プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


24.浜松商業高校


D/メトセラⅡ~打楽器群と吹奏楽のために(田中賢)


この年は、まさに埼玉栄高校のシュワントナーの「・・・・そしてどこにも山の姿は無い」の歴史的名演に尽きる!!といっても
過言ではないと思うのですけど、
浜松商業の演奏も素晴らしかったですよね!
遠山先生は翌年の「トッカータとフーガ ニ短調」を最後に吹奏楽コンクールを勇退されてしまわれるのですけど、
結果としてこの年が最後の金賞受賞という事になっています。

課題曲D/そよ風のマーチは、なんかどの演奏を聴いても「そよ風」みたいな「爽やかさ」を感じさせてくれる演奏は
大変少なくて、
「グランドマーチ」みたいな大変勇壮なマーチの演奏になってしまう傾向が大変強くて、
そよ風ではなくて「ハリケーン」みたいな怒涛の行進曲になっているような感じの演奏が、
全国でも支部大会でも多かったなぁ・・という印象が私の中では強いです。
そうですね・・・職場の部のNTT中国のやりたい放題のテンポいじくり廻し&とてつもない強奏のある意味
珍演ともいえる「そよ風のマーチ」の印象が大変強すぎたせいもあるのかもしれないですね・・・(笑)

そんな中、浜松商業の演奏は、まさに「爽快」そのもの!

遠山先生の温和な性格もあるのかとは思うのですけど、演奏になんの力みも気負いも感じさせない
素敵な演奏だったと思います。
ああいう「さり気ない演奏」というのか「ちょっと気取った粋な演奏」みたいな素敵なマーチが出来る先生というのも
当時としては既に珍しい部類に入っていたのかもしれないので、
貴重な演奏と言えるのかもしれないですね。
あれはまさに・・・「楽に聴かせてくれる演奏」の典型と言えるのかもしれないですね。

そして圧巻は「メトセラⅡ」だったと思います。

課題曲のさりげない雰囲気とは対照的に、積極果敢な表現スタイルで、まさに「正攻法で攻め込む!!」みたいな
雰囲気で普門館の聴衆を魅了していたと思います。
課題曲とは対照的にとにかく豪快に鳴らしていましたよね!
だけどあの「鳴らせ方」は客観的に聴いていても「うるさい」とか「やかましい」とは少しも感じさせず、
むしろ「迫力」というか「心地よい響かせ方」みたいな「人間の五感としての快感」に繋がっていたと思います。
音楽の流れも大変スムーズでそのスピード感も申し分なかったです。
この「メトセラⅡ」の生命線は誰が何と言っても打楽器セクションの「粒のそろい」だと思うのですけど、
まさにそれが「ドンビシャ!!」という感じでした!!
メトセラⅡというと誰が何と言っても大宮ソニックでのあの全国大会初演の歴史的名演が
大変印象的なのですけど
(あの演奏を生で聴く事が出来たのは生涯の私の「財産」ですね!)
ヤマハ浜松にひけをとらない素晴らしい演奏だったと思います。

それと1991年の浜松商業で特筆したい点が一つあります。

浜松商業は「メトセラⅡ」については、実は2年前の1989年にも自由曲として演奏し、91年と同様に
金賞を受賞しています。
だけど、89年の演奏は、普門館での演奏を私も生で聴いていたのですけど、
正直に言うと・・
「全然未消化・・・音楽として成り立っていない」
「結果として勢いだけで金賞をさらっていったような感じ」
「打楽器セクションの粒が揃っていないし、打楽器と管楽器のバランスに配慮が欠けている部分があり過ぎ・・」
「結局何を言いたいのかよくわからない・・音楽が混然としすぎている・・」
みたいな印象で、とにかく音楽が雑然とし過ぎているという印象でした。

だけど・・・・

2年前の演奏の「経験」を十分活用し、更に磨きと進化を魅せてくれたのが1991年の演奏だったと
思います!
89年の演奏で物足りなかった「整然さ」と「スピード感」と「緻密さ」に精度を加え、
更に・・「勢い」が加味された素晴らしい演奏だったと思います。
そしてとにかく打楽器セクションの粒が揃っていても神がかり的な統一感が客席にも十分すぎるほど
伝わっていたと思います。
一応は「再演」と言えるのですけど、なんでわずか2年足らずであんなに「進化」出来ちゃうのでしょうね・・・!?

あれは本当に生で聴いていてゾクゾクとさせられたものですし、高校生の「進化」と遠山先生の指導力には
本当に頭が下がる思いでした!

同じ自由曲の「再演」と言うと、
どうしても最近は淀川工科の「自由曲のたらい廻し」というちょっと・・「マイナス」なイメージが強いのですけど、
考えてみると「再演」というのは、
一度演奏したけど、ちょっと不本意で後悔が残る演奏だったからもう一度リベンジしたいとか、
あの時は確かに良い演奏だったのだけど、あの時とは何か違う表現をしてみたいという
「プラス」の側面もあるのかとは思います。
例えば・・・
1985年の「ディオニソスの祭り」を少し不本意な演奏をした埼玉栄が1990年に同じ自由曲を再演して
その時はまさに素晴らしい演奏を聴かせてくれて、見事にリベンジを果たした事例も
あったかとは思うのですけど、
どちらかというと・・・
最初の演奏の方が印象が良くて、二回目の方は「最初に比べて少し新鮮味に欠けるな・・」みたいな演奏の
方が多かったような気もします。

そんな中、最初から2年後の再演ながら、素晴らしい進化と新鮮さを聴かせてくれた
この年の浜松商業の演奏は大変素晴らしいものがあったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは♪

この年の浜松商業の演奏は、県と全国を聴いているのですが、全国の方が
よりシンフォニックな作りになっていましたね。
特に課題曲は別物といってもいいくらいだったと思います。
県では他の団体と方向性が変わらないイケイケな演奏だったんですよ。
全国の演奏を聴いて他団体や県大会での演奏との差にビックリしました。
録音で聴くと序盤の木管のピッチがずれてますが、会場ではとてもよく響いていたのでそこまで気になりませんでしたね。

メトセラⅡ

ゆーすけ 様


浜松商業の「メトセラⅡ」は89年と91年の両方を普門館で直接聴いた者としては、
とにかく「89年のやや消化不良気味の演奏に比べると格段の驚異的進化」という印象が大変強いです!
全国大会では課題曲も自由曲もその絶妙なバランス感とサウンドの勢いは素晴らしいとしか言いようがないのですけど、
県大会の際は、全国以上に元気溌剌の演奏だったとは少し意外な感じもありますね。

遠山先生も県→東海→全国の過程の中で臨機応変に絶妙に「変化」を見せてきたという事なのでしょうね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3111-760f9d8e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |