プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


お盆休みというと、とにかくいい事はこのくそ暑い中、仕事なんかしないで家でのんびりと
オリンピックとか高校野球などを見られる事ですね!
それともう一つ・・・
普段は日曜は出勤という勤務形態なのですけど、お盆休みの間は、
日曜日は公休という事で、録画じゃなくてリアルタイムで現役のプリキュアを見れた事は本当によかったです!
こういう事は年に1~2回あるかないかですので、私にとっても大変貴重とも言えると思います。
そして・・・・東京MXやテレビ埼玉のプリキュアの再放送枠も見ることが出来たのも良かった点の一つですね!
ま・・・「ハピネスチャージ」は特番のため放映休止になっていましたけど・・・(泣・・)

さてさて、そんな中、8/11のテレビ埼玉の「ドキドキプリキュア」は第16話でして、
このお話は、ある意味レジーナの「わがまま炸裂!」という回でもありますけど、
六花の「ごめんで済んだらプリキュアはいらない」という名言とか
六花がレジーナから「あんたに聞いていない!」と口に絆創膏を貼られたり、
はたまた・・・マナの「敵とは友達になれないのか・・」という大変貴重な問題提起があったり、
ラストシーンのレジーナの「本当の友達って・・なんだ・・」みたいなシーンもありましたし、
またまた・・・まこぴーが問答無用で通学中なのに唐突にプリキュアに変身して、マナたちをドン引きさせてしまったとか
とにかく見所が大変多い回でもありましたので、
「なんかたまにはドキドキの事も書いてみたくなっちゃうな・・」とふと思ったものでして、
ま、確かに2013年の「プリキュアカテゴリ」にてこのドキドキ第16話の事は既に記事にしてはいるのですけど
もう一度ごく簡単に現在の視点からこの第16話についても
書かせて頂きたいと思います。

それにしても初期の頃のレジーナは、まさに「自己中」を絵に描いたような娘でしたね!

「自己中」というのは、人間誰しもが持っている本能的なものであり、誰しもが
「自分が一番可愛い」
「世の中は自分を中心に回っている」
「自分の思い通りに物事が動けば、全てがうまくいく」
なんていう風には思っているはずだと思うのです。
それは、歴代プリキュア達も事情は違えこそ、同じだと思うのです。
要は程度の問題だと思うのです。
他人に迷惑とか災いをもたらしてまで、己の自己満足を達成させたいなのか、それとも
他人に迷惑や不快な思いをさせる位なら、自分はここは他人に譲るとか妥協するべきなのか、
それを決めるのは一人一人の自由な判断に委ねられるべきだと思うのです。

そうなると、一体「自己中」と「自己中ではない」の境界はどこにあるのか、
自分達はどのように線引きをすれば良いのか・・・
正直それに対する「回答」なんてないと思います。
ホント、要はさじ加減なのだと思います。
「自己中」とはすなわち「自己愛」と言い換えても良いとさえ思います。
自分達一人一人が生きている限り、その人の人生の主役はその人自身なのですから、
結局は自分が一番可愛いという事になると思うのです。
反面、人間には「良心」・「自制心」というものもあり、
どこかで自分自身をコントロールしなくてはいけない局面もあります。
いつまでも自分中心で考えるべきではなく、他人と向き合い、他人と妥協しあい、最終的に
自己の欲するものを全てとはいかなくても、幾つか適度に手に入れば上々の仕上がり・・・
要は、くどいようですが、バランスというか
その人その人の心の良心に基づくさじ加減だと思うのです。

レジーナの場合、上記の事が頭に入っているかと言うと、必ずしもそこまで
成熟はしていないというか、子供の「これ欲しい、あれ欲しい、これは嫌、あれはいや」の
単純な自己欲求の領域だと思うのです。
どちらかというと、プリキュア5の映画の「ダークドリーム」に近いような存在だと思うのです。
(極悪性がないゆえにのぞみは、ダークドリームに手を差し伸べたとも言えるのかな・・とも思います。)







b1a95edf-s_convert_20160811174619.jpg




マナに興味を持ったレジーナがマナに接近してきた!みたいなお話なのですけど、
これ・・・実は結構色々と厄介な問題を孕んでいるのですよね・・
まこぴーの視点で言うと、言うまでも無くレジーナは「敵」という存在であり、
まこぴーの故国であるトランプ王国滅亡の原因を作った「キングジコチュー」の娘がレジーナという事でもありますので、
まこぴーがレジーナを「絶対に許さない!」と怒りの表情を露わにしているのはこれは当たり前の話だと
思われます。
ま・・・それにしても・・・民間人の通行が多い朝の時間帯に公道でいきなり問答無用でキュアソードに変身しちゃう
まこぴーは、ある意味・・やっぱりポンコツなのかな・・・?
ま・・・気持ちはよく分かりますけどね・・・
「真琴、ひとまず変身を解くびぃー」と諭すダビィはやっぱり優秀妖精ですよね!
怒りのまこぴーに対してレジーナは、どこふく風・・という感じで
「そんなの知らないもん」とか「だって、それはパパがやった事で私には関係ないもん!」とか言うのですけど、
実はこれはレジーナの方が正しいのかもしれないですよね。
だって・・・・
「親の罪は子供の罪」という事ではないと思いますし、
「親が仕出かした罪は、未来永劫子孫たちが贖罪をし続けないといけない・・・」という事では
ないはずだと思いますし、
「罪」という観点では、親の罪と親がそんな事をしているとは全く知らなかったその子の罪というものに
因果関係は全く無いものだと思われます。
その点は、まさに「被害者」そのものでもあるまこぴーとの「大きな温度差」があるのだと思います。
まこぴーにとってはこの時点では既にトランプ王国は滅亡しているのですから、
その「怒りの矛先」は、一応は・・・王国滅亡とは関係が無いはずのレジーナに向かわざるを
得ないのですね・・・
まこぴーにも同情するけどレジーナの言い分もごもっとも・・という事でその辺りからなんか・・・ごちゃごちゃしそうな
様相を呈していましたよね。
そしてもう一つ・・・
この時点では「4人体制のプリキュア」ですけど、
まこぴーとマナ・六花・ありすの3人の間にもなにか「微妙な温度差」があったんじゃないのかな・・とも
思います。
勿論、この3人が幼馴染という背景もあるのですけど、
まこぴーは、被害者でもあり同時に当事者でもあります。対してマナたちは当事者ではあるけど
被害者ではなくてあくまで「傍観者」という立ち位置なのだと思います。
その辺りが、マナに対するレジーナの「友達になって・・」という申し出をあっさりとマナが受けてしまう事への
まこぴーがマナに対して感じてしまう「違和感」にも繋がっているのかな・・とも感じます。
マナがもしもまこぴー同様故国を破壊された被害者であるとすると、多分ですけど・・
レジーナの申し出に耳を傾ける訳は無いと思うのですけど、
マナはこの時点ではレジーナに対しては、そうした「被害者意識」はありませんので、
考えてみると、この第16話というのは、プリキュア内の「温度差」に対しても容赦なくメスを入れている・・みたいな
雰囲気もありましたよね。

そうした中でも・・・

マナの「レジーナはちょっと違う気がすると思う・・・あの子はなんか憎めないし・・・あの笑顔が・・」と言う
のですけど、
ま・・・一般的な感覚ですと
「レジーナは形式的にはとにかく敵方のラスボスの娘であるし、何を企んでいるのだか
分からないのだからむやみに相手にしない方がいい」とか
「まこぴーの気持ちを考えると、あまり関わらない方がいいのかも・・」
みたいな事をマナに「忠告」するのが普通なのかな・・とも思います。
だけど、そこはプリキュア! やっぱりひと味もふた味も違うのですよね!
マナのそうしたレジーナに対する「思い」というものを「それは違う!」と鼻から完全否定するのではなくて、
「マナは昔から直感に鋭い・・」とか
「マナの第一印象は昔からよく当たっている」と
マナを信じきってしまう方向に傾く六花とありすの「マナを信じるチカラ」というものは尊いものがあるし、
やはりそこには「幼馴染パワー」というものは大きいと思いますし、マナたちとは別に幼馴染ではないまこぴーとの
温度差が生ずる結果にもなるのかな・・と思いました。
ま・・・最終的にはまこぴーもマナに対して
「私はレジーナを絶対に許す事はできない」と本音をマナにぶつけた上で、
マナたちとの「友情」も引き続き継続していきたいと願うまこぴーも、確かに第16話の時点では
これが限界なのかもしれないですけど、
これはこれで立派なものがあると思います。
この後、色々な経緯と紆余屈折はありましたけど、まこぴー自身にもかなりの変化が芽生え、
そしてそれは・・・・!!
そう! あの第40話のまこぴー新曲発表会という歴代プリキュアでも屈指の誉れ高いあの神回へと
繋がっていくのです!!

ま・・私としては・・この第16話は、六花の「ごめんで済んだらプリキュアはいらない!」のあの不滅の名言を
聞けただけでも大満足です!! (笑・・)



492a2612-s_convert_20160811174508.jpg


60931a14-s_convert_20160811174538.jpg



2013年にこのタイトルを目にした際は、
「あれれ・・このタイトルはやばい・・・第10話に続いてまたまた六花の焼きもち炸裂回!?」と感じたものですけど、
ま・・この時点では六花は既に「嫉妬」という黒い感情は少しは乗り越えていましたので・・・

だけどレジーナが色々とマナを振り回している様子に六花が明らかに「面白くない・・」みたいな表情を
随所で見せていたのは大変印象的でした!

まこぴーに対して、マナの気持ちを代弁した上で
さりげなくですけど・・「マナを信じてあげて・・」とまこぴーを諭すような感じの六花とありすは
まさに「大人」の対応だったと思います。



eecbfab2_convert_20160811174720.jpg



過去にも、敵からプリキュア側に寝返った者たちも存在します。
満と薫、イース、エレンなのですが、彼女たちの場合、
プリキュアを倒すために、まずはプリキュア達を知るために近づいて行ったら、いつの間にやら
プリキュア達の暖かい心に共感し始め、
同時に自分達が行っていた事、行おうとしていた事に対する後悔の念から
プリキュアに変容したり、プリキュアと共に行動し最終決戦に一緒に向かったりもします。
いわば彼女達は、自分達の過去の悪行に対する罪滅ぼし的要素というのか、改心の象徴として
プリキュア側の立ち位置に変化していったのです。

だけど、レジーナの場合、そうした改心とか罪滅ぼし的要素はほぼ皆無・・・

それではレジーナとプリキュアを結びつけるものとは一体何なのか・・・
真琴とレジーナという相反するものに対して、マナは一体どのような折り合いをつけるのか・・・

その辺りがエース登場までのドキドキの一つのテーマだったようにも思えます。

この第16話のなかで一つ難しいテーマが出てきたのも大変印象的でした。

それが「あなたは敵を許すことが出来るのか・・」・「あなたは敵と友達になる事は出来るのか・・・」という
大変厄介で難しいテーマだったとも思えます。

話は全然関係ないのですけど、
フランスのルイ13世(太陽王)を支えた名枢機卿のリシュリュー公は、世を去る前に
僧侶から
「あなたは汝の敵を許すことが出来るのか・・・」という問いに
「私には国家の敵以外に敵はいなかった」との言葉を残しています。
さてさて、そうした歴史上の偉人の言葉をプリキュアに当てはめるとどういう事になるのか・・・?
ドキドキではなくて一つ後の「ハピネスチャージ」での話になるのですけど、
いおなにとっての「敵」とは「自分の愛する家族に重大な危害を与えたもの、同時にその原因を作ったもの」だと
思われます。いおな自身は元々優しい性格の持ち主・・・
しかし、リシュリュー公と同様、自分の敵=自分の家族を奪ったものとその原因を作ったもの以外には
敵は存在しないと思われます。
その意味では、ひめを恨み許さない気持ちは非常によく分かりますし、
その言い分は全く正しいし、
「絶対に許さない」という気持ちを抱くのは極めて自然と思われます。

これはある意味極端な例なのかもしれませんけど、
犯罪被害者の家族が「加害者」を絶対に許さない、そして厳罰を求める事と
構図は同じなのかもしれません。

こうした場合のいおながひめに対して出来る事は

①完全な無視 ②永遠に恨みを抱き続ける ③「寛容」の精神で許容する

ぐらいしかありませんけど、
③の「寛容」なんてよほどの「聖人君子」でないと出来ない相談ですし、
それをいおなに求めるのは元々無理な話・・・

ま、それでも「歴代プリキュア」の伝統的な考え方においては。
ひめに対しては「贖罪」、いおなに対しては「寛容の心」をお互いに持ちなさい・・・
そしてお互いがお互いを認め合って一緒に頑張りましょう・・・という感じなのですけど
そうはならない展開なのがハピネスの極めて難しいところ・・・

フォーチュンにとっての「敵」とは、
幻影帝国であると同時に、この原因をつくりだした「ひめ」でもあるのですよね。
しかもこのひめが自分と同じ「プリキュア」である事も
フォーチュンにとっては堪え難い事だったのかもしれないですよね。

ま・・、いおなとひめの確執は、とあるシーンにて完全に「和解」への道を辿っていくのですけど、
考えてみると、ハピネスの場合は、前半がいおなとひめの確執、後半がめぐみの問題と、
ま――、プリキュアでは珍しいくらい「問題」が起きまくりのシリーズでしたよね・・
やはりそうした中において、そうした「問題」にほぼ無縁の存在であった「ゆうゆうの意義」はハピネスでは
大きかったといるのかもしれないですよね。

ドキドキにおいては、
レジーナ対まこぴーの立ち位置のように間接的な被害者と加害者という関係ではなくて、ハピネスの場合、
利害関係がまともにぶつかりあった当事者同士の話であり、
余計に解決を難しくしていたとも言えるのかもしれないですよね。

さてさて・・・・

ドキドキの場合の「敵」とは何なのか・・

マナ達は敵を許す事は出来るのか・・・・

というテーマなのですけど、

マナの場合、「自分達の夢を壊す破壊者以外に敵はいなかった・・・」と言えるのかもしれません。
逆にマナ達の夢とか日常を壊さない程度であるならば、
マナは基本的にはどんな事でも尊重し、相手を認めた上で相手と一対一で差で真剣に話し合うという御方でも
ありましたので、
やはり「マナは大物!!」と断言しない訳にはいかない本当にスケールと器の大きい素晴らしいキャラでしたね!!

それを支える六花もありすも素晴らしかったです!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

なるほど、プリキュアたちにも、さまざまな心思いがあるのですね。
わたしだったら…相手に対して、「どうすればこの人が本当に心安らかにすごせるかな」とか考えて言葉を出すのがせいいっぱいで、でも、色んな立場のひとがいて、むずかしいですよね。

ドキドキ

Baby pink amy 様


そうなんですよ・・

この「ドキドキプリキュア」というのは、プリキュアシリーズの中では極めて珍しい事に
いわゆる「ポンコツさん」がいなくて優秀な人が多かったという事もあるのですけど、
今回取り上げたような比較的、子供アニメにしてはテーマが難しいのかな・・とも思える事にも
斬り込んでいましたので、
内容的にはかなり面白いシリーズだったと思います。

プリキュアにしても、侵略する方・侵略される方など色々と言い分はあるとは思いますが、
そうした様々な立場の「多様性」を認めて、
「自分も大切だけどあなたも大切・・」みたいな事もきちんと提示している点が素晴らしいなあ・・と
思わせてくれますよね!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3092-5b36cfa7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |