プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の記事の「ケーブルネット」で書いた通り、うちの周辺には、埼玉県内でも屈指の大規模さを誇る
巨大UR団地があったりもします。
うちの周辺は用途地域的には、第一種住居専用地域、建ぺい率60%・容積率200%という制約が
ほとんどなのかなと思います。
場所によっては「10m以上の高さの建物が建てられない」といった高さ制約が課せられているエリアも
あるかとは思われます。
そんな中、じゃー、どうしてそうした地域の中で14~17階建の中高層が建築可能なの・・?と思われるのかも
しれないのですけど、
これって実は、少し専門的な話になってしまいますが、「中高層建築」に当たって、「総合設計」という
高さと容積率の緩和が適用されたためと思われます。
実際、今でも「総合設計による公開空地」みたいな看板が随所に立っていましたね。
「総合設計」とは何かと言うと、簡単に言ってしまうと、特例として高さと容積率の緩和を容認する代わりに
敷地内全体に、この中高層の建物の周辺の近隣住民がいつでも自由に通行できる歩道を確保し、
樹木を一定間隔で植え、公園等の近隣住民誰もが利用できる設備を設置するというものです。

私自身も自宅から最寄り駅に行く際は、この巨大URの公開空地という歩道を通行していますけど、
確かにここを通った方が全然近道です。
あ、ちなみにですけど、このURが建築された当時は、住民のほとんどは日本人だったようですけど、
最近は統計によると外国籍の方の居住が5割を超えたみたいです。
中国・インドのご出身の人たちが大変多く、UR内の公園で繰り出される言葉は、あの早口の怒ったような中国語
ばかりが目立っていますね・・(笑)
この敷地内にはスーパーもあるのですけど、スーパーの店員さんも多分ですけど半分以上は中国の方だと
思います。
そしてこのスーパーのお客さんには、インドの方が大変多くて、多分ですけど・・・
香辛料の種類の多さは近隣でも随一だと思われます。

さてさて、前述の通り、このURの敷地内にはとにかく凄まじいほどの大木が「これでもかっ!」というくらい
植えられています。
秋の落葉の際は、結構素敵な光景にもなったりもしています。
夏場ですと、とにかくセミというか、ミンミンゼミの「ミーンミンミンミン」というあの鳴き声が
毎年毎年とにかく煩いほど響き渡っています。
というか、真夜中でも鳴きまくっていますけど、セミって夜行性でしたっけ・・・??
とにかく元気一杯!という感じですね!
そしてこのセミの鳴き声が収まってくる9月になると・・
「あれれ・・なんか季節は秋に向かっているのかも・・?」と感じてしまいますね。

先日なのですけど、UR内の中国人親子の方が・・なんと・・・! まるで名人芸の如く、素手でセミを捕まえて
何匹かレジのビニール袋に入れていましたけど、
あれって・・・観賞用ですよね・・・
まさか・・・食べるって事はさすがに・・・ないですよね・・・(笑・・)



縺帙∩_convert_20160808173410



繧サ繝歙convert_20160808173348


繧サ繝溘○縺ソ_convert_20160808173454



さてさて・・・歴代プリキュアにおいては、様々な怪物も登場していましたけど、
その中において異色と言うのか「え・・・なにこのしょぼい怪物は・・・!!」なんていうのもたまにはいたものです。

その一つが昨年放映されていた姫プリの第26話においてシャットが出した「セミ」の怪物でした!

シャットも「セミ」をゼツボーグ化するなんて・・なんてみみっちい話・・・・

このしょぼさは・・・・

スマイルのマジョリーナが時折出したちびっこいひまわり等のアカンベエを彷彿とさせてくれますね・・・

セミのゼツボーグとパフの戦いは・・・・ま・・・確かに白金さんの言葉通り
はた目には、セミと犬一匹の戯れにしか見えませんよね・・・(苦笑・・)

上記で「セミ」の事を書いていたら、なぜか知りませんけどこの姫プリの第26話の事を
思い出してしまいました・・・(笑)
シャットも第26話の頃は「憧れのトワイライト様を失ってしまった・・」という喪失感による傷心旅行の真っ只中・・
シャットのこうした「喪失感」というマイナスの感情が、
セミも巨大化したゼツボーグにならないで、そのまんまのセミの大きさという
しょぼさに繋がったと言えるのかもしれないですよね・・・・(笑)



f6c635d1_convert_20150809204629.jpg


d78e2ba2-s_convert_20150809204551.jpg



そうそう・・・この第26話と言うと、幾つか大変印象深いシーンもありましたね。

階段の手すりをさーーーっと滑り落ちていったあのシーンは、本当に素晴らしいものがありました!!
そうですね・・・・
あのシーンだけで、既にお腹一杯状態・・・
あとのシーン以外を全てカットでも全然構わない・・
なんかそんな感じでした。

ま・・トワとしても、夏休み中の寮内と言う誰一人いない環境だからこそ、たまには・・・羽目を外したかったのでしょうね・・・・
だけど、その気持ちはなんかよく分かりますよね・・・
そうですね・・・・日本のことわざ風に言うと・・・「鬼の居ぬ間の洗濯・・・」という感じなのかもしれませんよね。

そして更に!!
あのトワイライト様、じゃなかった・・・トワ様が夏風邪をこじらせて寝込んでしまったり
熱でうなされたり、氷で頭を冷やしたり
コンコンとセキをしていたりと、
とにかく・・・トワの可愛らしいお姿を楽しませて頂き「大満足!!」という感じでした・・・!!

歴代プリキュアでも、
なぎさ・ラブ・めぐみあたりが熱を出して寝込んだシーンがありましたけど、
何か・・・・トワが熱を出して寝込んでいる時のような「はかなさ」が全く無いのは・・・
ま・・・いかにも元気&おバカが売りのピンク系らしい話ではありますけど、
こうやって、トワ様が夏風邪で熱を出して寝込んでいるシーンだけで、何か思わず・・・・
「守ってあげたい・・・!!」と思わせてしまうのは、まさにトワの人徳なのかもしれませんよね・・・
ま・・それはある意味世の「スケベ男性視聴者」の共通の認識なのかもしれませんよね・・・・(笑)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは^^
「総合設計」、すごく勉強になりました。
ルールにしばられるのではなく、お互いに持ちつ持たれつつってことなんですね^^すごく良い考え方だと思います^^

お互い様・・・

八咫烏 様


どうしても中高層建築というと日照権とか風害とか「紛争」というイメージも多いのかもしれないですけど、
こうやって法制度がお互いの「妥協案」を見出して制定されている点は
なかなかいいものがあると思いますね。
ちなみにですけど、当時は電波障害も問題になったみたいで、その絡みでうちの近隣は
URによって無償でケーブル線が引かれるようになったみたいです。

蝉のピークは終わってしまい…

暦の上では既に秋なんですよね。
今年は蝉が異常に多かったのか、我が家の庭の木に大量の蝉がおりました。
とにかくその鳴き声と言ったら…。
昼夜を問わずの大音量。
夜は網戸に激突する蝉が多いことに怯えた…。

そんな蝉たちの鳴声はとっくに消え、夜は虫の音が聞こえています。
ちゃ~んと自然は暦通りに時が流れているのですね。

でも、毎日毎日35℃だの36℃だのと言ってるから、秋なんて感じられないっていうのが、正直なところです。

Re: 蝉のピークは終わってしまい…


mama.ikuko 様


へ――、広島はもうセミの季節は終わって既に「秋の虫」が鳴いているのですね!

埼玉はいまこの瞬間もミンミンゼミがそれこそやかましく鳴いています・・・(笑)

まだまだ暑いのですけど、確かに暦の上では秋・・・

こうやって季節が繰り返されて、自分達はいつの間にかまた一つ年を重ねていくんですよね・・・
なんか一年なんてあっと言う間ですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3086-dea820aa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |