プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


月曜のうちのブログ記事は「魔法つかいプリキュアショー」の記事で、
その中において、
「今年のプリキュアの敵幹部の人材不足は本当に深刻・・・、だって、ショーでのプリキュア達の
バトルのお相手が既に死亡(浄化)それたはずのガメッツがプリキュアショーの時だけ
限定復活・・・??」みたいな事を書いたのですけど、
今回の第27話において、最近の敵幹部の人材不足がやっと解消できそうな目途が立ちましたね・・・・(笑)

あー、よかった、よかった・・・これで最終決戦までの道筋が見えてきたと思ったのですけど、
その新しい敵が何だか強そうな予感もあったりもします。
ま、当面は、なんか魔神みたいなラブ―がそのお相手という事になるのでしょうけど、
そのラプーから何か知りませんけど、色々と新情報らしきものが飛び出してきましたね。

「だってさもうすぐ来るからね。あのお方…デウスマストが!」

「光栄にも この世界は偉大なるデウスマストの目にとまったのさ。
…で、お迎えするにあたってこの地上から、邪魔者をお掃除しとくってのがオレらの仕事なわけ・・」

これってよく分析してみると・・・・
1.ラプーの上には更にラスボスみたいな「あの御方=デウスマスト」が存在している事

2.ラプーはは「オレら」って言っていましたので、もしかしたら、ラプー以外の「追加敵幹部」が登場してくる
 可能性もある

そういうことなのだと思います。

追加敵幹部というと、そうですね・・・・個人的にはフレッシュのノーザが大変印象的でしたね!
ノーザの狡猾さは大変残忍なものがありました!
長いプリキュアの歴史においてもなかなかああしたずるさと冷たさを全面に出し
ポンコツ要素をほとんど出さない敵幹部は珍しいだけに、その存在感は光っていたと思います。

とにかく最近の魔法つかいにおける敵幹部の「人材難」ぶりには少し閉口気味でしたし、
ヤモーの戦いぶりなんかはまさに「地味」そのもの・・・(苦笑・・)
それだけに新しい敵幹部とかプリキュア達の「戦う動機」とか新しい要素もこれから色々と出て来そうでも
ありますので、
逆に「楽しみがふえた、これってわくわくもんだぁー!!」という展開になりそうですね。

あ・・・それと今回は久しぶりに校長先生の活躍の場が与えられていましたよね!

どうも最近のプリキュアの男の大人ポジションは、ジョー岡田といいブルーといい
なんか胡散臭い御方たちばかりでしたけど、
前作のカナタ王子でその「失われた大人の信頼感」を大分回復させ、今回の校長先生でもって
ほぼ完全に信頼感を回復したと思います。
やれやれ・・本当にどっかの青い神様はどこまでも罪な御方でしたよね・・・(苦笑・・)
あの御方は神様なんですけど、東方Projectの地獄の閻魔様でもあられる四季映姫様のテーマ曲/断罪! ヤマザナドゥを
ブルーに聴かせてやりたい気持ちになったりもするであります・・・(苦笑・・)

冒頭の校長先生とリコちゃんパパの

「闇の魔法の使い手…そして、例の封印されていた邪悪な存在…状況から見て、それらは別々の存在」

「やはり災いの訪れはこれから・・」という会話は
まさに上記の「新しい敵幹部の暗躍」を示唆する内容でもありましたけど、
そうですね・・・・
私としては、リコちゃんパパが使っていた「ショルダーフォン」がとてつもなく懐かしかったです!
あれって・・・・
固定電話から携帯電話への時代の過程の中で一時的に登場していた事がありましたね・・・
ま、今現在はまさに「骨董品」そのものですけど、
もしかして魔法界では、最新の技術の限界がショルダーフォンなのかもしれないですね・・・

そして、プリキュアたちとラプー+ドンヨクバールとの戦いにおいて、プリキュアたちが結構やばい状況に陥った際にも
校長先生は「わしも出来る事をせねばな!」とバリアを張ってプリキュアたちを防御するなど
見事な働きを見せていましたけど、
本編の中でも「果たして力を使い果たしたわしにできる事とは・・」と「自分の役割」についても模索していましたが、
ああした事もまさに校長先生の「自問自答」としての答えだったのですね!
いやいや、その辺りは大変尊いものがありますし、歴代年長者キャラの中でも頼りになる存在だなぁ・・・と
改めて感じたものでした!
更に余計な事を書いてしまうと・・・・あのシーンの際にまたまた力を使い果たし、再度ご高齢化され
またまた「薬膳茶」のお世話になるのかな・・と思っていましたけど、
なんとか若さをキープする事が出来てよかったと思います。

ラスト近くの校長先生の
「エメラルド…。まだ秘めた力がありそうじゃ。精一杯、努めねば。わしにできる事を・・」とか
「また生徒に教えられたな・・」
と言うのは、校長先生の「キャパの広さ」を感じさせる言葉でもあり、その点も素敵でしたね!







さてさて、「魔法つかいプリキュア」も夏休み編と言う事で、8月の間は「魔法学校編」が2~3月の補習授業に続いて
展開されていくのですね。
ことはちゃんの魔法学校の制服がとっても可愛かったのが印象的でしたけど、
ジュンたちからは「ことは=あの小さかった妖精」というのが今一つピンときていない様子と言うのも
なんか「そりゃそうなのかも・・」という感じなのかもしれないですね。
少し納得いかないようすのはーちゃんもとっても可愛いです。

あ・・・なんか久しぶりにリコちゃんのポンコツ振りが見られて安心しました!! (笑・・)

「この子達がどうしても魔法界で夏休みを過ごしたいって言うもので…」とエラソーに校長先生にいった所、
ことはの魔法によってリコちゃいのトランクの中が開封されてしまい、
実は、リコが一番遊ぶ気満々だった・・・みたいな話が露呈されていたのはとっても楽しかったです。

みらいとはーちゃんの「今、夏祭りって言いました!?」というダブルのはもりは素敵でした!

というか前回の話じゃないけど、母と娘はこうまで似てくるものなのですね・・・(笑)




7d330628-s_convert_20160809151318.jpg



夏祭りが「はーー楽しみぃ!」といってはしゃぐことはちゃんはマジで天使!!

この無邪気さが実に可愛いですよね!!

それと・・・学食の食べ放題でもみんなよく食べていましたよね・・・・(笑)

はーちゃんは意外と「腹ペコキャラ」というのは既に「けってーい!」という感じなのかもしれないですけど、
今回の話では、とにかくみらいも食べまくっていましたね!
あれはまさに「食べる肉食系プリキュア」なのだと思います!



48237351-s.jpg




「冷凍みかんに使う、ピーカンみかんの育ちが悪い、晴天続きなのにおかしな話」というのは、
まさに既に「デウスマスト」が既に暗躍しているという事を暗示している話なのかもしれないですよね。
おっと・・・ここで「キュアサニーを呼べばええんとちゃう・・・!?」みたいな話は
抜きにして下さいね・・・・(笑)

校長先生とみらいの木の下での会話が今回の話で一番印象に残りました!

「私、決めたんです! ずーっとずーっと皆と一緒にいるって!!」

「悲しいお別れは、もうしたくないんです!」

「皆でたくさんたくさん笑顔でいようって…
それで思いっきり楽しもうって魔法界に来たんです!!」

「何があってもどんな事があっても、私、皆と一緒にいるって決めたんです!
だから大丈夫です!」

このあたりはみらいの強さでもありますし、
同時に、本編の中でもリコとの別れとかはーちゃんとのお別れとか色々と「出会いと別れ」があった中で、
みらいとしての「決意」というのか
スマイルのみゆきじゃないけど
「とにかく可能な限りは、みんなが一緒にいられる限りはみんな笑顔でウルトラハッピー」を
目指していこう!!という「意志表明」なのだと思います。
そしてその意志表明を示唆していたのが、今回の戦闘シーンにおけるミラクルのあの凛々しさなのだと思います!
過程の中で「別れ」を経験したからだからこそのみらいの「みんなと一緒でないと・・!」という決意なのかな・・とも
感じましたし、
それを悟った校長先生も立派なのだと思います。

確かに・・・スマイルの最終回とかオールスターDX3じゃないけど、
人には必ず「出会いと別れ」はあるのですけど、
「縁」がある限りは、そうした「現在の楽しさ・幸福」を守っていこう!!という事なのではないかと思いますし、
それが意外と・・「魔法つかいプリキュア」の一つの本質なのかな・・とも思っています。
ま、最終的には多分ですけど・・・
「人が生きていく上では魔法だけが全てじゃないし万能じゃない!」という方向性に
もっていくような予感もあったりもします。



5f2c32d9-s_convert_20160809151246.jpg


a88187b5-s.jpg



8/6の「プリキュアショー」におけるミラクルの凛々しさと強さと蹴りの凄まじさは
本当に素晴らしかったのですけど、
今回、第27話のミラクルのある意味「漢っぷり」は素晴らしいものがありました!

「あなたが何者だろうと関係ない。皆で一緒にいるって決めたから!!」

「皆で一緒にいる為なら、できる事はなんでもやるの!」

そういうミラクルの言葉は
「「私達の素敵な日々、そして今後も続いていくすてきなみらいを脅かす存在は
絶対に許さない!」
という事を提示しているのだと思いますし、
「この日常のささやかな幸せを守る」というのがスマイルやハピネスで提示されていた一つの「テーマ」でもありましたので、
うーーむ、まさにこの辺りはみらい=ミラクルの「進化」・「成長」を確実に
感じさせるものでした!

それと・・・ミラクルのあの凛々しい後姿こそは、まさに・・・「ヒロインは後ろ姿が全てを物語っている!!」
と言う事なのだと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

魔法学校の食堂と校長の魔法

ことはが魔法学校の制服を自身の魔法で出すのですが(リコ曰く「フランソワさんもビックリね…」)、アルバムのジャケットイラストでことはが魔法学校の制服を纏っているのはこのことだったのね…とも考えていました。今にも津成木第一中の制服や浴衣などをも出しそうです。
魔法学校の食堂はとにかく食べ放題のようで、みらい、ことはの食べっぷりといい、のぞみやなお、ゆうこが見たら大喜びしそうな感じです。
この回では校長が再び魔法を使うのですが、前と同じように老いた姿になったりしないか心配していました。

バイキング

鎌倉快速 様


確かに、あの魔法学校のバイキング形式の食堂にゆうゆう・なおちゃん・プリキュア5のメンバーが入ったとしたら
間違いなく元は取れると思いますね・・・(笑)
リコの「デザートは別腹」というのもなんか笑ってしまいます・・・

校長は力を使っても今回は若さを保っていたのは薬膳茶を事前にたっぶりと飲んでいたせいなのかも
しれないですよね・・・

サービスデーは、お終い、て感じで。
次から、厳しくなりそうですね~
でも、厳しいのを、頑張って乗り越えるのが、プリキュア、なのかな~
良く分からないですけど、そう感じました。

休みに入ると、次の日、プリキュアて、思ってしまいます。
良いですね~、プリキュアて。

かしこ

サザエさんと同じなのかも・・・?

みかんゼリー 様


私の場合、日曜は出勤し月曜も出勤というパターンが多いもので、
「次の日はプリキュア」みたいな感覚はほぼ皆無なのですけど(泣・・)
もしかしたら「サザエさん症候群」というのか
「日曜のプリキュアが終わると次の日はまたまた仕事・・」みたいに思われるのかも
しれないですね・・・

さてさて、いよいよ「新しい敵」も見えてきましたので、9月以降の戦いは結構シビアなものになっていきそうですけど、
それを乗り越えていけるのがまさに「プリキュア」ですよね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3087-af9b98da
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |