プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近、うちのブログでは「デート・ア・ライブ」の事をネタにしなくなっていますよね・・・

ま、2013年にアニメ化第一期が、そして翌年の2014年にアニメ化第二期が放映され、
昨年の2015年には待望の映画化も実現し劇場公開版が上映されていました。
そう言えば、昨年8月頃の当ブログの記事では、結構この「デート・ア・ライブ」の映画の感想記事みたいな事も
相当熱く語っていたみたいですね・・・

だけど、私の「デート・ア・ライブ」熱は全然冷めていないのです!

ま、確かに、アニメ放映も終了し映画化も実現しましたし、現時点で大きなイベントは無いのですけど、
実は、原作は既に第13巻まで達していて、
第12~13巻辺りでかなり大きい進展がみられて、原作では結構大変な事になっています。
では、どう大変な事になっているか、ここで語ってしまうと「ネタバレ」という反則行為になりますし、
なによりも・・・
「デート・ア・ライブ」の事をご存知ない方に、具体的にどのような事になっているか事細かく書いてしまうと、
それこそ大変な事になってしまいますので、
ここでは控えたいと思います。

2013年春先のこのブログでも散々書いているのですけど、私がこの「デート・ア・ライブ」という小説・アニメが
死ぬほど好きだというのには理由がありまして、
それはこの中のメインヒロインの一人の精霊・時崎狂三(ときさきくるみと呼びます。間違ってもきょうぞうではありませんので)が
とにかく死ぬほど大好き!!というのが最大の理由です。
そしてまたまたこの狂三の精霊に霊装した時のあのゴスロリ風衣装がとにかく大好き!!なのです!!

そしてこの時崎狂三のフィギュアに関しては、2014年にグリフォンから発売されていて、
2014年当時「この狂三のフィギュアだけは絶対に欲しい!」と思っていたので、2014年に思い切ってこれを購入し、
そのレビュー記事なんかもこのブログで散々書いてはいたのですけど、
なんと・・・・!
「デート・ア・ライブ」は、現在原作も大変な事になっていますけど、
2015年になんと・・・!
アルファマックス社から2014年のグリフォン版の完成度・精緻度をはるかに超越する素晴らしい仕上がりの
時崎狂三のフィギュアが発売されていました!!

うーーむ、正直・・・この2015年版のアルファマックス社の時崎狂三のフィギュアを見た際は、
「え――――っ、まじかよ・・・これなら2014年のグリフォン買わないで、もう一年待てばよかった!!」と
思いっきり後悔してしまう程の「完成度の高さ」がそこにはありました!!

しかも・・・・!!

このアルファマックスの方は「完全限定生産」で元々極めて少ない個数しか生産販売されていない上、
現在では当然、市場には全く流通していません!
そして、たまにアマゾン等で見かけても一体30000円以上の値が付いていますので、
ちょっと・・・当分手が出ないですね・・・・(泣・・)



DT_迢・convert_20160815191231



簡単にではありますが、2015年発売のアルファマックス版の時崎狂三のフィギュアの概要を記しますと・・・

商品名 : 時崎狂三

作品名 : デ-ト・ア・ライブⅡ

サイズ  : 1/7スケール 全高:約23cm

形態   : PVC製塗装済み完成品  オンラインショップ限定鍍金塗装仕様台座

価格   : 11800円(税別)

発売日 : 2015年11月予定

発売元 : アルファマックス


とにかく・・・この完成度は凄まじく高いと思いますし、実に精密だと思います!!

まさしく、精霊・時崎狂三が、華麗な神威霊装の姿で登場!という感じですね!

美しく流れるツインテールと翻るゴスロリ風のドレスもとにかく「優美!!」に尽きると思います!!




迢ゆク影a3_convert_20160815025523




DT_2迢・convert_20160815191328




縺上k縺ソ_convert_20160815191424



さてさて、時崎狂三なのですけど、
アニメ本編だけを見てしまうと、とち狂った人・・・毒蛾みたいな方・・みたいな印象を持たれがちで、
なぜならアニメ本編上では
狂三の真の目的・・・つまり・・・
狂三が所有する特殊能力の一つ、「時間を遡行する【一二の弾】」を使って30年前の過去へ行き、
ユーラシア大空災を引き起こした最初の精霊を抹殺することによって、
今までの歴史を改変し、現在の世界に存在している全ての精霊を「無かったこと」にする事は
あまり語られていません。
(ま・・・この辺りは原作のライトノベルを読まないと分からないです・・)
ではなぜ狂三は執拗に士道を追い求めるのか・・・なぜ士道を食い散らかそうと欲するのか・・・
それは士道の「キスによって精霊の霊力を吸収・封印し、
その霊力を自分のものとして行使することが出来る・・」などのような特殊能力を狂三自身の中に取り込むことによって
狂三の能力を向上させ、真の目的を達成させるための道具にしようとした事なのです。
それでは・・・狂三の能力とは・・・
なんで狂三は、何度も何度も殺されて死亡しているのに、すぐ蘇る事ができるのか・・・??
それについては、簡単に記すと狂三は「時間の流れを操る能力」という凄まじい特殊能力を有しています。
その「時間操作」という能力を可能にしているのは、狂三自身の背後に存在してる「刻々帝(ザフキエル」という
文字通り・・・巨大な時計です・・
刻々帝の長針と短針はそれぞれが古式の歩兵銃と短銃であり、
これに刻々帝の能力を込めて弾として発射します。
効果は時計の数字によって違い、自らの時間を加速させ、超高速移動を可能とする【一の弾(アレフ)】、
時間の進み方を遅くする【二の弾(ベート)】、時間を巻き戻して傷などを復元させる【四の弾(ダレット)】、
相手の時間を止める【七の弾(ザイン)】、
自身の過去の再現体を出現させる【八の弾(ヘット)】、
異なる時間軸にいる人間と意識を繋ぐことができる【九の弾(テット)】、
撃ち抜いた対象の過去の記憶を伝える【一〇の弾(ユッド)】、
時間遡行ができる【一二の弾(ユッド・ベート)】などがあります。

アニメ版を見ていると、狂三は、常に短銃で自身の頭をぶち抜き、自らを殺した次の瞬間に
新しい自分自身が登場しているみたいな印象がありますけど、
実際は・・・場面ごとに・・・必要な力を十二の弾から選択し、自身の頭にぶち込み
時間軸を遅くしたり、相手の時間を止めたり、
またまた過去の自分の「分身体」を呼び出したりと・・・ま・・、ホントある意味自由自在な戦いが
可能になります。
殺害されているのは全て刻々帝の【八の弾】で生み出された分身体であり、
分身体は狂三本体の影に無限にストックできるため、
狂三が何度殺害されても何度も蘇っているのはそのためなのです・・・・
だけどそうした能力は膨大なエネルギーを使用するために、多くの人間からエネルギーを吸収する必要があり、
狂三が何万人もの人間を殺害してるは、ここに理由があります。

興奮した際の「きひひひひ・・」という高笑いと「「ザァァァァァフキェェェェェル」というやたら語尾を伸ばす
あのトチ狂った様子はとにかくとてつもなく魅力的です!!




迢ゆク・_convert_20160815025345



今回の記事は、あくまでメインはアルファマックス版の時崎狂三のフィギュアなのですけど、
フィギュアの「精霊」としての狂三もとてつもなく妖しく魅力的なのですけど、実は、精霊に霊装する前の
人間体としての狂三もとてつもなく魅力的なのです。
人間体としての狂三は、第一期の第7話のみだと思われますので、これはこれでとっても貴重なシーンだと
思います。

と言うか・・・・

時崎狂三という「精霊」が普通の高校生の振りをして高校に転入してくるストーリー自体が既にぶっ飛びもの・・・
(ま、このアニメ自体、かつて1.5億人の人類が瞬間的に死傷する大災害となった「空間震」という災いを
引き起こすとされる精霊に対して・・・・
この精霊を武力でもって制圧するのではなくて
精霊とデートしてデレさせて、その能力を封じ込め・・・!!というぶっ飛び設定の、何でもありのアニメですからね・・)

だけど・・・

あの時崎狂三の転校時の初登場シーンは本当に・・・とてつもないインパクトがありました・・・

確かに外見は・・・・正統派の美人さんで、口調も「・・ですわ」が特徴的な上品な言葉遣い・・・
顔の左半分を隠す長い黒髪が一つの特徴でもあるのですけど、
ではなんで左半分を隠しているかと言うと・・・・
ま・・その・・・狂三の左目は・・・「時計」ですからね・・

しかも・・・主人公・士道に対する挨拶代りの第一声が・・・
「私・・・精霊ですのよ・・・」ですからね・・・

リアルタイムで最初にこのシーンを見た時は・・「なんて痛い子・・」・「でも・・・なんて驚異的に可愛いんだ・・!!」と
感じたものですけど
その後の狂三のトチ狂ったシーン炸裂とか
識別名・ナイトメアとしての精霊体としてのあの「毒蛾」にも似たようなあの衣装・・
興奮してくると「きひひ・・」と高笑いをしていく様子を目の当たりにして
そうですね・・・・
最初の頃の印象とトチ狂った精霊体としての狂三のすさまじいギャップに思いがけず
ハートキャッチされてしまい、
それが今現在にまで至っているという感じがあります。

第7話は・・・とにかく・・・時崎狂三の時崎狂三による時崎狂三のための回と言っても全然過言ではないと
思うのですけど
その中でも特に印象的なのは・・
ま・・・多分、誰もがそう感じると思うのですけど
あのスカートをまくしあげていくシーンですね!!

主人公の士道は、妹が指令を務めるラタトスク機関によって、常にインカムを装備させられ、
その指示を仰いだ上での行動というのが基本パターンなのですけど、
狂三に最初に何を質問するのかというテーマに対して
①朝言っていた事は本当なのか?
②狂三は前はどの学校にいたんだ?
③狂三は今日はどんなパンツを穿いているんだ?
という三つのパターンを用意し、ラタトスク機関内での協議の結果、まずは②で様子を探ろうという結論に達し
それを士道にインカムで指示を出す際に
間違って・・・妹の五河 琴里がこの時に限って・・・・③の指示を出してしまい・・・
士道は・・・本当に・・・
狂三に対して、③を質問してしまいます・・・

その際・・・狂三は・・・
平然とクールな顔で・・・
「そんなに・・私のパンツ見たいのですか・・」とぶっ飛び発言をした挙句・・・
スカートをスリスリと上にまくりあげようとしていったのです・・・

ま・・・あのシーン・・原作ではバッチリ見えてしまうのですけど
アニメでは・・・
ま・・確かに深夜アニメなのですけど、あまりにもエロ濃厚なので・・・
見えそうで見えない・・・という所で終ったのが・・・
今にして思うと残念です・・・!! (苦笑・・)



迢ゆク・_convert_20160815025424


迢ゆク雲convert_20160815025301



それにしてもこのアルファマックス版の時崎狂三は、やはり凄いな・・と改めて感心してしまいますね!

ツインテール・ゴスロリ風ドレス・ガーター・両手に持った歩兵銃と短銃・左目が金色の時計の文字盤とか
黒髪とかヘッドドレスとか
とにかく・・も――なんでもあり!!という感じなんですけど、
そうしたあまりにも妖しく危険な時崎狂三を見事に三次元表現していると思います!!

そうですね・・・・原作はまだ当面続きそうなのですけど、この狂三をメインキャラに据えたアニメ第三期は
あってもいいのかも・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。時崎狂三ですか。私はそのキャラクターを全く知らないのですが、とんでもなくすごいレベルのフィギュアですね。正直、見た瞬間、なんじゃあ、こりゃあと言ってしまいました^^;本当にフィギュアってすごいものだと、最近つくづく思うようになってきました。

ひえええ!自分の頭をぶち抜くのですか!(ⓞ◇ⓞ;)❤
かわゆいキャラながら、とってもハードなのですね!
そして、このフィギュア…かわいい~~~❤もろ、好みです!!
欲しい~~~ハートでも高い~~~(;-;)しくしく…
ちょっと、検索して、アニメの方を見てみますね❤
本日も、お勉強になりました!(=人=)❤

時崎狂三

八咫烏  様


そうなんです!

この「時崎狂三」のフィギュアは、フィギュアマニアの方からもその完成度の高さとか精緻さにおいて
高い評価を受けていて、べらぼうに評判は高いようですね。
まさにそうした高い評価がうなずけるもので、これは見ていても惚れ惚れとする素晴らしいフィギュアだと
私も思います。

だけど・・一体あたり価格が3万以上しますし市場にほぼ出回っていませんので、
入手が極めて困難というのが珠にキズだと思います。

デート・ア・ライブ

Baby pink amy 様


「時崎狂三」に興味を持って頂きありがとうございます!!

確かにこのキャラは、かなりぶっ飛んだ御方でありまして、とにかくトチ狂っていて、
危険極まりない人でもあります。
そして何よりも、狂三の衣装は、まさにBaby pink amy 様好みの「ゴスロリ」でして、
あれは・・・
動いている姿を見て頂けると、まさに「ため息」ものだと思います!
あのゴスロリ衣装は、まさに「夜に妖しく舞う美しき毒蛾」だと思います!
とにかく妖しくて美しいです!

ちなみにですけど「デート・ア・ライブ」というアニメにおいては、時崎狂三は、
第一期の第7話から登場し、第一期のDVDとしては第4巻から登場します!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3100-b005c9ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |