プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


幻想郷には様々な種族が棲みついています。
人間も含めて、妖怪・妖獣・人獣・幽霊・亡霊・鬼・地底人・月民人・魔法使いなどとにかく多岐に
渡っていますが、これは、科学技術が進化し「妖怪等」の存在を「非科学的・非現実的」と完全否定されつつある
外界では妖怪等のパワーが著しく弱まっている事に危惧を感じたゆかりん等が
外界と幻想郷に「結界」という一種のバリアを張り、外界と幻想郷を完全に遮断し、
外界の妖怪勢力を全て「幻想郷」に集結させ、この幻想郷の中で生きていく事で妖怪勢力の「存在」を保っている
というのが「東方Project」の大雑把な世界観です。
それは別に日本国内に留まらず、世界各国の妖怪なんかもこの幻想郷に移動をしているようですけど、
本来は西洋の妖怪である「吸血鬼」も同じみたいで、
吸血鬼一派のいわゆる「紅魔館」グループ=レミリア様・フランちゃん・十六夜咲夜・美鈴・パチュリー・小悪魔・メイド妖精などは、
外界から「紅魔館」という建物ごと幻想郷内に移住をしてきたのでした。

紅魔館は、妖怪の山の麓の霧の湖にある島の畔に移動してきたのですけど、
早苗さん・神奈子・諏訪子の「守矢神社」は、神社と湖ごと外界からそっくり移動をしてきた事に比べると
少しパワーが弱いのかな・・とも思ったりもするのですけど、
ま・・守矢神社組はあくまで「神」ですので・・・(笑)
紅魔館グループはあくまで、「吸血鬼」という妖怪という事ですので、そうした違いがあるのかもしれないですよね。
あ・・・考えてみると、この紅魔館とプリズムリバー三姉妹が拠点としている廃洋館は
同じ霧の湖の麓同士という事で、もしかしたらご近所さん同士なのかもはれないですよね・・・(笑)
だけどプリズムリバー三姉妹に演奏依頼が主に舞い込んでくるのは、ゆゆ様の「白玉楼」という冥界の方ばかりようですので、
もしかして・・・・
レミリアお嬢様は、お堅い音楽はお嫌いなのかも・・・??

レミリア様は、トランシルヴァニアのワラキア公国ドラキュラの末裔を名乗ったりしているようですけど、
ま・・・実際の所はそうした血縁関係は無いというのがほぼ定説みたいですね。
吸血鬼ゆえに確かに日光には元々弱く、外出する際には「日傘」が必須アイテムになるのですけど、
元々のパワーと「人間の地を吸う」という怖さは、幻想郷内でもかなり突出しているようにも思えます。
昼間はおとなしく寝ていて、夜になると活発化し、時に人間を襲い血を吸いまくるという感じなのですけど、
その①でも書いた通り、レミリア様は元々が少食ですので、せっかく襲った人間も血自体はわずかしか吸わず、
吸い方が雑なため服に血を散乱させてしまうみたいですね・・
ま・・襲われて血を吸われた方としてはたまったもんじゃないでしょうけど・・
ちなみにですけど・・・
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」の中では
「驚異的な身体能力と魔力を誇り、樹齢千年を超える大木を片手で掴んで持ち上げ、
 瞬きする間に人間の里を駆け抜け、一声掛けるだけで大量の悪魔を召還し、自らを大量の蝙蝠に分解し、
さらには霧状にまで細かくし何処にでも入り込み、頭以外が吹き飛ぶ怪我を負っても一晩で元通りになる」
と記述されていますけど、
阿求ちゃん・・・それはいくらなんでも「レミリア様の過大評価しすぎでしょ・・」と言いたくもなってしほうほどの
「インフレ感」があるのですけど、
(ま、実際・・・妖怪側の方から阿求ちゃんに圧力をかけて、自分の事はこん風に書いて欲しいみたいに
言ってくる御方もいるみたいですよね・・・
あれれ・・・? 毒舌で有名な阿求ちゃんにしては、ゆかりん・レミリア様・永琳様の記述に、毒が入っていないのは
何でなのかな・・・・?? 笑・・)
ま・・・確かに、小説版の儚月抄では、焼けた右手を即座に魔力によって瞬間的に治癒され、
失った右手を一瞬で復活させていましたからね・・・・

「幻想郷内で最強はもしかして・・・レミリア様じゃないのか・・・?」という説が
今でも結構ファンの間ではあったりもしているようですけど
確かに、それだけ見てみると、「それも一理あるのかも・・?」とも感じる事もあったりはしますね。

そうそう・・・・レミリア様の能力として名高いのが「運命を操る程度の能力」というのですけど、
これって・・・少し抽象的すぎるのかも・・・?
そうですね、この分かりにくさは早苗さんの「奇跡をおこす程度の能力」に近いものがあるのかもしれないですよね。

レミリア様のこの能力が明確且つ具体的に使用された事は、実は公式でもほとんどないのですよね・・・
だからいまでにその詳細については「謎」だらけ・・という感じですね。
これは昨日の記事でも既に語ってはいるのですけど、
あややが主役の東方の公式書籍「東方文花帖」のアンソロジー漫画の中の病先生の「宿敵以上天敵未満」という作品に
おいて、咲夜が妖夢に対して放った亜空間のスペルカードに妖夢が閉じ込められるのを阻止するために
ゆゆ様が逆に咲夜を亜空間の中に閉じ込めてしまうのですけど、
そうした咲夜を救出したのがレミリア様の「運命を操る程度の能力」だったという訳なのですが、
公式等でレミリア様のこの能力が確認できるのは、現時点ではこのアンソロジー漫画だけですね。
うーーん、それじゃ、元々「運命を操る程度の能力」って何なのかな・・・?
文字通りに解釈するならば、どんな敵と対峙しても「自分が勝つ」と言う運命に変えてしまう完全無敵の能力とも言えますけど、
レミリア様は、結構頻繁にバトルでは負けていらっしゃいますし、
「東方紅魔郷」では幻想郷内の紅い霧という異変解決のために動いた霊夢と対峙し叩きのめされていますし、
何よりも・・・・
「東方儚月抄」においては、あんまりいいところもなく、綿月姉妹の依姫によって完膚なきまでに
叩きのめされていますからね・・
そうですね・・・これは既に最近の記事でも書いた通り、儚月抄においては、レミリア様とか霊夢等の主人公クラスの
あの「月侵攻」というのか月旅行は、ゆかりんの「二重囮作戦」の一つに過ぎませんでしたし、
あれはレミリア様たちは、ゆかりんの咬ませ犬状態で、ゆかりんにいいように利用されてしまった・・みたいな
印象が大変強いですね・・・
(本当に、ゆかりんは性格が悪いんだから・・・笑・・・)
そうですね・・・・
儚月抄に関しては、漫画版も小説版もそうですけど、
レミリア様は運命を操る程度どころか、ゆかりんによってすっかり「操られた存在」になっていましたよね・・・・
なんかあれは・・・
運命を操る程度ではなくて、
ゆかりんによってレミリア様の運命が操られてしまった・・・みたいな結果になってしまいましたね・・
ま、あれは・・レミリア様本人の「一度は月に行ってみたい」というわがままが思わぬ形で実現してしまいましたので、
結果オーライという事になりますけど、一応は「運命を操った・・」という事になるのかな・・??

そうですね・・・レミリア様のこの能力は、
意図して操っているか、それとも周りにいるだけで運命が変わるのかは今のところ不明という感じですね・・(笑)
だってご本人がこのとてつもない能力を自ら封印しているのか単に「面倒くさい・・」という事で使用していないのか
はたまた・・・実はそんな能力は元々無いのか
正直・・・「神のみぞ知る」みたいな感じなのかもしれないですよね。
昔から、「気は持ちよう」とか占いの世界では「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉がある通り、
誰かのそうした「当人の運命を変えかせる力」というよりも
その本人自身の「自分はこのようになりたい!」とか「自分の未来は自分が切り開く!」みたいな強い意志の方が
なんとなくですけど、運命を変えられそうな気もしますよね。
歴代プリキュアにおける「叶えたい夢は強く願えば必ずかなう!」というのもそうしたものなのでしょうね。
そうですね・・・レミリア様の能力と言うのは、
別に誰かの運命を劇的に変更させるとか、貧乏人が突如金持ちになったりとか
やらかしてしまった「過去の自分の失敗」を無かった事にするとかそういうもんじゃなくて
例えば・・・・
レミリア様の「あなたならきっと出来る!」みたいな悪魔の無茶振りみたいな「ささやき」で
本人をその気にさせてしまう程度の能力なのかもしれないですよね。
その代表例がもしかして・・・紅魔館の完璧なメイド長にして現役の人間でもある十六夜咲夜なのかも
しれないですよね・・・

レミリア様の周りにいるだけで数奇な運命を辿ったような気がする・・・とか
レミリア様に一声掛けられただけで、何か生活に変化が起きたような気がするとか
そうですね・・・野球で例えてみると、
長嶋監督とか王監督とか星野監督とかカリスマ監督みたいな御方に声を掛けられ
「おー、お前、今後期待しているぞ!」みたいに何か一声掛けられただけでその声を掛けられた選手が
発奮してなにか結果を残すみたいな事って結構よくある話なのかなとは思うのですけど、
それと同じような事が、一応は、紅魔館の「カリスマ」とも言われているレミリア様の周辺でも
起っているというのが、なんか・・・結果的に「運命を操る程度の能力」という事じゃないのかな・・・??
「運命」みたいに実体のない不確定要素というせいもあるかとは思うのですけど、
この能力自体は自力では行使できないとも思いますね。
何よりも・・・相手の「自分はこうなりたい!」という「強い意志」が無いとレミリア様の能力を持ってしても如何とし難い
というのが実態じゃないのかな・・・とふと考えたりもします。

紅魔館の中では、レミリア様以外でも例えば咲夜の「時間を止めちゃう能力」とかフランちゃんの
「あらゆるものを破壊しちゃう能力」とか、正直・・・レミリア様をはるか超越しちゃいそうな御方は色々といるのですけど、
結局はみんなレミリア様に従ってしまう・・・
レミリア様の「能力」というのは、そうした館内の様々なメンバーの個性を見極め、その個性をいかに高く発揮させるように
レミリア様なりに配慮し気を遣い、
たまーにそうした「励まし」とか「お褒め」みたいな魔法の言葉を使う事で
相手をその気にさせてしまうみたいな事なのかもしれないですし、
色々と多彩な才能を持つメンバーの力を最大限活用しながら、何か新しい「企画」を考えていくという役割を担っている
と言えるのかもしれないですよね。

ま、どっちにしても・・・ 「運命を操る程度の能力」とは良く言ったものですね・・・・(笑)

レミリア様の「運命を操る程度の能力」とは、実は、「未来予知 」ではないのか・・・という事を
示唆していたのが「東方文花帖」なのかなと思ったりもします。
あややの「文々。新聞」の中において
「巨大隕石が幻想郷の上空というか、紅魔館の真上に落下してきたけど、レミリア様の妹のフランちゃんが
きゅっとしてドカーンみたいな感じでその巨大隕石を空中で爆破させてしまい、
幸いな事に紅魔館を含めて幻想郷に特に被害は生じなかった」という記事がこの書籍の中で
取り上げられていましたけど、
レミリア様の御言葉によると、
「あの隕石ははじめから紅魔館の真上に落下する事が予定されていて、妹がそれを破壊する事も
あらかじめ決められていた」との事らしいです・・・
ま、これに関しては、フランちゃんによると・・・・
「隕石落下と破壊が予定されていた・・・? そんなのある訳ないじゃん・・・
あいつはなんでもかんでも最初から判っていた振りをするの。運命が分かるとか何とか言って・・」
との事ですけど、
そうですね・・・それ以前に、フランちゃんがレミリア様を「あいつ」呼ばわりしている事の方に
なんか興味がそそられますね・・・(笑)

そうですね・・・

結局レミリア様の能力って何なのでしょうか・・・?

結論は・・・・「よく分からない・・・」という事で落ち着きそうですね・・・(笑)

ま、その「よく分からない」という得体の無さがレミリア様の一つの「カリスマ」なのかもしれないですよね。







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の「ハロウィンレミリア様」を描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この素敵なイラストは2013年10月にアミグリさんが描かれたものです。

レミリア様の衣装は通常はうすいピンクまたは白という感じが多いのですけど、
アミグリさんのこのレミリア様は、黒を基調としていて、ZUN帽も黒ですので、
吸血鬼とか悪魔みたいな雰囲気も醸し出しているかとは思います。
ま・・レミリア様はお嬢様ですし、とっても可愛いですので、そんな悪魔なんてお言葉はあまり相応しく
ないかもしれないのですけど、
こういう「黒いレミリア様」も悪くはないですよね!
あ・・・、この時のテーマは「ハロウィン」ですので、レミリア様も「黒い悪魔」という格好にわざとフォームチェンジを
されたという事なのかもしれないですよね・・・(笑)
レミリア様は、十六夜咲夜が淹れた紅茶を日常的に飲んでいるみたいなイメージもあるのですけど、
さてさて・・このイラストの「紅茶」は、
普通の紅茶なのか、それとも咲夜らしい「薬膳茶」なのかは・・・・
神のみぞ知るという感じなのかもですね・・・(笑)

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!

さてさて・・・アミグリさんの「十八番イラスト」の一つは、レミリア様の妹で、上記でもちらっと出てきた
フランちゃんなのですけど、
最後に、アミグリさんが描かれたフランちゃんも一つだけご紹介をさせて頂きたいと思います。

描かれたのが2011年5月とかなり以前に描かれた作品なのですけど、
このフランちゃんは、文句なしに可愛いと思います!
とてもとても・・・・その正体が吸血鬼で、特技は「どんなものでも破壊しちゃうこと」はこのイラストからは
想像できないかもしれないですけど、
そのギャップがフランちゃんの魅力でもありますので、そうしたギャップをとっても素敵に表現
されていると思います。

このフランちゃんをご覧になりたい方はこちらから・・・!! → フランちゃん、うふふ


→レミリア様 その③に続きます・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ふおおおおおおッ❤(>◇<)❤かわいいッ❤
かぼちゃと黒のレミリア様、かわゆすぐる…(>◇<)❤
ふむう…不思議なお方なのですね、レミリア様…
なんだか、謎が深まってしまったような…(><;)❤

イラストの掲載をありがとうございます♪

レミリアのイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。

そして、フランちゃんの記事も紹介していただき、ありがとうございます!!

こんばんは。

レミリア様に声を掛けてもらいたいなぁと
思ってしまいました(^_^)
何かが変わりそうです!

イラスト可愛いですね(o^^o)

レミリア様は吸血鬼!

Baby pink amy 様


東方の世界では屈指の人気姉妹のお姉さんがレミリア様なのですけど、
不思議な人ではあるのですけど、行動原理と見た目はまさに「おこちゃま」そのものという
ギャップが実にたまらない御方でもあります・・・(笑)

Baby pink amy 様のイメージで言うと、もしも東方を描かれるのであれば
レミリア様の妹のフランちゃんなんかもしかしたら・・・ドンピシャなのかもしれないですね!

アミグリさんのイラストもお褒め頂きありがとうございます!!

ありがとうございます!

アミグリ 様


またまたBaby pink amy 様より、レミリア様のイラストとか妖夢・咲夜さんのイラストを
「かわいい!」とお褒めのお言葉を頂戴させて頂きました!

なんか自分が描いたわけではないのですけど、
アミグリさんのイラストを誰かに褒めて頂くと、自分の事のように嬉しくもなったりします!

あ・・・これも一つの「運命操作能力」なのかもしれないですね・・・(笑)

運命は「自分」次第なのかも・・??

kirakiya.rumari 様


そうですよねぇーーー!!

いい方向で変れるのなら、私も是非是非レミリア様に一声掛けて頂きたいのですけど、
ま・・・ご本人様は、基本的にはおっかない吸血鬼でとてつもない気まぐれお嬢様ですからね・・(笑)

「プリキュア」の基本スタンスではないですけど、
やはり「運命」は自分で切り開いていくものなのかもしれないですよね!
何が起こるか分からないのが人の「運命」の面白い所なのかもしれないですね!

あのレミリア様のイラストを描かれたアミグリさんは、本当に素敵な東方絵師だと思います!
お褒め頂きとっても嬉しいです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3094-c04519f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |