プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.東海大学第一高校


A/交響的印象「教会のステンドグラス」~Ⅲ.大天使・聖ミカエル(O.レスピーギ)


結果論で言いますと、この年の演奏は一言でいうと「大音量ばかりが目立ち粗野で大変粗削り」という感じで、
私個人としては、正直「いい演奏」とは全く思っていません。
この演奏は私も普門館で生で聴いていましたけど、
「痛い演奏」とか「残念な演奏」という感想しか出てこないです。
結果的にこのチームとして2回目の銅賞を受賞しています。
だけど、1988年の「神・人協力説の寓話」よりは数段マシな演奏だとは思います・・・(笑)
88年の演奏はとにかく線が極細でサウンドがやせていて技術的に見劣りするものがあり、
どうしてあんな演奏が東海大会を通過出来たのか不思議に感じるほどでした。
88年に比べると、音量もサウンドも太くなっているのですけど、
その分、「音量ばかりが目立っている」とか「とにかくうるさい、やかましい・・・」とか「バランスが悪い」
みたいな印象を持たれがちだったのは残念ですね。
1989年の歌劇「ピーター・グライムズ」もそうでしたけど、このチームは、どちらかというと
「吹奏楽オリジナル作品」で真価を発揮するチームで、こうしたクラシックアレンジ作品は、不得意というか
あまり慣れていないみたいな印象が強いですね。
では、なんでこんなクラシックアレンジ作品を演奏したかと言うと、これは推察の域になるのですけど、
このチームは1970年代中盤に、教会のステンド゛グラスと同じレスピーギの「ローマの祭り」を自由曲として取り上げ、
とにかくガンガン鳴らしまくる爆演をしまくり、
審査員から「これはローマの祭りではない、ローマの爆発であり、とにかく鳴らし過ぎ!!」みたいな
コメントを貰ったとの事ですので、
指揮者としても「たまにはレスピーギでもやって思いっきり鳴らしてみたいな・・・」みたいな
思いというのか血が騒いだのかもしれないですよね・・・

私、東海第一の「ローマの祭り」は聴いたことがないものでコメントできないのですけど、
多分ですけど91年のあの痛くてやかましすぎる「教会のステンドグラス」みたいな演奏だったのかも
しれないですよね。

実はなのですけど、私自身は、東海第一のこの演奏を聴くまでレスピーギの「教会のステンドグラス」という
曲自体全く知りませんでした・・・
全く知らなかったゆえに、Ⅲの大天使・聖ミカエルのラストがまさかあんな終わらせ方、つまり・・・
全体を大音量で響かせ、最後にドラを凄まじい音量でゴワワワー――――ーン!!と地響きみたいな爆音を
轟かせ、そのドラの余韻のまんま静かに曲を閉じるという終わらせ方に
正直驚いたものでした。
この曲はその後何度か全国大会でも演奏されていますけど、亜細亜大学や常総学院などのように
静かな楽章とこの大天使・聖ミカエルの二つの楽章を組み合わせるパターンが多かったと思いますけど、
それはむしろ大正解だと思います。
だって、Ⅲの大天使・聖ミカエルだけですと、「うるさい」という印象しか残りませんからね・・・

東海大学第一(現、東海大学翔洋)なのですけど、

榊原先生と言う指揮者の強烈な個性もあったと思いますが、
例えば「二つの交響的断章」とか「シンフォニア・フェスティーヴァ」とか「イーゴルファンタジー」とか
「伝説のアイルランド」とか「神が愛ならどうしてこんな悲劇が起きるのか・・・・」などのような
比較的クセのあるオリジナル曲を
独特の斬新な解釈でひねって聴かせるみたいなイメージが私の中にはあったりもします。
前述の通り、このチームは「吹奏楽オリジナル作品」で独特な個性を発揮させる反面、
クラシックアレンジ作品は比較的相性が今一つ・・みたいなイメージもあったりもします。

大天使・聖ミカエルが演奏された1991年あたり、特に、1987年~91年あたりは
何となくですけど「方向性が定まらない」とか「何か迷っている」みたいな印象も感じていました。

1990年代中盤以降、S.スミスという作曲家の、例えば「伝説のアイルランド」とか「ダンテ」とか「海の男たちのうた」
みたいな曲と出会えたことで
これまでの「カラ」を打ち破る事が出来て、新しいサウンドと更に進化した「個性」を
普門館の聴衆に聴かせることが出来たと思います。
ちなみにですけど、私個人は、東海第一は、80年の二つの交響的断章と83年のシンフォニア・フェスティーヴァと
86年のイーゴル・ファンタジーが大好きです。

だけと・・・
 
「全国の金賞の常連校になってきた・・・・さてさて、これから・・・」という時期に
ああした大変痛ましい事件が発覚してしまい、とてつもなく勿体無い気はしますよね・・・・
(もちろん、指揮者のあの先生が悪いのだけど・・・・)

結局・・・

こういうスクールバンドの指導者は、実績&結果がある程度付いてくると、周囲も「先生、先生・・」と
おだててしまうので、
指導者本人も・・・本来の指導者たる本分をすっかり見失ってしまったという事なのでしょう・・・
本人も多分・・・今現在も「吹奏楽」には相当の未練はあるはずです。
だけど「返り咲き」が許されるほど日本の社会は甘くはない・・・
本人にとっても悔やんでも悔やみきれない事なのでしょうね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

個性、アクのかたまり

お久しぶりにコメントします(>_<)💦

確かに東海大学付属第一は個性的なバンドですね(^^)

毎年毎年新しい曲を持ってきて全国で披露するのは凄いと思いますし、元祖・個性派バンドだと思いますね(^^)

こういったバンドが中々現れないのは残念ですね(>_<)💦
(コンクールと言う場であるが故に中々冒険出来ないのもありますが、何処の団体も二番煎じの選曲と言うのは残念で致し方ないですね(>_<)💦)

榊原先生も非常に勿体無いことをしましたからね(>_<)💦
名門の指導者になったから故、何処か天狗になってしまったのもありますね(>_<)💦
(こういった不祥事が起きてしまうのはとても残念です(>_<)💦)

人として間違った道を歩いてしまったとはいえ、しっかりと反省して欲しいものです(>_<)💦
(ここ最近でも、元甲斐市立敷島中を指導されていた大島雅彦先生が児童買春で逮捕されたり、元安城学園を指導されていた吉見光三先生が元生徒からセクハラで告発されたりと非常に残念な知らせを聞きますね(>_<)💦)
部活動、人生の一コマとはいえ人間教育の場なのですから、この辺りはモラルを持って指導して頂きたいなと思いますね(>_<)💦

大変勿体ない事をされました・・・

esakui69  様


そうなんですよ!!

私も榊原先生指揮の東海大学第一のあの個性の塊のアクの強い演奏は大好きでした!
特に、二つの交響的断章・シンフォニア・フェスティーヴァ・イーゴルファンタジー・トリティッコ・伝説のアイルランド
髪が愛ならどうして・・などの演奏は
本当に素晴らしかったと思いますし、
あの存在感は、兵庫と西宮を指導されていた吉永陽一先生を思い出させてくれます!

それだけに惜しまれますし、吹奏楽界にとっても「大切な人材」を失ったと思うのですが、
自業自得としか言いようがないです。
本当に残念な出来事です。
最近、この手の事件が多くて胸が痛みます・・
そう言えば、静岡大学の高倉氏もそんな感じだったみたいですね・・

吹奏楽指導者の先生の不祥事、自分はあの先生を思い出します。。。

榊原先生の不祥事・事件はあまりに残念すぎですね……。
2000年全国大会の「世の終わりへの行進」と2001年全国大会の「And Can It Be?」の名演はCDで聴いたのみではありますが、非常にレベルの高い演奏だっただけに、なぜ先生はあんなことをしかもかなり以前からこんな罪を重ねていたのかが、残念で片付けられないほどだと思います。
管理人様も仰ってますが、大学卒業間もないうちから「先生!」と生徒・父兄・そして地域の人たちからまで言われているうちに自分が特別な立場の人間だと勘違いする教員もなかにはいるんでしょうね。。。
そういえば、かなり昔の話ですが北海道・当麻中の「山形先生」もほぼ同じ理由で学校を去りましたね。。。
1982年全国大会での「吹奏楽のための木挽歌」の名演を当時NHK-FMで放送されていた「ブラスのひびき」で聴いて感動しただけに、週刊誌でこの事件の記事で見つけたときは「ちょっと山形先生、なんてことしてしまったんですか……」と思いました。
ホント、お二人とも素晴らしい音楽性と能力をお持ちであるのですが「返り咲き」は厳しいでしょうね…。

心が痛みます・・

一秋田県民 様


そうですね・・・とてつもなく胸が痛くなるコメントだと思います。

確かに先生は「聖職」とは言えないのかもしれないですけど、一人の人間として
やっていい事とやってはいけない事の線引きが、若い頃から年上の人たちからも「先生、先生」と呼ばれている内に
ガードが甘くなってしまったとしか言いようがないのだと思います。

いくら指導者と言えども、常に心に自戒を持っていけないといけないという事なのだと思います。

榊原先生の2001年の「神が愛ならどうしてこんな悲劇が起きるのか~And Can It Be?」はまさに神がかりの名演
でしたから、本当に惜しまれます。

あとそうですね・・・山梨の大島先生も残念な事をしたものですね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3080-2ff73eee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |