プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日、何気なくうちの奥様から聞かれました。
「あなたにとって、腕時計とはどんな存在なの?」と・・・
考えてみると、腕時計なんてもう何年もしていないから、
「今は必要ない存在・・・別にあっても無くてもどうでもいいもの」と答えたら、
半分不気味な笑顔を浮かべて、
「ふーーーーん、あ、そうなの・・・」と不機嫌そうになり、
ひきつった笑顔をしていました。

後で聞いてみると、
何かのバラエティー番組で「男女の心理分析」みたいなものを扱ったらしく、
その中の一つの設問が
「腕時計はどんな存在なのか」というものであったらしく、
番組的には、腕時計=妻を象徴しているとの事で、
腕時計をどんな風に扱っているか、どのように考えているかで
夫が妻をどのように見ているのかが分かるみたいな
オチだったらしいのです・・・

でもそれって、「ちよっと待った・・・!!」みたいな感じだと思いません??

別にのろける訳じゃないけど、私自身はうちの奥様の事を「必要のない存在」なんて思ったことはありませんし、
何か妙な「こじつけ」みたいな気がします・・・
ま・・・たまには、というか最近結構そうしたパターンは多いけど、
あんまりわがままばかり言うもんで「コイツ、まじにうぜーー!」とは感じていますけどね・・・(苦笑・・)
そうですね・・うちの場合は、私自身も彼女も「一人でも生きていける・・」みたいなタイプではあるのですけどね・・

ま、なんにせよ、バラエティー番組のせいでなんか妙なとばったりを食らったもんです・・・

ふと考えてみると、
私が腕時計をはめなくなったのは、
携帯電話を持つようになって以降、つまり1996年ぐらいからなのだと思います。
だって、携帯があれば時刻なんてすぐわかるし、
アラーム機能・計算機機能・ストップウォッチ機能・カレンダー機能は普通に携帯に
付いていますからね。
だから特段腕時計を付ける必要なんてなんて思うのです。

それも何か小さなことですが、時代の変化の一つなのかもしれませんよね。

私自身初めて腕時計を持ったのは、高校入学の時でした。
腕時計を付けることで、何となく少しだけ大人っぽくなったような気がしたのも多少はあるのかもしれませんね・・・
当時は、腕時計が何か大人の象徴みたいなところもあったのかもしれませんけどね。
というか、現在は100円ショップに行けば、普通に100円で腕時計が
購入できてしまう時代です。
何かその意味では、「腕時計」自体に大人のシンボル感が喪失しているのかもしれませんよね。
高校の頃は、私自身は私服の県立男子高校で、周囲に女の子がいませんでしたので、
当時の大半の生徒は、夏場は、ジーンズにスニーカー、Tシャツ、そしてカシオのデジタル腕時計というのが
何か当たり前という感じでしたけど、
社会人になってみると、
営業系の仕事ばかりやっていたせいか。
腕時計をはめているとスーツの袖が切れてしまいそうになったり、夏場に半袖シャツで歩いていると
腕時計部分のみ日焼けしないで真っ白なので、
日焼けしている部分との差が歴然というのも
何か嫌・・というのも
あったのかもしれませんよね。

だけど話を戻しますと、少なくとも私にとっては
「腕時計と妻の存在意義」というものに因果関係はないんじゃないの・・・?という感じですね・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

腕時計か・・・

おはようございます。
ボクも腕時計はしませんね。
腕にはめるワケじゃない理由で百均ショップで買いました。
それは検定試験を受けたときデスが。
自分で時間配分するんで、教室の時計がナイ。
それ以来、腕時計は使っていません。
ちなみに検定試験はホークス検定試験です。
いちばん難しい2級を受けて合格しました。
トップ合格じゃなかったのでショックでしたね。

上手く引っ掛けられましたね(笑)
よく、女房は空気の様な存在…と言う言葉を聞きます。でも、実はとても大切なもの。
普段はそれだけ意識してない…と言う所は腕時計と共通してるのかも知れませんね。

腕時計と心理テスト…。言わんとする理由はわかります。
…でも知らずに聞かれたら「いらない」と私も答えます。
携帯持っているし、腕時計はつけると痒くなるからです。

私も憧れて、高校入学した時に腕時計買ってもらいました(^^)
しかし腕が痒くなったので、ポケットにいつも入っていました。
その後は携帯を持つまで、懐中時計を持っていましたよ~。

…でも奥様は、そんな理由関係ないのでしょうね…。
ご主人であるぬくぬく先生に心理テストするなんて、
可愛らしい奥様ですね♪

ぬくぬく先生さん、こんにちは~(*´∀`*)ノ

奥様のお気持ち、分かる気がします(*´艸`*)
というか、私も以前、奥様と同じことをしたことがあります(笑)
占いとか、心理テストとか、女性はそういうのが好きですよね。
そういうものは、話半分、話のネタくらいにとらえるのがちょうどいいのですが。
でも、奥様が心理テストでぬくぬく先生さんの自分に対する気持ちを確かめようとしたのだったら、愛されてる証拠だと思いますよ~(*´艸`*)

うわ!藪から某でしたねえ!(=◇=)❤
ううん、わたしは、腕時計、必要派…なのかな?ってわたし、女子ですけれどね…(^^;)
わたしの会社には、腕時計だけは、見に付けるものの中でも、お金をかける、というひとがいますが、彼女も女の子ですし…
どうなのでしょうねえ?

検定試験

五航戦の愛鷹 様


確かに検定試験等で、会場内の壁に時計が掛かっていないと困りますよね。

それにしても、五航戦の愛鷹 様の検定試験が「ホークス検定」とは実に五航戦の愛鷹 様
らしいお話だととっても感心したものです!
それにしても・・・ホークスは結構やばい状況になってきて、ハムの追い上げが驚異的になってきましたね!
だけど、最後に笑うのは「ホークス」でしょうね!
マリーンズは・・・やばい・・・もしかしてCSすらやばいのかも・・・??

五航戦の愛鷹 様は、今ならば艦これ娘検定とかガルパン検定にチャレンジされても
余裕で合格できそうですね!
そうそう・・アミグリさんへの素敵なコメントもありがとうございます!!

空気とか水みたいな存在なのかもしれないですよね・・・(笑)

sado jo 様


確かに・・・!!

ご指摘の通りだと思います!

空気とか水は確かに普段は意識しないけど絶対に不可欠なもの・・
例えは大変悪いのかもしれないですけど、失って初めてその「本当の価値」が分かるものと
言えるのかもしれないですね。



引っ掛け問題・・??

薬屋の嫁 様


そうですね・・今回は彼女からのトラップというのか「引っ掛け問題」にものの見事に引っかかってしまい
地雷を踏んづけてしまった・・という感じですね・・・(笑)
ま、この種の「心理テスト」は「モノは言いよう・・」みたいなものですからね・・(笑)

懐中時計とは、またまた随分と粋なものをお持ちの女子高生さんだったのですね!!

腕時計の金属の淵って結構硬いようでして、長袖のワイシャツとかスーツなんか、結構これが原因で袖の先端が
擦れてしまうのがなんかダメでしたね・・

昔は妖精、今は・・・・妖怪・・・??

rainbowcube0503 様


そうなんですよ!!

女の子というものは、皆様、結構「占い」とか好きですよね!
ちなみに私は血液型占いは信じませんが、12星座占いは結構本気で(?)信じています・・・(笑)

どっちにしてもなんか「誘導尋問」のトラップに引っかかったようなものです・・

そうですね・・うちの奥様は、ちびっこのせいかむかーーしは「妖精」っぽくもほんの少しぐらいはあったのですけど、
今や・・
「妖怪」みたくなってしまいましたね・・・・(笑)

rainbowcube0503 様は、そうですね・・・イメージで言うと「すてきな女神様!」という感じなのかな・・!?

無茶振り・・・??

Baby pink amy  様


そうですね・・・今回はまさに私の「自爆」なのかもしれないですね・・・

まさに、彼女が引っ掛けた「地雷」に足を突っ込み、見事に誘導尋問に引っかかってしまった・・という
感じですね。

「腕時計」ですか・・・

そうですね、私も「一点豪華主義」に徹するとすると、腕時計またはベルトにお金は掛けたいものですね。

果たして、Baby pink amy 様だったら何に「一点集中」されるのでしょうか・・?
なんか気になりますね・・(笑)


僕は腕時計は着けて歩きますね。外出時には大抵。
携帯で確認できる時代ですが、僕は幼少期から親に腕時計を買ってもらい、着けて歩く癖がついていたせいか、手放せなくなっています(笑)。

バラエティ番組なんて、根拠のない話題だらけですよね。
見る人を煽って楽しんでいるのでしょう…。

心理テストなんてものに惑わされず、ぬくぬく先生さんはいつまでも奥さんを愛して差し上げてください(*´∀`*)

その通りです。

僕も腕時計はしていませんが、妻は大好きです。
「腕時計」じゃなくて「結婚指輪」のほうが、
問題としては良かったのでは・・と 思います。

ふふふ

昔からある、なかなかベタな心理テストですが、
見事にひっかかってる(笑)
まあ、私も普段はしてない派なんですけど。

せめて最後に、
「でも、しかるべき場にはちゃんとつけて行くけどね。」
の一言があったら、奥様も心の中でガッツポーズの一つもしてくれたかも??

腕時計にそんな象徴説があったんですか!
私も時計を見る時には大抵、携帯電話です。
常に持ち歩いているものですからね。

腕時計はうちの旦那氏はしていますが、
時々忘れます。
夫婦を象徴する物の結婚指輪を
私と旦那氏共に嵌めていません。
理由は傷がつくとか、
私に至ってはしょっちゅう手を洗う度、
何気なく外してしまう為無くしそうというのが理由です。
持つものもクセも仕事上もそれぞれ違うので、
必要なものその人それぞれだと思うのです。
なので腕時計だけが妻を象徴するのは
私も納得出来ないですね(^^;;
何なら納得出来るか考えてみましたが、
いい考えに行き当たりませんでした💦
きっと無くなっては困るもの。
常に共にあるものなんでしょうけどね(^_^)

腕時計

takumi 様


そうですね・・・小さい頃からの「習慣」というのは影響力が大きいですよね。
逆に私のように小さい頃に付けていないと、袖がこすれるとかうっとうしいとか暑い等の理由で
外しても、特に違和感を感じないのかもしれないですね。

ブログも拝見いたしましたけど、学生さんにとっては「酷暑」の中で腕時計やスーツを身に付けての
就職活動は大変そうですね。
どうか無事に乗り切って下さい!

心理テストは・・・あれはまさに「ひっかけ問題」と「トラップ」ですね・・

コメント頂きありがとうございます!

みんもっこす 様


コメント頂きありがとうございます。

そうですね、今回は「ひっかけ問題に引っかかり地雷を踏んだ」という感じなのですけど、
ご指摘の通り、「問題」自体に「誤り」があるのかもしれないですよね。
バラエティー番組の内容ですので、まともに考えたら何か時間のムダと言えるのかも
しれないですね。

こんな拙いプログですけど、いつも見て頂きありがとうございます!
どうか今後とも宜しくお願いいたします。

言い訳すると・・・(笑・・)

mama.ikuko 様


そうですね・・・

ま・・一つ言い訳すると、あの会話があったのは、例の台風上陸前の埼玉が気温38度のくそ暑い日でして、
汗まみれで帰宅した際に、
いきなり問答無用でそんな「問い」をされても・・
「そんなのしったこっちゃないわ・・」という感じになるのかも・・・??(笑)

「でも、しかるべき場にはちゃんとつけて行くけどね。」 →うーーむ、そんな素敵なセリフをさらっ・・と言えるほど
私のポンコツ頭脳は、優秀ではないですよ・・・(笑・・)

空気や水のように・・・

kirakiya.rumari  様


今回の記事にて色々な人からコメントを頂戴したのですけど、皆様素敵なご意見ばかりで
大変ありがたかったのですけど、
特に一つすてきなものがあったと思います。

それが何かと言うと・・・

「円満な夫婦を何かに例える時、それは水とか空気が理想的なのでは・・?
普段は気にもしない事でも、お互いにとっても必要で大切な事・・・
 それを失って初めて分かるもの・・
 それこそが水と空気なのでは・・?」というご指摘でしたけど、
確かに「なるほど!」という感じですね!

何かが何かを象徴するという事ではなくて、大切なものを失くして初めて「失ったものの本当の価値」に
気が付く・・
そして大切なものを失くさないために必要な事が
「お互いを無視しない」という事なのかもしれません。
大変気障な言い回しになるかもしれないですけど、「愛」の反対語は「愛さない」事ではないと思うのです。
それが・・・「無視」とか「存在を気にも留めない」という事なのかも
しれないですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3096-227094e8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |