プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その⑤の続きです・・・

その⑤のタイトルは「ゆゆ様」となっているのに、ゆゆ様の事はほとんど触れないで終わってしまい、
ゆゆ様が「月界から盗み出してきた月界の古酒」の意義については、
ほぼスルーしてしまったので、今回はこの辺りについてごくごく簡単に書いてみたいと思います。
(というか、その⑤のあのとてつもない長文はちょっと反則でした・・あれはまるで、
「わかる人だけ分かればいいじゃん・・」みたいな感じだったのかな・・と少し反省するフリはしています・・・苦笑・・)

その⑤でも書いた通り、
八雲紫様は、二重囮作戦という大変まどろっこしい事を実行して、
最終的にゆゆ様にさせていた事が
「月界の綿月姉妹のお屋敷から何か大切なものを盗んでくる」という事だったのです。
つまり・・・二重囮作戦とは全く別のその盗み出し作戦こそがゆかりんが「最終目的」だったと言えるのです。
そしてその盗み出し作戦が意図する事とは、
永琳様に対して「未来永劫の不安感を与え続ける事」に他ならないのです。

そしてその「盗み出し」を実践したのが、ゆゆ様だったのです!

「東方儚月抄」においては、人によっては
「そんなまどろっこしい二重囮作戦なんてしなくても最初からゆゆ様一人だけを月界に派遣し、
ゆゆ様特有のあのステルス特性をフルに活用させて、スキを見て綿月姉妹のお屋敷から何かお宝を
盗ませても、結果としては同じじゃないの・・?
別に霊夢たちをロケットに乗せてまで月に行かせる必要もないじゃん・・」みたいに言われる方も
かなり多いとは思います。
確かに、「ご説ごもっとも・・・」という感じなのですけど、
その⑤でも散々書いた通り、紫様の最大の目的は、
第一次月面戦争のリベンジとか綿月姉妹に一泡吹かせるとか月世界のお宝を盗み出す事ではないのです。
紫様のターゲットは唯一人、永琳様だけなのです!
その永琳様に対して「未来永劫の不安感を与え続ける事」としてゆかりんが意図した事とは、
霊夢たち幻想郷の主要メンバーという第一の矢を放ち、ゆかりんと藍という第二の矢を放ち、
さすがに「もうこれ以上の持ち駒・・策は無いだろう・・」と思わせておいて、
誰かにひっそりとこっそりと月世界の何か「お宝」を盗ませることで
永琳様に対して「え・・・・私が想定した第一の矢と第二の矢を超越する第三の矢って一体何なの・・?
あの困った古い妖怪は、そんな私が事前に考えていた事もはるかに超越しちゃう事も
出来てしまうんだ・・・
それって一体何なの・・・?
うーーん、わからないからなんか不気味で怖い・・・
やっぱりあいつ・・あの困った古い妖怪だけはあなどれない・・」と言う
目に見えない「不安感」を植え付けさせることなのです!!

そうした紫様の意図を、例の紅魔館パーティー以前よりもはるか前に既に看破し、
ゆかりんから特段事前に「あれやって、こうやって」と打ち合わせや指示を一切受けていなくても
紫様の意図通りの事をやってのけたゆゆ様の存在感は「さすが!」という感じだと思います。
「東方儚月抄」の黒幕兼影の主人公は八雲紫なのですけど、それを更に背後から支えた立役者こそが
ゆゆ様なのだと思います。

月界の民というのは地上の世界、つまりは幻想郷の住民も含めて地上の民にこびりついている「穢れ」というものを
大変嫌い、この「穢れ」に対しては大変敏感に反応します。
だから、霊夢たちの乗ったロケットがとある場所に不時着してもその穢れの反応を探る事で
すぐに居場所が特定されるのだと思われます。
だけど・・・・
ゆゆ様は(幽霊ではなくて)亡霊なのです!
ゆゆ様は言うまでも無く「今現在生きている者」ではなくて既に「死者」なのです。
死者ゆえに「この世というか地上の穢れ」とは全くの無縁の存在という稀有な存在でもあるのです。
ゆかりんとしては、「永琳様に対する警告活動」としてのこの第二次月面戦争を構想する段階から、
当然ながらこのゆゆ様の存在には注目していたはずなのです。
そしてゆかりんの真意をいち早く見抜き、
「紫の今回の計画を遂行するにあたって私が出来る事・・・、否! 私にしか出来ない事は何か」という事を
いち早く気が付き、それを実行に移し、ほぼ満点に近い成果を挙げたゆゆ様は、
まさにこの物語のMVPと言えるのかもしれません。
そのくらい見事な働きぶりでした!
ま・・・その分なのですけど、ゆゆ様から事前に紫様の真意とかゆゆ様が意図されている事を
ほとんど何も聞かされないまま、
そして時にはゆゆ様から「妖夢が余計な事を言わないように早く帰っちゃった!」みたいな事も言われてしまう
妖夢はなんか一人「貧乏くじ」を引かされたみたいで少し気の毒でした・・・
否! それは違うかな・・・?
この物語において、貧乏くじを引かされたのは、紫様・ゆゆ様以外のほぼ全ての主要キャラなのだと
思います・・・・(笑)
中でも一番の貧乏くじを引かされたのは、レミリア様なのかな・・・?

そうしたゆゆ様の活躍ぶりについては、小説版においてはかなり適切な表現で記されていて、
これは私自身も「なるほど!」と感じさせるものでした。
その部分を下記に抜粋させて頂くと・・・

「亡霊には生死が無い。その事が、穢れのない月の都と相性が良かった。
幽々子は月の都にひと月ほど滞在し、誰にも怪しまれることなく行動していたのだ。
そして堂々とお酒を盗み出すと、次の満月の時に紫に再び月面と地上の通路を空けて貰い、
地上に降りてきたのだ。
月の都に亡霊の姿など、誰が想像しただろう。
だが、秘密裏に行動するのにこれ程便利な組み合わせもなかった。
亡霊は元々浄土に住む者である。つまりは生死に関わる穢れが少なく、
その結果そこに居たという痕跡を残さずに行動出来たのだ。 」


そうですね・・・要は、次の満月の間の一か月近く月界に滞在しても、ゆゆ様は元々が「亡霊」であるために、
「生きているという事で穢れの塊りみたいな存在の人間」とは明らかに異質なもので、
穢れがないために一か月近く月界に滞在し、あっちへふらふら、こっちへふらふらしていても
月界の住民の誰一人からも怪しまれる事も無く、まるで「ゆゆ様=空気」みたいな感じで接しています。
ゆゆさま自身、月界で玉兎たちの会話にさりげなく入り込み、玉兎たちから、結構貴重な情報を
聞き出しています。
(ま、そんな大切なお話をぺらぺらと喋ってしまう玉兎たちの)に対する普段の教育も甘いというのか、
月界には普段から自分達の生活を脅かす「敵」という存在がほぼ皆無だから、元々警戒心が薄いとも
言えるのかもしれないですよね)
それとこれはゆゆ様だからこそできた事なのかもしれません。
妖夢がそんな事を聞こうとしても、妖夢のあの生真面目さがなんか警察の職務質問みたくなってしまい
逆に玉兎たちに警戒心を植え付けてしまい、情報を聞き出すどころか逆に怪しまれてしまい
綿月姉妹に「なんか月にヘンな人たちがいる」みたいな情報をリークされていた可能性もあるのかな・・と思います。
ゆゆ様は存在自体が亡霊だし、掴みどころがない御方ですし、とにかく外見的にも雰囲気的にも
「ふわっ・・ふわっ・・」とした優しい印象を与えていると思いますので、
やはりゆかりんがゆゆ様を選んだのは大正解だとも感じますよね!

もしもなのですけど、ゆゆ様が何らかの事情でゆかりんが立てた作戦に参加できなくなった場合、
ゆゆ様の代役として最も相応しいのは「こいしちゃん」ではないのかな・・?とも考えりもします。
こいしちゃんは、「無の存在」で、やはり、あっちへふらふらこっちへふらふらと放浪の生活をしていても
他人からは一切その存在が気付かれないという事ですので、
意外とゆゆ様と同程度の事はできるのかも・・?
ま・・問題はこいしちゃんの「穢れ」の程度という事なのかもしれません。

それと・・・「東方儚月抄」にはどうしても無茶な設定と言うのも幾つかあるものなのですけど、
その内の一つが、ゆゆ様のそばには常に「妖夢」がいたという事なのかもしれません。
妖夢は「半人半霊」と言う事で半分幽霊半分人間と言う事なので、当然ながら「半分程度は穢れ」は
持っていたはずだと思うのです。
月界の住民は、ゆゆ様はスルー出来たとしても妖夢をスルーする事自体、なんかちょっと無茶振り設定
みたいな感じもします。
それと・・・・無事に幻想郷に戻って来た際のあややとのインタビューで、霊夢は
「どっかで見た事ある・・」みたいな言い方で、ゆゆ様が月界にいた事を示唆していましたけど、
こらこら、霊夢・・・
「あなたがもしも月界でゆゆ様をちらっとでも目撃したら、ゆゆ様を分からない訳無いでしょ・・・」
とツッコみたい気持ちもあったりもします・・・(笑)

月界でゆゆさまがこっそりと盗み出してきた「月のお宝」とは、「月の古酒」なのですけど、
いや―――、これもゆゆ様の大ファインプレーとも言えると思います!
紫様が意図した「永琳様に対する警告・プレッシャー」という観点だけかに見てみると、
確かに「刀とか珠とかもっと高級なもの盗んで来いよ・・」みたいなツッコミが入るのはよく分かるのですけど
「古酒」という比較的・・・どうでもいいというのか、
無くなっても「ま・・いいか・・」みたいな「黙認」の範囲内で終わらせられそうなものをゆゆ様が盗んできたことに
大変な価値があるのだと思います。
紫様の意図としては「月の民を怒らせないように・・」という意図は当然あったと思いますが、そうした中でも
「誰かが忍び込んで盗んで行ったと確実に綿月姉妹に分からせること」と
「盗まれても綿月姉妹の逆鱗に触れない程度のものに留めておく」というある意味大変難しい「泥棒する品の見定め」
だったと思うのですけど、
結果として、綿月姉妹をぎゃふんと言わせて、
「泥棒の犯人捜しとか盗まれた物の奪還」をするほどまでのお宝ではないモノを見事に盗みあげてきて
最終的にそれを永琳様に対する「プレッシャーの道具」としてゆかりんが使っていましたので、
やはりあのゆゆ様の「チョイスの眼の確かさ」は本当に優れていたと思います。

もしもという仮定の話ですけど、もしもゆゆ様が「魔理沙的みたいなとてつもない大泥棒」をやってのけ、
綿月姉妹が「ぎゃふん」程度ではなくて
「こんな貴重なお宝を盗み出す犯人はあいつ・・・地上の幻想郷のあの困った古い妖怪」という認識を持ってしまい、
お宝奪還のために、綿月姉妹を中核とする月の民自体の「地上への侵攻」みたいな
可能性すら実はあったとも言えると思うのですけど、それでも「ぎゃふん・・」程度で収まる「お宝」に留めた
ゆゆ様の「眼力」と「考察力」には本当に惚れ惚れとするものがあります!!

いや――――、ゆかりんも素晴らしいけど、それ以上に、ゆゆ様!! あなたは本当に素晴らしいです!!

小説版のラストの永琳様を宴席に誘った紫様との二人きりのあの宴席シーンは
まさに圧巻ですね!!

あの圧巻のシーンを少しだけ下記に抜粋させて頂きますと・・・・

「普段の労を労うお酒でも、と思いまして」
永琳の頭の回転は速い。だが回転の速さは時として弱点にもなる。永琳は理解できない物に対しては、
わざとらしい余裕を見せてしまう。動揺を見せたくないのだ。
しかし賢い者が考えのない余裕を見せたとき、その時が一番の弱点である。
それは賢い者ならみんな知っていることだ。
「あら、有り難う」と言ってお酒を受け取った。
「失礼ね。毒なんて入ってないわ」これはどうやら紫のギャグらしい。
「? 多少の毒は薬ですわ」
そういって、永琳はお酒を呑んだ。
そして彼女は固まった。

──永琳は再びお酒を呑んだ。間違いない。このお酒はただの労を労う為に用意されたお酒ではない。
くだを巻いたサラリーマンが、誰も理解できない言葉を吐きながらの安い焼酎なんかではない。
月の都で千年以上もかけて熟成した超超古酒である。
そう、永琳が月の都に居た頃から寝かせていたお酒なのだ。
「こ、このお酒は……?」
永琳は明らかに動揺した。考えのない余裕を見せた瞬間、つまり弱点を狙われてしまったからだ。
永琳がこのお酒を忘れることはない。穢れの多い地上では味が変わってしまい作り出せない純粋さ、
そして何年も寝かせたであろう奥深さ。
「貴方も故郷を離れて千何百年か。そろそろ望郷の念に駆られる頃だろうと思いまして、
 月の都をイメージしたお酒の席を用意致しました」
紫はにやりと笑った。その笑顔は永琳の心の奥深くに刻まれ、忘れることの出来ない不気味さをもたらした。
死ぬことのない者へ与える、生きることを意味する悩み。正体の分からないものへの恐怖。
それが八雲紫の考えた第二次月面戦争の正体だった。

いや―――、これはもうこの小説版のクライマックスですね!

正直、私の下手な解説なんて全く不要です!

上記の二人の会話が「全て」を物語っていると思います。

永琳様の視点から見てみると・・・

「こいつ・・・一体なんなんだ・・」・「こいつ・・・とてつもなく不気味・・、本音としては今すぐに斬殺するか毒殺してやりたい・・!」とか
「こいつが意図している事って・・」といった
永琳様の「目に見えない不安」に対して容赦なく抉り出していくみたいな「不気味さ」が
ありますよね・・・
いや―――、永琳様なとってはこれは本当に「美味しくないお酒」だったと思いますし、
ゆかりんにとってはまさに「勝利の美酒」とも言えるのかもしれないですよね。



yukarinrin_convert_20120818122527.png



20625444_convert_20110728132353.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の紫様と藍の二人のとっても素敵なイラストを描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!
上が2012年8月に描かれた八雲紫様、ゆかりんで、その下はゆかりんの式神で、2011年7月に描かれた藍、らんしゃまです。

最近のうちのブログで書かせて頂いたゆかりんの「文章」だけのイメージでは、
もしかして・・
「ゆかりんは大変な策略家なのでは・・?」とか「紫様は怖い御方・・」とか「ゆかりんは不気味な最強妖怪なのでは・・?」
みたいに感じられる方も多いのかなとも思ったりもします。
そうしたイメージに従えば、アミグリさんが過去に描かれた紫様のイラストの中にも
そうした「大人っぽい感じのゆかりん」とか「セクシーさを幾分強調したゆかりん」といったイラストも幾つかあり、
紫様のイメージに従えばむしろそうしたイラストを転載させて頂いた方がむしろ本来の趣旨に添えるのかな・・とも
感じたのですけど、
なんかそれですとあまりにもゆかりんが「賢人なんだけどちよっと怖い・・」みたいなイメージを皆様に残しがちで、
「それもどうなのかな・・? ゆかりんは確かにそういうイメージもあるのだけど、
可愛すぎて生きるのが辛い・・みたいな側面も確実にある御方!!」という私の「ゆかりん大好き!!」みたいなイメージも
お伝えさせて頂きたいと思い、
ここはアミグリさんが描かれたゆかりんの中でも、大人っぽい感じではなくて
「少女らしい恥じらい」みたいな可愛らしいイメージも感じさせるイラストを掲載させて頂きたいと思い、
こうした少女っぽい雰囲気の可愛いゆかりんのイラストを転載させて頂きました!

とにかく、このゆかりんは可愛いです!! めちゃくちゃ可愛いです!!

とてもとてもこのイラストを見た限りでは、上記の「美しき策略家」の紫様とは結びつかないのですけど、
ま・・・東方は早苗さんじゃないけど
常識に囚われてはいけない世界ですので・・・・(笑)

ゆかりんの下のイラストは八雲藍、らんしゃまですっ!!

九つの尻尾がふわふわとした感じで、そしてイラスト自体もとても「柔らかく」描かれていて
上記のゆかりんの「少女っぽい雰囲気」に大変マッチしているようにも感じられます。
最近の記事の中で、藍のフィギュアの事も取り上げさせて頂いたのですけど、
そうですね・・・アミグリさんが2011年7月に描かれたこの藍は、この柔和な雰囲気・優しい雰囲気は
グリフォン版ではなくて、グッドスマイルカンパニー版の方をイメージさせてくれると
思います。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
何卒宜しくお願いいたします。

最後に・・・・

下記にリンク貼りさせて頂きましたゆかりんは「セクシーゆかりん」で、少しおとなっぽい雰囲気のゆかりんです!

セクシーゆかりん
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こちらこそありがとうございます!

鍵付コメント 様


ありがとうございます。

こちらこそ宜しくお願いいたします。

リンクの件は了解させて頂きました。早速こちらも貼付けをさせて頂きました。

どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

ゆかりんとらんしゃまのイラスト掲載、うれしいです!!

ゆかりんとらんしゃまのイラストを掲載してくださり、
ありがとうございます。

今回掲載してくださったゆかりんは、とにかくかわいい雰囲気のゆかりんが描きたかったので、ほかのゆかりんイラストより、少女度が増していると思います。

らんしゃまのイラストも、しっぽのふわふわ感は特に気合いを入れて描いたので、お気に入りの一枚です!

セクシーゆかりんの記事も、掲載していただき、嬉しい限りです!!

まるで「少女」みたいに可愛過ぎるゆかりん!!!

アミグリ 様


改めてですけど、このゆかりん可愛過ぎますっ!!

確かに紫様というと「胡散臭い」とか「何考えているか全く読めない」とか「最強スキマ妖怪」とか「賢人」とか
「怖い」みたいなイメージがあるのかと思うのですけど、
ZUN神主が明言している通り、ゆかりんも白蓮さんも神奈子などは、全員「少女」という設定ですので
改めてアミグリさんのこのいかにも「美少女」すぎるゆかりんは、
も――――、最高!!としか言いようがないです!!
このふわっとしてほんわかとしたゆかりんが素敵すぎます!
7/12の「水着ゆかりん」は、あれは私の「生涯の宝物」なのですけど、
このゆかりんも同じくらい素晴らしいと思います!

らんしゃまも尻尾のふわふわ感も素敵ですよね!
しっぽをあんまり強調しすぎるとかえって不気味になりがちになるところをとってもバランスよく
描かれているので、
可愛らしさ・ふわふわ感がとっても素敵に表現されていると思います!


こんばんは。先日&昨日はコメントありがとうございました☆ 1人出勤の応援&
労いのお言葉とっても嬉しかったです!おかげ様で無事に仕事を終える事が
できました。また私にとってもぬくぬく先生様の素敵なコメントは疲れた体と
心を癒してくれる、まさにオアシスです☆博麗神社は本当に…お賽銭の額で
ご利益も変わりそうですね(苦笑)守矢神社は蛙を可愛がったら更にご利益が…
??(笑)そしてやはりぬくぬく先生様は博識でいらっしゃいますよね。
小説のご紹介もありがとでした!

私が刀を二本持った時のご想像もありがとうございました(笑)他にも色々な
素敵なキャラの名前を挙げて頂け嬉しいです!天狗キャラでは…文がご贔屓&
人気投票も上位のイメージですが、他の2人も可愛いですよね!
それから改めて、みょんグッズへのコメントもありがとうございます。
刀を持った絵はどれもかっこよくて素敵な作品ばかり!刀は妖夢にぴったりの
アイテムですよね。一方アイスソードを持つ⑨は…(苦笑)

それからお燐とわかさぎ姫のネタ、素敵過ぎと言ってくださりありがとです!
先日ワンドロで描いたお燐は…姫を狙うヤンチャなイメージとは遠い、
シリアスな作品となりましたが、やはりお気に入りなので描いてて楽しかったです♪

また儚月抄は漫画版と小説版、共通の描写もあれば、異なる描写もあるので
どちらも読んで本当に良かった!と改めて感じました。本当に小説版の
儚月抄ラストの紫様は…不気味な雰囲気でしたね…。その一方で漫画版は
「久しぶりの大勝利よ!」と満面の笑顔でガッツポーズで喜ぶ紫様、
可愛かったです!今回紹介されている淡い色遣いの紫様は
その時の紫様寄りかなぁと感じましたね。


昨日のコメントでは…この暑さの中、こちらではトンボは見掛けていないですが…
少し日が落ちるのが早くなった…と「秋」を感じられるぬくぬく先生様は
さすが!風流なお方だなぁと感じました。夏でも「小さな秋」は存在するもの…
これもまた素敵な「気付き」を誠にありがとうございます!!

秋といえば名前からもぴったり!な椛はもちろん、秋姉妹もですよね♪過去記事の
秋姉妹、素敵過ぎと言って頂けとっても嬉しいです☆静葉はやはり、紅葉の
ようなスカートの裾が印象的ですよね。大変丁寧に細かく描かれていてとっても
素敵と言って頂け、描いた甲斐がありました!髪飾りもとっても可愛い、
ウィンクもとってもチャーミングと言って頂け嬉しいです☆本当にあの金髪
ウェーブは…外国の神様に見えてしまいますね(笑)そして「ほんの微かなお色気」
実に魅力的、と褒めてくださり、ご妄想もしてくださってありがとうございます!
スカートの中は…ぬくぬく先生様の脳内で是非補完して下さい!(笑)

穣子もとっても可愛いと言って頂け嬉しいです!私にとっての穣子は…まさに
「実りの秋」に相応しい姉妹の可愛い妹、のイメージで…神奈子達のような
威厳を感じるまさに神様な神様!、というよりは、見た目は…あまり神様っぽく
なくて、より親しみやすさを感じる神様…な印象ですね。…その為、ぬくぬく
先生様がおっしゃってくださったように「西洋の民族衣装」みたいな雰囲気を
感じて頂けたのかもしれません。ルーマニアの民族衣装については早速検索
してみました!女性らしいシルエットで細かな刺繍が美しいですね。
民族衣装はあまり意識した事がなく、既存のキャラクターの衣装で描く事が
多いですが、世界にも目を向けて、色んなファッション文化を意識した
作品を描くのも素敵ですね!霊夢や早苗は日本の巫女っぽいですが、
クラピーのようなまさにアメリカン!な衣装、美鈴のようなチャイナ衣装…
まさに東方は世界の東方!ですよね♪

そして私のこの作品から「世界の風月時雨」という表現…!なんだか世界的な
ビックな褒め言葉をありがとうございます!!「世界のこいしちゃん」で
お名前が出ましたが、先日ワンドロお題にこいしが上がっていたので、
3回目になりますが描きました!…やはり私の中のこいしは楽しい感じなので
いつもような楽しい感じの作品になってしまいました(笑)またあの記事では
姉妹繋がりで古明地姉妹や地霊殿のグッズも紹介していましたね。
さとり、実に素敵と言ってくださりありがとです!

また穣子は金髪赤眼の容姿で鮮やかな色合いの娘ですよね。ぶどうの髪飾りも
とっても可愛いと言ってくださり、お芋から…かなり前に描いたなおれいを
連想頂け嬉しいです!また温和なイメージがあったので、穣子と文の絡みの
事は本当に意外でした(笑)

それからBaby pink amy様の件、改めてありがとうございました!ほむらちゃんは
まどマギで2番目に好きな娘で(笑)とっても素敵な作品には既に気付いて
おりました。ご縁に改めて感謝です!

特に週末は色々と描きたい作品も描けて良い週末を迎える事ができました。
今日の東方ワンドロでは早苗の名前があったので…先日のお話からついつい
妄想を膨らませてしまった(笑)セーラー服早苗を描きました!今回は
より学生っぽい感じのある茨歌仙のイメージで描いたので…わたし!わたし!
な感じのポーズ&表情になったと思います(笑)加えてぬえの名前もあったので
彼女もセーラー服っぽく描きました。セーラー服でも彼女の絶対領域は顕在です!
投稿規定の23時以降にtwitter上で発表予定です。

そして…!めだ箱更新も楽しみにしてくださってありがとうございます!
今日はががしぶメインですが、一昨日はワンドロで久しぶりに飛沫ちゃんと
一緒に怒江ちゃんを描きました!浴衣お題だった事もあり、夏のうちに
ブログでも更新したいと思っているので、8月のブログ更新は
昔のようなめだ箱メインになりそうです(笑)

プリキュアショーも本当にお疲れ様でした!続きも楽しく読ませて頂きました。
暑い中でもノリノリな子供達はさすがですね。ちなみに今日は…関西は高校野球の
為、まほプリはお休みでしたが、昨日はドキプリの再放送でついにレジーナが登場
したり、高校野球も楽しく見て酷暑の癒しもばっちりです♪ぬくぬく先生様も…
特に外でのお仕事もあって大変な中だと思いますが、引き続きお体を大事にして
お過ごし下さいね。そして夏休みは…目いっぱい楽しんで下さい!!
では読んでくださり、ありがとうございました!

はわわわわ!ゆゆさまって、すごい方なのですねええええ!!
(ⓞ◇ⓞ;)
それにつけても、この、古酒は、どんなしゅてきなお味なのか…
のんべえではないのですが、ちょっと興味が…(^^;)❤
そして、また、アミグリさまの、かんわゆううういイラスト!!!
今日も素敵なお話をありがとうございました!!!

ゆゆ様!!

Baby pink amy 様


そうなんですよぉーー!!

ゆゆ様は、ゆかりんと並んで「東方五大老」と呼ばれ、時にご高齢扱いされる事も多々あるのですけど、
いやいや・・・とにかく魅力溢れる素敵な御方なのです!
ゆゆ様は、またまた「大食いキャラ」としても名高い御方です・・(笑)

この古酒は・・・少なくともゆかりんにとっては美酒、永琳にとっては「二日酔いになりそうな」お酒の味
なのかもしれないですよね。

それと・・・

アミグリさんの素敵なイラストをまたまたお褒め頂きありがとうございます!
実は・・・
私自身が「東方」の世界を知るきっかけとなったのが、アミグリさんの素敵なイラストから
なのでした!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3081-e1b0ba2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |