プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


レミリア様ってとっても可愛くて素敵なんだけど、どことなく不思議な感じもしますよね・・!
古今東西、アニメでも漫画でも「吸血鬼」と言うと怖いとかホラーとか畏敬みたいな印象が強いと思うのですけど、
こんなに可愛くて魅力的な吸血鬼のおぜうさまだったら、
「少しぐらいなら血を吸われてもいいのかな・・」とも思ってしまいますね・・・(笑)

東方Projectの世界って実は結構「姉妹」もいたりします。
一番有名なのが、このレミリア様と妹のフランちゃんのスカーレット姉妹と古明地さとり様とこいしちゃんの古明地姉妹で
ある事は言うまでもない事だと思います。
他に姉妹と言うと、九十九姉妹・プリズムリバー三姉妹・秋姉妹・綿月姉妹なのだと思いますけど、
面白いもので、これはあくまで私個人の好みなのですが、
東方の姉妹の中では、レミリア様・さとり様・ルナサ・静葉と「お姉さん」の方が、どちらかと言うとより魅力を
感じるのかなというのがあったりもしますね。
ま・・・、「古明地姉妹」については、さとり様もこいしちゃんもどっちも同じくらい大好き!というのがあったりもします・・(笑)
綿月姉妹については・・・お姉さんの豊姫の方ではなくて、妹で、もしかしたら・・・東方で最強の無双振りを
発揮しているとも思える依姫の方が圧倒的に大好きです!
(ま・・依姫はポニーテールですしね・・笑・・うーーん、豊姫は・・・形式的といえども、あの紫様・・! ゆかりんに
土下座をさせた・・というのが、なーんかいまだに引っかかっているのですよね・・・)
そうそう、東方人気投票においては、スカーレット姉妹が属する「紅魔館」の中から毎年のように3人も
ベスト10にランクインを続けているのは、本当に凄い事だと思いますし、
まさにレミリア様と妹のフランちゃんの人気は「恐るべしっ!」という感じですね。
ま、もっとも・・・レミリア様にとって、今一つ引っかかっている事は、レミリア様自身の順位が
妹のフランちゃんに負け続けているばかりでなく、紅魔館のメイドの十六夜咲夜にも連敗続きという
事なのかもしれないですよね・・・

そうそう・・・レミリア様の妹のフランちゃんって、レミリア様に比べたら歴然としてるのですけど、
とにかく登場頻度が極端に少ないですよね・・
セリフなどを伴って登場した作品は「東方紅魔郷」と「東方文花帖」のみなのですけど、それでも・・・
東方人気投票では毎年確実にお姉さまのレミリア様よりも上位のランキングに居続けているというのも
ある意味凄い話ですよね。
あれ、なんでZUN神主様は、こうまでしてフランちゃんを徹底的に隠してしまうのかな・・?
なんか今のままだと「究極の箱入り娘」という感じになってしまいそうな予感も・・?
それとも・・・ZUN神主様の意向としては、
「もしも今後、東方の人気に翳りが見えてきてグッズ販売等に落ち込みが見られるようならば、その時のテコ入れの
切り札としてフランドール=スカーレットを登場させよう!」みたいなものがもしかしたら
あるのかもしれないですよね。
レミリア様は、現況500歳、フランちゃんは495歳という設定なのですけど、
いやいや・・・とてもとてもお二人とも5世紀近くも生きているとは思えないほどの「ロリ可愛らしさ」ですよね!
レミリア様なんて場合によっては「幼女」にしか見えない時も多々ありますからね・・(笑・・)

その②でも既に触れた事ではあるのですが、「紅魔館」自体も実は西洋の外界から建物ごとそっくり丸ごと
幻想郷に移住をしてきたという設定なんですけど、
ではなんでレミリア様たちは、吸血鬼=ドラキュラというと「ヨーロッパのとある古城」というイメージが定着してあるのにも
関わらず、「幻想郷」というある意味、日本の妖怪がうじゃうじゃといてある意味大変「おどろおどろしい所」に
移住を果たしたのかその「メリット」って一体何なのかな・・?とふと考える事もあったりします。
勿論、そのペストアンサーというのは「Yahoo! 知恵袋」のベストアンサー式に言うと、
「吸血鬼等の妖怪の勢力が、外界の科学技術の進歩という事で、そうした妖怪等の迷信が入り込む余地が
少なくなり、このままでは自分たちの存在意義が無くなり、消滅してしまう危険性があり、
外界から妖怪勢力を結集した幻想郷にある意味避難せざるを得なかった・・」という事になるのでしょうけど、
私の脳内妄想としては・・
「それもそうなんだけど、もしかしたらフランちゃんの精神状態という問題もあったのかな・・?」とも
思ったりもしています。
外界というのは、技術が飛躍的に進化し情報が溢れかえっている世界でもあるのですけど、
そういう環境下が、元々の精神状態が危ういフランちゃんにとっては決していい話である訳では無くて、
日々荒んでいくフランちゃんの精神状態を危惧したお姉さまのレミリア様が
思い切って建物ごとの幻想郷への移住を決断したという事になるのかもしれないですよね。
実際・・・東方の初期の頃の「東方紅魔郷」におけるフランちゃんの設定は、
発狂気味とか気がふれているという感じだったのですけど、
「東方文花帖」あたりになると、「情緒不安定」という描写にいつの間にか変容されていて、
何となくですけど・・
「あれれ・・・フランちゃんも幻想郷という新しい環境に移住をしてきたおかけで、精神面も安定化し、
徐々に落ち着いた感じになっているのかな・・」とも感じたものでした。
フランちゃんはよく「気が狂っている」とか「まともな会話が出来ない」とか言われたりもするのですけど、
否! それは明らかに違いますね!
それは、東方文花帖におけるフランちゃんと射命丸文のインタビューを見れば、一目瞭然だと思います!
ま、あややに対してのあの「ぎゅーーっとして・・」紅魔館に向けて落ちてきた隕石を破壊しちゃった・・と言うのは
フランちゃんのとてつもない能力を示唆していると言えますよね! 

東方公式漫画は現在のところ四つほど出ておりますけど、レミリア様は全ての漫画にご登場されているのに、
フランちゃんはセリフ有の登場は残念ながら一度もありません・・・(泣・・)
「東方鈴奈庵」においては、姉妹二人でチュパカブラを見ているシーンがあったりもしますけど、
とにかくあのシーンはとっても貴重なシーンだと思います。
それと・・儚月抄の漫画版の紅魔館パーティーの際に、輝夜の隣にいたのは多分ですけど・・・
あれ・・フランちゃんだと思います。
それにしても公式漫画版のレミリア様ってどのレミリア様もとっても素敵に描かれていますよね!
東方鈴奈庵はいかにも10歳程度の「幼女」という感じもするのですけど、同時に子供なんだけど「妖しさ」も
感じさせてくれるとっても素敵な描き方をされていると思います。
特に、チュパカブラを巡る霊夢との対話のレミリア様には、本当にゾクゾクとさせるものが伝わってきます。
対照的に鈴奈庵での十六夜咲夜は、長身でスレンダーな美人さんですよね!
儚月抄のレミリア様は、どことなくやんちゃな感じですよね・・(笑) 儚月抄のレミリア様は、やっぱり・・・・
ゆかりんに「いいように操られる程度の能力」という感じに相応しいような描き方をされているようにも
思えます・・・(笑)
公式漫画版で、個人的に一番「レミリア様らしいなぁ・・」みたいな描かれ方は「東方三月精」だと思います!
あのレミリア様は、まさに素敵な吸血鬼だと思います!
可愛いしどことなくミステリアスさも伝わるし、あれはとっても大好きです!
これは余談ですけど、霊夢はどの公式漫画版においても、あの「赤の大きなリボン」というトレードマークおよび巫女服という
大きな特徴があるせいか、どの霊夢にも「一定の共通的雰囲気」はあると感じられます。
魔理沙に関しては、これらの公式漫画版においては、かなりの描き方の「違い」が如実に出ていると思います。
正直・・・一番最初に「鈴奈庵」の魔理沙を見た時は、驚きました・・!
だってあの魔理沙は・・・・外界でゲームセンターにたむろしてそうないかにも現代風のちょっとヤンキーな魔理沙だと
思います・・(笑)
最近はあの魔理沙にも慣れてきて「うん、こういう魔理沙も全然ありじゃん!」と思いますね!
ちなみにですけど・・・
「魔理沙」と言うと、東方で一番最初に見た魔理沙の画像は、またまた個人名を出してしまい大変恐縮なのですけど、
当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人のアミグリさんが描かれたイラストであり、
私の中では、「魔理沙」というと、やっぱりいまだにアミグリさんが描かれた魔理沙になってしまうのですよね!
アミグリさんが描かれた魔理沙は、まさに魔理沙そのものだと感じます!

参考までに、アミグリさんが描かれた魔理沙のイラストの一例をご覧になりたい方は
こちらから・・・  →  魔理沙

もう一つ魔理沙!! →  キラキラ魔理沙!


なんか今回は話がそれまくりですね・・・(笑)

改めてですけど・・・レミリア様は本当にとっても可愛いですね!

前述の通り、レミリア様は500歳前後のご年齢なのですけど、外見はかなり幼く10歳前後なのかな・・?
口調は大人びている事が多いのですけど、外見はまさに「おこちゃま」そのものですからね・・(笑・・)
ま・・それを言ってしまうと、因幡てゐなんかある意味究極の「東方のロリ婆ちゃんうさぎ」という事になってしまうのかな・・??
レミリア様は、行動原理は外見同様、まさにおこちゃまそのもの!
だけどそこがいいのですよね!

レミリア様の東方ゲーム初登場は、「東方紅魔郷」なのですけど、
東方紅魔郷の異変である「紅霧異変」の原因を作り出した張本人がこのレミリア様です!
その異変とは何かと言うと、
要は昼間の日光が大の苦手で、昼間は活動を自粛せざるを得ず、夜しか遊べない事に不満を覚えた
レミリア様が、「私が生み出すことが出来る紅い霧を幻想郷に張り出してしまえば、
日光も幻想郷内に届かず、昼間でも真夜中みたいな闇に包まれ、昼間でも遊ぶことが出来るじゃん!」という事を思いつき、
幻想郷中に妖気に満ちた紅い霧を蔓延させ、この霧は外界にもその勢力を伸ばす寸前であった
という事なのですけど、
まさに・・!!
レミリア様の「おこちゃまらしい行動原理」を象徴させるようなお話ですよね!
結局、この異変は霊夢たちによって解決され、レミリア様はやっつけられてしまったのですけど、
そうですね・・・・
レミリア様は、別にこんな異変を起こさなくても、結構公式漫画においては、
博麗神社とか普通にお出かけされていますけどね・・・
(ま、勿論・・・日傘を差してあげる咲夜さんが常に横にいますけどね・・・)

さてさて・・・この、「東方紅魔郷」なのですけど、
紅魔郷6面初登場時におけるレミリア様の、紅い月をバックにしたステージ演出と魅力的なセリフは
とっても印象的でした!

この紅魔郷とレミリア様の弱点等については、今語ってしまうと、とてもとても収拾が付かなくなってしまいますので、
それについては次回の「レミリア様 その④」以降で語らさせて頂きたいと思います。

最後に・・・

その「東方紅魔郷」なのですけど、この一面ボスが、このプログでも既に何度も登場している
あのルーミアなのです!
ルーミアというと「そーなのかー」というあのセリフが大変有名なのですけど、
実はこのセリフが初登場したのが、この「東方紅魔郷」なのです!
ちなみにですけど、あややとのインタビューにおいては、ルーミアは「へー、そーなのかー」となっています。

霊夢:人は暗いところでは物が良く見えないのよ。
ルーミア:あら? 夜しか活動しない人も見たことある気がするわ。
霊夢:それは取って食べたりしてもいいのよ。
ルーミア:そーなのかー。

→こらこら、霊夢・・・異変解決の巫女さんが、妖怪の「人間食い」を容認しちゃだめでしょ・・とツッコミは入れたいですね・・(笑)

そうそう、ルーミアというと、手を左右に広げるあのポーズも有名ですね!
そしてあのポーズもこの「東方紅魔郷」にて魔理沙とのバトルで登場しています。

魔理沙:で、何でそんな手広げてるのさ。
ルーミア:「聖者は十字架に磔られました」っていってるように見える?
魔理沙:「人類は十進法を採用しました』」って見えるな。

→このあたりの魔理沙のツッコミもなかなかですね!





ru-mia-nanoda-00_convert_20160317165935.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても素敵なイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが今年の3月に描かれたルーミアです!!

ルーミアは「宵闇の妖怪」という事で「闇を操る程度能力」を持つという設定なのですけど、
周囲を闇で球状に包み込むことで昼間でも夜と同じ暗さにするというのが最大の特徴で、
要は・・・ルーミアの周辺にいる人達全てを一瞬で真っ暗闇に放り投げる事が出来るみたいなチカラです。
でもこれって結構厄介・・・・
あたりは何にも見えないし、
「あ・・・誰かいた・・」と思ってもそれが味方なのか敵なのかさっぱり分からないし
視界ゼロの状態に強制的にさせられてしまう・・という感じですね。
この闇に乗じて襲われるとひとたまりもなく、逃げ道すら見えなくなるそうですので、もしも・・・
妖怪同士連携して徒党を組まれて襲撃されたら・・・相当恐ろしいものはありそうですね・・・

だけど・・・・

ルーミアの場合、基本的に単独行動だし、
本当に・・・・「人を食うのか・・」みたいな幼い可愛い雰囲気ですし、
何よりも・・・
周囲を闇で包んでしまうのだけど
当の本人が・・・
本人も視界を奪われてしまう欠点があるのが少し抜けている所でもあります・・・
あたりは真っ暗闇なのですけど、ルーミア自身も実は・・・この闇の中では本人も何も見えていないとの事です・・
自分で闇を発動しておいて
実は・・・ルーミア自身も全く闇の中の自分の位置を把握できていませんし、
同時に、闇の外の様子も全く見えていないそうです。
だから・・・
あちこちで木にぶつかっている姿が目撃されているとの事です。
そして基本的には・・
あんまり人も襲わず、昼も夜もあてもなくふよふよと空を飛んでいるだけの事が多いとの事です。

ま・・・そういうちよっとおバカさんみたいな所とか可愛い容姿とかなんかが
人気の理由なのだと思います。

アミグリさんはこの「ルーミア」もかなり得意とされていて、過去においていくつものとっても可愛くて素敵な
ルーミアのイラストをUPされています。
アミグリさんが描かれるルーミアは、どちらかというと「可愛らしさ」をイメージさせたものが多いと
思うのですけど、
このルーミアはいかにも「闇の妖怪」みたいな雰囲気ですよね!
背景が少しおどろおどろしいのもかなり効果的だと思います。
ま、確かに「闇の妖怪」らしいのですけど、やっぱりアミグリさんが描かれるルーミアは、ルーミアらしいというのか
「可愛らしいルーミア」そのものだと思います!

アミグリさん! 本当にいつも素敵なイラストの転載をご了解して頂きありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

設定が面白いですね。
闇にしてしまう能力で、
自分も影響を受けるって事は
危なくてあまり使えない気がするんですけど、
そこはやはり使っちゃうんですね?
前の記事のいつも食べ物の話になっちゃう子も、
面白いですね。
会話してみたいです(^_^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レミリアが500歳だということを知ったときは、とても驚きましたね。
「こんなにかわいい500歳がいるのかっ!」と思いましたね…(笑)
でも、500歳というお年と、幼い外見のギャップがとても萌えるのがレミリアちゃんですよね!!

(少しどうでもいいことかもしれませんが、レミリアのことは、「レミリア」か「レミリアちゃん」と呼ぶことが個人的には多いかもです…)

そして、魔理沙の記事をふたつ紹介してくださり、
とっても嬉しいです!

ちなみに、原作STGの紅魔郷では、レミリアちゃんとフランちゃんにはまだ会ったことがないのですよね…(涙)

ルーミアのイラストを掲載してくださり、
ありがとうございます。

このルーミアは、いつもの私の作風と少し違うのですが、
こういう雰囲気のイラストも描いてみたかったので、
描いた記憶があります。

だけどやっぱり、「可愛いルーミア」の方が描いててしっくりくるような気がしますね!

ルーミアとゆゆ様


kirakiya.rumari 様


東方についてのコメントありがとうございます!

東方のキャラは本当に奥が深くて多種多様な人たちばかりなのですので
興味は尽きないですね。

一番最初に挙げられていたのは「ルーミア」なのですけど、この子は東方では「パカルテット」という
おバカキャラ4人衆に所属しています。
二つ目のゆゆ様は、幽霊なのに大食いというのが面白いですね!

カレー

鍵付コメ 様


いつもコメントありがとうございます。

いやいや、私は実はそんなに「アニメ」等は詳しくないのですよ・・
好きなジャンルが偏っていますので・・・(笑)
私は、頭はあんまり良くは無いけど、自分が興味をもった事を語るのは確かに好きですね。
だけど書き方があんまり上手くないせいか、なかなか的確には伝わっていないのかも・・

カレーは、はなまるみたいにいかにも「手作り感みたいなドロッとした感」がやっぱり
いいですね!

東方における呼び方・・

アミグリ 様


あの魔理沙は本当に素晴らしい完成度を誇っていますよね!

レミリアお嬢様が500歳と言うのは驚きですけど、そうですね・・例えば射命丸文が1000歳で
あんなにも可愛いというのですから、
まさに東方は常識に囚われてはいけない世界ですね!

考えてみると、東方の場合、なんか自然な感じでキャラの呼び方に変化がついてしまいますね。
私の場合、
霊夢・魔理沙・ルーミア・チルノ・妖夢・咲夜・布都・神子・こころ・光の三妖精・てゐ・アリスなどは
そのまんま呼び捨て
さとり・永琳・四季映姫・幽々子・レミリアあたりはついつい「様」付けをしちゃいますね・・・(笑)
そして、こいし・フラン・うどんげなんかはついつい「ちゃん」付けになってしまい、
早苗は、なんとなく「早苗さん」になってしまい、
紫は、紫様またはゆかりん、文はあややという呼び方になぜかなってしまいますね・・

ルーミアは確かに闇の妖怪ですけど、可愛くて笑顔の方が似合いそうなキャラですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3110-88a3223f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |