プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日8/6~7に開催された埼玉県川口市の「第38回たたら祭り」については、
このお祭りのイベントの一環として開催されていた「魔法つかいプリキュアショー」の記事で
既に書かせて頂いてはおりますけど、
(というか・・昨日もこのたたら祭りとプリキュアショーは記事にしていましたよね・・・うーーむ、
この暑さで夏バテ気味のせいなのか、このポンコツ管理人もよっぼと書くネタが無いのかも・・・??)
このお祭りについて少しでも多くの皆様に知って頂きたいという気持ちから
再度このお祭りの概要について記させて頂きますと・・・・

「川口市」というと古くは「鋳物の街」として全国的にも知られ
吉永小百合の映画、「キューポラのある街」の舞台ともなったところです。
「たたら」というとそうした「鋳物」と関連があるのですけど、
それでは「たたら」と言うと何かと言うと・・・

もともとは製鉄の時に風を送る「ふいご」を意味し、由来を広く遡って考えれば、古代朝鮮語の解釈で
「もっと加熱する、強く加熱する」・ダッタン語(モンゴル・トルコ系)の「猛火」とも取られるようです。

また、「たたらを踏む」とは、足でばたばた踏みつける事で、「地蹈鞴(じたたら)」が「地団駄(じたんだ)」に転じたのです。
「地団駄」には「足摺」という意味もあります。「たたらを踏む」作業はかなりの労働力を必要とします。
その辛さを紛らわすために、「たたら節(歌)」を歌い始めたといわれています。

また、アニメ映画「もののけ姫」にも「たたらを踏む」シーンがあったりもします。







CIMG9883_convert_20160809192930.jpg



この「たたら祭り」は昼間もかなり盛大で、数多くの屋台等が出品されますし、各種イベントも盛りだくさんです!
ちなみに会場は、元SMAPの森且行が在籍している「川口オートレース場」で、
祭りの「メイン」というか「最大の見どころ」は
このオートレース場から直接打ち上げられる迫力満点の「花火大会」であり、
オートレース場の真下から見上げる花火は
本当に迫力満点であり
毎回見るたびに「感動」してしまいます・・・・!!

川口駅の目の前に「リリア」という音楽ホールがあり、そこに隣接するタワーからも
この花火がよく見えますけど
少し遠くから見ていても、その壮観さは伝わってきます。

私自身は、パチンコ・競馬・競輪等のギャンブルは一切やらないもので、普段からこうした
オートレース場みたいな公式ギャンブル場に来る事自体ないのですけど、
こうやってたまにくるから、こうした施設の独特な雰囲気はよく伝わってくるものですね。
お祭りのために土日の二日間を一種の「賭博場」という場所を提供してくれるその太っ腹は「さすが・・!」とも
思ったりもしますね、

このたたら祭りは、私も2011年以降はほぼ毎年のように見てきておりますけど、
ま・・・私の場合、祭りのお目当ては、毎年このお祭りの一つのイベントとして開催されている
「プリキュアショー」を見に来る事なんですけどね・・・(苦笑・・)




kogasan_convert_20091203155248.png



さてさて、ここから先は東方Projectのとっても可愛いお化け一つ目番傘妖怪とも言える「多々良小傘」と
前述の「たたら祭り」の関連記事です。

多々良小傘は、元々は人間達が放置した「置き忘れ傘」が妖怪化したもので、本人自体に悪気は全く無い
人間達を唐傘で持って脅かすのが大好きという
「いたずら妖怪」でもあります。
だけど・・・人間達がもー唐傘見ても慣れっこになってしまいあんまり驚かなくなってしまい今一つ張り合いがない・・・
そんな理由で東方神霊廟あたりからは、白蓮さんの命蓮寺の墓場にいる事が多くなり、
お墓参りに来た人間達を性懲りもなく驚かす・・・といういたずらも繰り広げていきます。
「一つ目で一本足」というと「一本だたら」という大変凶悪で粗暴な古典的な妖怪を彷彿しがちなのですけど、
(一本だたらは山ではぐれた人間を襲い、これを殺して食べたりします・・・)
多々良小傘は、あくまで人間を驚かすという「いたずら」のみが目的ですので、悪意は全く無く
危険度は限りなく低い妖怪です。

だけど、小傘はもしかしたら段々と何か「心境の変化」みたいなものが沸き起こったのかも
しれないですよね・・・
そうですね・・・・
「このまま人を脅かすだけじゃなんかつまらない・・・」
「逆に何か人間の役に立つことは出来ないものか・・・?」みたいな考えに少しずつ変化が生じたのかも
しれないですよね。

そしてその一つの表れが、「ベビーシッター」なのでした。

射命丸文から
「あなたはなんでそんなベビーシッターなんか始めたの・・?」というインタビューに応え、
「傘として使ってもらえないのなら、自分から役に立つ道具になりたいの。
私は人を驚かすくらいしかできないけど……人間が何を欲しているか予想して、
道具の方から人間に合わせていきたいの。それが新しい付喪神の姿だと思っているわ」
みたいに大変健気で前向きで素晴らしい事を言ってくれています!!

そうした中、「東方茨歌仙」にて、この小傘についてとある素晴らしき設定が登場し、
ここから多々良小傘の人気&存在感は一気にググッ・・と上がる事になります!
それが何かと言うと・・・多々良小傘は実は「鍛冶が得意」という事でした。

小傘は鍛冶業で生計を立てているらしく、針供養の日を針を売る絶好の機会と見ているようで、
その針供養の日に意気揚々と博麗神社を訪れ、霊夢に対して「針の新調はいかがですか?」とか
「この針でもって妖怪退治の立派なアイテムにもなりますよ・・・!」みたいな営業攻勢をかけ、
「乗るしかないでしょ!この大波に!」と意気込んだものの、襲撃と勘違いした霊夢に容赦なくボコボコにされた挙句、
数日かけて針を新調したら、今度は品質検査と称した試し撃ちでまたも悲惨な目に遭ってしまいます・・・(苦笑・・)

だけど、鍛冶については本当に素晴らしい腕前を有しているみたいで、
小傘本人が「人間の鍛冶屋よりも数段上の針を拵えますよ。マ・ジ・で・・・!!」と豪語するだけの事はあって
その技術と仕上がりは一目見た霊夢と魔理沙を感嘆させる域に達するほどのレヴェルでした。
あ・・・そっか・・・
「多々良小傘」の「たたら」というのは、「鍛冶」にもかなり深い関係があるのですよね!
それに・・・元々多々良小傘の一つ目・一本足の唐傘の元ネタとは言うまでも無く前述の「一本だたら」という妖怪で、
この妖怪は鍛冶の神「天目一箇神」の零落した姿とも言われています。
この「たたら祭り」の「たたら」という言葉も
「たたら吹き」と呼ばれる日本古来の製鋼法に由来しているとの事です。

こうやって見てみると、多々良小傘の名前の「たたら」と「鍛冶」には元々深い関係があり、
多々良小傘と鍛冶と言うか元々は鋳物の街でもあった川口市はどこかでつなか゜りがあり、
そういった意味では、意外と多々良小傘と埼玉県川口市在住の私の間では
何かしらの「接点」があるのかもしれませんね・・・・(笑)
たたら祭りの会場内では「たったらたたら、たったらたたら!」ちてうフレーズが繰り返し流される「たたら音頭」が
BGMとして流れていましたけど、
そうですね・・・なんかあの「たったらたたら、たったらたたら」と言われてしまうと
私としてはどうしても「多々良小傘」ばかりを連想してしまうのですよね・・・(笑)

あ・・・そうそう、多々良小傘は前述の通り、白蓮さんの命蓮寺のお墓にいる事が多いせいか、
なぜか命蓮寺の準・出家要員とみなされているようなのですけど、
本人は「私は出家や修業に興味が無い」と否定していましたね・・・
「東方求聞口授」において、魔理沙・神子あたりから白蓮さんに対して
「命蓮寺ではどんな修行を妖怪たちにさせているの・・?」とかなりツッコミが入っていまして、
それに対して白蓮さんは、「無畏施」という恐怖の無い生活を施す事とか
「持戒」という殺生をしない・酒を飲まない・暴れない・盗みをしないことなどを例として挙げていますけど、
それに対して魔理沙・神子・神奈子から
「命蓮寺の妖怪たちが獣肉をカッ食らって酒飲んでいた」とか
「一輪が宴会をしていた」とか
「ムラサが小野塚小町の三途の川の舟に水を入れて沈めようとしていた」とか
更には・・・
「多々良小傘が人里で、頭蓋骨を使って傘回しをしていて、投げ銭を貰って金稼ぎをしていた」みたいなチクリを入れられ
白蓮さんは・・・
「みんな・・私の知らない所で一体何を・・」とボー然とさせていたのが大変印象的でした!
(その流れの中で響子とミスチーのゲリラライブの件も発覚してしまいます・・・)

そっか・・・小傘は、単なる人騒がせな妖怪から、ヘビーシッターとか傘回しの大道芸人とか
そして今現在の「鍛冶職人」と
色々な多様性を秘め、自分の幻想郷内での居場所を模索し続けていると言えるのかもしれないですよね。

そんな多様性と可愛らしさを秘めた多々良小傘と私の地元の埼玉県川口市の「たたら祭り」が
多少は繋がっているかと思うと
なんだか少しだけ嬉しくもなったりするものですね・・・(笑)

さてさて・・・上記の水色キャラのイラストは誰かと言うと、それがこの「多々良小傘」なのです!

そしてこの夏に相応しい爽やかなイラストを描かれたのは
当ブログではすっかりおなじみの「dream fantasy」の管理人のアミグリさんです!!
全体的にこの水色の色彩感が「夏らしい爽やかな感じ」を演出していてもとっても素敵ですよね!
そして多々良小傘が手にしている傘のお化けも一本足とかベローとだした舌とか一つ目とか
いかにも「お化け屋敷」という感じが漂い、ここも「夏」らしい雰囲気ですよね!

そうそう・・アミグリさんの「dream fantasy」というブログは、実は大変歴史があり、
その開設は2008年3月です!
間もなくうちのブログも「開設4周年」を迎える訳ですけど、アミグリさんのブログに比べりゃ、
「そんなのまだまだ甘いわね・・」となんかツッコミが入りそうです・・・(笑)
しかもアミグリさんのブログって長期間の休みとか中断というのはあんまり無くて、
これだけ長期間休まれる事なく定期的にこのように極めてクオリティーの高い作品を発表され続けている事は
本当に素晴らしい事ですし、頭が下がる思いで一杯です!

こうした「持続性」とか「継続的な作品の発表」というのは、まさにアミグリさんの「矜持」なのだと思います!

そしてこの多々良小傘を描かれたのは、2009年12月という比較的古い時期の作品なのですけど、
今現在のアミグリさんの作品も素晴らしいけど
この時代の作品も素晴らしいと思ってしまいますし、そして同時に「確かな進化」というものも
間違いななく感じさせてくれていると思います!!

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!

アミグリさんの作品の当ブログへのイラスト転載はアミグリさんのご厚意でご了解を頂いているものですので、
無断コピーや無断お持ち帰りはNGでお願いしますね!

最後に・・・・アミグリさんが2012年12月に描かれた「猫耳こがさ」もとっても可愛いですよ!
ペロッと出した舌とかオッドアイがとても印象的です。
背景の傘のお化けも可愛いです。

この猫耳の多々良小傘をご覧になりたい方はこちらから! → 猫耳こがさ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント頂きありがとうございます!

鍵付コメントですので、お名前を出さずにコメント返信
させて頂きますので宜しくお願いします。

いつもこんな拙い当ブログを見て頂きありがとうございます!
またコメントまで頂き感謝に絶えません。
私の方こそいつも読み逃げばかりで申し訳なかったです。

どうぞごれからも宜しくお願いいたします!

ささやななえこ先生のまんがで、「たたらの辻に…」というこわ~いまんががありましたが、この多々良子傘ちゃんは、役に立つ妖怪ちゃんなのですね❤(>∀<)❤
あ~最近、こちらで、ふりふりの衣装を見てますので、ますますふりふりとれーすの絵が描きたいです!!!にょ~~~!

同じ「たたら」でも

Baby pink amy 様


「たたらの辻に・・」という漫画は初めて知りましたが、調べてみると・・・なんか怖いホラーですね!

東方の多々良小傘は、おっかない妖怪ではなくて、
むしろ「自分の生き方の多様性」を模索する、弱いけどとっても健気で可愛い妖怪ちゃんなのです!

ま・・・東方ではこういう妖怪は逆に珍しいタイプです。ちなみに、多々良小傘は、よく見ると
裸足でオッドアイという極めて珍しい設定もされています。

是非是非・・・! Baby pink amy 様のふりふりイラストを見てみたいです!!

小傘のイラスト掲載をありがとうございます!!

小傘のイラストを掲載していただき、ありがとうございます。
初期の作品でも素敵にご紹介してくださるぬくぬく先生に感謝です!!

猫耳小傘の記事も紹介していただき、嬉しい限りです!!

いえいえ、こちらこそありがとうございます!

アミグリ 様


いえいえ、こちらこそいつも初期のイラストから最新作まで当ブログへのあの素敵な作品群の転載を
快諾して頂き、感謝に絶えません!
いつも本当にありがとうございます!

実は・・・

この小傘のイラストについては、迷ったのですよ・・・(笑)

だってアミグリさんには、小傘とナズーリンのツーショットの素敵なイラストも過去作にあり、
どちらがいいのかなぁ・・・と実は結構迷ったのでした・・・(笑)
「ま・・ナズーリンはたたら祭りと関係ないし・・」と思って小傘単独の方にさせて頂きました!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3088-1f9c0d92
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |