プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近のスクールバンドの若き奏者の皆様方に
「ジョヴァンニー二のコラールとカプリチオという吹奏楽オリジナル曲知っている?」と
質問しても、おそらく99%以上の方は「知らない・・」というでしょうね・・・・
ま・・そりゃ、そうでしょう・・現在ではほとんどいうか全く演奏されない「忘れられた吹奏楽オリジナル曲」の
一つと言ってもいいのかもしれないですね。

だけど、忘れてはいけない吹奏楽オリジナル曲の一つだと思います。

私が現役奏者だった1970年代後半から80年代後半においては、
ジョヴァンニーニという作曲家は、結構コンサートとか吹奏楽コンクールの自由曲として取り上げられる機会も
多い方の作曲家だったと思いますし、
「コラールとカプリチオ」以外にも例えば・・

〇ジュビランス

〇序曲変ロ長調

〇ファンファーレ、コラールとフーガ

などの曲が当時頻繁ではありませんけど、コンスタントに演奏されていた記憶があります。

だけど自分のような「オールド吹奏楽ファン」にとっては
ジョヴァンニーニというと何と言っても「コラールとカプリチオ」ですよね・・・
この曲、1960年代にはヤマハ浜松が自由曲として取り上げた曲でもありますし
他にもプリジストンとか蒲郡吹とか尼崎吹奏楽団のような名門チームなどが
これまでの所、計9回も全国大会で演奏されています。
ま、といっても最近では支部大会でも県大会でも全く演奏されず
既に「忘却の彼方・・・」という位置づけになっているかもしれませんよね・・・(苦笑・・)

だけどこのオリジナル曲、忘却されるにはあまりにも勿体ない曲なのですよね。

5分30秒前後のすごく短い曲なのですけど
「構成」が実に素晴らしいと思います。
タイトル通り、前半が金管を中心とする重厚なコラールで、
後半が、木管・金管・打楽器が巧みに絡み合う奇想曲的な曲想・・
その対比が実に素晴らしいと思います。
前半の金管の「威圧さ・厳格さ・緊張感」があるから、後半の「奇想天外さ」が非常に活きてくると
思います。
後半の「ブンガブンガ・ブンチャカ・ドンガコンガ・・」みたいなややぎくしゃくしたリズムの面白さも
大変面白いと思いますし、
何か奇抜に走り回っている印象が強いのですよね。
とにかく前半と後半の対比があまりにも極端で、その明瞭な違いがこの曲の一つの醍醐味なのだと
思います。
最近の吹奏楽コンクールの華麗な邦人作品とかラヴェルのダフニスとクロエとか
レスピーギの「ローマの祭り」に耳が慣れすぎますと、
かえってこうした昔ながらの「シンプル イズ ベスト」を立証したオリジナル曲をたまに耳にしますと
逆にすごーく新鮮なものを感じたりもします。

余談ですけど、1986年に「吹奏楽のためのコラールとカプリチオ」という作品が自由曲として中学の部で
演奏されていますが、あれは、ジョヴァンニーニではなくて、「シンフォニア・フェスティーヴァ」でお馴染みの
ランニングの作品の方です。

ジョヴァンニーニの「コラールとカプリチオ」をCDで聴く場合、正直あんまり音源がないのですけど、
今の所一番いいな・・と思うのは、東芝EMIから出ていた「吹奏楽オリジナル名曲選」の10枚組CDの
一枚に収録されていた演奏ですね。
録音は相当古いと思いますけど
いかにも「古き良き時代の吹奏楽」という感じが明瞭に伝わってきて
少し粗いけど私は好きな演奏です。
ちなみにですけど、この曲は、なんとあの山田一雄大先生も若かりし日に録音されています!
1960年~70年代あたりですと、山田先生とか、はたまた・・あの朝比奈隆大先生といった巨匠たちが
普通に吹奏楽団を指揮されて、普通にこうした吹奏楽オリジナル作品を演奏されていますから、
今現在の視点で見てみると、大変貴重なものがあったりもします!

吹奏楽コンクールというと印象的な演奏が一つありますね・・・
かなり古い話ですけど、1975年の大阪府の董中学校ですね。
この年は、当時の名門、兵庫県の今津中学校が5年連続金賞ということで関西大会不出場というラッキー(?)も重なり、
三木中学と共に全国に出場するのですけど
三木中と董中の二つの中学の指揮者が、当時はまだ珍しかった女性指揮者というのも
大変興味深いものはあります。
この董中の演奏は銅賞でしたのでレコードには収録されないものの
日本ワールドレコード社のカスタムテープで聴くことが出来、この演奏を持っていた友人に頼んで
このテープを借りてダビングしたのですけど、
一言で言うと「豪快な演奏」ですね・・・
金管バンドと聴き間違えるような金管主体の演奏ですけど
パワーと流麗なリズムとスピード感は中々楽しかったと思います。
当時のBJ講評を見てみると、
「木管16名 金管21名 打楽器7名」と記されていますけど、
なるほど・・・確かにこの編成では金管主体となってしまいますね・・・

またBJの中に当時の指揮者の東礼子さんの貴重なコメントが掲載されていて
こちらもかなり興味深いです。
東先生がこの中学に赴任当時は部員が10名前後の廃部寸前、しかも東先生自身は
音大のピアノ科出身で、吹奏楽指導経験は一切なし・・・
しかも楽器はポンコツばかりで
全てがないない尽くしから始まったのですね・・・
1975年の前年は、何と3年生が「受験」を理由にコンクール出場を辞退し、1~2年生のみで
コンクールに出ていたそうですね。
そして75年は、前年度に3年生がいないことの絶対的不利を悟った当時の3年生が
コンクール参加を決め、
全員一丸となって夏の厳しい練習を乗り越え、「手探りと手作りの音楽」で全国大会にたどりついたのですね。

この辺りは「吹奏楽コンクールには100の出場チームがあれば100のストーリーがある」事を
何か象徴させる話だと思いますけど
何か味わいものがあります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

大好物ですw

ジョヴァンニーニの曲は私も結構好きですね。
「ファンファーレ・コラールとフーガ」はウチの高校が1977年に自由曲として演奏してました。
個人的には、ジョヴァンニーニの曲で一番好きなのは「アメリカン・シナリオ」なんですが、音源がどこを探してもないんです。。。

一応、1977年の愛媛県大会中学校B部門で、伊方町立伊方中学校の演奏は持っていますが、アレはウマかったです。
アノ演奏でA部門に殴り込みかけられていたら、間違いなく代表だったと思います。(もちろんB部門県代表でしたよ)

コラールとカプリチオは、今治南高の定期演奏会で聴いたのが最初だったと思います。

どれも懐かしい曲ですね。

コラールとカプりチオ

なおりパパ 様


ジョヴァンニーニとか「コラールとカプリチオ」の話題を振っても
多分ですけど現役奏者の皆様は「なにそれ・・」ときょとん・・とした感じになってしまいそうなのですけど、
ジョヴァンニーニをよく分かっていらっしゃるなおりパパ 様のような御方から
素敵なコメントを頂けてとっても嬉しいです!

「ファンファーレ・コラールとフーガ」はまさに母校の自由曲だったのですね!

こうした「温故知新」みたいな曲でも忘れられずに後世まで演奏され続けてほしいものですね。

伊方というと・・あの原発のある所だったのですね。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3109-aaeb70d1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |