プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


なんか「前半戦」の総集編みたいな印象でした・・・(笑)

これはあくまでも私の予想なのですけど、来週の番外編的ギャグ回を経て、ことはちゃんの転校生活を描いた後の
9月以降に、3人の「新たな試練」みたいなものが色々と起りそうな気がしてきますし、
その頃にラプーが言う所の「あの御方」の正体みたいなものもうっすらと判明していくのかも
しれないですよね。

あと少しの間は、みらいたちも魔法界での「夏休み」を目一杯楽しんで欲しいものですよね!

それと・・・

今回のプリキュアは、これは関東方面の方には関係が無い話ですけど、関西在住の方には
ある意味毎年深刻な(?)問題・・・・(笑)
そう! 関西方面の今回のプリキュアは、高校野球絡みでお休みで、確か・・・平日放送に振替を
されるのですよね・・・
そのせいか定かではありませんが、毎年この時期のプリキュアは、関西が一回お休みの時には
「物語の根幹にかかわるお話を関西以外にだけ進展させるのは・・・さすがにあかん・・」という事で
大抵の場合、ストーリーの根幹に影響しないような番外編みたいな形の「ギャグ回」みたいなものを放映するのですよね。
だけど、これは関西在住の皆様にも配慮したという事で、これは全然OKな話であり、
むしろ「大歓迎!」という感じですよね!

次回は、なぜか知りませんけど、またまたモフルンが主役の「シンデレラ」なのかな・・・?
これはもしかして映画の「伏線」でもあるのかな・・・?
校長先生も多分ですけど「王子役」として登場されるのかもしれませんけど、
なぜか・・・既に浄化され元の姿に戻ったはずのバッディさんたち三幹部も意地悪な義姉・継母という設定で
再登場を果たすようですね!
まさか・・・そのまんま、本編でも復活を果たすという事にはならないのかな・・??
先日のうちのブログの記事で「プリキュアショーでのもガメッツが限定復活」と記したのですけど、
まさかアニメ本編でもあの三幹部が「復活」するとは予想もしていなかったので、これはまさに「嬉しい誤算」
かもしれないですよね。

次回のお話は「シンデレラ」を題材にするようですけど、
それにしても歴代プリキュアは、「シンデレラ」と「ロメオとジュリエット」が好きですよね・・・(笑)
「ロメオとジュリエット」は初代【無印】のなぎさが演じ、姫プリでははるかが演じていました。
「シンデレラ」は、プリキュア5でのぞみが演じ、スマイルではみゆきが演じていました。
そしてスマイルにおいては、映画の中でも登場していましたね!
スマイルでの悪い義姉たちは三幹部が演じていましたけど、プリキュア5ではなぜか・・・こまちとかれんさんが
演じていたのがなんか面白かったです・・・(笑)

さてさて・・・どんな「シンデレラ」になるのか今から楽しみですね・・・!

さてさて・・・今回の第28話ですけど、とにかくメンバー全員の「成長」が目に見える形ではっきりと明確に提示されていて
特にあの魔法学校の「補習メンバー」の大きな成長には惚れ惚れとさせられるものがありました。
初登場の頃の「え・・・なにこのポンコツメンバーは・・・・お前ら、全員落第してしまえ―」みたいな印象すらあったのに、
今はまるで違いますね・・・
なんか初登場の頃とは別人みたいです。
だけど、そうした「成長」を心から喜びたい気持ちで一杯ですね!
何よりも・・・・あの「あたいっ子」のチルノじゃない・・・ジュンが、図書館で日々勉強しているとか
どの本がどの場所にあるのか大体わかるだなんて・・・・
全く初登場の時と比べるとまさに・・・「ぶっちゃけ、ありえなーーい!」という感じなのかもしれないですよね・・(笑)
忘れ物女王のケイが忘れ物をしないための工夫を自分なりに編み出していたり、
初期の頃はホウキにすら乗れなかったエミリが今では普通に魔法の絨毯で空を平気で
飛んでいましたからね!

なんかみんないつの間にか成長していたなぁーーみたいな印象ですね!

おっと・・・

補習組ばかりじゃないですよ!

もちろん、主役組のみらい・リコちゃん・ことはの「成長」も丁寧に描かれていたと思います。

ま・・・リボンの件で相変わらず負け惜しみを言うリコちゃんは「相変わらずだなぁ・・」と思うのですけど、
そうですね・・・
リコちゃんのああいう所は、最終回でも絶対に失って欲しくないなぁ・・とも思っています!

みらいは相変わらずですね!
プリキュア5ののぞみ大先輩じゃないけど、とにかく何かあれば考えるよりもまず先に行動し
体が勝手に動いちゃう感じなのですけど、
とにかくみらいのこういう「積極的前向きさ」は忘れずにキープしてものですね!

ことはちゃんは・・・そうですね・・ まだ「これから・・」という感じなのでしょうけど、
ナシマホウ界に転校するまでの間に
「人前で普通に魔法を使う」というヘンな癖をまずは修正する必要があるのかな・・・(笑)

そして何よりも今回は・・・
みらいの「信じているから・・・リコもきっと私と同じ事を思っているって・・・!」という言葉に尽きると
思います!
この言葉には・・・既に揺るぎがないものになっている「二人の信頼感」が詰まっていると思いますし、
実際に今回の話の中でも、サファイアとしての戦いの最中にラプーによってミラクルとマジカルの二人の手を
拘束する手枷がはめられていましたけど、
そんなもん・・・最早「夫婦同前」の二人には、何の意味も無いアイテムでしたよね!

まさに今回のお話は、補習組を含めてプリキュアサイドのいいところばっかり目立っていたような
感じすらありました!
こういう「分かりやすさ」って実にいいもんですよね!!







美味しそうに食べるはーちゃんがとっても可愛いです!

うーーん、この子はもしかして・・・なおちゃん・なぎさ・響・ゆうゆうあたりの腹ペコ大食いキャラに
弟子入りした方がいいかもしれないですよね・・・(笑)



54ed008f_convert_20160814143855.jpg



リコちゃんのリボンもとってもよく似合っていましたよね!!


3ba4e9f1_convert_20160814143753.jpg


3fe49fa6_convert_20160814143828.jpg



ミラクルの「顔面キャッチ」はまさに・・・伝統的ピンクプリキュアの「お家芸」ですよね!!

個人的な話なのですけど、ピンク系の「顔面キャッチ」で一番印象的なのは、
つぼみが第一話でシフレとコフレとの初めての出会いの際のあの顔面キャッチなのでした! (笑・・)
あの時のヘロヘロ状態になっているつぼみがとっても可愛かったですし、
唐突に妖精二人がつぼみの服の下に潜り込み、つぼみがいつの間にか巨乳化していたのが大変
面白かったです!

お互いを信じきっている二人には「手枷」なんて何の意味も無い・・・

なぜなら二人は「夫婦」なのだから・・・という感じの今回のサファイアモードでの戦いでした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

明日から頑張ってくださいね! だけど、「休み」がやっぱり一番いいですよね・・!

鍵付コメント 様


そっか・・いよいよ本日でお休みが終わって、明日からお仕事なんですね!

こちらは、気分的にはほほ完璧に「休みボケ」でしたけど、何とか無事に乗り切る事ができそうですけど
明日は「慣れるまでの助走期間」と思ってくれぐれも無理しないでくださいね!

それに・・・またまた土日のお休みだってありますから!!

だけど「休み」がずーーーっと続くといいですよね!! お給料保証ならば尚いいですけど・・・(笑)

魔法学校の夏祭り

今話は魔法学校における夏祭りで花火が打ち上げられましたが、我が地元では翌15日が花火大会でした。魔法学校の夏祭りといえば、前作ではノーブル学園の夏祭りで、はるか/フローラがゆうきに説教をする回でした。花火に関わればスマイルでもそうでした。今度はナシマホウカイでの夏祭りを期待したいところ、みらい達の浴衣姿も見てみたいところです。
たこ焼きに似た「ぽこぽこ焼き」、美希が見たら…微妙か、それとも…。輪投げではリコとケイが失敗し、リコは久々の「狙い通りだし」と。
ラブーはかなりの面倒臭がりのようで、このような面倒臭がりの敵キャラはガマオ、ベール、ナマケルダに続き4人目です。

Re: 魔法学校の夏祭り

鎌倉快速 様


確かに・・・・「たこ焼き」は歴代でも怪物とかプリキュア達の放課後の寄り道先とか好き嫌い話とか
文化祭とか色々と登場しますけど、それだけネタになり易いという事しれないですね。
美希たんの場合は、最終的には「たこ嫌いを克服でOK・・!?」という事なのかな・・・??

浴衣は個人的には、れいか・舞・こまちが印象的です・・(笑)

確かにラブ―とガマオの雰囲気とか面倒くさがりの感じはよく似ていますね!
だけどいずれラブ―も所詮は・・ラスボス登場までの捨て駒なのかもしれないですね。

二人は、夫婦、う~ん、そうかも。
はーちゃんは、その子供だとして、そうなると、モフルンは、どのポジションなのでしょう?
三人(?)で、お母さん、なのでしょうね~、う~ん、奥が深いです、プリキュア。

次回は、期待しちゃいます。
キュアモフルンに、変身~、て。
それは、無いですよね?

かしこ

疑似親子

みかんゼリー  様


いつもコメント頂きありがとうございます!

魔法つかいは、「家族」というよりは「家族を演じながらお互いが更に一層の成長を果たしていく」みたいな感じの
「疑似家族」みたいな雰囲気もありそうですね。
やっぱり、みらいとリコちゃんは、それぞれが母親と父親みたいな感じで、
はーちゃんは長女
モフルンは次女
みたいな雰囲気もありそうですね・・・

だけどなんとなくですけど、ポンコツな両親よりは娘たちの方が優秀なのかもしれないですよね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3098-3dba19a6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |