プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、8月9日の「博麗霊夢の日」という東方記念日として大盛り上がり日も
あったかとは思うのですけど、実は8/9の丁度一か月後の「⑨月⑨日はチルノの日」という
記念日もあったりします!
というか、毎年この「⑨月⑨日は東方ファンの皆様にとっても
「ああ・・・あのおバカさんの日ね・・くすっ・・」みたいな感じになるのかなぁ・・・とも思ったりもしますね。

いいですねぇ――!! 東方にもお空とかミスチーとかサニーミルクとかあんまり頭がよさそうではないキャラも
結構いるのですけど、公式では特に「おバカ認定」はしていないのですよね・・・
だけど唯一チルノだけは公式ではっきりと「バカ」という認定をしてるのが、まさにチルノそのものなのだと思います。
ちなみにですけど、チルノってよく「⑨」という表記をされることが多々あるのですけど、
これは何かと言うと、東方の公式ゲームの一つの「東方花映塚」の公式における仕様説明書の
登場キャラ紹介の中で、公式ではっきりと、⑨チルノ→バカと
書かれてしまっていることが理由です・・・(苦笑・・)

ま・・・チルノ本人にしてみると
「あたいはおバカじゃないもん!!」という感じなのでしようけど、この「あたい」っていう第一人称からして
「おバカ」みたいな香りがプンプン漂うのはいかにもチルノらしいですよね・・・(笑)
チルノ以外でも、小野塚小町・クラウンピース・お燐も「あたい」みたいな言い方をしているのですけど、
それぞれ少なくとも「おバカ」という雰囲気は皆無ですからね・・・(笑)

東方Projectというと・・・ま・・・そりゃ絶対的エースというのか屈指の人気キャラというと
言うまでも無く、霊夢・魔理沙・・・
そしてそれに次ぐのが十六夜咲夜・妖夢・古明地姉妹にスカーレット姉妹・アリスなどだと思うのですけど
チルノだって負けていないと思います。
チルノって東方の中でも最古参に近いキャラでもありますけど、その人気の高さは揺るぎがないものが
あると思います。
二次創作の分野においては、もしかして・・・主人公・霊夢すら超越してしまいそうな人気の高さもありそうですね!!
ま・・・そのほとんどが「⑨」とか「おバカキャラ」という絡みなのですけどね・・・・(笑)

いやいや、いーーんです!!

も―――、チルノは「おバカ」という事でいいのです!!

やっぱりチルノは「おバカ」だからこそのチルノなのですから、
チルノだけは絶対に賢くなってほしくないですし、このまんま未来永劫ずーーーっと「おバカさん」のままで
いて欲しいです!!
だけど、チルノは東方でも屈指の「愛されキャラ」だと思います!!

あんだけ色々な人から「おバカ」だの「⑨」だの言われ続けていても、
こんだけ人気が高いというのもよく分かる気がします。

チルノで有名な台詞と言うと・・・・

やっぱり「あたいったら最強ね!」が印象的ですよね・・・
あれは・・・
「東方花映塚」でのマッチモードにおけるチルノ対チルノの対戦時に、勝利したチルノが言う一言なのですけど、
東方の妖精と言うと「弱い雑魚キャラ」というイメージを完全に払拭したようなセリフですし、
何よりも・・・
あのおバカさんのチルノが発したものだからこそのインパクトがあったのかもしれないですよね。



繝√Ν繝酸convert_20160810190700



最近のうちのブログの東方フィギュア紹介記事において、チルノについては、
キューズQとアクアマリンのそれぞれとっても可愛いチルノのフィギュアをご紹介させて頂きましたが、
グッドスマイルカンパニーの「ねんどろいど版 チルノ」もとっても可愛い仕上がりだと思います!!

しかもご丁寧な事に・・・

このグッドスマイルカンパニーの「東方シリーズ」のねんどろいど第⑨弾としてチョイスされたのが
このチルノなのです!(笑・・・)
いや――、グッドスマイルの社員の皆様は、よく分かっていらっしゃいますよね!!
その「粋さ」がとっても素敵だと思います!!

さてさて、このねんどろいど第⑨弾としてのチルノなのですけど
いかにも「湖の上の氷の妖精」に相応しい雰囲気ですね!
青を基調とした衣装や透き通った氷の羽はもちろん、自信に満ち溢れた笑顔まで、
その再現度は本当に素晴らしいものがあると思います。
きりっとした「怒り顔」や返り討ちにあった時の「泣き顔」の表情ほか、
無駄に偉そうな姿を再現できる腰当て腕パーツに、いたずら好きなチルノに欠かせない「蛙の氷漬け」、
「氷の剣」というアイテムが具備されている点も「芸が細かいなぁ・・」と感心させられるものがあります!

ちなみにですけど、このチルノのフィギュアの概要を改めて下記に記させて頂きますと・・・

商品名 : ねんどろいど チルノ

メーカー: グッドスマイルカンパニー

カテゴリー : ねんどろいど

価格 : 2,857円 +税

発売時期 : 2011年8月

仕様 : ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属

全高:約10cm

現在はもちろん販売されていませんので、これは商品としては入手が困難なのかもしれないですよね・・・




繝√Ν繝・_convert_20160810190800



この使用品には、オプションでイタズラで凍らせた氷漬けのカエルが付属していますけど、
両腕を差し替えて再現する事が出来ます。

チルノの「おバカエピソード」って・・・ま――、そりゃ一杯ありますけど、
代表的なものが「カエルの凍らせ遊び」なのかな・・・?
蛙を瞬間で凍らせては水につけ生き返らせて遊んでいて、3回に1回は失敗して蛙は砕け散るという感じ
なのですけど、
あ・・・そうそう、チルノの特性というものは、「冷気を操る能力」と言う事で、小さいものなら瞬間で凍り付けさせる事は
可能です。
そんな訳でチルノの周辺はいつも寒いという事なのですけど、
例えば「東方三月精」を見た限りでも、チルノの周辺にいてもサニーミルクたちは別に寒がる様子も無いて゜すし、
霊夢や魔理沙なんかも別に寒がっている描写は無かったような気もします。
ま、あの能力は、チルノが「寒くなれ!」と念じた時に発するという事にしておきましょう・・・(笑)
だけどね・・・チルノ・・あのね・・・・
そうやってカエルをいじめちゃっていると・・・・
カエルと蛇が一種の土着神みたいな感じで、カエルが大のお気に入りの神様・諏訪子より
いずれお仕置きを食らっちゃうかも・・・?
また・・・諏訪子が祀られている守矢神社の巫女さんで、諏訪子の遠い子孫とも言われている早苗さんより
「カエルをいじめちゃうなんてひどーーい!!」とやはり・・・妖怪ではなくて妖精退治の対象になってしまうのかも・・・?




縺。繧九・_convert_20160810190732



背中には氷の羽。

細やかな造形に加え薄くクリアブルーのグラデーションが

かかっていて非常にきれいです。



繝√Ν繝・_convert_20160810190827


繝√Ν繝・_convert_20160810190939




自信満々のニヤリ顔と泣き顔のギャップが素敵ですよねぇーー!!

ニヤリ顔はやはりあの「あたいったら最強ね!」を彷彿とさせてくれますし、
泣き顔は、フランちゃんや魔理沙から「あ、バカ発見!」とか言われて追っかけ回されている時とか
二次創作ですけど「パカルテット」の一員として慧音先生の寺子屋に通い、テストで10回連続
100点満点で⑨点を取り続け、慧音先生からお小言&頭突きというお仕置きを食らっている際の表情を
なんだか連想させたくもなってしまいます・・・(笑)


氷の剣、アイシクルソードが付属していますけど、剣というほどしっかりしたものではなくて、
ツララなみたいなイメージが似合いそうですね!
東方で刀というとやっぱり・・・「妖夢」が一番しっくりきます!!



繝√Ν繝撒`s_system_convert_20160810190858



そうそう・・・チルノというと、
原型師「宮川武」の個人ブランド「T`s system」から発売されたチルノもあるようなのですけど、
これに関しては、個人ブランドという琴で情報が少なく、
あまりここで書くような内容ではないのですけど、
なんとなくですけど、「少し成長し大人になったチルノ・・」みたいな雰囲気もあり、これはこれで悪くは
ないと思います!!



doappu-chirrno-desuyo!!_convert_20140710164957.png



さてさて、ここからは恒例のアミグリさんのイラストのご紹介コーナーなのですけど、
既にうちのプログにおいて今年の4月に一度転載をさせて頂いているのですけど、
アミグリさんのご了解の下、再度上記のとってもとっても可愛い「チルノ」を再転載させて頂きたいと
思います。
上記のチルノは、とにかく当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人のアミグリさんが
2014年7月に描かれたものです。

このチルノ、本当にめちゃくちゃ可愛いですね!!

まさに「氷の妖精」という雰囲気に包まれていて、少なくてもこの素敵なイラストからは
おバカとか⑨という言葉は無用!!という感じになりそうですね!! (笑・・)

チルノのひそやかさ・大人っぽい感じがとても素敵に表現されていると思います。

前述のフィギュアで言うと、ねんどろいとではなくてT`s systemの方に近いのかな・・とも思える
何となくですけど「少女の恥じらい」みたいなものも感じさせる
少しだけ背伸びをしたとても素敵なチルノだと思います!!

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用は、あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、
無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

チルノというと・・・「氷の妖精」という事でやはり「青」がとってもよく似合うと思います。

そしてもう一枚・・・


chiruchiru02_convert_20120906130555_convert_20120912122021.png



もーーー、このチルノはいかにもチルノらしい一枚だと思います!! これはアミグリさんが2012年9月に描かれたものです、

「あたいったら最強ね!」という少し強がりな部分とチルノらしい可愛らしさが本当に巧みに
融合されていると思います!
私・・・このチルノも大好きなんですよ!!

本当にチルノは「愛されキャラ」の可愛い妖精だと思います!


最後に・・・・

アミグリさんが⑨月⑨日に描かれたチルノの中で印象的なのは・・・

⑨月⑨日

このチルノもとっても可愛いですね!


アミグリさん!! これからも素敵なチルノを描き続けて下さいね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

チルノのイラスト掲載、嬉しいです!!

ねんどろいどのチルノ、とってもかわいいですね!!
透き通った氷の羽がとても綺麗です。

そして、チルノのイラストを掲載してくださり、ありがとうございます!!
2014年7月のチルノは、再転載までしていただき、とってもハッピーです!!

そういえば、チルノは、2014年の10月以来描いていないので、また近々描けたらいいなぁと思いました。

チルノはまさに「天使」ですね!!

アミグリ 様


なんか先日のメッセージは、「記事公開予定日直前なのにまだ了解が頂けていない」みたいな感じに
なってしまい、なんだかアミグリさんまでバタバタとさせる結果となってしまい大変申し訳ありませんでした。
次回以降は、もっと早めに「転載許可メッセージ」を出していきたいと思います。

それにしてもチルノって本当に可愛いですよね!!

なんでこんなに可愛くて愛らしいのでしょうか・・・!?

フィギュアのチルノもとっても可愛いけど、アミグリさんが描いたチルノも
アミグリさんの「チルノ愛」が詰まっているような素敵なものばかりだと思います。

是非是非、アミグリさんが描いた「新しいチルノ」も見てみたいですね!!
でも「マイペース」は保って下さいね!!

こんばんは。

私の家にも ねんどろいど などありますが、
可愛らしく造ってありますよね。
最近のものは細かくデザインされていて、
見るのが楽しみになります。

東方Project自体はよくわからないのですが、
ゲームの方でデフォルメされたものを良く見ます。
可愛いですよね(^_^)
今度は実際の東方Projectを見てみたいと思います。

コメント頂きありがとうございます!

kirakiya.rumari 様


こんな拙いブログにお越し頂いただけではなくてコメントまで頂けるなんて・・・!

なんかとっても嬉しいです!

ねんどろいどフィギュアは東方に限らずどの作品もとっても可愛いですよね!
あの少しデフォルメしたような雰囲気も素敵だと思います。
ああいうデザイン担当の方のご苦労の結晶と言う感じですね!

東方は本当に奥が深い世界なものでして、私自身もまだまだ勉強中という感じですね! (笑)

今回は素敵なコメントをありがとうございました!
今後とも宜しくお願いいたします!

こんにちは^^
この間、フィギュアと似た感じの小さな人形の価格を見てびっくりしました(10万円越え)。こういったものの文化も恐ろしく奥深くなっていますね。チルノはディフォルメされたほうがかわいいですね^^

ドールの世界は奥が深い・・

八咫烏 様


フィギュアと言うと造形品という感じなのかもしれないですけど、
ドール(人形)は、まさに「魂が中に入っている・・」じゃないですけど、
中には「人そのもの」みたいな仕上がりのものもあったりしますよね。
以前取り上げた東方のドルフィードールは一体2万前後なのですけど、個人的にはこの価格は「大あり」
だと思います。

チルノは愛されキャラでおバカキャラでもありますから、デフォルメした方が
確かに可愛いかもしれないですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3090-c4c9d05b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |