FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日「スマイルプリキュアコンプリートファンブック」を購入したのですが、
資料的な側面からも色々と興味深く楽しまさせて
もらいました。




声優さんがらみで面白かったのは、
ハッピーの声優さんは、最初はピース役のオーディションを受けた事とか
サニーの声優さんは、自身が関西出身という有利な条件なのに当初はマーチ役で
オーディションに臨んだとか、
色々興味深かったです。

こうした声優さんのオーディションで色々と難しいでしょうし、選ぶ方も判断に迷う事が
色々あると思います。
だって、水樹奈々ですら、ブロッサムを射止めるまで何度かオーディションに落ちたと
聞いていますし、井上麻里奈クラスでも、マーチ役を射止めるまで何回かプリキュアの
オーディションに落ちたと聞いています。
一方、ブルーム役の声優さんのように、声優経験が全くない人でも主人公として大抜擢される事も
ありますし、ドリーム役の人のように、少女っぽい役の経験が全くなくルージュ役として
オーディションで臨んでも、ドリーム役として採用決定けってーーい!!?という
場合もありますし、中々興味深いものです。

ルージュ役のオーディションでは、合格となった竹内順子以外では、のぞみ役・ミルク役の人も
オーディションに参加しており、ルージュ役は結構人気があったのですね。
のぞみ役の声優さんは、これまでは低音ボイス・少年の役が多く、のぞみのようにいかにも少女っぽい
甲高い声は初めての経験だったらしく、初期の頃は相当悩んだとの事です。
だけどルージュ役の竹内順子から
「私達はあなたが演じるドリームについていくから」と声を掛けられ
気持ちが吹っ切れたとの事です。
何かここにも本編さながらの「のぞりん」の関係があったのですね。

そう言えばキュアピーチの声優さんもオーディションでは気合が空回りし、散々な出来だった
そうです。だけど、「ピーチの声を務める人は、こうした人の方が合っているかも・・」との理由で
決定したとの事です。その分ピーチを支えるパインとベリーはベテランさんと言うか、経験と実績豊富な
方を採用したらしいです。

この辺りも色々ドラマがあって興味深い所です。

コンプリートブックを眺めてみると、
「あー、やっぱり「スマイルプリキュア」の主人公はハッピーなんだなー」と感じました。
その位、ハッピーがこの作品で占める大きさは相当高かったと思います。
それに、ハッピーは歴代プリキュアの中では、No.1と言っても過言ではない程の「可愛らしさ」が
ありますからね。
だから、今回のオールスターでも、ハッピーとハートが並んでも、とてもハッピーが先輩とは
思えないような感覚もあります。
何となく、キュアソードの立場から言うと、マリン・ハッピー・ピースを眺めていると
「こんなのでも一応先輩・・・」というぼやきが聞こえてきそうです・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/310-28c0980e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |