FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉では、木曜日の夕方六時半より「フレッシュプリキュア」が
再放送されています。
生での視聴が不可能なので(クビになってしまう・・・)
録画して見ているのですが、来週でいよいよイースがキュアパッションに
覚醒します。最大の見所といっても過言ではないと思います。

でもその一週前のシーン、例えば、
ピーチが暴走したナキワメーケを飛び越えてイースを抱きしめたシーンは
キュアピーチは「母性のシンボル→聖母マリアのイメージ」なんだなーと感じましたし、
名シーンだと思います。
(その点、のぞみは人間を超越した女神様みたいな存在なのかも・・・褒めすぎかな・・?)

パッションは、「情熱」という意味だと思いますが、
(ルージュの熱血的情熱とは少し意味が違うかも・・)
実は「パッション」という言葉には、贖罪とか、罪ほろぼしという意味も
あるそうです。

イースからパッションに覚醒した後は、しばしば、ウェスターやサウラーの挑発もあり
過去のイーストしての悪行の数々を思い出しては、
「本当に自分はプリキュアとして戦う資格があるのか」とか
「本当にラブと友達として接して良いのか」という事をしばしば悩んでしまいます。

でも、過去は過去として、悪行を重ねた自分を見つめ直しながらも
プリキュアとして戦いながら、
ラブ達と日常生活を楽しみ、幸せを自分なりにゲットしていくというのが
フレッシュプリキュアのメインテーマだと感じます。

過去においても、(あまり目立っていませんが)
スブラッシュスターの満と薫もそういう位置付けでした。
もっとも満と薫の場合、イースに比べて悪行を重ねたという印象はほとんどなく、
復活後は、どちらかというと仲間達を裏切ったことへの罪悪感に悩まされる点が
パッションとの違いかなと思います。

イース・満と薫の共通点は、
プリキュアを倒す目的のためにプリキュアに近づき、友人関係を構築する振りを
していたら、プリキュア達の優しさ・まっすぐな気持ちに触れ合っているうちに
本当に友達になつてしまったという事、
つまりミイラ取りが本当にミイラになってしまったという事
でしょうかね。

何となくですけど、満と東せつなの眼はそっくりだと感じます。
満が髪の毛を伸ばしたら東せつなになってしまいそう・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/31-5b906fc1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |