プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・

8/6(土)の埼玉県川口市のもしかして市としては最大のお祭りの一つとも言える「たたら祭り」の
二日間のお祭りの中で、ある意味「オープニングイベント」とも言える
「魔法つかいプリキュアショー」の事もほんの少しばかり続きを書かさせて頂きたいと思います。

その前に・・・これはその①でも少し触れたのですけど
「たたら祭り」の「たたら」というと・・・
そうなんですよ! 最近のうちのブログでも結構この名前は出てくるのですけど「多々良小傘」とも関係があるのですよね!
「多々良小傘」の「たたら」というのは、「鍛冶」にもかなり深い関係があります。
小傘の一つ目・一本足の唐傘とは、元々は「一本だたら」という妖怪で、
この妖怪は鍛冶の神「天目一箇神」の零落した姿とも言われています。
「たたら祭り」の「たたら」という言葉も
「たたら吹き」と呼ばれる日本古来の製鋼法に由来しているとの事です。
おっと・・・・意外と多々良小傘と埼玉県川口市在住の私の間では「接点」があるのかもしれませんね・・・・(笑)
ちなみに川口市はかつては「鋳物の街」とも呼ばれ、
吉永小百合主演の映画「キューポラのある街」で舞台になった街でもあります!!








改めてですけど、キュアフェリーチェって「緑キュア」なんですけど、
ミントやマーチのようにそれほど「グリーン」が強調されていないせいか、なんか見方によっては
「水色キュア」にも感じたりもします(笑・・)
今回のショーでは、ミラクルがゲストキャラとの美鈴との絡みが多いせいか、
マジカルとフェリーチェが上記画像のように二人でくっついているシーンが結構多かったようにも
感じられます。

そうですね・・・見方によってはポンコツ先輩と優秀な後輩ちゃんみたいな組合せなのかも・・・(笑)



014_convert_20160807202909.jpg


018_convert_20160807202937.jpg


ファッションデザイナー志望のゲストキャラの美鈴ですけど、
美鈴がデザイン&製作したドレスを着てくれるモデルを探していて、ミラクルに目を付けたのはいいけど、
服自体はとっても可愛いのに、いかんせんサイズが少し小さすぎて、ミラクルたちプリキュアでは
モデルが務まりそうもない・・・
それで落ち込む美鈴にめを付けたのがガメッツで
ガメッツは美鈴が製作したドレスを例によって魔法の怪物化させてしまい大暴れさせてしまうという
まさにアニメ本編通りのお話が展開されていきます。

ドレスのヨクバールなんですけど、なんかあれはどうみても・・・「怪しいコスプレの人・・」みたいな雰囲気でしたね・・(笑)

だけど意外にも(?)このドレス・ヨクバールはあまりにも弱すぎ・・・!!

本当に・・・本当にあまりにもあっけなくやられてしまい、
その矛先は、結果的にガメッツに向けられてしまい、フェリーチェの「お披露目」という事もあり、
ガメッツもミラクルとマジカルの必殺技をまともにくらいボコボコにされた挙句、
トドメをフェリーチェによって浴びせられてしまい、
例によって「オボエテーロ」の捨て台詞を残して去ってしまいまいましたけど、
あれれ・・せっかく(プリキュアショー限定で?)復活できたのに
「なんかあっけねぇーー!!」という感じでした・・・(笑)



021_convert_20160807203000.jpg


023_convert_20160807203024.jpg



戦闘シーンのミラクル&マジカルは、ダイヤ→ルビーへとフォームチェンジをしていましたけど、
アニメ本編でも、こうした一つの戦闘でのフォームチェンジなんて見た事ないだけに、
ショーといえどもなかなか貴重なものがありそうですね!

そして・・・必殺技発動とEDのダンスお披露目の際は、再度、ルビー→ダイヤへと戻ります。

今回のショーのミラクルの「蹴り」は素晴らしかったです!!

足がぴーーんとよく上がっていて、まさにあれは・・・「ふつくしい・・」という感じでした!!

マジカルはやはりガーターが少しエロいですね・・・・(笑)



029_convert_20160807203046.jpg



エンディングのダンスも三人揃うとやっぱり可愛いですね!

あ・・・フェリーチェはなんと・・・! センターでしたね!!

このお盆休みの間に、イトーヨーカドーとかでも「魔法つかいプリキュアショー」があるみたいですので、
その際は、
8/6みたいな野外ではなくて
エアコンがよく効いた涼しい室内で、出来ればまたまた見てみたいなぁ!と思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3084-ca2dbc1f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |