が比較的「娯楽作品」という事にウェイトを置いているため、
「娯楽作品」に対して「今までのようなシリアス感想記事もヘンじゃない・・・」という事で
わざとシリアスに書いていないだけなのです・・・
(ま、その分と言っては何なのですけど、そのプリキュアカテゴリで有り余ったエネルギーを
東方カテゴリにて炸裂させている・・・みたいな感じがあるのかもしれないですよね・・・笑・・)
ま・・とにかく今年のプリキュアは、ここ3年ほどのプリキュアと少し路線が異なるライト級という事もありますし、
私自身も「スマイルプリキュア」がとっても大好きな事でわかる通り、こうした娯楽作品としてのプリキュアも大好きですので、
今年に関しては、あまり難しい小理屈をこねるのではなくて、
とにかく・・・見た感じそのものを楽しく感想を簡潔に書いてみたいと思っています。
(もちろん・・・ドキドキやハピネスみたいなああいうシリアス路線の作品も大好きですよ!!)







今回の話の中では、唯一本編として「動き」が多少はあったのが、
ことはちゃんが校長先生から命じられて、「エメラルド」についてお勉強をさせられている程度だけ
だったのかな・・?
ことはちゃんの鉢巻がとっても可愛いし、なんかあれは「バンダ」みたいでした。
その鉢巻の文字は、なぜか・・・魔法界の言葉ではなくて日本語で「必勝」というのも
なんか笑ってしまいました。



c18071c8-s_convert_20160823152838.jpg



今回の私の一番のお気に入りシーンは、魔法使い・リコちゃんがねずみのみらいを「お姫様抱っこ」
しているシーンでした!
あのシーン、とっても可愛いです!
私も是非是非・・・! あんな可愛いみらいをお姫様抱っこしたものです!!
ちなみにですけど・・・・
私自身は、色々と事情がありまして・・・実は結婚式も披露宴もパーティーも指輪も
何も無いない状態での「新婚さん」状態ではあったのですけど、
箱根温泉旅行でのベコニア園来園時に「レンタル衣装付のウェディング写真お撮りします!」というイベントを
たまたまやっていて、
「ま・・・式もあげなかったから・・・写真だけでも撮ろうか・・」という事になり、ここでウェディング写真を撮る事に
なったのですけど、カメラマンから
「はい、ご主人! ここで彼女をお姫様抱っこして!」といきなり無茶振りをされて、
しぶしぶ「お姫様だっこ」したのですけど・・・・
あれは・・・・結構大変なものです・・・
うちの奥様はかなり体重は少ない方なのですけど、「お姫様抱っこ」というのは、持ち上げる方は
かなり腰に来ますね・・・(苦笑・・)




72251240-s_convert_20160823152801.jpg




あ――――、前作の姫プリに続いて今年もあの「プリキュア音頭」が登場しましたね!

前作においては盆踊りで使用されていましたけど
(東せいらさんの粋な太鼓叩きが印象的です!)
今作においては、まさか・・・シンデレラの「舞踏」として使用されていました!
しかも・・・まさかまさかの・・バッティーさんやヤモーたち復活幹部が揃っているというのに・・・
プリキュアたちもちゃんと変身しているというのに・・・
今回は「戦闘」を全くしないで「踊り対決」というのもとっても楽しかったですね!
プリキュアの姿になっているのに戦わないというのは極めてレアなケース・・・
あ・・・そう言えば、初代【MH】においては、シャイニールミナスなんて、変身したはいいけど
ほとんど戦わないで逃げ惑うばかり・・・なんてのも何度かはありましたね。

そう言えば・・・舞踏会の場にさりげなくジュンたち補習組もいましたね・・(笑)


7cc7b226_convert_20160823152721.jpg



それにしても「シンデレラ」は歴代プリキュアにとってはまさに「鉄板ネタ」ですよね!

歴代シリーズの本編においては、今回のモフデレラを含めて3回シンデレラがネタとして使われました。

一番最初は、プリキュア5、二回目がスマイル、そして今回が3回目という事になるのですけど、
スマイルの場合の王子はなんと・・・れいかさん!でした!
そして今回の王子役は校長先生なんだけど、肝心のシンデレラはクマのぬいぐるみ・・・(笑)

考えてみると、王子とシンデレラの役が「若き男女」という事でもっとも正統派だったのが、
王子がココでシンデレラがのぞみという「プリキュア5」でしたね!
やっぱり・・・のぞココはある意味プリキュア史上最大のカップリングとも言えますよね!
そうですね・・ヘンな話ではあるのですけど、ハピネスのめぐみがブルーと結ばれる事は、誰がなんといっても
「絶対反対!!」としか言いようがないのですけど(苦笑・・・)
のぞみとココだったら・・・
「ま・・・・しょうがないね・・・」「もしも、ココがパルミエ王国での王位をナッツに譲ってココがのぞみの世界に
ずっと滞在するというのならば、のぞみとココは認めてあげていもいい・・」と
なんか妄想してしまうのですよね・・・
ブルーはダメでココは可というのも・・・うーーむ、これはココの「人徳」というものなのかもしれないですね・・・(笑)

最後に・・・・

話はなぜか「吹奏楽コンクール」になってしまうのですけど、
今回ネタになった「シンデレラ」は、プロコフィエフのバレエ音楽の作品としては、
吹奏楽コンクールの自由曲ではすっかりお馴染みの曲であり、2015年現在既に全国大会で計12回も演奏されています。
出雲一中・大社中などのような素敵な演奏も多いのですけど、
私としては、1993年の兵庫高校の演奏に魅かれるものが大ですね!
兵庫高校の演奏は、全体的にリリカルでまさに「魔法使い」に相応しいファンタジー溢れる演奏を聴かせてくれていて、
ラストの「真夜中」における12時の時計の秒針の描写を原曲の「ウッドブロック」ではなくて、
「スネアドラム」を使い、結果として大変骨太のラストシーンを聴かせてくれています。
兵庫のあの演奏は、前半の抒情的な雰囲気と後半の壮大なファンタジーの対比がまさに「ドンピシャ!」で
とっても素晴らしかったです!
あのファンタジーは、まさに・・今回の「魔法つかいプリキュアの壮大なお遊び感覚に近いと言えるのかも
しれないですね。
そして更に余談ですけど、その後明石南高校も兵庫高校と全く同じ編曲者の楽譜を使用して
全国大会に臨んだのですけど、
明石南の方は、前半の歌い方がよく言えば丁寧、悪く言うと流れが悪く、
俗にいう「流れる水は腐らない」と真逆の方向性に向かったような演奏になっていました。
(前半の音程不調も惜しまれましたけどね・・)
同じ編曲者の楽譜を使用し、同じような・カットと演奏個所を演じながらも、音楽の方向性が全然違うというのも、
これは・・・プリキュアとか東方に限らず
「多様性の素晴らしさ」を示唆するものなのかもしれないですね。

さてさて・・・次回のお話は、プリキュア恒例の「夏休みの宿題が終わらなーい編」・・・・

4年前のポンコツ先輩たちは5人中4名が「補習」を食らっていましたけど、果たして
今回、みらいはどうなってしまうのでしょうか・・・?
そして・・・・
みらいはナシマホウ界の学校の宿題もちゃんと終わらせているのでしょうか・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プリキュア3度目のシンデレラ

今回の話は、プリキュアシンデレラシリーズ第3弾となる訳です。シンデレラはモフルンでしたが、のぞみ、みゆきに続けばみらいが妥当に思ったのに…。魔法つかいはうらら、やよいに続きリコ、王子様はコージ(ココ)、れいか、そして校長でした。みらい、ことはが演じたネズミ、スマイルでは日産コンビ(あかねとなお)であるうえ馬の役も兼任、「なんでウチらがネズミ/馬やねん」は笑えました。みらい・ことはについては馬にはなりませんでした。いじわる継母・姉妹が闇の魔法つかい3幹部だというのも、スマイルでのバッドエンド3幹部を彷彿させてくれました(5ではりん、こまち、かれん)。いじわる継母・姉妹役は3人ということで補習メイトでも丁度よい人数です。ちなみにシンデレラはノーブル学園祭の演劇でも、シンデレラと魔法つかいをそれぞれトワときららが演じていました。
この話で笑えたのが変身後で、フェリーチェだけがミニサイズということです。ミニサイズのまま変身というば、スマイルの11話があり、なおの虫嫌いが明かされる回でした。
「プリキュア音頭」といえば、前作の夏祭りで初披露、はるか/フローラが藍原ゆうきを叱咤する回でした。しかし「ダンス対決」といいながら盆踊り系の曲というのはどうかと…。
めぐみとブルーが駄目でのぞみとココなら認める…となれば、はるかとカナタ王子、マナとジョー岡田はどうかと思わず考えてしまいました。
次回はみらいが宿題を…といいます。数学以外なら何でもできるはずのみらいなら大丈夫だと思うのですが…。スマイルでは、みゆきが全教科、あかね、やよい、なおがそれぞれ英語、数学、歴史を苦手としていました。バッドエンド3幹部の罠のせいで宿題が間に合わず(れいかの手助けもありましたが)、補習を受ける羽目に…というオチでした。数学が苦手という、やよいとみらいの共通点もあります。

Re: プリキュア3度目のシンデレラ

鎌倉快速 様


そうなんですよ! まず私自身も「なんでシンデレラはみらいじゃないの・・!?」という感じでした!!(笑・・)

今作は「魔法つかい」というタイルだから、魔法使い役はやっぱりリコちゃんが妥当ですね。
みらいのネズミもとっても可愛かったですけど、ご指摘の通り、あかね&なおのコンビも楽しかったですね!
今回の話は、関西恒例の「プリキュア放映お休み」に配慮した毎年恒例の番外編的お遊び回でもありますので、
「プリキュア音頭」での舞踏会もありなのかも・・?
ま・・単なる武闘会にならなくてよかったのかもしれないですね。

そうですね・・・

ラブリー=めぐみ大好きの私としては、めぐみを失恋させて大泣きさせた原因を作ったあの神様は
多分未来永劫許せないのかも・・・??(笑)
ジョー岡田は胡散臭いけど、マナ=岡田はギリギリセーフ、はるか=カナタ王子は全然Ok!!という感じですけど、
六花にボディータッチした六花=岡田は完全アウトです! (笑・・)
プリキュアにおけるベストカップルは「めぐみ=誠司」で、
理想的な恋愛話は「ラブ=大輔」だと思います。

次回は・・・歴代先輩に負けない宿題エピソードに期待大です!

モフルン、プリキュアに変身するの、ちょっと期待していました。
う~ん、残念。
でも、バッティさんとか、幹部さんたちが、出て来て、面白かったです。
戦うだけが、お話しでは、ないですものね。
こんな回あっても、良いですね~

かしこ

夏休みの恒例

みかんゼリー 様


少し解説をさせて頂くと、毎年8月の第三週日曜あたりの関西エリアは、高校野球中継のため
プリキュアがお休みになってしまい、それを平日放映に振替していますので、
結果的に関東エリアとタイムラグが生じてしまい、このタイムラグが発生している期間の放映だけは
全体的にストーリーに影響を与えない番外編的な回にするというのが「お約束」に
なっているようですね。

私なんかは「え・・・なんでみらいがシンデレラにならないの・・?」とも思ったのですけど、
これは今秋の映画でモフルンがプリキュアになってしまうので、
まずは本編で一度モフルンをシンデレラにさせて視聴者に馴染ませておこう・・・
みたいな配慮があるのかもしれないですね。

バッティ―さんたちの姿が見れただけでも御の字ですね!!

こんにちは。いつも温かく素敵なコメント、生きるチカラをありがとうございます☆
ぬくぬく先生様の語彙が貧困…なんてありえな~い!ですよ!!ぬくぬく先生様の
魔法のお言葉で創作意欲がぐ~んとアップしている絵師様はたくさんいらっしゃる
と思いますし、些細な応援メッセージが刺激になって、いい雰囲気にも繋がると
思います!言葉一つで運命さえも変えられる…咲夜ものせられた1人かもですね。

拍手ゾロ目到達にも気付いてくださってありがとうございます☆
これは…皆様から愛される、と~っても素敵過ぎるブログを運営されている
プリキュア+東方だ~い好き!な管理人様のお力もあっての事だと思います!!
特にその管理人様しか知らないはずの隠し部屋にもかなりの拍手を頂いて
おりますし(笑)その管理人様が「わたし、わたし!!」とおっしゃっている
お姿を想像すると、とっても微笑ましいです♪

プリキュアは…モフデレラはとっても可愛いけど、やはりクマの姿のままでした
ね(笑)個人的には前哨戦なら人型になって欲しかった…!とキュアモフルンに
一目惚れした身としては思ってしまいました(笑)プリキュア音頭を踊り始めたり
色々笑いドコロも多かったですが、特に印象的だったのはリコのみらいお姫様
抱っこですね!個人的にはみらいの方が王子様なイメージが強かったのですが
リコもれいかのような凛々しい王子様が合いそうですし、シンデレラみらいも
シンデレラみゆきに負けない位、とっても可愛いでしょうね。
そして…お姫様抱っこは軽くても実際はとても大変なのだろうと思いますが、
奥様との心温まるエピソードも楽しく読ませて頂きました!

コスプレ写真は…全体の雰囲気がとっても可愛い、ショートがとってもよくお似合い、
才色兼備…等々褒めてくださりありがとです!またアリスのお人形さんらしい
雰囲気がとってもよく表れている、眩しいなんて…もったいないお言葉ばかりです!
着物は…成人式や卒業式以来着ていないと思いますが(笑)、あっきゅんみたいな
雰囲気、憧れます…!後、コスプレとは関係ないですが…吹奏楽記事でついに!
明石北高校の貴重なお写真も見れて嬉しかったです☆
水色のワンピース、ロングスカートがとても清楚でお嬢様な感じがしました。
キャラだったら誰が似合うかな…?みたいな想像もさせて頂きました(笑)


今まで茨歌仙が掲載されている雑誌については意識していませんでしたが…
まさかその雑誌の特集&表紙にまほプリがくるとは!!もうこれは両方好きには
たまらないですね!影響を受けた女子高生、華扇の活躍も紫様もとっても
気になります…!!かっこいいイメージのある華扇も三月精では
やはり可愛い系になりますよね。霊夢と早苗が双子で姉が華扇、母が紫様だったら
…夢のような素敵なファミリーですね!そんな姿も見てみたいです!!

私が描いた紫様、大人の魅力が満載と言って頂けとっても嬉しいです!!
ぬくぬく先生様のおっしゃる通り、永琳はしっとり、紫様は成熟…という
雰囲気がありますよね。また、たまたま同時に更新したルーミアを
可愛いかわいいと言って頂け、とっても素敵と言って頂け嬉しいです♪
やはり紫様は…「威厳」を感じるので、グリフォンフィギュアの紫様を
連想頂けとっても光栄です!宮川先生のフィギュア更新&
続くサイドに時計もある⑨(笑)の記事も楽しみにしていますね。

脳内妄想も楽しく読ませて頂きました!無意識にぬくぬく先生様の素晴らしい
霊感、ひらめきを引き出す事ができて嬉しいです!第2次月面戦争は…やはり
小説版ラストの未来永劫のプレッシャー、紫様の無血の大勝利…という感じ
でしたが、第1次の時は…。妖怪の数が増えすぎるのも、人間が減り過ぎるのも
問題…幻想郷を愛し、幻想郷のパワーバランスを誰よりも考える紫様故の
行動だったのかなぁと思います。また月面戦争、紫様…と聞くと、連想するのが
幽々子様!うどんげはともかくとして(苦笑)、永琳さえも腐りかけが一番美味しい、
と言っちゃうとは…幽々子様は本当にお茶目なお方です(笑)

お仕事の方は、余裕がある時期でのんびりお過ごしできたようで良かったです!
台風になると野外のお仕事は特に大変そうですね…。台風にもお気を付けて
お過ごし下さいね。最近こちらは涼しくなっていて、そちらでもそうだと
思いますので、引き続きご体調にもお気を付けてお過ごし下さいね。、
では読んでくださり、ありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3114-90ab0a37
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |