プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」という管弦楽曲なのですけど、
この曲ほど「クラシック音楽初心者」に向いている曲は無いんじゃないのかな・・・とも思ったりもします。
そうですね・・・・例えば、ハチャトゥーリアン/バレエ音楽「ガイーヌ」~剣の舞とか
ムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」とかボロディンの歌劇「イーゴリ公」~ダッタン人の踊りとか
ホルストの組曲「惑星」~Ⅳ.木星とかラヴェルのボレロとか
レスピーギの交響詩「ローマの松」~Ⅳ.アッピア街道の松とか
グローフェの組曲「グランドキャニオン」~山道を行く・豪雨などの曲と並んで
クラシック音楽の「夏休み親と子供のファミリーコンサート」の一曲として是非加えて欲しい曲の一つだとも
思います。

この曲、曲自体7分半程度と時間的にも飽きが来ない適度な長さですし、
冒頭の喧騒、そして前半のコールアングレの長大なソロで聴衆をうっとりとさせ、
中盤から後半にかけての楽しさ・激しさで盛り上げて、ラストも一気呵成に閉じるという感じで、
この曲を初めて聴くという方にもまさにお勧めしたい曲でもあります。
一言で言うと・・・いかにもイタリアの血気盛んな「舞曲」という感じの曲といっても差し支えは無いと思います。

「序曲」というと一般的には「歌劇」の前振りというのか、
そうですね・・お笑いの世界で例えると、メインの出演者が登場するまでの「前座担当」が場の空気を盛り上げておく・・
そうしたいわば「前祝い」みたいなものです。
この曲のタイトルが「ローマの謝肉祭」となっていますので、
「ふーーん、それじゃ、正式には歌劇"ローマの謝肉祭"序曲って言うんだ・・」みたいに勘違いをされる方も
いるかと思いますので、少し補足しておきますと・・・・
ベルリオーズには、作曲に大変な情熱と心血を注いだ歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」というオペラが
あるのですけど、これが興行的には大失敗!
莫大な借金を背負い込み、せっかく作曲した曲も演奏される当てもなく、まさに「トホホ・・」みたいな
感じに陥っていたのでした。
だけど歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」自体には大変愛着があり、
「この歌劇をこのまま忘れられた曲として埋もれさせるにはなんか勿体無いものがある・・」として
この歌劇の主要な旋律を引用して単独の管弦楽曲へと編集するアイディアを思いつき、
その成果がまさにこの序曲「ローマの謝肉祭」なのです。

だから・・・

この作品は、単独の演奏会用序曲であり、「ローマの謝肉祭」という歌劇は存在しませんし、
ましてや、歌劇「ローマの謝肉祭」序曲という曲は存在しません・・・

オーケストラの演奏会レパートリーとしては日本においても完全に定着した曲でもあり、
この序曲は恐らくですけど、かなりの頻度で演奏会に取り上げられています。
プログラムの一曲目としてはまさに「うってつけ」と言える一曲と言えるのだと思います。
やはりこの曲の最大の聴きどころは、前半のかなり長大なコールアングレのソロですね!
あの部分は、聴くだけでなんかうっとりさせられるような趣きがあると思います。
それとこの序曲のポイントは・・・・そうですね・・・私的には「2台のタンバリン」だと思います。

前述のコールアングレのソロが集結し、曲が騒々しくなってくると、
この2台のタンバリンと一つのトライアングルがトリオとなって華やかな響きを演出しています。
そうですね・・この2台のタンバリンとトライアングルの「シャカシャカ・・・」というリズム感は、まさに
三つの打楽器が見事に融合しているようにも聴こえたりもします。
何かあの部分は、いかにもこれから「祭りがはじまるぞー」みたいな雰囲気もあり、
私は結構好きですね。

タンバリンの奏法・叩き方は、基本的には・・・
①皮の部分を叩く

②全体を左右に揺すって振る

③皮の周囲の鈴の部分をこすってのロール奏法

の三つがありますけど、「ローマの謝肉祭」は基本的には①の奏法がメインです。

さてさて・・この「ローマの謝肉祭」以外で「タンバリン」が大活躍する管弦楽の曲って他に何があるのかな・・・??

ざっと思いつく限りでは・・・

〇ラヴェル/バレエ組曲「ダフニスとクロエ」第二組曲~Ⅲ.全員の踊り

〇レスピーギ/交響詩「ローマの祭り」~Ⅳ.主顕祭

〇ドヴォルザーク/序曲「謝肉祭」

〇チャイコフスキー/「くるみ割り人形」よりトレパーク

〇ホルスト/組曲「惑星」~Ⅳ.木星

〇リムスキー・コルサコフ/スペイン奇想曲

あたりかな・・・

そうそう、タンバリンというと、
ストラヴィンスキーがバレエ音楽「ペトルーシュカ」第四場の場面にて
ペトルーシュカがムーア人との喧嘩に負け、死の瞬間を象徴させる音として
タンバリンを使用しているのが中々ユニークです。
ストラヴィンスキーの指示は、
「タンバリンを両手で持って、床面に平行になるようにタンバリンを落としなさい・・」という
事なそうです。
この落下音が、ペトルーシュカという人形の首がもげる音と符合するとのことです。
勿論、ステージの床の材質とかコンサートホールの残響によって、高さの調整とか色々検討すべきことは
多いでしょうし、奏者は大変ですね・・・
実際にこの場面を演奏会と言うライヴで見てみると、あの瞬間は、まさに「ガシャッ!!」という壊れたような音が
かなり不気味に響きます・・・・

話をベルリオーズの「ローマの謝肉祭」に戻しますと、同じ打楽器を2台同時に鳴らすという曲も
意外と珍しいのかもしれませんね。
他には・・・レスピーギの交響詩「ローマの松」のアッピア街道の松では、クライマックス部分では
トライアングルが2台同時に鳴らされていたのが印象的です。
ベルリオーズで一番有名な曲と言うと、誰が何と言っても「幻想交響曲」なのですけど、
そうだ、この曲も・・・
第五楽章「ワルプルギスの夜の夢」においては、ティンパニ奏者2名 大太鼓奏者2名、そしてラストの最後の和音のみ
登場するシンバルも2人で鳴らしていましたね。
ちなみに・・・・第四楽章「断頭台への行進」も小太鼓は2名でのロール奏法で鳴らしていたのが
大変印象的です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3099-4bbe8e55
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |